お盆は仏教行事なの?お盆の由来や神道との関係性についても解説

日本古来から習慣としてあるお盆ですが、このお盆というのは仏教行事なのでしょうか。普段、習慣として行なっているお盆ですが、お盆の由来や仏教との関係性は知らない方も多いのではないでしょうか。ここでは仏教とお盆の関係性や由来についてご紹介します。

目次

  1. お盆と仏教の関係とは?
  2. お盆とは?
  3. 仏教の死生観とお盆は矛盾してる?
  4. 仏教のお盆は宗派によって異なる
  5. 仏教のお盆の基本的な流れ
  6. 仏教のお盆にふさわしいお供え物
  7. お盆と仏教の関係まとめ

お盆と仏教の関係とは?

仏壇

みなさん、8月(地域によっては7月)に入るとお盆の準備が始まります。
おそらく子供の頃から習慣として、お盆の準備をして家族みんなで過ごしてきた方が多いのではないでしょうか。

しかし、お盆の由来や仏教との関係を知っていますか?
あまり知らない方が多いのではないでしょうか。

そこで終活ねっとではお盆と仏教について

  • そもそもお盆ってどんな習慣?

  • お盆って仏教独自の行事なの?

  • お盆は仏教の宗派によって違いはあるの?

  • 実際にお盆はどんなことをしたらよい?

  • お盆にはどんなものをお供えするべき?

といった、お盆の由来や仏教との関係、各宗派の違いと共にお盆のしきたりについてもご紹介します。
毎年迎えるお盆なので、意味や由来を理解した上できちんと準備をして迎えましょう。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

お盆とは?

仏壇

お盆には会社が休みになる方も多く、この時期に合わせて実家に帰省したり、お墓参りに行く方も多いと思います。
昔から行われている習慣としてお盆を迎えている方も、由来や細かいしきたりについてわからない方も多いと思います。

そもそもお盆とはどういう意味なのでしょうか。

一般的にお盆とはご先祖様や故人の霊(精霊と呼びます)があの世から帰ってきて家族と一緒に過ごす期間と言われています。
お盆の前には、ご先祖様をお迎えする準備をして、お盆の期間にご先祖様を供養して、盆明けにはご先祖様をあの世へ送ってあげる儀礼をそれぞれ行なっていきます。

お盆はいつからいつまで?

お盆の時期についてはなんとなく8月15日前後かと思っている方が多いと思います。
正式な時期としては一般的に8月13日〜16日とされています。

しかし地域によっては7月13日〜16日、8月20日前後、8月13日〜15日の地域もあります。
これは、元々旧暦の7月15日がお盆の時期だったのが、旧暦から新暦に移行する際に新暦に合わせて8月になった地域やそのまま7月になっている地域もあるからです。

地域に合わせてお盆を迎えましょう。

お盆の由来は?

お盆という言葉は仏教用語で「盂蘭盆会」という言葉からきています。
この「盂蘭盆会」という言葉の由来を見てみましょう。

昔、お釈迦様の弟子に目連様という方がいました。
あるとき、目連様が自分の力である神通力を使って亡くなった母親のことを見てみると、母親は餓鬼の世界で逆さ吊りにされて、苦しみに喘いでいたそうです。

その光景を目撃した目連様がお釈迦様に相談しました。
お釈迦様は、「90日間の雨季の修行を終えた僧たちが7月15日に集まる その僧たちにご馳走をして心から供養しなさい」とおっしゃったので、その通りにすると目連様の母親は餓鬼の苦しみから救われたと言います。

そこでお釈迦様は目連様に「同じように7月15日に色々な飲食を持って仏や大勢の人たちに供養すれば、多くのご先祖が苦しみから救われ今生きている人も幸福を得ることができます」とおっしゃったのです。

これが現在のお盆の始まりとされています。

なので、旧暦の7月15日がお盆とされ、様々な飲食をお供えして、ご先祖様と自分たちも幸せになるようにと供養するのです。

仏教の死生観とお盆は矛盾してる?

神棚

お盆の由来は仏教から来ていることがわかったと思います。
では、お盆とは仏教独自の行事なのでしょうか。

実は「お盆」という行事自体は日本独自のものです。
盂蘭盆という言葉自体はサンスクリット語という古代のインド語から来ていますが、他の国ではここまで大々的にお盆を行事として行うことは多くありません。

仏教が日本に広がる前から日本では祖霊信仰と言い、だいたい7月〜8月ごろに祖先の魂があの世からこの世に戻ってくると信じられていました。
そこに仏教の「盂蘭盆会」という考え方が混ざり、旧暦の7月15日にお盆を民俗行事として行うようになったのです。

なので、日本の「お盆」という考え方は仏教の考え方と矛盾している点もあります。
それぞれの考え方を見ていくことで矛盾もわかってくるので、次から見ていきましょう。

仏教の輪廻転生の考え方

輪廻転生という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
この輪廻転生という考え方はインドのバラモン教から始まり、ヒンドゥー教、仏教と広まっていきました。
仏教での死後はこの輪廻転生という考え方を元に考えられているのです。

輪廻転生とは一言でいうと、全ての生命は死後に人間や他の生き物に生まれ変わるという考え方です。

輪廻転生の考え方では、生命は天上界・人間界・修羅界・畜生界・餓鬼界・地獄界の6つを生まれ変わりながら生きているとされています。
仏教とは根本的に生命は迷いを持って生きているとされ、この迷いをなくすための教えです。
この迷いがなくなった時に、極楽浄土にいき、永遠の幸福を享受できるとされています。

なので、仏教の考え方では死後、霊になることはなく、どこかの世界で生まれ変わっていると考えられているのです。

お盆には先祖の霊が帰ってくる

一方、お盆の考え方はどのようなものでしょうか。

お盆の行事の考え方としては人間は死後、霊になると考えられています。
霊になった後、いわゆるあの世と呼ばれる世界で過ごしており、お盆の期間のみあの世からこの世へと霊が帰ってくると考えられているのです。

仏教では死後には生まれ変わると考えられているのですが、お盆の考え方では死後、霊になり仏壇やお墓を通して一年に一度、お盆の期間だけ一緒に過ごせると考えられているのです。

したがって、本来は仏教の輪廻転生という考え方とは相容れないはずなのです。

お盆には神道の教えが根本にある

日本では、仏教が広まる前から「神道」という宗教が広まっていました。
正月などに神社にお参りするのは神道の考え方です。

この神道の考え方の一つに「祖先崇拝」という考え方があり、この考え方が日本のお盆に大きな影響を与えています。

神道では人は死後、霊になり子孫を見守っているという考え方があります。
さらに、死後も子孫の役に立つことで神となっていくのです。
日光東照宮が有名で徳川家康が死後に神様になり祀られている神社となります。

子孫は見守ってくれている祖先への崇拝を示すため、手を合わせることで供養することが大事だと考えられて来ました。
この行為が根付き、自然と祖先に感謝の気持ちを込めてお墓や神棚を通してお祈りして来たのです。

仏教が発祥したインドでは輪廻転生の考えが浸透しているため、先祖を供養しません。
しかし、日本に仏教が渡って来た際に、仏教の考え方と日本古来の祖先崇拝の考え方が混じり合って独自に発展していきました。
ですから、日本で発展してきた仏教ではお盆に盆行事を行い、祖先を供養し感謝の気持ちを祈ります。

お盆とは仏教古来の考え方ではなく、日本古来の考え方と仏教の考え方が混じり合った日本独自の民俗行事となっていることがわかります。

仏教のお盆は宗派によって異なる

お墓

さて、お盆の考え方と仏教の考え方が矛盾しているという話をしましたが、日本では仏教でもお盆を盆行事として先祖供養をしています。
その仏教の中でも宗派によってお盆の迎え方には違いがあります。

お盆に行う儀礼や、準備物に違いがあり、精霊棚という祭壇を用意するのが一般的なお盆ですが、その際に置くものや用意するお膳の配置にも違いがあります。
自分の宗派を押さえた上で、各宗派にあったお盆を行いましょう。

宗派の中でも浄土真宗はそもそもお盆に対する考え方が違います。
浄土真宗では霊はいないと考えられています。
一般的なお盆ではご先祖様の霊をお迎えしますが、浄土真宗では霊はいないのでお迎えをしません。
なので、精霊棚を作ったり、迎え火、送り火といった日本の盆行事は行わないのが普通です。
浄土真宗の方は気をつけましょう。

仏教のお盆の基本的な流れ

仏壇

さて、ここで仏教のお盆の基本的な流れをご紹介します。

お盆には様々な準備が必要とされ、また儀礼も多いです。
こちらで基本的な流れを押さえておきましょう。
なお、各宗派によって違いがあると上でご紹介しましたが、実は細かな違いはありますが大きな流れは浄土真宗以外変わりありませんので、一般的な流れを押さえておけば大丈夫でしょう。

ここで、仏教ではなく神道を信仰している方は疑問も生まれるかもしれません。
お盆は日本古来の民俗行事という意味合いが強いことから、神道でもほぼ変わりはありません。
ここで、一般的な流れを押さえておけば大丈夫です。

また、地域や家庭によっても慣習は違います。
その場合はその地域の慣習に合わせて行うと良いでしょう。

お盆を迎える準備

お盆を迎える準備としては「精霊棚」「盆提灯」「お墓・仏壇の掃除」などを行います。

精霊棚とは霊が帰ってくるお盆の間、ご先祖様の魂に寛いでいただく場所となります。
仏壇とは違う座卓を用意して、そこにマコモと呼ばれる植物のゴザを敷き、青竹を立てて飾り縄をして結界を作ります。
そこに、位牌や蝋燭立てなどの仏具・供養膳・水の子・閼伽水・お供え物を置いてご先祖様のおもてなしを行うのです。

盆提灯とは、あの世から帰ってくる霊が迷わずに帰ってこられるように提げる提灯のことです。

これらの準備する物は盆入りする13日の前には準備をしておきましょう。

墓参り

一般的には13日の盆入りにお墓参りをします。
このお墓参りは先祖の供養と同時に、先祖の魂を家まで連れて帰るという意味もあります。
また、お墓参りと同時に菩提寺の御本尊にもお参りをして、先祖の幸せを祈るという宗派もあります。

迎え火

お墓参りをした後の13日の夕方には迎え火を焚きます。
この迎え火とはあの世から家に帰ってくる精霊が迷わずにすぐ帰ってこられるように焚くものです。
玄関や門口に器をおき、オガラに火をつけて迎え火とします。

現在では迎え火を焚けない家も多いので、その場合は盆提灯を飾ることで良いとされています。

棚経

お盆の期間にはご先祖様の精霊が家にいるので、その合間に菩提寺の住職が各家庭を訪問して先祖供養のために読経を行います。
この行事を棚経と言います。
お盆には棚経をしていただき、僧侶と一緒に故人やご先祖様を供養しましょう。

送り火

13日に来て、14日、15日と家にいた霊は16日にあの世へと帰っていきます。
その際に、暗い道ではなく明るい道を通って帰っていただけるように送り火を16日の夕方に焚きます。
地域によっては15日の夕方に焚くところもあります。

作り方は迎え火と同様で、玄関や門口に器を置き、その中でオガラを焚いて送り火とします。

仏教のお盆にふさわしいお供え物

仏壇

お盆の流れを一通り押さえたところで、次はお盆のお供え物をご紹介します。
お供え物は親戚や知人の家庭に赴き、供養をする際に必要となるものです。
ここで、仏教のお盆にふさわしいお供え物をきちんと押さえ、失礼のないようにしましょう。

お盆のお供え物にも宗派によって違いがありますが、基本的には「五供」と呼ばれるお供え物が基本となります。
五供とは「香」「花」「灯明」「浄水」「飲食」とされており、これらをお盆の時にはお供えします。
以下に具体的に何を準備すれば良いかご紹介するので、参考に準備しましょう。

香は一般的に線香のことを指します。
香をお供えする意味としては、お香の香りが私たちお参りをする人の心身を清めるという意味があります。

また、お線香の香りは「悟りの世界へと導くもの」という考え方があります。
お供えする線香の本数は宗派によって違いがありますが、厳密な決まりはありません。
ただし、消す時のみ注意が必要です。
線香を消す時は手を仰いで消すようにし、息を吹きかけて消さないようにすることが大事です。

お花

お花を供えることを「供花」とも言います。
お花をお供えする意味としては、ご先祖様の感謝の意を示すと言われています。
またお花も清らかなものなので、お参りする人の心身を清らかにするという意味もあるようです。
なので、花をお供えする時はお参りする人に正面を向けるように飾ります。

お花を用意する時は生花を供えるのがマナーです。
また、棘のついていない花を選ぶ、散りやすい花を選ばないという注意点もあるので気を付けましょう。

灯燭

灯燭とは蝋燭に火をつけることを言います。
普段、線香に火をつけるために何気なく蝋燭に火をつけていると思いますが、その蝋燭に火をつけるという行為にも意味があるのです。

灯明を灯すのには、ご先祖様を明るく照らし出すという意味と、心に安らぎを与えるという意味が込められています。

浄水

浄水はお水を供えることです。
昔は自然水を供えることがマナーでしたが、現在は普通の水道水を供える場合がほとんどです。
お水を供えることは、お参りする私たちの心を綺麗に洗った後でお参りするという意味があります。

水道水で良いので、お盆の期間中は毎日お水を替えてお供えするのが良いでしょう。

飲食

飲食は食べ物をお供えすることです。
意味としては、先祖への感謝の気持ちを込めるという意味と同時に、お供えしたものと同じものを私たちも食べることで、先祖との繋がりも表します。

供養膳というお膳を作ったり、ご先祖様の好物、季節の果物を供えるのが一般的です。
また、お供えしたものはずっと供えたままにせずに、お下がりとして頂くのがマナーです。

お盆と仏教の関係まとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか。

今回、終活ねっとではお盆と仏教の関係について解説してきました。

  • お盆の由来は盂蘭盆会という仏教用語からきている

  • お盆と仏教とは矛盾している考え方もあり、日本古来の考え方も混ざっている

  • お盆の迎え方は宗派や地域によって違いがある

  • お盆は先祖の霊が帰ってくるので、その準備や行事を行う

  • お盆のお供え物は「五供」と言われる5つのお供え物が基本となっている

お盆の意味を理解することで、さらに供養に対する気持ちが強まるのではないでしょうか。
お盆には細かいしきたりもありますが、一番大事なのはご先祖様や故人を想う気持ちです。

今回、仏教古来の行事ではないというご紹介をしましたが、これは日本で古来から行われてきた民俗行事で宗教・地域を超えて先祖を崇拝する素晴らしい習慣です。

ぜひ、お盆の由来を押さえた上でしっかりと準備をして気持ちよくお盆を迎えましょう。

シェアする

「お盆・仏教」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

    2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

    1
  • 2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

    2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

    2
  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    3
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    4
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    5
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    6
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    7

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お盆・仏教」についてさらに知りたい方へ

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説しますのサムネイル画像

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説します

お盆のしきたりについて知っていますか?日本各地のしきたりもご紹介のサムネイル画像

お盆のしきたりについて知っていますか?日本各地のしきたりもご紹介

神社とお盆の関係性とは?お盆の流れやマナーについて解説しますのサムネイル画像

神社とお盆の関係性とは?お盆の流れやマナーについて解説します

お盆を迎えるために準備すべきこととは?精霊棚の飾り方も解説しますのサムネイル画像

お盆を迎えるために準備すべきこととは?精霊棚の飾り方も解説します

お盆の迎え方・送り方を曹洞宗/真言宗/日蓮宗など宗派別に解説!のサムネイル画像

お盆の迎え方・送り方を曹洞宗/真言宗/日蓮宗など宗派別に解説!

お盆の棚飾りはどうする?宗派別の棚飾りの特徴についても紹介しますのサムネイル画像

お盆の棚飾りはどうする?宗派別の棚飾りの特徴についても紹介します

2019年お盆の時期はいつからいつまで?地域による違いや理由を解説のサムネイル画像

2019年お盆の時期はいつからいつまで?地域による違いや理由を解説

お盆にはご先祖様が帰ってくる!お盆の由来やご先祖様の迎え方を解説のサムネイル画像

お盆にはご先祖様が帰ってくる!お盆の由来やご先祖様の迎え方を解説

お盆の起源や語源を知っていますか?お盆行事の由来も合わせてご紹介のサムネイル画像

お盆の起源や語源を知っていますか?お盆行事の由来も合わせてご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

1
2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

2
僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

3
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

4
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

5
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

6
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

7

関連する記事

「お盆・仏教」についてさらに知りたい方へ

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説しますのサムネイル画像

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説します

お盆のしきたりについて知っていますか?日本各地のしきたりもご紹介のサムネイル画像

お盆のしきたりについて知っていますか?日本各地のしきたりもご紹介

神社とお盆の関係性とは?お盆の流れやマナーについて解説しますのサムネイル画像

神社とお盆の関係性とは?お盆の流れやマナーについて解説します

お盆を迎えるために準備すべきこととは?精霊棚の飾り方も解説しますのサムネイル画像

お盆を迎えるために準備すべきこととは?精霊棚の飾り方も解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと