お盆のお返しに何を贈ればいいの?おすすめの品物やマナーをご解説

お盆にお供えものや香典をいただいた場合、お返しをする必要がありますよね。でも一体お返しには何をお送りすればよいのでしょうか?この記事では、お盆のお返しが必要かどうか、どういったものが最適かについてお伝えしていきたいと思います。

目次

  1. お盆のお返しはどうする?
  2. お盆とは
  3. お盆のお返しの金額相場はいくら?
  4. お返しを贈る時期はいつ?
  5. お盆のお返しにおすすめの品物
  6. お返しの熨斗(のし)のマナー
  7. お盆のお返しのマナー
  8. お盆のお返しに関するまとめ

お盆のお返しはどうする?

仏壇

ご先祖様の霊を祀る大事な時期であるお盆は、毎年7月、8月にやってきます。
親族一同、もしくはご先祖様にゆかりのある方たちをお呼びして供養を行いますよね。
そのとき、お供え物やご香典をいただくことがあると思いますが、皆様はどのようなものをお返しに選んでいますか?

実は弔事のお返しにも慶事のときのように、様々なルールや決まり事があります。
ご先祖様にも、供養に参列して下さった方にも、失礼のないようなお返しをお渡ししたいですよね。
そこで今回終活ねっとではお盆のお返しについて

  • お盆の意味
  • お盆のお返しの金額の相場
  • お盆のお返しはいつお贈りするか
  • お盆のお返しに最適なものはなにか
  • お盆のお返しに使用する熨斗のマナー
  • その他知っておきたいお盆のお返しのマナー

詳細に解説させていただきたいと思います。
終活ねっと厳選のおすすめお返し品や、知っておいて損のないマナーをしっかりと解説しておりますので、ぜひ最後までご一読ください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

お盆の基礎知識について詳しく知りたいという方は下記の記事をぜひご覧ください。

こちらも読まれています

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

お盆とは

お墓

本題に入る前に、お盆とは一体どういうものなのかを、簡単にご説明させていただきます。
お盆とは、ご先祖様が浄土から戻っていらっしゃる時期のことを言います。
私たちはその期間、戻っていらっしゃったご先祖様の、供養をする必要があるというわけです。

実はお盆の時期は地域によって異なります。
旧暦や新暦でお盆を行いますので、お住まいの地域のならわしをご確認ください。

お盆はいつからいつまで?

お盆の時期についてですが、大体8月15日前後とされています。
ただ、明確にこの日ではないといけないという決まりはありませんから、地域や家庭によってお盆の供養の日取りを決めるとよいでしょう。

8月15日前後をお盆とするならば、8月13日をお迎えの日とし、8月14日を法要の日・8月15日をお送りの日、というスケジュールになりますね。
7月にお盆を行う場合でも、このようなスケジュールになるのが一般的です。

初盆とお盆の違い

初盆という言葉を耳にしたことはありませんか?
初盆は新盆とも呼ばれ、故人が亡くなってはじめて迎えるお盆のことを指します。
初盆は普段のお盆と違いがあります。

まず、普段のお盆であれば僧侶を招いて法要をすることを省く場合があります。
しかし、初盆ははじめてのお盆ですから、僧侶を招いて法要を行います。
そして親族のほか、故人にゆかりのある方たちをお招きし、いつものお盆よりも盛大に供養を行います。

また、初盆であれば白提灯というものも必要になります。
玄関や窓際、仏壇の脇に置きます。
これは初盆ではじめて戻ってくる故人の霊が、家を間違わないように、という言い伝えで行われているものです。

このように初盆であれば準備をするものや、法要に呼ぶ方、法要の内容を豪華にするなどの違いが存在します。

お盆のお返しの金額相場はいくら?

お金

お盆のお返しの内容に触れる前に、お盆のお返しに使用する金額の相場について解説させていただきます。
一体、いくら程度でお返しを準備すると良いのでしょうか。

お盆のお返しの金額の相場は、いただいた香典の1/3~半額程度が相場と言われています。
普段のお盆の香典の相場は3千円~1万円程度ですから、高くても5千円程度をお返しの相場と思っておくと良いでしょう。

初盆の場合は、香典の金額も高くなる傾向にあります。
1万円~3万円程度の香典をいただくと想定した場合、最高でも1万5千程度のお返しがあれば十分でしょう。

ただし、場合によっては相場以上の香典をいただく場合もあります。
その際は、いったん用意したお返しをお渡しし、後日金額に見合ったお返しを、再度お贈りすることがマナーとされています。

お返しを贈る時期はいつ?

人々

基本的に、お返しを贈る時期は、法要を行った日です。
法要にご参加いただいた方には、お帰りになる際に、手渡しでお渡しします。
香典やお供えものをいただいたけれど、法要にはご参加をいただけなかった場合は、後日郵送となります。

郵送する場合も時期は早ければ早いほど良いです。
最悪遅くなる場合は、法要のあった月の末日までにお贈りするようにしましょう。
7月に法要を行った場合は、7月末日、8月に法要を行った場合は、8月末日までとなります。

どちらにしても、法要に参加いただいたこと、香典やお供えものをいただいたことに対する感謝の気持ちを表すものですから、早めに行動をするように心がけておくと良いでしょう。

お盆のお返しにおすすめの品物

困った人々

では本題となります、お盆のお返しに最適な、おすすめの品物についてご紹介させていただきたいと思います。

そうめんやお菓子などの食品

お返しで選ぶべきものといえば「消えもの」です。
かさばらず、消費に困らないものを選ぶのが、慶弔問わず、お返しのルールのようになっています。
ですから、そうめんやお菓子などの食品は、お返しものに最適というわけです。

あと、お盆のお返しで心がけたいのが、季節の物を贈るという部分です。
その点、そうめんはお盆のお返しに最適と言えます。
お菓子も、羊羹やゼリーなどの水菓子にすると、暑さを吹き飛ばせるような良いお返しとなります。

ただし、食品は好みがわかれるものです。
せっかくお返しをお贈りしても、苦手なものだと申し訳ないですよね。
好みのわかれそうにないそうめんや調味料、お茶やコーヒーなどが特におすすめです。

あと気を付けたいのが賞味期限です。
すぐに消費できないものを贈るのは、贈られた側を困らせてしまいます。
賞味期限の長い、日持ちをするものを選ぶよう、心がけましょう。

タオルや石鹸などの消耗品

そうめんや水菓子などの消えもの以外では、消耗品をお贈りすると良いでしょう。
例えば必ずどこの家庭でも使用をする、石鹸や洗剤などがおすすめです。
タオルなどの消耗品も、あって困らないものですから、お返しに最適です。

ただし、法要の当日、持って帰っていただくことを考えると、あまり重たいものはおすすめできません。
お返しを選ぶ際は、重量にも気を配っておきたいところです。

その他、食器用洗剤やボディーソープなども、お返しの人気の品物になっています。
消耗品を選ぶ際は、普段使いしているものよりも、少し良いブランドのものを選ぶのがポイントです。

普段自分ではあえて購入しないけれど、良い気分に浸れるようなお返しを選ぶと、法要にご参加いただいた方や、香典・お供えものをお贈り下さった方にも喜ばれますよ。

カタログギフト

カタログギフトというと、結婚式の引き出物のイメージが強いですよね。
しかし最近では、お盆のお返しなどにも積極的に使用され始めています。
カタログギフトにはメリットがたくさんあるからです。

一番のメリットは、贈られた側が自分の好みのものを選べるという部分です。
いくら「消えもの」を贈ったとしても、どうしても好みはあります。
贈られた側で、都合の良いものを選択できれば、贈った側も嬉しいですよね。

カタログギフトは持ち帰りがしやすい、というのメリットのひとつです。
意外と洗剤や調味料、飲料系のお返しは重たいものです。
夏の暑い中、法要や会食を行ったあとは、かなり体力を消耗していますから、お返しは軽いもののほうが安心です。

デメリットは、カタログギフトは年齢層が高い方にはあまり浸透していないものである、ということです。
もしかしたら常識がない、と思われる可能性もありますので、しっかりと親族に相談しておくと良いでしょう。

お返しの熨斗(のし)のマナー

仏壇

お返しが決まったら、次は熨斗(のし)を貼りましょう。
のしにもマナーが存在します。

のしの書き方

お返しにはつきものである、のしの書き方について解説させていただきます。

表書きは「粗供養」や「志」と書く

のしの表書きは何と書けばよいのでしょうか。
一般的に、お返しののしの表書きは「志」となります。
関西の方では「粗供養」と書くところもあるようです。

初盆の場合は「新盆志」や「初盆志」とします。
もちろん「志」でも問題ありません。
「志」は初盆でも普段のお盆でも使用できる表書きである、と覚えておきましょう。

こういった表書きの内容は、地域によって違いがあるものです。
迷った場合は贈答品店にお任せしましょう。
地域のならわしに沿ったのしを扱っていますので、相談してみると良いでしょう。

名前は「○○家」と書く

表書きの「志」の下あたりに名前を書くことになりますが、書く場合は「〇〇家」と苗字を書くようにします。
香典や御布施のときと同じですね。

最近では施主や代表の方のフルネームを書く場合もあるようです。
しかし〇〇家のご先祖様の供養の場ですから、〇〇家からのお返しとしておくほうが良いでしょう。

水引の選び方

のしには水引がつきものですね。
お返しに用いる水引の色は何色が良いのでしょうか。

水引の色

お盆のお返しに用いる水引は、黒白もしくは黄白が良いとされています。
黄白は主に、関西で用いられているようです。
ですが、関西で黒白の水引を使用しても問題ありません。
地域のならわしに沿った色を選びたいですね。

こちらも、贈答品店の方にうかがったり、お任せできます。
その地域のならわしに一番通じていると言っても過言ではありませんから、皆様どうされていますか、と問うのが良いでしょう。

水引の結い方

水引には結び方というものがあります。
お盆のお返しに用いる水引の結び方は「結び切り」という結び方になります。
どういういわれがあって「結び切り」なのでしょうか。

「結び切り」は結んで、そこで終わり、という意味があります。
弔事が続いたり、悲しいことが続いたりしないよう、のしで「結び切る」という意味になります。
ちなみに結婚式でも「二度と結婚しない(別れない)」という縁起を担いで、「結び切り」を用います。

最近の水引は、のしに印刷されている場合が多いです。
ですからご自分で結ぶことはあまりないとは思いますが、贈答品店で水引の色や結び方を尋ねられた場合は、こちらを参考にしてみてください。

のしの掛け方

実はのしの掛け方にも種類があり、「内のし」と「外のし」があります。

内のし

お盆のお返しに用いる場合は「内のし」のほうをおすすめします。

内のしは、品物にのしを掛け、上から包装紙でくるみます。
ですから、ぱっと見た状態ではお返しであることが分かりません。
控えめにお返しをお渡ししたい場合などに最適です。

また、外のしにして郵送でお返しを贈る場合、お返しを梱包する必要がでてきます。
そうなると必然的に内のしになってしまいますね。
最初から内のしにしておけば、郵送する際も安心ができます。

外のし

「外のし」とは品物を包装した上から掛けるのしのことを言います。
外側に掛けますから、この品物が何なのか、目立たせることが可能です。
しかし、郵送を使う場合は郵送途中でのしがはげてしまうことが予想されますので、手渡しでお返しを渡す場合にのみ使用したいところです。

お返しというのはあまり目立たせるものではありません。
代わりにお供えものであれば、これが何なのか、どなたからのものなのかを目立たせておいたほうが、混乱しません。

お返しでは「内のし」、お供えものなどの場合は「外のし」と使い分けると良いでしょう。
またのしの掛け方も地域によって違いがあります。
地域の方や、贈答品店の方にお話をきいておくと良いでしょう。

お盆のお返しのマナー

葬儀

お盆のお返しのマナーについて、解説させていただきたいと思います。

お返しは郵送してもいいの?

お盆のお返しですが、手渡しが好ましいです。
しかし、法要にご参加いただけなかった方には手渡しするのは不可能です。
その場合は、郵送をしても問題ありません。

しかし、先にも述べたとおり、お返しは速やかにお贈りするべきものです。
郵送だと先延ばしにしてしまいがちですが、法要後すぐに、お返しを郵送するようにしましょう。

お礼状を添える

香典やお供えものをいただいたり、法要に参加をいただいたわけですから、お礼状があると良いですね。
今回は、法要に参加していただき、香典やお供えものをいただいた場合のお礼状をご紹介したいと思います。

拝啓

時下ますますご清祥のことと心よりお慶び申し上げます
この度 亡〇〇〇 〇〇儀 盆供養に際しましては お暑い中 また ご多忙中にもかかわらずお集まり頂きご鄭重なるご厚志を賜り大変有難く存じております 
故人もさぞかし浄土において感謝していることと思います
ささやかではございますが 亡〇〇の盆供養のしるしとして心ばかりの品を用意いたしました 何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます
簡単ではございますが書中をもちましてお礼のご挨拶とさせていただきます
本日は供養にお集り頂き まことに有難うございました

敬具

お礼状には句読点を用いないという決まりがあります。
お礼状や挨拶状も、贈答品店にお任せすると間違いがありませんので、お渡しする人のパターンにあったお礼状の作成を行いましょう。

お盆のお返しに関するまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか?
お盆と言えば初盆の供養を盛大にやるイメージですが、普段のお盆でも供養に参列してくださる方はいらっしゃいます。

ご先祖様が生前お世話になった方々ですし、ご丁寧にお供えものや香典をくださった場合は、心からのお礼をするよう心がけましょう。
お盆のお返しの総括は、

  • お盆はご先祖様が浄土からお戻りになる重要な日
  • お盆のお返しは香典やお供えものの金額の1/3~半額程度
  • お返しは速やかにお贈りする
  • お盆のお返しには「消えもの」となる食品や消耗品を選ぶこと
  • のしの表書きは「志」、水引は「結び切り」、内のしで掛けるのが好ましい
  • お盆のお返しは郵送でも問題ないが、速やかにお贈りすることと、お礼状を添えることを忘れないでおく

となります。
一度学んでおけば毎年使用できる知識となります。
これを機に、お盆のマナーを身につけていただければ幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

「お盆・お返し」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

    2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

    1
  • 2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

    2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

    2
  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    3
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    4
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    5
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    6
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    7

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お盆・お返し」についてさらに知りたい方へ

一周忌のお返しはどうする?お返しの品物やのしについても解説しますのサムネイル画像

一周忌のお返しはどうする?お返しの品物やのしについても解説します

3回忌でのお供え物へのお返しは何を選べばいいの?相場金額も紹介のサムネイル画像

3回忌でのお供え物へのお返しは何を選べばいいの?相場金額も紹介

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介のサムネイル画像

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介

四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介のサムネイル画像

四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介

初盆(新盆)のお返しに人気の品物とは?金額相場や返品は可能か解説のサムネイル画像

初盆(新盆)のお返しに人気の品物とは?金額相場や返品は可能か解説

お盆のお供えに対するお返しについて解説!のしやお礼状もご紹介のサムネイル画像

お盆のお供えに対するお返しについて解説!のしやお礼状もご紹介

新盆のお返しにはなにを用意するの?のしやお礼状まで詳しく解説のサムネイル画像

新盆のお返しにはなにを用意するの?のしやお礼状まで詳しく解説

お盆には何をお供えすればいい?お供え物のマナーやお返しの方法も解説のサムネイル画像

お盆には何をお供えすればいい?お供え物のマナーやお返しの方法も解説

初盆(新盆)のお供えにお返しは必要?お返しの選び方やお礼状の書き方を解説のサムネイル画像

初盆(新盆)のお供えにお返しは必要?お返しの選び方やお礼状の書き方を解説

初盆のお返しにふさわしい品物とは?のしの書き方も詳しく解説しますのサムネイル画像

初盆のお返しにふさわしい品物とは?のしの書き方も詳しく解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

1
2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

2
僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

3
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

4
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

5
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

6
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

7

関連する記事

「お盆・お返し」についてさらに知りたい方へ

一周忌のお返しはどうする?お返しの品物やのしについても解説しますのサムネイル画像

一周忌のお返しはどうする?お返しの品物やのしについても解説します

3回忌でのお供え物へのお返しは何を選べばいいの?相場金額も紹介のサムネイル画像

3回忌でのお供え物へのお返しは何を選べばいいの?相場金額も紹介

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介のサムネイル画像

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介

四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介のサムネイル画像

四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介

初盆(新盆)のお返しに人気の品物とは?金額相場や返品は可能か解説のサムネイル画像

初盆(新盆)のお返しに人気の品物とは?金額相場や返品は可能か解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと