初盆のときの浄土真宗の飾り付けとは?大谷派など宗派別に解説します

初盆のときの浄土真宗の飾り付けとは?大谷派など宗派別に解説します

浄土真宗の初盆のときの飾り付けは、どのようにしたらよいのでしょうか。 初盆の祭壇の飾り方や迎え方もどのようにしたら良いのでしょうか。 今回の記事では、初盆のときの浄土真宗の宗派別の飾り付けについて、お布施なども含め分かりやすく解説します。

最終更新日: 2020年02月17日

初盆の浄土真宗の飾りとは?

葬儀

浄土真宗の教え作法には、他の宗派と違いがあると聞きますが、初盆のときの飾り付けはどのようにしたらよいのでしょうか。
また、同じ浄土真宗でも宗派によって飾り方に違いはあるのでしょうか。
浄土真宗のお盆の考え方や迎え方など、基本的なことが分からないと心配ですね。

そこで、今回「終活ねっと」では、初盆のときの浄土真宗の宗派別の飾り付けについて、以下の事項を解説します

  • 浄土真宗のお盆の考え方は、どのようなものか?

  • 浄土真宗の初盆の祭壇の飾り方は、どのようにするの?(宗派別)

  • 浄土真宗の初盆の迎え方は、どのようにしたらよいのか?

  • 浄土真宗の初盆のときのお布施は?(金額相場・お布施の書き方)

  • 浄土真宗の通常のお盆の過ごし方とは?

お布施なども含め分かりやすく解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

お盆の基礎知識について詳しく知りたいという方は下記の記事をぜひご覧ください。

浄土真宗のお盆の考え方

葬儀

浄土真宗のお盆の考え方を説明しましょう。
浄土真宗の教えでは、阿弥陀様の本願により念仏を唱えれば亡くなった方は直ぐに極楽浄土で仏になると説きます。
ですから、浄土真宗には霊や忌の概念がありません。

他の仏教各宗派では、あの世にいった故人の霊がこの世に戻ってくるのがお盆です。
浄土真宗の教えによると、お盆に霊がこの世に戻ってくることやお盆の終わりに霊を見送ることなどはありません。
それでは、浄土真宗のお盆はどのように考えたらよいのでしょうか。

浄土真宗では、お盆のことを「歓喜会」といいますが、お盆には故人を縁として親鸞聖人の教えに触れる機会であり、また先祖に感謝する日ともされています。
浄土真宗のお盆は他の宗派のお盆と違って、故人の供養の場ではありません。

浄土真宗の初盆の祭壇の飾り方

葬儀

浄土真宗の初盆の祭壇の飾り方を説明しましょう。
浄土真宗の初盆は、浄土真宗以外の宗派と違い特別なことはしません
浄土真宗では、基本的に位牌・写真は飾りませんし、水やお酒などもお供えしません。

祭壇(仏壇)の飾りは、壇の大きさにより多少異なりますが、一般に次のようになります。
上段のご本尊の前に仏飯を置き、中段の両脇に供花を供え、中央に打敷を敷いて三具足(五具足)を飾ります。
下段には、右から過去帖・おりん・火消し・線香差しを飾ります。

お坊さんに読経をお願いするときは、和ろうそく(白)を用意し、仏花を供えお線香を炊きます。
主な飾りは以下のとおりです。

  • 打敷

    逆三角形の形の金襴の布で具足をお供えする段や卓などに垂らして掛けます。

  • 三具足(五具足)

    仏壇に祀る基本的な仏具は、香炉・花立・灯立の三具足(みつぐそく)です。
    本尊に向かって真ん中に線香を焚く香炉、左に花立、右に灯立(蝋燭立て)を置きます。
    花立と灯立を各1対にして五具足とすることもあります。

  • 仏飯

    お仏飯(ぶっぱん)は、ご本尊の前にお供えします。
    炊きたてのご飯をお供えし、暫くしたら下げて皆で戴きます。

  • 供笥(お餅)

    供笥(くげ)一対に半紙を敷いてお餅を飾ります。

  • お菓子・果物

    故人が好きだったお菓子や果物をお供えします。

浄土真宗では、基本的に位牌は作らないという旨は先ほどお伝えしました。
しかし最近では、他の宗派が作る位牌が慣習化しており、浄土真宗でも位牌を希望する家系も増えているようです。

「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。
位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクからお気軽にご相談ください。

同じ浄土真宗でも、宗派別に飾りつけやお供え物が異なりますので、宗派別の相違点などを説明しましょう。

浄土真宗大谷派

真宗大谷派は、京都市の真宗本廟を本山にしており、通称「東本願寺」と言われています。
浄土真宗本願寺派と並ぶ日本でも最大規模の宗派です。
真宗大谷派の初盆の祭壇の飾り方は、次のような特徴があります。

  • 基本的に三具足か五具足を用いますが、具足や仏飯などの仏具は金色を使います。

  • 仏飯の盛り方は、円筒形にします。

  • お餅を乗せる供笥は、八角供笥を使います。

  • お鈴(おりん)の台の形は、四角形です。

浄土真宗本願寺派・西本願寺派

浄土真宗本願寺派は、世界文化遺産の京都の本願寺を本山としており、通称「西本願寺」と言われる日本最大の宗派です。
浄土真宗本願寺派の初盆の祭壇の飾り方は、次のような特徴があります。

  • 三具足(五具足)などの仏具は、宣徳色と言われる焦げ茶色を使います。

  • 仏飯の盛り方は、ご飯を小高く盛ります。

  • 供笥は、六角供笥を使います。

  • お鈴の台の形は、六角形です。

浄土真宗の初盆の迎え方

葬儀

浄土真宗の初盆の迎え方を説明しましょう。
浄土真宗では、初盆だからといって特別の違いはありません
普段の法要のときと同じように仏壇やお墓の周りをきれいに清掃したり、故人が好きだったものなどをお供えするなど、心を込めてお参りすればよいでしょう。

提灯や精霊棚の飾りは不要

初盆のとき、一般の仏教各派では、故人の冥福を祈り供養するために盆提灯を飾ったり、精霊棚を飾りお供え物を供えます。
盆提灯は、霊が家に帰ってくる際の目印ともいわれ、地方によっては親戚が贈る習慣もあります。
精霊棚は、ご先祖の精霊にお供え物をするための棚です。

浄土真宗では霊を迎えて供養するといいう考えはありませんので、盆提灯も精霊棚も不要です。
ただそうは言っても、親族や知人の方から盆提灯を贈っていただくこともありますし、地域によっては盆提灯や精霊棚を飾る習慣があるところも多いでしょう。
そのような時は、気持ちよく盆提灯や精霊棚を飾り、故人を偲ぶのも悪いことではありません。

迎え火・送り火は行わない

浄土真宗以外の仏教各派では、お盆の入りの8月13日に帰ってくる故人の霊が道に迷わないようにと迎え火を焚きます。
また8月16日には送り火を焚いて帰ってきた霊を送り出します。
浄土真宗では、霊の存在を認めませんので、迎え火や送り火を行うことはありません。

浄土真宗の初盆のときのお布施

お墓

初盆のときは、お坊さんにお願いしてお経を上げてもらうことが一般的です。
浄土真宗の初盆のときのお布施について、金額の相場とお布施の書き方を説明しましょう。

お布施の金額相場

浄土真宗のお盆のときのお布施の金額相場は、通常の年のお盆であれば5千円~1万円位ですが、初盆のときは3万円~5万円位が多いです。

お布施の書き方

お布施の書き方は、表書きは普通の濃墨を使い、上段に「お布施」・「御布施」などと書きます。
お布施は読経の対価ではありませんので、「御経料」などと書くのはNGです。

表書きの下段には、やはり黒墨で家名を書くか、施主の氏名をフルネームで書きます。
お布施の金額は、旧字体の漢数字で「金参萬円也」などと書きます。

浄土真宗の通常のお盆の過ごし方とは?

仏壇

浄土真宗の通常のお盆の過ごし方は、どのようなものでしょうか。
浄土真宗でも他宗派と同様に、お盆にはお墓参りをして仏前で故人を偲ぶ方が多いです。
さらに、お寺などで開かれる法話会などに参加する方も多いです。

浄土真宗の通常のお盆の過ごし方について詳しくお知りになりたい方は、以下の記事も参考にされるとよいでしょう。

初盆の浄土真宗の飾りに関するまとめ

仏壇

今回「終活ねっと」では、初盆の浄土真宗の飾りについて、浄土真宗の初盆の迎え方、初盆のときのお布施などを含めて解説してきました。
この記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 浄土真宗のお盆の考え方は、他の宗派と違って故人の供養の場ではない。
    浄土真宗ではお盆は故人を縁として親鸞聖人の教えに触れる喜びの機会とされる。

  • 浄土真宗の初盆の祭壇の飾り方は、他の宗派と違い特別なことはしない。
    真宗大谷派と浄土真宗本願寺派では多少の違いはあるが、基本的なことは同じである。

  • 浄土真宗の初盆の迎え方は、普段と特別の違いはない。
    普段の法要のときと同じように仏壇やお墓の周りをきれいに清掃し、故人が好きだったものなどをお供えし、心を込めてお参りすればよい。
    提灯や精霊棚の飾りは不要で、迎え火・送り火は行わない。

  • 浄土真宗の初盆のときのお布施の金額相場は、3万円~5万円位が多い。
    お布施の表書きは、黒墨を使い、上段に「お布施」などと書き、下段に施主の家名か氏名をフルネームで書く。
    お布施の金額は、旧字体の漢数字で書く。

  • 浄土真宗でも他宗派と同様に、お盆にはお墓参りをして仏前で故人を偲ぶ方が多い。
    またお寺などで開かれる法話会などに参加する方も多い。

初盆は、通常49日後の最初のお盆です。
初盆の機会にご遺族が集まり、改めて故人に感謝してその思いを引き継いで、この先の人生をしっかりと歩んでいくことも大切ですね。
この記事を参考にしていただければ幸いです。

「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載していますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事