初盆(新盆)では何を準備する?曹洞宗・浄土宗・真言宗など宗派ごとに解説!

初盆(新盆)では何を準備する?曹洞宗・浄土宗・真言宗など宗派ごとに解説!

毎年お盆に集まっていても、いざ招く側となると何を準備していいのか戸惑いますよね。特に初盆は故人が初めて里帰りする大事な節目ですので、しっかりと準備しておきましょう。今回の記事では初盆について、段取りや準備、盆飾りやお供えものまで具体的に解説していきます。

2019-09-28

初盆(新盆)の準備について

お墓

初盆は家族や親しい方を亡くされた方にとって、1つの大きな節目となります。
初盆の機会に遠方からの親戚が集まり、故人を偲ぶという方も少なくないでしょう。

しかし初盆と普通のお盆との違いとなると、経験がなければ難しいものです。
特に初盆でお客様を迎える側になると、何を準備するかイメージがつきにくいこともありますよね。

そこで今回の終活ねっとでは、初盆を迎えるにあたっての準備や盆飾りの方法について詳しく解説させていただきたいと思います。
主に

  • 初盆とは?

  • 初盆の基本的な段取りは?

  • どんなものを準備すればいいの?

  • 盆飾りはどのように飾りつければいいの?

  • 仏教の宗派によって盆飾りに違いはあるの?

  • 神道でも盆飾りは必要?

といったことについて解説していきます。

読んでいただければ初盆の準備に必要なことが具体的にわかりやすくなると思いますので、どうぞ最後までご覧ください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

初盆(新盆)とは

お墓

最初に初盆について簡潔にご説明します。
初盆とは故人が亡くなられて四十九日後に迎える最初のお盆のことです。
新盆(にいぼん)と呼ぶ地域もあります。

お盆はもともと、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)や神道の考え方や各地域の農耕的儀礼が混合して行われるようになった日本の習慣です。
お盆にはご先祖の霊がこの世に戻ってくると考えられています。

特に初盆は亡くなられて最初の里帰りとなりますので、法要を行い精霊棚を飾って盛大に行います。
また通常のお盆に比べて、親戚や故人と親しかった方など多くの参列者を迎えることになります。

いつからいつまで?

初盆の期間は通常のお盆の期間と同じです。
新のお盆は7月13〜16日もしくは旧のお盆は8月13〜16日となります。

どちらで行うかは地域や宗派によって変わりますが、現代では企業等の夏休みにあわせて8月に行うことが多くなっているようです。

初盆の流れ

初盆の全体的な流れは次の通りです。

  • 迎え火

    お盆の初日である13日には、迎え火をたいてご先祖の霊をお迎えします。
    迎え火はご先祖の霊が戻ってくる時の目印になると言われています。

  • お墓参りと法要

    お盆の中日である14、15日にお墓参りや初盆の法要を行います。
    法要はご自宅で行うこともあれば、お寺で行う場合もあります。

  • 送り火

    お盆の最終日である16日に送り火をたきます。
    お盆が終わるとご先祖の霊があの世へ帰っていくと言われていますので、送り火をたいてご先祖様をお見送りします。

初盆(新盆)の法要の段取り

人々

早めの準備を行うことによって、法要をスムーズに行うことができます。
初盆の段取りについてご説明していきます。

日程を決める

地域や宗派の状況により、法要の日程を決めます。
初盆では特に法要に招く人が多くなります。
あらかじめ親戚や友人の方に集まりやすい日時を尋ねておくと良いでしょう。

日程を決める際に法要の場所もご自宅で行うか、お寺で行うか決めておくとよいでしょう。

参列者へ通知

日時と場所が決まったら参列者へお知らせをします。
電話や往復はがきで出欠を確認できるようにすると、料理やお返しの準備がスムーズです。

料理の手配

出欠の人数が確定すると、次に料理の手配を行います。
自宅で行うか、レストランやホールで行うかで準備する内容が違ってきます。

自宅の場合は料理を自分たちで準備するか、仕出しの弁当を頼むのが一般的です。
レストランなどで行う場合は会食の目的を伝えると、それに応じたメニューを配慮してもらえます。

初盆の法要はおくやみごとですので、海老や鯛など慶事で用いる食材は用いません。

僧侶の手配

初盆の法要では僧侶に読経を行っていただき、ご先祖の霊を供養します。
お盆の時期はお寺も混み合いますので、日程の調整が必要なことも多いようです。
できるだけ早めの予約がおすすめです。

お布施の金額相場は?

法要で読経を行って頂いたら、お礼として僧侶にお布施をお渡しします。

初盆のお布施の金額相場は3万〜5万円が一般的です。
またお布施に加えてご自宅に来ていただいた場合はお車代として5千〜1万円程度、会食に参加されない場合は御膳料として5千〜2万円程度をお渡しします。

お布施は白い封筒に入れ、お盆の上に載せて僧侶へお渡しします。
表書きは「お布施」でも、何も記載しなくても構いません。

初盆(新盆)のお布施の金額について、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

初盆(新盆)で準備するもの

お墓

初盆では具体的にどのようなものを準備すればよいのでしょうか?
ここでは準備が必要なものについて、詳しく解説していきます。

盆棚(精霊棚)

お盆には盆棚という独特の飾りを用意します。

本格的なものは祭壇に真菰(まこも)という敷物をしき、四隅に青竹を立てます。
青竹には、しめ縄を張ります。
祭壇の上には故人の位牌や仏具、食べ物やナスやキュウリの牛や馬といったお盆のお供え物を飾ります。

最近ではマンションなど広い場所を取りにくい住宅事情もあり、簡単な盆棚にすることもあります。
簡単な盆棚は小さい机を用い、その上に真菰や敷物をしきます。
敷物の上からお供え物を飾ります。

のちほどご説明しますが、浄土真宗は盆棚を飾らないのが一般的です。

精霊馬

精霊馬とはナスやキュウリに割り箸をさして足とし、牛や馬に見立てたものです。
あの世とこの世を渡る時の乗り物となるものです。
お盆といえば精霊馬が頭に浮かぶ方も多いですよね。

精霊馬には「ご先祖の霊がこの世に帰ってくるときは、馬に乗って早く帰ってきてほしい。
あの世に戻るときは、牛に乗ってゆっくりと戻ってほしい」という願いがこめられています。

盆提灯

お盆には提灯(ちょうちん)を盆棚と一緒に飾ります。
提灯はご先祖の霊が帰ってくる際の目印になると言われています。

初盆では特に、通常の提灯と合わせて初盆用の白い提灯を飾ります。
初盆用の提灯はもともと玄関に目印として飾っていましたが、最近では通常の提灯と一緒に飾ることも多くなっています。

初盆用の提灯は初盆が終わると燃やしたり、菩提寺で供養してもらい、初盆の時しか使用しません。

お返しの品物

通常の法要でも香典返しがあるように、初盆でも香典や提灯代などを頂いた場合はお返しをします。

お返しの相場として、頂いた額の1/3程度が目安です。

お返しの品物としてはおくやみごとのため、消えものと言われる食べものや消耗品を選びます。
代表的なものとして、お茶や海苔、洗剤、タオルといった好き嫌いのない食品や日常的に使用するものがあります。

季節を考慮するとそうめんや冷麦、フルーツゼリーや羊羹なども人気です。

お返しをお渡しするタイミングは、法要後の会食が終わった際にお渡しするとよいでしょう。

初盆(新盆)の盆飾り

仏壇

初盆や通常のお盆では、盆飾りという独特な飾りものがあります。
盆飾りのお供え物や宗派ごとの特徴について詳しく説明します。

一般的なお供え物

お盆飾りの一般的なお供え物は、次のようなものです。

  • 素麺

    素麺をお供えする理由は諸説ありますが、ご先祖の霊があの世に帰るとき荷物をまとめる紐になるという説があります

  • 昆布

    昆布は喜びの気持ちをあらわします。
    水に戻さず硬いまま飾ります。

  • ほおずき

    ほおずきはご先祖の霊が目印にする提灯に見立てられます。
    目印ということで迎え火と同じ役割と言えます。

  • 生花

    仏花や故人が好きだった花を飾ります。
    トゲのある花は用いません。

  • ナスの牛とキュウリの馬

    精霊馬といい、ナスやキュウリに割り箸をさして足にします。
    ご先祖の霊があの世とこの世を行き来する時の乗り物という意味があります。

  • 水の子

    刻んだナスやキュウリをお米と一緒に蓮の葉の上において、水にさらしたものです。
    水の子には全ての霊が飢えないように食べてもらいたいとの思いが込められています。

  • 閼伽水(あかみず)とミソハギの花

    閼伽水とは供養のためにお供えされる水のことです。
    ミソハギの花は漢字で「禊萩」と書きます。
    禊(みそぎ)はお清めの意味がありますので、それにちなんで用いられます。

  • 夏の野菜や果物

    旬の野菜や果物は百味五果と言われます。
    スイカやトマト、キュウリなど新鮮なものをお供えしましょう。
    故人の好きだった食べ物をお供えするのも喜ばれるでしょう。

宗派別の飾り方の特徴

お盆飾りは宗派によって違いがあるのでしょうか?
ここでは宗派別の飾り方の特徴について説明します。

曹洞宗

曹洞宗の初盆の飾り付けとして、お供え物の内容は基本の形と大きく変わりがありません
浄土真宗以外の他の宗派とも共通しますが、初盆の白い提灯も飾ります。

真言宗

真言宗の特徴の1つとして精進料理をそのまま食べられる状態でお供えします。
お箸も添えておきます。

もう1つの特徴としては、ほおずきが重視されていることです。
ほおずきの飾り方は盆飾りの四隅に立てた青竹にしめ縄を結び、ほおずきを吊るして飾ります。

臨済宗

臨済宗では精霊棚にお供えするものが少し他の宗派と違います。
山百合・ほおずき・笹だけ・お団子・栗・果物・素麺といったものを飾るのが特徴的です。

日蓮宗

日蓮宗での盆飾りは、基本の形と大きく違いはありません。

青竹にしめ縄を張り、ほおずきを吊るして結界とします。
他に精霊馬やミソハギの花、水の子、季節の果物や野菜をお供えします。

浄土宗

浄土宗の盆飾りの特徴として位牌や仏具を仏壇から出し、仏壇の前の精霊棚に飾ります。
またお花の飾り方にも特徴があり、枝豆・ガマの穂・ほおずきを花瓶にいけるのではなく精霊棚に逆さに吊るして飾ります

お供え物としては精霊馬やお花、季節の果物や野菜をお供えします。

浄土真宗

浄土真宗は他の宗派と少し考え方が違っており盆飾りや迎え火、送り火といった行事を行いません
浄土真宗ではご先祖の霊はあの世で仏になると考えられており、この世へ戻ってくるとは考えられていません。

神道の場合の飾り方は?

意外に思われるかもしれませんが、神道でもお盆飾りを行います。
神道では先祖信仰の考え方がありますので、お盆は先祖を供養する大事な機会とされています。

神道では仏教の仏壇にあたるものとして祖霊舎(それいしゃ)があります。
祖霊舎の前に盆棚を設置します。

盆棚にのせる供物は基本的に仏式と同じです。
盆棚に真菰をしき、花・季節の果物や野菜・精霊馬・閼伽水・団子などをお供えします。

初盆の準備についてまとめ

お墓

初盆についてこれまで解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
今回の終活ねっとでは、初盆の準備や盆飾りについて次のようなことを解説いたしました。

  • 初盆とは、亡くなられて四十九日後の初めてのお盆のことである。

  • 初盆の主な流れは、迎え火、墓参りや法要、送り火である。

  • 初盆の段取りとして、日程決め、参列者へのお知らせ、料理や僧侶の手配、お布施の準備が必要である。

  • 初盆で準備するのは精霊棚、初盆用の白い提灯、香典をいただいたり法要に参加されたりした方へのお返しの品物である。

  • 初盆の精霊棚は自宅の状況に合わせて準備する。
    一般的なお供え物は精霊馬や花、季節の果物や野菜などである。

  • 宗派ごとに盆飾りに少しずつ違いがある。
    浄土真宗は盆飾りを行わない。

初盆の行い方は、地域によっても差があります。
ゆっくりと故人を偲ぶ機会になるよう、事前に準備をしておきたいですね。
故人のことを考え、心を込めて準備をされることが何よりの供養になることでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは、新盆の期間の流れについても解説しています。
ぜひ、こちらもご覧ください。

「初盆・準備」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像 4
    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みを詳しく知っている方は多くはないのではないでしょうか。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事

お坊さんの手配に関する
ご相談はこちら

person

法事・法要にお坊さんを手配

お坊さん
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料