初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!

初盆という言葉を耳にしたことはありますか。実は初盆の時期は地域によって違いが存在します。今回はそんな初盆の時期の違いについて、地域ごとに解説をさせていただきたいと思います。初盆の時期以外にも、初盆にまつわる知識の解説も行っております。

目次

  1. 初盆の時期について
  2. 初盆とは?
  3. 初盆の時期はいつ?
  4. 東京はお盆の時期が早い?
  5. 初盆の準備をする時期
  6. 初盆のお供え物を送る時期
  7. 初盆のお返しを送る時期
  8. 宗派で異なる初盆の迎え方
  9. 初盆の時期のまとめ

初盆の時期について

葬儀

夏といえばお盆ですよね。
日本全国お盆の時期は共通である、と思ってはいませんか?
実はお盆の時期や初盆の時期は、地域や故人が亡くなった時期によって違いがあります。

自分の住んでいる地域と初盆見舞いにうかがう地域のお盆の時期が違うと困ってしまいますよね。
それに初盆だと思っていたら実は違った、などという事態になってしまうと相手側にも失礼になってしまいます。

そこで今回終活ねっとでは、初盆の時期について解説させていただきたいと思います。

  • 初盆とは何か
  • 初盆の時期はいつになるのか
  • 地域別のお盆の時期について
  • 初盆の準備をする時期について
  • 初盆のお供えを贈る時期について
  • 初盆のお返しを送る時期について
  • 宗派別の初盆の迎え方について

お盆、特に初盆は故人にとっても、家族にとっても重要な節目となる供養です。
正確な時期を把握して、しっかりと供養への参加を行うようにしましょう。
意外と法要を行う側も初盆の時期について迷いがちです。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

初盆とは?

お墓

初盆とは[「はつぼん」と読みます。
別名新盆(にいぼん)とも呼ばれています。
初盆は初めて行うお盆、つまり故人にとって最初のお盆のことを指します。

初盆ならではの風習としては、白提灯を飾るというものがあります。
白提灯を玄関先や窓際に飾ることで、はじめて戻ってくる故人が迷わなくなるという言い伝えがあります。

地域によっては初盆は盛大な供養を行う場合があります。
たくさんの人をお呼びし、賑やかに法要や会食を行います。
盛大に行わない地域もありますから、お住まいの地域や初盆供養に参加する地域のならわしを一度確認してみましょう。

初盆の時期はいつ?

お墓

初盆の時期ですが、基本的には亡くなった日以降にはじめて迎える7月もしくは8月の13日から16日になります。
7月か8月かは地域によって違いがあります。
この違いについては後ほど述べさせていただきますので、ここでは割愛させていただきます。

注意したいのは、四十九日法要が済んでいるか済んでいないかです。
初盆は四十九日法要が済んだあとに行います。
つまり亡くなった日にちによっては、その年に初盆を行わない場合があるということです。

亡くなった年のお盆までに四十九日法要が済んでいれば、その年に初盆を行います。
亡くなった年のお盆までに四十九日法要が済んでいなければ、翌年が初盆となります。
初盆をする側は僧侶の助言などで勘違いすることはないと思いますが、初盆見舞いをする側は間違えやすい部分です。

初盆見舞いが必要かな、と思った場合は早めに相手側の地域のならわしを確認したり直接アポイントメントをとったりしておくと良いでしょう。

東京はお盆の時期が早い?

困った人々

では本題となる地域によってお盆の時期が異なることについて解説をさせていただきたいと思います。

新盆と旧盆と月遅れ盆とは?

お盆と一言に表現をしても、新盆(にいぼんではない)・旧盆・月遅れ盆の三種類のお盆が存在していて、時期が違います

新盆(東京・関東一部など)

初盆のことを新盆と呼びましたが、ここでの新盆は「しんぼん」と呼びます。
新盆は7月15日頃に行うお盆のことで、主に東京を含む一部の関東地方に残るならわしです。
関東以外でも北海道の函館や石川県金沢市の一部などでも、新盆と呼ばれる時期にお盆を行うようです。

7月15日にお盆を行うのは昔からの習慣です。
明治時代において暦の国際基準化のために改暦が行われましたが、関東とその他一部の地域ではお盆に改暦の影響を受けていないということになります。

ただし現代においては全国的に8月にお盆を行うようになりつつあります。
関東だからといって7月に行うとは限りません。
お相手側がどうされるか、早めに確認を取っておくとよいでしょう。

旧盆(九州・四国・中国地方など)

旧盆とは旧暦の7月15日頃にお盆を行うことを言います。
つまりカレンダーに載っている、旧暦の7月15日がお盆となるということです。
九州地方や四国地方、中国地方がこれに該当します。

九州地方に含まれて考えられることが多い沖縄も旧盆に沿ってお盆の供養を行います。
宗派に限らず1日目を「ウンケー」2日目を「ナカビ」3日目を「ウークイ」と呼んで供養を行います。

2018年ですと8月25日が旧暦の7月15日に該当します。
このように旧暦基準でお盆の供養を行うのが、中国、四国、九州地方になります。

月遅れ盆(大阪・京都・関西など)

大阪や京都などの関西地方では、正式なお盆は7月だけど諸事情により8月にお盆を行う地域もあります。
このことを「月遅れ盆」と呼びます。

月遅れ盆は、7月15日から1か月遅らせて行うという意味になります。
旧盆基準でもなく、単純に1か月遅らせるわけですから8月15日頃が関西地方のお盆に該当するというわけですね。

月遅れ盆となった諸事情については下記で解説させていただきたいと思います。

なぜ時期をずらす?

何故同じ日本なのにお盆の時期が違うのでしょうか?
それは、お盆の時期をずらすことには様々なメリットがあるからという理由が大きいようです。

まず日本全国で同じ時期にお盆をしてしまうと親戚同士でも集まりにくいですよね。
時期が違うことで、お互いの家のお盆にお見舞いにいきやすくなるというメリットが発生します。
また、関西では6月に大きなお祭りがあったせいもあり、7月にお盆をする余裕がなかったというのも理由に挙げられます。

他にも7月は農業の繁忙期のため、田舎の地方ではお盆をすることができなかったという話もあります。
その名残が現代にも残り、8月にお盆をしているようです。

ただ現代においては専業農家も減ってしまい、会社がお盆休みと定めた期間にお盆の供養をしてしまう方々も増えています。
時期が違ったとしても、大切なのは供養をする心ですから、時期がずれてしまうことを気にする必要はありません。

初盆の準備をする時期

仏壇

初盆の準備をする時期ですが、基本的に盆月(お盆の供養をする月)に入ってからで問題ありません。
しかし僧侶を自宅に招いて読経をしていただく場合は別です。
僧侶の予定を抑えておくのが先決と言えるでしょう。

というのも、お盆は僧侶にとっても忙しい時期です。
檀家に読経に回っている場合、早く予定を抑えておかないと僧侶の予定が埋まってしまいます。
その結果、こちらの意にそぐわぬ日程になってしまうというわけです。
ですから、僧侶へのお盆の読経の相談は早めにしておくことをおすすめします。

僧侶の予定を抑え供養の日が決まったなら、次にお招きする方々への連絡を行います。
ここまでは盆月前に行っておくと、お盆の供養に参加する方も予定の調整がしやすいので良いですね。

初盆で用意するものですが、白提灯、精霊棚、精霊馬などが必要です。
宗派によって必要なものが異なりますので、御自身の宗派で必要なものを調べておくと良いですね。
その他、会食の手配や法要に参加して下さった方へのお返しの手配もしておきましょう。

終活ねっとではもっと詳細に初盆の準備について解説をしております。
もっと詳細に知りたい方は、下記リンクを参考になさってください。

こちらも読まれています

初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説します

「お盆」は毎年夏になればよく耳にするものであり、また楽しみな季節といえるでしょう。一方で身内の方の四十九日が過ぎて最初のお盆を場合は初盆といい、故人が初めて戻ってくる大切な時期でやることも多いです。故人を気持ちよく迎えるために初盆でやることを見ていきましょう。

初盆のお供え物を送る時期

葬儀

初盆見舞いができない場合はお供え物を郵送する、もしくは事前に持参することがあります。
その場合は、一体いつお送りするべきなのでしょうか。

初盆のお供え物は最低でも一週間前にお送りすると良いでしょう。
あまりにも早くお送りし過ぎると、相手も保管場所に困ってしまいます。
かと言って、遅すぎてしまうと相手側がお返しの準備をすることができません。

ただし、生ものを送る場合はこの限りではありません。
果物や生花などを一週間前に送っていては、初盆供養の日までい傷んでしまいます。
この場合は前日頃に届くよう調整します。

果物や生花を送る場合は送る旨と送る時期を、あらかじめ相手側にお伝えしておきましょう。
そうすることで受取れなかったという事態を避けることができますし、相手側も余裕をもってお返しを用意しておくことができます。

生ものではないものを御供物として郵送したい場合は、水菓子や乾物をおすすめします。
日持ちもしますし、もらった方も消費がしやすいので御供物として人気が高いです。
外のしで表書きは「御供物」として送っておけば、受け取った側も把握がしやすいです。

終活ねっとでは、新盆の御供物に最適なものや送り方のマナーなどについても解説を行っています。
もっと新盆の御供物について知りたい方は、下記リンクを参考になさってください。

こちらも読まれています

新盆には何をお供えするの?のしのマナーや金額相場についてもご解説

故人が亡くなってから最初に迎えるお盆のことを新盆といいます。普通のお盆とは異なるため、例えばお供えをどのようにすれば良いか、悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回は新盆にお供えするもののほか、その際ののしのマナーや金額の相場について見ていきましょう。

初盆のお返しを送る時期

仏壇

初盆に御供物をいただいた場合は、お返しをする必要があります。
お返しを送る時期ですが、なるべく早くお返しするのがマナーとなっています。
詳細な時期について見ていきましょう。

基本的に初盆供養に御参加いただいた場合は、お帰りの際に手渡しをします。
ですからお返しは即送る、ということになりますね。
お返しが足りないという状態にならないよう、多めに用意しておくのが良いでしょう。

もしも郵送で御供物をいただいていた場合は、郵送でお返しをお送ります。
その場合も初盆供養が終わった後、なるべく早くにお送りします。
どうしても送るの遅くなってしまう場合でも、盆月の月末までには送るようにしましょう。

初盆のお返しですが、タオルなどの消耗品や乾物、水菓子の人気が高いようです。
持って帰っていただくことを想定した場合は、あまり重くなると持って帰るのが大変です。
そのあたりも考慮したお返しを選びたいものです。

初盆のお返しは月をまたいではいけない、と覚えておくといいですね。
終活ねっとでは、初盆の御供物に対するお返しの方法や最適な品物について解説しています。
もっと詳細に知りたい方は、下記リンクを参考になさってください。

こちらも読まれています

初盆のお供えにお返しは必要?お返しの選び方やお礼状の書き方を解説

初盆のお供えを頂いたとき、お返しについてどうすれば良いかご存知ですか?マナーに沿った正しい対応ができないと、いざというときに慌てたり、恥ずかしい思いをしてしまいます。今回の記事では、初盆に頂くお供えのお返しについて知っておきたい様々な知識をお伝えします。

宗派で異なる初盆の迎え方

お墓

最後に初盆の迎え方を、宗派別に見ていきたいと思います。
初盆のとらえ方も、宗派によって違いがあるようです。

真言宗・浄土宗など

真言宗や浄土宗、曹洞宗などは初盆の準備として精霊棚や精霊馬が必要となります。
迎え火や送り火を焚いて、ご先祖様の霊をお迎えします。
とても身近であり馴染みの深いお盆の過ごし方が、この宗派のお盆と言えます。

浄土真宗

対して浄土真宗では、僧侶による読経などは行いますが精霊棚や精霊馬は必要がないとされています。
迎え火や送り火も必要がなく、他の宗派に比べると迎え方が簡素であると言えます。

御自身の宗派であれば理解しているので問題はないと思いますが、もしも初盆見舞いに伺ったお家が浄土真宗出会った場合、違いに驚くことがあるかもしれません。
宗派による初盆の違いは、マナーとして把握しておくことをおすすめします。

初盆の時期のまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか?
初盆やお盆と一言で申しても、時期や準備するものに違いがあるということがご理解いただけたかと思います。

必ずお伺いする地域のお盆の時期を把握しておくことが大切です。
初盆の時期に関しても同じことが言えます。
亡くなった日によっては、翌年が初盆となることもありますから、間違えないようにしておきましょう。

ここで初盆の時期の総括です。

  • 初盆とは故人が亡くなって初めて迎えるお盆のことで、通常のお盆と違って盛大に供養を行う地域がある
  • お盆の時期は地域によって違いがあり、関東や一部の地域では7月、中国、四国、九州地方では8月に行う
  • お盆の時期がずれていることには改暦や農業や祭りごとにより時期の調整など、様々ないわれがある
  • 初盆の準備は盆月になってからでかまわないが、僧侶の手配やお招きする人の予定の調整は早めに行うこと
  • 初盆にいただいた御供物のお返しはなるべく早く送るようにし、遅くても盆月の末日までにお送りする
  • 初盆の迎え方は宗派によって違いがあり、浄土真宗ではほかの宗派に比べて迎え方が質素になる傾向にある

以上が今回の総括となります。
御自身の住まわれている地域のならわしが一般的だと思いがちですが、お盆の時期には違いがあります。

必ず初盆見舞いにお伺いする地域のならわしを確認するようにしましょう。
また、地域によって違いがあることでお互いのお盆の供養に参加をすることができます。
時期を把握しお互いに調整し合うことで、良いお盆供養を過ごされることをお祈りしております。

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございました。

「初盆・時期」に関連する記事

  • 初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

    初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

    ご家族の方が亡くなって四十九日の法要が済んだ後、初めての夏に行うのが初盆です。初盆の仕方は、通常のお盆よりも手厚くお迎えするのが慣わしです。事前の準備も必要ですので、直前に困らないように、今から初盆の仕方を学んでみませんか?

  • 初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

    初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

    夏になるとやってくるお盆のシーズン。その中でも初盆は、故人が初めて迎えるお盆なので、手厚く供養するのが慣わしです。けれども、初盆を経験している方は少なく、どうように供養をすべきかわからない方も多いことでしょう。今回は、初盆の供養の仕方をおさらいします。

  • 永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

    永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

    初盆は故人の御霊(みたま)が初めて家に帰ってくる大切な期間です。でも、お墓の管理と供養をお任せする永代供養にした場合に、初盆の法要は行うべきでしょうか。今回は永代供養と初盆についての疑問を解決していきます。

  • 初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

    初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

    身内の方が亡くなった後に初めて迎えるのが初盆です。初盆の際にはお墓参りと法要を執り行いますが、お盆の時期に初めて故人を偲ぶひと時を持つため、どのような準備が必要なのかがわからないという方も多いでしょう。初盆のお墓参りの準備や作法などを一緒に見ていきましょう。

  • 真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像

    真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

    真言宗では初盆はどのように行うのか、また他の宗派との違いはあるのでしょうか。このようなことを疑問に思っている方は多いかと思います。今回は真言宗における初盆の礼法をご紹介します。お布施やお供え物についても解説しますのでぜひご覧ください。

  • 初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説のサムネイル画像

    初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

    初盆とはいつからいつまでなのでしょうか。故人がなくなってから初めて迎えるお盆は特別で大切ですよね。初盆の準備などの段取りをするためにも初盆の時期は知っておきたいものです。今回は初盆とはいつからいつまでなのか、初盆の時期や法要の準備について解説いたします。

  • 初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説しますのサムネイル画像

    初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説します

    「お盆」は毎年夏になればよく耳にするものであり、また楽しみな季節といえるでしょう。一方で身内の方の四十九日が過ぎて最初のお盆を場合は初盆といい、故人が初めて戻ってくる大切な時期でやることも多いです。故人を気持ちよく迎えるために初盆でやることを見ていきましょう。

  • 初盆参りをする時期はいつ?初盆参りの服装マナーや挨拶も解説しますのサムネイル画像

    初盆参りをする時期はいつ?初盆参りの服装マナーや挨拶も解説します

    初盆(新盆)参りでは親族だけでなく、友人・知人も集まります。初盆は故人が亡くなってから初めて迎えるお盆であり、マナーや挨拶、服装などと気に掛けることが多くあります。今回の記事では、金額の相場やお供え物の種類に至るまで、初盆参りの方法を徹底的に解説します。

  • 初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説しますのサムネイル画像

    初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説します

    故人が亡くなってから、初めて迎えるお盆のことを「初盆」と言います。言葉自体は聞いたことがあっても、初盆のマナーを心得ている方は少ないかもしれません。この記事では、初盆の法要に関するマナーや、服装や手土産など詳しく解説していきます。ぜひ、最後までご覧ください。

  • 初盆のお参りの作法とは?お参りをする日にちやマナーを解説します!のサムネイル画像

    初盆のお参りの作法とは?お参りをする日にちやマナーを解説します!

    初盆のお参りは、普段見慣れない方も多く緊張しがちなものです。言葉遣いやお供えの作法、事前に知っておきたいマナーなど気の抜けない要素がたくさんあります。今回の記事では初盆のお参りをうまく済ませられるように、各項目を余すところなく解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「初盆・時期」についてさらに知りたい方へ

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説のサムネイル画像

初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説しますのサムネイル画像

初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説します

初盆参りをする時期はいつ?初盆参りの服装マナーや挨拶も解説しますのサムネイル画像

初盆参りをする時期はいつ?初盆参りの服装マナーや挨拶も解説します

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説しますのサムネイル画像

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説します

初盆のお参りの作法とは?お参りをする日にちやマナーを解説します!のサムネイル画像

初盆のお参りの作法とは?お参りをする日にちやマナーを解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「初盆・時期」についてさらに知りたい方へ

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと