お布施とお車代は一緒に包んでもいい?御膳料のマナーについても解説

お布施とお車代は一緒に包んでもいい?御膳料のマナーについても解説

法事法要を営む際に気になるのはお布施やお車代のことです。お布施とお車代は一緒に包んでもよいのでしょうか?また御膳料の包み方についても正式なマナーを知っておけば安心です。ここではお布施とお車代、御膳料について詳しく解説します。

最終更新日: 2020年03月07日

お布施とお車代について

葬儀

法事法要を営む際に、まず気になるのが僧侶に対するお布施とお車代のことです。

もともとお布施は読経や供養を行っていただいた対価ではなく、僧侶に対する「感謝の気持ち」だとされています。
そのため決まった金額はなく、施主としてはどのように対応すればよいのか悩ましいところです。

お車代についてもどんな場合に必要なのか、何を基準に考えればよいのか、あらかじめきちんと知っておきたいですね。

今回、「終活ねっと」ではお布施とお車代のマナーを中心として以下のことを詳しくご説明します。

  • お布施とお車代は一緒に包んでもよいのかどうか

  • お布施を包む際のマナー

  • お車代を包む際のマナー

  • 御膳料を包む際のマナー

法事法要の際には段取りをしなくてはならないことがたくさんあり、施主は多忙を極めます。
お布施やお車代、御膳料のマナーをあらかじめ知っておくことで、落ち着いて準備ができることと思います。
終活の一環として、若い世代の方にお布施やお車代のマナーを伝えていただくことも大切なのではないでしょうか。

最後まで読んでお役立ていただけると幸いです。
お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

お布施とお車代は一緒に包んでもいいの?

葬儀

では最初にお布施とお車代は一緒に包んでもよいのかどうかを考えてみます。

そもそもお布施とは何なのでしょうか?
お布施は法事法要を営む際の読経や供養に対する「料金」ではありません。
お布施とは先祖や故人を供養してくださる僧侶への感謝の気持ちを表したものです。

一方、お車代は僧侶が自宅まで足を運んでくれたことへの実質的な「対価」です。

つまりお布施は「感謝の気持ち」、お車代は「対価」と考えられることから、お布施とお車代はまったく意味合いが違うことがわかります。

このことから、お布施とお車代は別々の袋に包むようにします。

お布施を包む際のマナー

仏壇

では次に、お布施を包む際のマナーを順番に見てゆきましょう。
お布施には包み方や表書きのマナー、また僧侶へのお布施の渡し方のマナーなど、さまざまな決まりがあります。

お布施は僧侶への感謝の気持ちなので一般的に決まった金額はないと言われていますが、やはりお布施の金額相場も気になるところですね。

ここではお布施の金額の相場やお布施を包む際のマナーをそれぞれ詳しくご説明してゆきます。

お布施の金額相場

お布施を包む際に気になるのは、やはり一般的な金額相場です。
お布施は僧侶に対する感謝の気持ちだと言われてはいますが、失礼にならない金額を知っておきたいものです。

ただ、お布施は地域により金額に幅があります。
また法事法要を菩提寺の僧侶にお願いするのか、そうではないのかなど、施主と寺院の親しさの度合いによってもお布施の金額は違ってきます。

それらを踏まえた上での一般的なお布施の金額相場は以下のようになります。

  • お通夜・葬儀など二日間のお葬式で戒名と読経をお願いした場合、15万円~35万円

  • 四十九日法要をお願いした場合、3万円~5万円

  • 通常のお盆で読経をお願いした場合、5千円~2万円

  • 新盆で読経をお願いした場合、3万円~5万円

  • 一周忌法要をお願いした場合、3万円~5万円

  • 三回忌以降の法要をお願いした場合、1万円~5万円

  • 祥月命日法要をお願いした場合、5千円~1万円

一般的なお布施の金額相場はこのようになりますが、お布施の金額は地域の詳しい方にあらかじめ確認されるのがよいかもしれません。

お布施の書き方

次に、お布施の袋の書き方を見てゆきましょう。
お布施の袋の書き方にもきちんとしたマナーがあります。

お布施の袋を用意する際に注意したいのは、お布施は不祝儀ではないということです。
お布施は僧侶への感謝の気持ちであるため、葬儀に関係するものあっても不祝儀の扱いではありません。

では、お布施の袋はどのように書けばよいのでしょうか?
お布施の袋の書き方を順を追ってご説明します。

表書きの書き方

まずはお布施の表書きの書き方です。
先ほども書きましたようにお布施は不祝儀ではないため、お布施の袋の表書きは薄い墨ではなく濃い墨を使います。

お布施の袋の表面上部中央に「御布施」または「お布施」とやや大きめに墨書きします。

名前の書き方

次にお布施の名前の書き方です。
先ほど「御布施」と書いた表面の中央下部に施主の氏名、または「○○家」と濃く墨書きします。

上部の字より心もち小さく書いた方がバランス良く見えます。

お布施の包み方

では、お布施はどのように包むのがよいのでしょうか?
お布施の包み方にも正式なマナーがあります。

お布施は封筒に包む場合と奉書紙に包む場合がありますので、それぞれを確認してゆきます。

封筒に包む

お布施を封筒に包む場合は郵便番号蘭などの印刷のない、白い無地の封筒を使います。
その際、気を付けたいのはお布施を包むには一重の封筒を使うということです。
二重の封筒は「不幸を重ねる」ことを連想させるため避けるようにします。

またお布施にお札を入れる向きは慶事のものとします。
お布施のお金を封筒に入れる場合にはお札の表面は袋の表側を向くように、そしてお札の肖像画は袋の口に近いところにくるようにします。

お布施の袋にはすでに「お布施」と印刷されている市販の封筒を購入して使っても大丈夫です。

奉書紙に包む

お布施を僧侶にお渡しする時には、奉書紙に包むのが最も丁寧だとされています。

奉書紙は日本古来の白い和紙で、清らかなものを包むという意味を持っています。
奉書紙はなめらかな方が表、ざらついている方が裏です。

お布施のお金は先に半紙で包み、その上から奉書紙で包みます。
奉書紙でお布施を包む場合にも、お布施は慶事の折り方にします。
奉書紙での慶事の折り方は「上側の折り返しに下側をかぶせる」という形です。

また一般的に奉書紙でお布施を包む場合、水引は不要とされていますが、地域によっては水引をかける場合もあるようです。
お布施には水引をかけるのかどうか、地域の方に確認しておきましょう。

お布施の渡し方

次に僧侶へのお布施の渡し方を考えてみます。
僧侶へのお布施は、いつどんなタイミングでどのように渡せばよいのでしょうか?

お布施を渡すタイミングとしては、到着した僧侶を出迎えた時にお布施を渡すことが多いようです。
「○○の供養のために、今日はよろしくお願い致します」と挨拶を添えて僧侶にお布施を渡します。

葬儀会社に寺院の手配を頼んでいる場合には僧侶と施主の顔合わせの場を設けてくれることがありますので、その時に挨拶を添えてお布施を渡します。

また参列者への対応に追われ僧侶にお布施を渡すタイミングがない時には、法事法要が終わってからお礼の挨拶と共にお布施を渡しても大丈夫です。

いずれにしても気を付けなければならないのは、僧侶へのお布施の渡し方にも正式なマナーがあるということです。
お布施の渡し方のマナーを以下で確認してゆきます。

お盆に乗せて渡す

お布施は僧侶に直接手渡すものではありません。
お布施は「切手盆」と呼ばれる小さなお盆に乗せて渡すのがマナーです。

正面が僧侶の方を向くようにお布施を切手盆に乗せて差し出すのがマナーです。

袱紗に包んで渡す

切手盆を用意できない場合には、あらかじめお布施を袱紗に包んでおきます。
僧侶にお布施を渡す時には袱紗から取り出し、袱紗の上にお布施を乗せて差し出すのがマナーです。

袱紗は紫色のものを用意しておくと、弔事にも慶事にも使用できるため便利です。

お車代を包む際のマナー

仏壇

それでは次にお車代を包む際のマナーについて見てゆきましょう。

自宅での葬儀や四十九日法要、またお盆を迎えての読経など僧侶に来ていただく機会は多いものです。
昨今では葬儀会社の紹介でセレモニーホールまで足を運んでいただくことも増えています。

お車代はお布施とは意味が異なり、僧侶が法事法要の場へ来てくださったことへの実質的なお礼です。
そのため、お布施とは別の袋に包むようにします。

ここからはお車代の金額相場やお車代の袋の書き方など、お車代を包む際のマナーについてご説明します。

お車代の金額相場

法事法要の際のお車代の一般的な金額相場は、5千円~1万円程度です。
お車代は実質的なお礼であるため、遠方から来てくださる僧侶にはその金額分を考慮します。

またあらかじめ施主がタクシーを手配した場合は僧侶にお車代を渡す必要はなく、施主が直接タクシー会社に実費を支払うこととなります。

施主側が寺院に出向いて法事法要を営む場合には、お車代は必要ありません。

お車代の書き方

では、お車代の袋はどのように書くのでしょうか?

お車代はお布施とは別に白い無地の封筒を用意します。
お車代もやはり不祝儀ではないため、濃い墨を使って書くようにします。

表書きの書き方

お車代の表書きの書き方は、封筒の表側中央上部に「御車代」「お車代」と墨書きします。
やや大きめの字でバランスよく記します。

名前の書き方

お車代の名前の書き方は、封筒の表側中央下部に施主の氏名をやや小ぶりな字で墨書きします。
お布施と同じく「○○家」としても大丈夫です。

地域によってはお車代の表書きには名前を書かないとするところもありますので、あらかじめ詳しい方に確認してください。

お車代の包み方

お車代は白い無地の封筒に包みます。
お布施と同じく慶事の入れ方をします。
封筒の表側にお車代のお札の表面が来るようにし、肖像画は封筒の口に近い方とします。

「お車代」と印刷されている市販の封筒を使ってもよいでしょう。

お車代の渡し方

では、お車代はいつどのように渡せばよいのでしょうか?
一般的にお車代はお布施と同じ時に渡してもよいとされています。

お布施は切手盆、もしくは袱紗に乗せて法事法要の前に僧侶に渡すのがマナーです。
その時、お車代もお布施の下に重ねて渡します。
僧侶から見て必ずお布施が一番上になるよう、お車代は下に重ねることが大切です。

御膳料を包む際のマナー

仏壇

最後に御膳料を包む際のマナーについて見てゆきましょう。

法事の後には参列者が共に会食をする場が設けられることがあります。
僧侶も会食に出席していただければよいのですが、多忙なため辞退されることが多くなります。
そのような時、僧侶にお渡しするのが御膳料です。

御膳料を包む際にも気を付けたいマナーがいくつかあります。
一つずつ確認してゆきましょう。

御膳料とはお食事代のこと

御膳料とは法事の後に会食する際のお食事代のことです。
僧侶が会食に出席して下さる場合には必要ありません。

御膳料の相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

御膳料の書き方

御膳料の袋の書き方は、お車代と同じく白い無地の封筒を用意し、表側中央上部に「御膳料」と濃く墨書きします。
また表側中央下部には施主の氏名、または「○○家」と墨書きします。

地域によっては下部に氏名を書かないこともありますので、詳しい方にご確認ください。

御膳料の書き方についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

御膳料の金額相場

御膳料の金額相場は一般的には5千円~1万円となっています。

ただ御膳料は法事の後の「食事代」ですので、自宅でお膳をいただくのかホテルや料亭を利用するのかなどで金額には幅が出てきます。

「終活ねっと」では御膳料の相場や渡し方のマナーについても詳しくご説明をしています。
ぜひ下記を参照にしてご確認ください。

お布施やお車代に関するまとめ

葬儀

今回、「終活ねっと」では法事法要の際のお布施やお車代のマナーを中心としてご説明させていただきましたがいかがでしたでしょうか。
まとめますと以下のようになります。

  • お布施とお車代は意味合いが異なるため、別々の袋に包む。

  • 「お気持ち」であるお布施にも金額相場はあるが、地域差や寺院との親しさの度合いにより金額には幅が出るため、詳しい方にあらかじめ確認をする。

  • お布施は不祝儀ではないため、表書きは濃い墨で書く。
    また包み方やお金の入れ方も慶事として扱う。

  • お布施を渡す際には手渡しを避け、切手盆や袱紗に乗せて僧侶に差し出す。
    お布施を渡すタイミングは僧侶が会場に到着した時。
    お車代をお布施の下に重ねて一緒に渡してもよい。

  • お車代も不祝儀ではないため、白い封筒に濃い墨で表書きを書く。

  • お車代の金額相場は5千円~1万円。ただし僧侶が遠方から来てくれる時にはそれを考慮する。

  • 御膳料は法事の後の会食代なので僧侶が欠席する場合に渡す。

  • 御膳料も不祝儀ではないため、表書きは濃い墨で書く。

  • 御膳料の相場金額は5千円~1万円。
    ただし会食を設ける場によって幅が出ることを考慮する。

ご先祖様や故人の供養のため、僧侶とは長いお付き合いになるものです。
お布施やお車代についてきちんとしたマナーを身に付けておくことで、法事法要を落ち着いて営むことができることと思います。
今回の「終活ねっと」の記事がお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!のサムネイル画像
    お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

    葬儀やお墓のことなどでお世話になるのが僧侶の方です。僧侶の方にお経をあげてもらったことへの謝礼がお布施ですが、香典などと違って書き方がわからないという方も多いでしょう。今回はお布施を手渡す際、恥ずかしい思いをしなくて済むお布施の書き方について見ていきます。

  • 17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介のサムネイル画像
    17回忌のお布施はどう渡すの?書き方や金額相場についてもご紹介

    故人が亡くなってから、16年後の命日に行う法要が17回忌です。いくら故人が亡くなって16年といっても、この時も僧侶の方に読経してもらうためにお布施が必要となります。そこで今回は、17回忌のお布施の書き方や金額の相場、渡し方などについて見ていきましょう。

  • 7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介のサムネイル画像
    7回忌のお布施はいくら包む?金額相場や袋の書き方についてご紹介

    亡くなった方の供養をする主な方法の1つに没後の決まった年に年忌法要を行うというものがありますが、6年目に行うのが7回忌です。その際、僧侶の方に来てもらうためお布施を渡す必要があります。今回は7回忌でのお布施の金額の相場や袋の書き方などを見ていきましょう。

  • 23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介しますのサムネイル画像
    23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介します

    みなさんは、23回忌の法要のお布施の金額の相場をご存知でしょうか。お布施にも包み方や渡し方にマナーがあります。そこで今回終活ねっとでは、23回忌のお布施の包み方や表書きの書き方、袋の選び方など、23回忌のお布施について詳しく解説します。

  • 二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説のサムネイル画像
    二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説

    二七日(ふたなのか)のお布施はどのように渡せば良いのでしょうか。法要の場でお布施を渡す際には、どのように渡したら良いのか戸惑ってしまう方も多くいらっしゃると思います。今回は、二七日の法要におけるお布施の渡し方と、表書きの書き方や金額相場について解説いたします。

  • 四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外の費用も紹介!のサムネイル画像
    四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外の費用も紹介!

    四十九日法要のお布施の相場をご存知ですか?お布施は気持ちを表すものだといっても、どのようにするのがいいのか不安を抱く人は少なくありません。四十九日のお布施について、宗派ごとの相場の目安だけでなく、お布施に関するマナーや御車代などについてもあわせて紹介します。

  • 正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介のサムネイル画像
    正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介

    みなさんは正しいお布施の包み方を知っていますか?お葬式や法要の場でお布施をお坊さんに渡すことは知っていても、お布施の包み方を知っている方は少ないのではないでしょうか。今回は、正しいお布施の包み方とその表書きや渡し方のマナーにご紹介いたします。

  • 17回忌のお布施の書き方はどうする?包み方や金額相場も解説しますのサムネイル画像
    17回忌のお布施の書き方はどうする?包み方や金額相場も解説します

    お布施は、葬儀や法要で毎回用意するものの一つです。しかし、17回忌のお布施の書き方についてご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか。この記事では、17回忌のお布施の書き方や包み方、金額相場などを解説します。ぜひ、最後までご覧ください。

  • お布施の渡し方を解説!渡すタイミングやお盆・ふくさも解説!のサムネイル画像
    お布施の渡し方を解説!渡すタイミングやお盆・ふくさも解説!

    法事の際に僧侶の方にお経をあげてもらった際にその感謝の気持ちとして渡すのがお布施です。実はお布施は単に手渡しをすればよいというものではなくきちんとした渡し方があるのをご存じでしょうか。今回は法事の際の常識でもあるお布施の渡し方について見ていきたいと思います。

  • お布施の封筒の書き方|上包み・中袋・包み方・渡し方・相場のサムネイル画像
    お布施の封筒の書き方|上包み・中袋・包み方・渡し方・相場

    お布施の封筒の書き方ってついつい忘れがちではありませんか?今回終活ねっとではお布施の封筒の書き方について解説をしていきたいと思います。覚えておくと役に立つ表書きの書き方、金額の書き方までしっかりとご紹介しますので最後まで読んで頂ければと思います。

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事