初盆のお供え物について解説します!人気な品物から渡し方までご紹介

初盆のお供え物について解説します!人気な品物から渡し方までご紹介

そういえばもうすぐ初盆がやってくるけれど、どんなお供え物をお送りすれば良いか迷っている方はいらっしゃいませんか?この記事では初盆のお供え物について、おすすめしたい人気の品物からのしのつけ方、渡し方と言ったマナーまで解説させていただきたいと思います。

最終更新日: 2020年09月08日

初盆のお供え物について

仏壇

初盆の供養に行かれる方も行けない方も、故人の為に心のこもったお供え物をお供えしたいですよね。
でも一体、初盆のお供え物に最適なものって何なのでしょうか?
普通のお盆のお供え物と何か違いがあるのでしょうか?

今回「終活ねっと」では初盆とは何かという部分からはじめ、初盆に最適な品物や金額の相場まで解説させていただきたいと思います。

  • 初盆とは何か

  • 初盆のお供え物の金額の相場はいくらなのか

  • 代表的な初盆のお供え物は何か

  • 初盆のお供え物ののしはどうするべきか

  • 初盆のお供え物はどうやって渡すべきか

  • 初盆にお香典をお渡しする場合の金額の相場はいくらなのか

  • 初盆のお供え物にお返しは必要かどうか

という点がメインとなります。
初盆にまつわるお香典やお返しについての豆知識も解説しています。
お盆にお供え物は送ったことがあるけれど、初盆は初めてという方はぜひ最後までご一読ください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

初盆とは

仏壇

本題に入る前に、初盆とは一体どういうことを指すのかについて、解説させていただきたいと思います。

初盆とお盆の違い

初盆もお盆も、時期は同じです。
ただ、故人にとって一番最初のお盆のことを初盆(はつぼん)と言います。
別名を新盆(にいぼん)と言いますが、意味は同じです。

特にお盆と変わらない法要を行う地域もあれば、普段のお盆よりも盛大に法要を行う地域もあります。
それ以外で大きな違いと言えば、白提灯を飾るかどうかになります。

普段のお盆では白提灯は飾りませんが、初盆では飾ります。
何故飾るかというと、故人が家に戻ってくる際に迷わないようにするためと言われています。
ここが一番の初盆とお盆の違いと言えます。

初盆の期間

初盆は、故人が亡くなってはじめて迎えるお盆のことを言いますが、四十九日法要が終わっているか終わっていないかで時期が変わります。
もしも故人が亡くなってから四十九日法要を終える前にお盆の時期がきたときは、初盆は翌年となります。
期間は7月か8月の13日から16日です。

このように初盆の期間は故人が亡くなった日によって、1年先延ばしになることがあります。
それ以外の初盆の開催期間については、通常のお盆と同じです。
迎え火を焚いてお迎えし、法要をし、送り火を焚いてお送りするという流れとなります。

お供えの意味

一体なぜ初盆やお盆にお供え物が必要なのでしょうか?
亡くなった故人は、もうお腹が空くことも、のどが渇くこともありません。
しかし私たちは御供物や水やお花、ご飯などをお供えします。

様々ないわれがありますが、お供え物は仏様と私たちをつなぐものと言われています。
一度仏様に献上し、仏様になった後に私たちにお分けいただいておるという流れになります。
こうやって仏様から分け与えられたものを口にすることで、私たちの生きる活力になったり、信仰心を向上させることにつながっているのです。

初盆のお供え物の金額相場

お金

初盆のお供え物、いわゆる「御供」は一体いくらくらいのものを用意すれば良いのでしょうか。
大体のお供え物の金額の相場は5千円~1万円程度と言われています。
特に故人にお世話になっていた場合は、もう少し高額でも良いという傾向にあるようです。

お供え物は安すぎても高額すぎてもいけないとされています。
高額すぎた場合は、相手側にお返しで気を遣わせてしまいます。
お世話になっていた場合より良いものをお送りしたくなるかとは思いますが、あまり高額にならないよう気を付けておくと良いでしょう。

初盆の代表的なお供え物

仏壇

それでは本題である、初盆の代表的なお供え物について解説させていただきたいと思います。

五供が一般的

初盆のお供えするものに「五供」というものがあります。
こちらはお供え物として送るのではなく、家族側が用意するお供えとなります。
五供にはどういう意味があるのかを見ていきましょう。

香とは「お線香」の香を意味します。
仏壇などには必要不可欠なものですよね。
初盆の供養にも、もちろん欠かせないものとなっています。

香は私たちの身や心を清らかにしてくれる効果があるとされています。
また仏教の世界において重要である「悟り」を気づかせてくれる効果もあるようです。

灯燭

灯燭(とうしょく)とはろうそくのことを意味します。
こちらもまた仏壇には欠かせないものとなっていますね。
灯燭はお線香に火をつけるためだけにあるわけではありません。

灯燭には様々な意味があり、供養の心を表したり、仏様の道を照らしたり、私たちの煩悩を打ち消すという意味があります。

仏花(ぶつばな)や供花(くげ)と呼ばれる行為が、仏壇にお花を飾ることです。
私たちの心を清める効果や、故人に対して感謝の気持ちを表す行為とされています。
できれば生花を飾ることが好ましいです。

このときとげのある花や花びらが散りやすい花は、避けるのがマナーとなっています。
左右一対になるように配置し、仏壇側ではなく仏壇の正面にお花が向くように飾ります。

浄水

浄水とはお水のことで、私たちの心を清らかにしてくれる効果があります。
できれば天然水が好ましいのですが、毎日取り替えを行うならば水道水でも問題ありません。
また、お茶をお供えしても良いともされています。

飲食

飲食とはその名の通り「食べられるもの」です。
良く炊き立てのご飯をお茶碗に盛り、お供えしている場面を目にしたことはありませんか?
その場面が五共の飲食のお供えをしている状態ということになります。

お供えするとき、封をしたままお菓子や食べ物をお供えしていませんか?
実はお供えするときは「すぐに食べられる状態」でお供えをするべきと言われています。
そしてお下げしたあとは、感謝の気持ちを持っていただくようにします。

お菓子

ここからは初盆のお供え物として送るのに最適な品物のご紹介となります。
まず定番であり、喜ばれる品物がお菓子です。
できれば季節感のあるお菓子を選ぶと良いでしょう。

お盆は夏ですから、見た目にも涼しい羊羹やゼリーといった水菓子をおすすめします。
水菓子系は個別包装されていてお配りしやすいものですし、日持ちもします。
受け取った側も消費しやすいのがメリットです。

しかし洋菓子でも和菓子でも問題はありません。
気を付けたいのは日持ちするかどうか、お分けしやすいかどうかです。
この2点に気を付けていれば、どんなお菓子でも喜ばれるでしょう。

果物

お供え物の定番中の定番といえば果物ですよね。
贈答品店に行けば確実に果物の盛り合わせを入手することができます。
一般的ですから、予算に応じてたくさんの種類から選ぶことができるでしょう。

このときもできれば季節に合った果物を選びましょう。
分からなければ贈答品店の方にたずねれば教えていただくことができます。
しかし果物をお供え物として送る場合は2点注意が必要です。

1点目は送る時期です。
生ものですから、あまりにも早くに送り過ぎると法要前に傷んでしまいます
2点目は即消費しないといけないという点です。
お配りが難しいお家の場合は、消費をするのに持て余してしまう可能性があります。

以上2点さえ気を付ければ喜ばれるお供え物ですから、送る日付の都合や送られる側の環境への配慮をしっかりと行いましょう。

乾物

乾物は送ってはずれのないお供え物と言われています。
ここでいう乾物とはのりやおそうめんのことを言います。
乾物にはお供え物としてのメリットがたくさんあります。

まず日持ちがしやすいことが最大のメリットです。
すぐに消費しなくても良いので、受け取った側も余裕を持っていただくことができます。
あと重さが軽く、置き場所も選ばないので、しまっておくのも楽です。

食べ物は好みが分かれやすいものですが、乾物は比較的分かれにくいとされています。
お菓子などの甘いものは苦手というお家にも、乾物であれば喜ばれるでしょう。
迷った時は乾物を選んでおきましょう。

故人が好きだったもの

故人の好きだったものをお供え物として送るのも良いでしょう。
きっとご家族の方もお喜びになられると思います。
ただし、それを良しとしない場合もあります。

やはり由緒正しく、お供え物としてふさわしいものを好むお家もあります。
あまりにも嗜好品に寄り過ぎたものの場合、相手側を困らせることになりかねません。
あまりお供え物として耳にしない品物を送りたい場合は、一度相談をしてみてからにしてはいかがでしょうか。

ビールでもいいの?

ビールなどの嗜好品をお供えしても良いものなのでしょうか?
意見は様々ありますが、初盆では控えたほうがいいのではないかという意見が多いようです。
一番最初の節目となる法要ですから、嗜好品は控えたほうが無難かもしれません。

初盆以降も嗜好品をお供えしてはいけないのが浄土真宗です。
教えとして嗜好品は避けることとされていますので、お相手の宗教が浄土真宗の場合は初盆であろうがなかろうが、避けるようにしましょう。

初盆のお供え物ののし

葬儀

お供え物にはのしがつきものです。
ここではお供え物につけるのしについて解説させていただきたいと思います。

のしの書き方

まずはのしの表書きの書き方について解説させていただきたいと思います。

表書き

お供え物の表書きは「御供」とするのが一般的です。
「御霊前」でもかまいませんが、初盆を迎えているわけですから「御仏前」は使用しないように気を付けておきましょう。

神道では「奉献」とすることもあります。
お送りするお家の宗教について知っておく必要がありますね。

名前

名前は「御供」と書いた下に、フルネームで書きます。
お供え物は外のしにしておいたほうが、送られた側が送ってくれた人の把握をしやすくなります。

郵便で送ってしまうと、のしの上から包装をしないとのしが破れてしまいます。
この場合は必然と内のしのようになってしまいますが、問題はありません。

水引の種類

お供え物の水引の種類ですが、結び方は「結び切り」になります。
水引の色は「白黒」もしくは「黄白」を選びましょう。
水引の色は地域によって違いがある場合がありますので、お送りする地域の水引の色について、贈答品店などにたずねておくと良いでしょう。

薄墨で書く?

お供え物の表書きですが、薄墨で書く必要はありません
薄墨で表書きを書くのは、大体葬儀の頃までとされています。

そもそも薄墨になるのは「涙で墨が薄まってしまった」状態を表すためです。
悲しみは続いているかもしれませんが、初盆を迎えるころの状態としては相応しくないということになります。

普通の濃さの墨や筆ペンで表書きをして問題ありません。

初盆のお供え物の渡し方

葬儀

お供え物の金額の相場や最適な品物、のしの準備ができたところで、送るのに最適な時期の解説に移らさせていただきたいと思います。

送る時期

お供え物を送る時期ですが、乾物や消耗品などの痛む心配のないものであれば、初盆供養の一週間前を目安に送ります。
相手側もお返しの準備がありますから、痛まないものであれば余裕を持って送付しておいたほうが良いでしょう。

生花や果物など、日持ちがしにくいものであれば初盆供養の前日までに送ります。
その際は送るものの内容や、送る日付を相手側に連絡しておくと受取やお返しの準備がスムーズに行えます。

郵送でもいい?

初盆供養に参加ができない場合は、郵便で送っても問題ありません。
遠方に住んでいる場合だとどうしても都合がつかないことはあるものです。
その際は、ごあいさつの手紙を別途郵送しておくと丁寧です。

お供え物は、品物じゃないといけない決まりはありません。
何を送ったらいいか分からない場合などは「御供物料」として現金をお包みしてもかまいません。
しかし郵送で現金を送る場合は注意が必要で、現金書留という封筒を使用しないといけませんし、お相手が留守だと受け取ることができません。

手間をかけさせてしまう可能性がありますから、現金の場合は事前に連絡をしておくと良いでしょう。

初盆のお香典の金額相場

お金

お供え物とは別に、お香典をお包みする場合もあります。
初盆の場合にはおよそ5千円から1万円が相場ですが、それ以降は3千円から5千円が相場です。

孫の金額相場は?

祖父母の初盆で孫はお香典をお包みする必要はあるのでしょうか?
基本的に孫の場合は、未成年であれば親の出すお香典に含まれるとされています。
ですから、未成年なら孫は無理してお包みする必要はありません。

社会人になっている、もしくは経済的に余裕がある場合は、ぜひお包みしてあげましょう。
きっと祖父母にはたくさんお世話になっているはずです。
お包みする場合の金額の相場は3千円~1万円程度となっています。

お供え物へのお礼としてのお返しは?

仏壇

お供え物へのお礼としてのお返しは必要とされていたり、必要ではないとされています。
そこは地域によって違いがあるようですので、もしもお返しがこなかった場合でもそういう地域なのだなと思っておくと良いでしょう。

ただほとんどの地域はお返しを用意してくれます。
大体お香典やお供え物の金額の1/3~半額程度がお返しの基準とされています。

初盆のお供え物についてまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、初盆のお供え物について解説をさせていただきました。
下記が総括となります。

  • 初盆とは故人が亡くなってはじめて迎えるお盆のことを指す

  • 初盆のお供え物の金額の相場は5千円~1万円程度

  • 初盆のお供え物の定番は、お菓子、乾物、お花

  • 初盆のお供え物の熨斗(のし)は「結び切り」「白黒」「黄白」

  • 初盆のお供え物は手渡しが好ましいが、うかがえない場合は郵送でも良い

  • 初盆にお香典を出すことがあるが、孫の場合は未成年なら不要、社会人や経済的に余裕がある場合はお包みする

  • 初盆のお供え物のお返しは基本的にするものだが、地域によっては不要となっていることもある

初盆のお供え物を送る立場になったり、送られる立場になったりすることは誰にだってあることです。
いざというときのために備えて、この記事を頭の片隅に置いておいていただければ幸いです。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事