2019年お盆の時期はいつからいつまで?地域による違いや理由を解説

2019年お盆の時期はいつからいつまで?地域による違いや理由を解説

お盆の時期は、地域によって様々であることをご存知ですか?新暦を元にする地域もあれば、旧暦を元にする地域もあります。各地域のお盆の特徴を知ることで、供養について改めて見直すきっかけが得られるでしょう。この記事では、お盆の時期の地域ごとの特徴を説明していきます。

2019-08-25

お盆の時期っていつ?

仏壇

夏の代表的存在とも言えるお盆ですが、時期は地域によって異なることをご存知でしょうか?
新暦を元にしてお盆の時期を設けている地域もあれば、旧暦を元にしている地域もあります。

様々な地域のお盆の特徴を知ることで、ご先祖様の供養に関して改めて見直すきっかけが得られるかもしれません。

そこで今回の終活ねっとでは、お盆の時期について、地域ごとの違いや理由を説明していきます。
具体的には、

  • そもそもお盆とは?

  • 地域ごとによるお盆の時期とは?

  • お盆を迎えるために必要な準備について

  • お盆に適したお供え物とは?

など、お盆の時期を中心とした様々な疑問に触れていきます。
お盆に対しての理解を深めることができますので、ぜひ最後までお読みください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

お盆とは

仏壇

お盆とは、ご先祖様の霊を供養するための法事の一つです。
毎年お盆の時期になると、ご先祖様の霊が住んでいた場所へ帰ってくると考えられています。
そこで遺族や親族は、帰ってくる霊をお迎えし、お盆の時期が終わると共に送り出すようにします。

こういったお盆の行事の歴史は古く、始まりは推古天皇の時代(606年)であるとされています。
初めは上層階級の間で催された行事でしたが、江戸時代になると一般市民にも普及し始めます。
ローソクが手に入りやすくなったことから、提灯が使われるようになったのも江戸時代からです。

お盆の基礎知識について詳しく知りたいという方は下記の記事をご覧ください。

お盆の時期は地域によって異なる

仏壇

お盆の時期は地域によって様々で、新暦を元にしているか旧暦を元にしているかで大きく違ってきます。
そこで早速、地域ごとのお盆の時期の特徴について見ていきます。

沖縄は旧盆(7月)

沖縄では旧暦で行われる行事が多くありますが、お盆も例にもれず旧暦に行われます。
そのため、毎年旧暦でいうところの7月13日~7月15日の3日間がお盆であり、新暦に当てはめると毎年お盆の日にちは変わります。

沖縄ではお盆の初日を「ウンケー」と呼び、お供え物と提灯を用意してご先祖様の霊を迎えます。
2日目は「ナカビ」もしくは「ナカヌヒ」と呼ばれ、ご先祖様が自宅でくつろいでいる日です。
特に主だった行事を行うこともなく、親戚の家をまわり、挨拶にうかがうことが多くあります。

最終日となる3日目は「ウークイ」と呼ばれ、ご先祖様を送り出す大切な日です。
家族全員が集まり、1年の間にあった出来事をご先祖様に報告し、送り出します。

東京など関東は新盆(7月)

東京を中心とした関東の一部では、新暦に基づいてお盆の時期が設けられています。
7月15日にお盆の行事が行われることが多いですが、まれに前後の土日に行われることもあります。

7月15日に合わせて縁日や花火大会などの行事が催され、地域によっては七夕との時期が近いことから、お盆の行事と七夕祭りをあわせて行うところもあります。

北海道などその他の地域は月遅れの盆(8月)

北海道・新潟・関東南部・長野・関西方面では、月遅れの盆として8月15日前後にお盆の時期が設けられています。

これは、本来は7月15日がお盆であったものの、農作業で忙しい時期と重なることから、お盆を一月遅らせた8月15日に行う地域が多くあったことが始まりです。
その風習が現在にも残り、月遅れの盆として8月にお盆の行事を行うようになりました。

お盆を迎える準備とは?

困った人々

お盆を迎えるにあたり、様々な準備を行う必要があります

ご先祖様の霊にくつろいでもらうための精霊棚を用意し、迷わずに家まで帰って来られるよう提灯を飾ります。
また、お墓や仏壇を掃除し、きれいにした状態でお迎えしましょう。

とは言え、お盆の準備は地域や宗派によって異なります。
そのため、それぞれの地域や宗派に合わせた方法で準備を行いましょう。

終活ねっとではお盆の迎え方に関するまとめの記事を用意しています。
お盆に必要な準備ついて更に詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事もあわせてご覧ください。

お盆にふさわしいお供え物とは?

仏壇

お盆のお供えには、「五供(ごくう)」がふさわしいとされています。
五供とは、お線香・仏花・灯明・浄水・お仏飯を指すため、これらの中から選ぶと間違いないでしょう。

その他には、日持ちのするお菓子や果物、お団子や故人が好きだった食べ物などもお盆のお供えとしてよく選ばれています。

尚、終活ねっとではお盆にふさわしいお供え物に関するまとめの記事を用意しています。
お盆のお供えについて更に詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事もあわせてご覧ください。

お盆の時期に関するまとめ

葬儀

いかかでしたでしょうか?

今回の終活ねっとでは、お盆の時期について、地域ごとの違いや理由について詳しく説明してきました。
最後に、この記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • お盆は、ご先祖様の霊を供養するための法事の一つ。
    毎年お盆になると、ご先祖様の霊が住んでいた場所へ戻ってくると考えられている。

  • 沖縄は旧盆であるため、7月13日~7月15日の3日間がお盆の時期。
    東京などの関東の一部は新盆であるため、7月15日前後にお盆の時期が設けられている。
    北海道・新潟・関東南部・長野・関西方面は月遅れの盆であり、8月15日前後がお盆の時期。

  • お盆を迎えるための準備としては、精霊棚を用意し、提灯を飾り、お墓や仏壇をきれいに掃除した状態でご先祖様の霊をお迎えするのが一般的。

  • お盆のお供えには、五供・お菓子・果物・お団子・故人が好きだったものの中から選ぶのが一般的。

この記事が、お盆の理解を深めるためのお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「お盆・時期」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事

お坊さんの手配に関する
ご相談はこちら

person

法事・法要にお坊さんを手配

お坊さん
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料