お盆のラッシュはいつから?高速道路と新幹線に分けて解説します

お盆のラッシュはいつから?高速道路と新幹線に分けて解説します

お盆と言えば実家に帰るという方が多いかと思います。そこで気になるのが帰省ラッシュですよね。今回はお盆の帰省ラッシュはいつになるのかについて解説させていただきたいと思います。車で帰る方用に高速道路編、電車で帰る方用に新幹線編と分けてお伝えしていきます。

最終更新日: 2019年08月28日

お盆のラッシュについて

人々

社会人の夏休みとも呼べるのがお盆休みですよね。
お盆休みにはお盆の法要のために、実家に帰省される方も多くいらっしゃると思います。
そうなると移動手段は車やバス、新幹線を用いることになります。

お盆の休みというのは大体の企業が同じ時期にとりますから、どうしても道路や公共交通機関が混雑します。
しかしせっかくのお盆のお休みですから、混雑を回避して快適に移動したいものです。

そこで今回「終活ねっと」では、お盆のラッシュに着目したいと思います。

  • お盆の休みの期間について

  • 高速道路がラッシュになる期間予想

  • 高速道路でラッシュが予測される区間

  • 公共交通機関がラッシュになる期間予想

  • お盆時に気を付けたい新幹線の乗り方

以上の点を中心に解説を行っていきたいと思います。
お盆の帰省は移動するだけのように思えますが、混雑などで疲れが溜まるものです。
できればスムーズに帰省をし、万全の体調でご先祖様の供養に臨みたいですよね。

今年のお盆の帰省は楽に行いたい、という方はぜひ最後までご一読ください。
お坊さんを安く手配したいという方は、DMMのお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

お盆の基礎知識について詳しく知りたいという方は下記の記事をぜひご覧ください。

お盆はいつからいつまで?

困った人々

まず最初にお盆の期間はいつからいつまでなのか、について解説させていただきたいと思います。

一般的なお盆の時期

お盆の時期というものは、旧盆か新盆かによって時期が違います。
新盆を採用している地域になりますと、お盆の時期は7月15日前後となります。
新盆を採用している地域は主に東京を含む一部の関東地域、石川県金沢市、北海道函館市と言われています。

旧盆になりますと、8月15日前後がお盆の時期となります。
全国的に見てみますと、旧盆を採用している地域が圧倒的に多いことが分かります。
したがって、一般的なお盆の時期はと問われると、8月15日と答えることになります。

以上のことから一般企業のお盆休みなども、旧盆を軸にしていることがほとんどです。
ですからどうしても帰省する時期が被ってしまい、帰省ラッシュというものが発生してしまうというわけです。

2018年のお盆休みは?

気になる2018年のお盆休みの時期はいつになるのでしょうか。
2018年のお盆休みは、8月13日(月)から8月15日(水)とするところがほとんどです。
8月13日の前日が日曜日ですから4連休となる方がいらっしゃったり、土曜日から休みの方は5連休になるというわけですね。

ちなみに暦の上での実際の旧盆は8月25日(土)となります。
忠実に旧盆にお盆の供養をしようとすると、一般的なお盆休みの時期とは違ってしまうようですね。
このように時期をずらしてしまえばラッシュに巻き込まれることはありませんが、そうそう休みもとれないものですから、どうしてもお盆休みにお盆の供養をすることになってしまいます。

高速道路のラッシュのピーク予想

人々

ここからは高速道路を用いて帰省する場合の、ラッシュのピーク予想について解説させていただきたいと思います。

帰省ラッシュ

まずは実家などに帰るほうの帰省ラッシュについて見ていきましょう。
2018年の帰省ラッシュのはじまりは、8月11日(土)と言われています。
土曜日がお休みの会社が多いことや、企業の有給休暇奨励日と重なることが原因です。

8月13日がお盆休みのスタートと言われていますから、それまでにお墓掃除やお盆の準備を済ませておきたいものです。
そうなると13日に帰っていては間に合いません。

以上のことから少しでも早く帰れることができるよう、8月11日からラッシュがはじまり、すでにピークを迎えると予想されています。

そして気になるピークとなる時間ですが、午前中がほとんどです。
混みたくないという理由から朝方に帰省を始められる方が多いようで、早めに出れば出るほどラッシュを避けられる傾向にあるようです。

Uターンラッシュ

Uターンラッシュとは、実家から自分の家に戻るほうのラッシュのことを指します。
一体皆さんはどのあたりの日付から家に帰ろうとし始めるのでしょうか。

Uターンラッシュは帰省ラッシュと違い、2つの期間に分かれてピークがあるようです。
まずは8月15日(水)です。

お盆休みが8月13日から8月15日とされていますが、これ以上長く休む方がほとんどです。
お盆法要が終わった15日に即Uターンを開始し、翌日は家でのんびりと休みを満喫する方が多いことから、最初のUターンラッシュは15日とされています。

2回目のUターンラッシュは8月18日(土)です。
こちらはかなり長くお休みを取ることのできる方の場合の、Uターンラッシュのピークとなります。
18日から帰りはじめて、19日(日)をゆっくり過ごして20日からお仕事を開始するという流れですね。

気になるラッシュの時間帯ですが、Uターンラッシュの場合は夕方がピークになることがほとんどです。
やはり法要後に帰ろうとされる方が多いのが理由のようです。

ラッシュが予想される高速道路

人々

どこの高速道路もラッシュとなり、混雑が予想されるものですが、特に気を付けておきたい高速道路も存在します。
ここでは特にラッシュが予想される高速道路について解説させていただきたいと思います。

東名道

まずは東名道です。
東名道とは東京インターチェンジから小牧インターチェンジまでの高速道路のことを指します。
東京都から愛知県まで続いており、距離にすると約350kmにも及びます。

新東名道が開通してからは、かなり渋滞が緩和された東名道ではありますが、やはり主要都市をつなぐ高速道路ですから混雑します。
特にラッシュが予想されるのが横浜町田インターチェンジから海老名ジャンクションの付近です。

この付近はお盆の帰省ラッシュやUターンラッシュの期間だけではなく、土日でも渋滞します。
お盆になったら特に渋滞してしまうのは目に見えていますね。
他の人が移動をしはじめる時間を避けるか、別ルートを探してみると良いかもしれません。

東北道

続いて東北道、東北自動車道についてです。
こちらは川口ジャンクションから青森インターチェンジまでの区間を指します。
国内最長の高速道路であり、その長さは約680kmとなっています。

主要都市が含まれてはいないものの、東北と関東を結ぶ重要な道路となっており混雑することが多々あります。
お盆やゴールデンウィークになりますと、東北自動車道の1割の長さである60kmの渋滞も珍しくありません。

特に混雑するのが、上りですと東北自動車道のはじめの区間となる川口ジャンクションです。
他の路線からの乗り継ぎもありますから、ここで渋滞をしてしまうという声が多々上がっているのが現状です。

他の区間は上りも下りも含めて、盛岡インターチェンジや黒磯板室インターチェンジ、佐野藤岡インターチェンジ付近が混雑します。
お盆休みに帰省せず避暑を楽しむ方も多いせいか、那須インターチェンジの出口付近も大変混雑します。

中央道

続いて中央道です。
中央道とは中央自動車道のことで東京都から山梨県を経由して、愛知県まで続く約370kmの高速道路です。

高井戸インターチェンジから小牧ジャンクションまでが中央道と呼ばれています。
ここで渋滞するのが、三鷹料金所、高井戸インターチェンジ、烏山トンネル、調布インターチェンジ付近です。

上に挙げた箇所は平日でも混雑し10kmを超す渋滞も珍しくはありません
上下ともに混雑しますから、帰省ラッシュ、Uターンラッシュともにピーク時には渋滞を覚悟する必要があります。

中央道では少しでも渋滞を緩和させるために「中央道すいすいドライブ」というインターネットサイトを運営しています。
空いている時間帯や渋滞回避方法が記載されておりますので、ぜひ帰省の際には参考になさってみてください。

関越道

最後に関越道です。
関越道は関越自動車道と言い、練馬インターチェンジから長岡ジャンクションまでの区間を指す約250kmの高速道路のことです。

ここで渋滞に注意したいのが練馬インターチェンジ、所沢インターチェンジです。
この2つは帰省ラッシュでもUターンラッシュでも気を付けたい箇所となっています。
地方へ帰る帰省ラッシュで気を付けたいのは、鶴ヶ島インターチェンジと渋川伊香保インターチェンジとなります。

Uターンラッシュで気を付けたい箇所は前橋インターチェンジと高坂サービスエリア付近です。
先に挙げた高速道路の中では一番距離の短い高速道路ではありますが、関東と新潟をつなぐ幹線となっておりますので混雑が珍しくありません。

新幹線など公共機関のラッシュ

人々

続いて公共交通機関のラッシュについて解説させていただきたいと思います。

帰省ラッシュ

新幹線の帰省ラッシュのピークは8月11日(土)と予想されています。
この日は朝から夜まで混雑が懸念されます。
この日に移動をする際には体調を万全にしておかないと、帰省するだけでかなり体力を消耗するでしょう。

少しでも回避したい場合は8月10日(金)の午後から移動する、夜の移動にするなどの方法があります。
8月12日(日)ですとだいぶ落ち着いて移動ができそうですが、早めに帰省することができないので、早めに帰省したい方は前倒しをおすすめします。

Uターンラッシュ

続いてUターンラッシュの日にちですが、8月15日(水)と予想されています。
翌日から仕事であるという方もいらっしゃるかと思いますので、ずらすのが難しいところですね。
しかし帰省ラッシュよりもラッシュが被りにくいのがUターンラッシュです。

というのも人によってお盆のお休みを長くとる方がいるからです。
場合によっては8月19日(日)まで休暇とする方もいますからその分、Uターンラッシュは混雑を回避しやすいと言えます。

休みをとれない場合は仕方がありませんが、8月15日(水)と8月16日(木)あたりは、ラッシュに巻き込まれたくない場合は避けたほうが無難です。

お盆時の新幹線の注意点

人々

最後にお盆に新幹線に乗る際の注意点をお伝えしたいと思います。

予約はできるだけ早めに

関東圏内に住む方にとって、車移動ではなく公共交通機関を使用して帰省をするのは珍しくありません。
ということは公共交通機関がとても混雑するということになります。

特に新幹線の指定席などは、予約をしていないと埋まってしまいます。
予約をしていない人が新幹線の自由席に押しかけてしまい、自由席の乗車率が100%を超えてしまっているというニュースを目にしたことがある方も多いはずです。

なかなか先の予定は立てづらいものではありますが、快適に帰省を行いたいのであれば早めの予約をしておきましょう。
予約の開始日などは鉄道会社によって違いがあると思いますので、各社のホームページでチェックをしておくと良いですね。

自由席に座るには

指定席はあらかじめ座る場所を予約できる便利なものではありますが、料金がかかります。
かわりに自由席ならば料金不要で、運が良ければ指定席と同様に、座って移動をすることができます。

できれば節約して、自由席でも快適に帰省したいものですよね。
そんな方は、

  • 始発付近の駅から乗る

  • 混雑しそうな時間帯は絶対に避ける

  • あらかじめ自由席となる車両を調べておき、そこの列に早めに並んでおく

ということを実践すると、座ることができる確率が上がります。

お盆のラッシュについてまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。
今回「終活ねっと」では、お盆に快適に帰省ラッシュ、Uターンラッシュをするための情報を解説させていただきました。

ここで総括です。

  • 2018年のお盆休みは8月13日(月)から8月15日(水)

  • 企業や個人によって違うが、8月11日(土)から8月19日(日)まで大型連休とする場合もある

  • 東名道の混雑ポイントは横浜町田インターチェンジから海老名ジャンクション

  • 東北道の混雑ポイントは盛岡インターチェンジや黒磯板室インターチェンジ

  • 中央道の混雑ポイントは三鷹料金所、高井戸インターチェンジ

  • 関越道の混雑ポイントは練馬インターチェンジ、所沢インターチェンジ

  • 新幹線などの公共交通機関の帰省ラッシュは8月11日(土)、Uターンラッシュは8月15日(水)

  • 指定席の予約は早めに行うこと。自由席で座りたいなら始発駅付近や、列の先頭に並ぶ努力が必要

以上となります。
こちらの記事が2018年の帰省に役立てられれば幸いです。
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • お盆期間にやることとは?東京と沖縄のお盆の違いについても解説!のサムネイル画像
    お盆期間にやることとは?東京と沖縄のお盆の違いについても解説!

    お盆は毎年やってくるものですが、お盆期間中にやることはご存知ですか?改めて問われると即答できる方は多くないのではないでしょうか。今回の終活ねっでは、お盆中にやることと、東京と沖縄でのお盆の違いについても解説していきます。ぜひご覧ください。

  • お盆休みはいつからいつまで?お盆休みの穴場スポットもご紹介しますのサムネイル画像
    お盆休みはいつからいつまで?お盆休みの穴場スポットもご紹介します

    夏といえばお盆休みですよね。お盆休みには実家に帰省したり、お墓参りをするというのが一般的です。もちろん、せっかくの休みなので家族みんなで旅行するという方もいますよね。今回はそんなお盆休みはいつからいつまでなのか、またその際の穴場スポットについてもご紹介します。

  • 2019年お盆の時期はいつからいつまで?地域による違いや理由を解説のサムネイル画像
    2019年お盆の時期はいつからいつまで?地域による違いや理由を解説

    お盆の時期は、地域によって様々であることをご存知ですか?新暦を元にする地域もあれば、旧暦を元にする地域もあります。各地域のお盆の特徴を知ることで、供養について改めて見直すきっかけが得られるでしょう。この記事では、お盆の時期の地域ごとの特徴を説明していきます。

  • お盆に安く飛行機を利用する方法は?欠航の場合や新幹線も解説しますのサムネイル画像
    お盆に安く飛行機を利用する方法は?欠航の場合や新幹線も解説します

    お盆休みに帰省や旅行をしようと思っても、飛行機などの値段は通常よりかなり高くなります。何とか安く利用したいと思っておられる方も多いでしょう。今回終活ねっとでは、お盆に安く飛行機を利用する方法について、欠航の場合や新幹線の利用を含めて分かりやすく解説します。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • お盆に新幹線は混む?チケットの買い方や注意点をご紹介します!のサムネイル画像
    お盆に新幹線は混む?チケットの買い方や注意点をご紹介します!

    お盆のときは新幹線で家族で旅行に行かれる方も多いでしょう。でもお盆に旅行したいと思っても、新幹線はどの程度混むのかなど心配なこともたくさんありますね。今回終活ねっとでは、お盆の新幹線について、混雑のピークチやチケットの買い方・注意点を分かりやすく解説します。

  • お盆にオススメの過ごし方とは?定番から注意点までご紹介します!のサムネイル画像
    お盆にオススメの過ごし方とは?定番から注意点までご紹介します!

    お盆休みは長い休暇ですが、いったいどんな過ごし方をすればいいのでしょうか?自宅で過ごすこともできますし海外に行くこともできますよね。今回終活ねっとでは、様々なパターンのお盆休みの過ごし方について詳しくご紹介していきたいと思います。

  • お盆の時期の混雑具合は?どれくらい混む?対処法まで解説します!のサムネイル画像
    お盆の時期の混雑具合は?どれくらい混む?対処法まで解説します!

    お盆の時期には、遠くへお出かけをする方も多いのではないでしょうか。その際には、やはり各交通機関での混雑具合が気になりますよね?混雑に巻き込まれてしまえば、貴重な時間も無駄にしてしまうかもしれません。そこで今回は、お盆の時期の混雑具合やその対処法を解説します。

  • お盆の帰省ラッシュはいつがピーク?混雑度についても解説します!のサムネイル画像
    お盆の帰省ラッシュはいつがピーク?混雑度についても解説します!

    お盆の時期には、実家へ帰省したり旅行をしたりなど様々ですよね。しかし、その際には帰省ラッシュが発生し各交通機関は混雑してしまいます。そんな混雑を少しでも避ける方法はないのでしょうか?今回はお盆の帰省ラッシュのピークはいつなのか、また混雑度についても解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事