お盆の香典袋はどうやって選ぶ?表書きの書き方や金額相場もご紹介

お盆の香典袋はどうやって選ぶ?表書きの書き方や金額相場もご紹介

お盆は亡くなったかたの霊が地上に戻る大切なご供養の機会です。今回はお盆でお仏壇にお供えするご香典についてご説明いたします。香典袋の選び方や表書き、ご香典の金額相場など、香典袋にまつわる詳しい解説をしていきます。皆様の終活に役立つお盆の香典袋についての情報です。

2019-09-04

お盆の香典袋はどうする?

仏壇

お盆は、ご先祖様と亡くなったかたたちの精霊が浄土から地上に戻ってくる大切な期間です。
お盆には、お迎えとお送りの火を焚いたり、ご仏壇にお盆のお供え物をするなどのさまざまな風習があります。

また、ご自宅にご先祖様をお迎えするだけでなく、ご親戚や知り合いのかたのお宅を訪問してお仏壇にお線香をお供えするのも、お盆の大切なしきたりです。
その際には、香典袋を持参してお仏壇にご香典をお供えします。

お盆にまつわるしきたりについて知ることは、皆様の終活にも役立ちます。
そこで今回は、次のポイントに沿って、お盆のときに使う香典袋についてご説明いたします。

  • お盆の香典袋の書き方

  • お盆の香典袋の選び方

  • お盆の香典袋のお金の入れ方

  • お盆の香典袋の包み方

  • 仏壇にお供えする香典の金額相場は?

お盆は毎年夏の恒例の行事です。
少し長い記事ですが、ぜひ最後までお読みいただければと思います。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

お盆の香典袋の書き方

葬儀

亡くなってから初めて迎えるお盆のことを初盆(ういぼん)または新盆(にいぼん)と呼びます。
お盆での香典袋は、初盆の場合も通常のお盆の場合も同じ書き方をします。
ここでは早速、香典袋の書き方について詳しくご説明いたします。

なお、香典袋に筆書きをするときは、薄墨は使わずに普通の濃い墨で書くようにします。
この理由は、お通夜と告別式では急なご不幸のため薄墨を使うことに対し、お盆の日程はすでに決まっているため事前に用意ができることから来ています。

表書きの書き方

お盆の期間中に、ご親戚や知人のお宅を訪問してお線香をあげる場合は、香典袋を持っていきます。
香典袋の表書きは、仏式と神式で異なります。

仏式

仏式のお盆の場合は「御仏前」「御佛前」「御供物料」といった表書きをします。
最も一般的に使われるのが「御仏前」です。
旧字体を使った「御佛前」と書くこともできます。
香典袋は無地、または蓮の絵が付いたものを使います。

神式

神式のお盆も、仏教の場合と同じようにお墓参りをして祖霊舎にてご供養をします。
祖霊舎とは神式でのお仏壇です。

神式で迎えるお盆の場合は「御神前」「御玉串料」「御榊料」といった表書きをします。
香典袋は無地のものを使います。

名前の書き方

香典袋の表の下部に名前をフルネームで書き入れます。
ご親戚で同じ名字のかたが複数そろう場合でも、フルネームならばすぐにどなたからなのかわかるためです。

もしご夫婦ともに亡くなったかたとお知り合いだった場合には、ご夫婦の連名で書くことができます。
たとえば仲人をしてくださったかたなどが当てはまります。

また、会社の同僚など複数名でご香典を用意する場合は、「○○株式会社営業部一同」というように書き入れるとよいでしょう。

金額の書き方

香典袋には中包み(中に入れる小さめの袋)が付いています。
中包みの表側に金額を書き入れます。
金額は旧字体の漢数字で書くのがしきたりです。
たとえば3千円ならば金参阡円、5千円ならば金伍阡円、1万円ならば金壱萬円というように書きます。

お盆の香典袋の選び方

葬儀

お盆で持参する香典袋は、どのようなものを選べばよいのでしょうか?
ここでは水引に注目してご説明いたします。

水引の色

水引とは香典袋をはじめのし袋や贈答品の包み紙に付いている組みひものことです。
水引は、色、形ともにさまざまな種類があり、冠婚葬祭のそれぞれの場面で使い分けが必要です。

一般的にお盆の香典袋の水引には、黒白・双銀・紫銀が使われます。
関西地方では黄白・黄銀が使われる地域も見られます。

水引の結い方

現在のような形で水引が使われるようになったのは、江戸時代と言われています。
水引には伝統があることがわかります。

水引には、花結びや結び切りなどさまざまな結び方があります。
お盆の香典袋の水引の形は、一度きりにしたいという気持ちを込めた結び切りを選びます。
結び切りは一度結んだらほどけないことが特徴です。

お盆の香典袋のお金の入れ方

葬儀

お盆で持参する香典袋は、お盆の期間が来る前に余裕をもって用意しておくと安心です。
ここでは香典袋へのお金の入れ方についてご説明いたします。

使用を避けるべき数字

お盆でのご香典の金額は自由に決められるわけではありません。
ご香典には避けるべき金額があります。

ご香典にする金額は、偶数にしてはならないというしきたりがあります。
これは偶数は割り切れる数字なので、縁が「切れる」ことを連想するためという理由からです。
ご香典の金額は必ず奇数とします。
さらに、「四」「九」のついた金額も避けるようにします。

新札は使用してもいいの?

急なご不幸として受け止めるお通夜や告別式と異なり、お盆の日にちは事前にわかっています。
したがって、準備する期間があることから、お盆のお香典では新札を使っても問題ないとされています。

しかし、地域によっては、弔事はすべて旧札を使うという考え方もあります。
その場合は、新札をそのまま入れるのでなく、一度折り目を付けてから香典袋に入れるとよいでしょう。
折り目の付けかたですが、いったん二つ折りにしてから香典袋に入れる方法が多いようです。

また旧札を使う場合でも、あまりにも古くなったお札はご香典として向いていません。
しわや汚れが少ないものを選ぶようにしましょう。

お札を入れる向きを揃える

香典袋にお札をいれるときは、お札の向きを揃えて入れるようにします。
5千円札や1万円札が一枚の場合には、お札の向きを気にする必要はありません。

お札の表と裏ですが、よりマナーにこだわる場合は、お札の顔が見えている面を下向きにして香典袋の中包みに入れるとよいでしょう。

お盆の香典袋の包み方

葬儀

お盆の香典袋を訪問先のお宅に持って行くときは、袱紗(ふくさ)に入れて持ち運びます
お仏壇の前で施主のかたに渡すときに、はじめて袱紗から香典袋を取り出すようにします。
袱紗の色は、黒または紫の系統のものを使います。

袱紗から取り出した香典袋は相手のかたに向けてお渡しすると失礼がありません。

仏壇にお供えする香典の金額相場は?

葬儀

お盆でのご香典の金額はいくらくらいが相場でしょうか?

割り切れる数字、偶数の金額を避ける意味からも、お盆でのご香典の相場は、3千円・5千円・1万円の3つの金額が一般的となっています。
亡くなったかたとの関係やご遺族との今後の関わりなどを考えに入れて、金額を決めるようにします。

もし、ご自分の家のお仏壇にお線香をあげていただいた場合、お盆での訪問で食事をふるまっていただいた場合などは、その分の金額を上乗せしてご香典の額を決めるとよいでしょう。

お盆の香典袋に関するまとめ

葬儀

お盆でのご香典を入れる香典袋について解説してまいりました。
いかがでしたでしょうか?
今回の記事では次の点がポイントでした。

  • お盆には、ご親戚や知り合いのかたのお宅を訪問して、お仏壇にお線香をあげてご香典をお渡しする。

  • お盆の香典袋の表書きは、仏式では「御仏前」「御佛前」「御供物料」と書く。
    神式では「御神前」「御玉串料」「御榊料」と書く。
    香典袋は無地のものを使う。仏式では蓮の花の模様が入った香典袋もある。
    名前はフルネームで書き、夫婦連名や〇〇会社一同の書き方もできる。

  • お盆の香典袋の選び方は、水引が黒白、双銀、紫銀。関西では黄白、黄銀もある。
    水引の結い方は結び切りを選ぶようにする。

  • お盆の香典袋にお金を入れるときは、偶数の金額を避けてお札の向きを揃えて入れる。
    新札を使用してもよいが、新札の場合は一度二つ折りの折り目を付けてから香典袋に入れるとよい。

  • お盆の香典袋は袱紗に入れて持ち運び、お渡しするときに袱紗から取り出すようにする。

  • お仏壇にお供えする香典の金額相場は、3千円、5千円、1万円のいずれかである。故人との関係などによって金額を決めるとよい。

ご親戚やお知り合いのお宅にお線香をあげに行くのは、古くから伝わるお盆の大切な風習です。
今回の記事をご参考にして、お盆でのご香典を用意していただければと思います。

終活ねっとでは、今回の記事のほかにもお盆にまつわる記事を掲載しています。
それらもぜひご参考にしてください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「お盆・香典袋」に関連する記事

  • 法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像
    法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

    皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

  • 3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像
    3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

    3回忌などの法事・法要に参列する際には香典を包まないといけませんよね。では、3回忌などの法事・法要に包む香典の金額相場はいくらくらいなのでしょうか?今回は、3回忌の香典の金額相場を故人との関係別にご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像
    法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

    皆さんは、法事の際に持参する香典のマナーについて詳しく知っていますか?法事に関するマナーを知らないと、ご遺族や故人に対して失礼にあたることもあります。そこで今回の記事では、香典袋の表書きの書き方や香典袋の選び方など、法事の香典袋のマナーについて解説します。

  • 3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像
    3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

    3回忌法要には親族や関係者など、故人が生前に関わりのあった方を多く招待することがあります。皆さんは、3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?今回「終活ねっと」では、3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介します。

  • 7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像
    7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

    皆さんは7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方をご存知ですか?今まで正しい方法を知らずに、香典袋を書いたり選んでいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方について解説していきます。最後までご覧ください。

  • 一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像
    一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

    故人が亡くなって1年の節目で迎える一周忌ですが、参列する際に香典袋は欠かせません。しかし、葬儀のときと異なり一周忌の香典袋には書き方やマナーについて独特のしきたりがあります。今回はいざというときに役立つ一周忌の香典袋の書き方などをご紹介します。

  • 一周忌の香典の金額相場はいくら?香典袋の書き方や入れ方も解説!のサムネイル画像
    一周忌の香典の金額相場はいくら?香典袋の書き方や入れ方も解説!

    一周忌法要における香典はどのようにしたらよいのでしょうか?一周忌の法要はご遺族にとって大切な場ですから、金額や書き方など失礼のないようにしたいものです。今回の記事では一周忌の香典について、香典袋の表書きや名前の書き方、金額の相場などを分かりやすく解説します。

  • 33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像
    33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

    香典袋にも種類があるのをご存知ですか?33回忌の法要に出席する場合、香典も持参します。香典をお渡しする際、間違ったものをお渡ししてしまうとマナー違反になったり恥をかいてしまうこともあります。今回は33回忌に相応しい香典袋の選び方と書き方についてご紹介します。

  • お盆法要の香典はいくら包む?香典の金額相場やのしの書き方を解説のサムネイル画像
    お盆法要の香典はいくら包む?香典の金額相場やのしの書き方を解説

    お葬式に参列する際、準備するものの1つとして香典が挙げられます。しかし、お盆法要の香典の場合はいくら包めばいいのか、知らない人もいるのではないでしょうか。この記事では、お盆法要の香典について解説していきます。

  • お盆に海に入ってはいけない!その本当の訳とは!?のサムネイル画像
    お盆に海に入ってはいけない!その本当の訳とは!?

    お盆になると亡くなった方がこの世に帰ってくるという言い伝えがあります。そんなお盆になると「海に入ってはいけない」という話を聞いたことがありませんか?なぜ海に入ってはいけないのでしょうか?今回はお盆に海に入ってはいけない理由を紹介します。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像 4
    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みを詳しく知っている方は多くはないのではないでしょうか。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の「終活ねっと」では、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事

お坊さんの手配に関する
ご相談はこちら

person

法事・法要にお坊さんを手配

お坊さん
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料