初七日法要のお供え物はどんなもの?金額相場やのしの書き方をご紹介

実際に初七日法要に関わるとなったら、どんなお供え物が良いのかイメージがつきにくいですよね。供養と感謝の思いを込めた初七日のお供え物は、ちゃんとしたマナーを踏まえて選びたいものです。その前提知識を勉強しましょう。

目次

  1. 初七日のお供え物について
  2. 初七日の仏壇のお供え物はどうする?
  3. 初七日に贈るお供え物
  4. 沖縄の初七日のお供え物
  5. 初七日の香典の表書きは御仏前?
  6. 初七日のお供え物のまとめ

初七日のお供え物について

仏壇

仏教の多くの宗派では、亡くなられた方が極楽浄土にたどり着くには、時間がかかるとされています。
四十九日前までは、亡くなられた方の霊はあの世とこの世の間に留まっていると言われているのです。
極楽浄土にたどり着くまで、七日ごとの法要をし、霊が無事にたどり着くようにする、その最初の法要が初七日と呼ばれています。
(七日の数え方は、亡くなった当日からか、その前日からかで、地域の慣習によって違いがありますので注意が必要です。


その中で、初七日のお供え物には、亡くなられた方が極楽浄土に行く前にお腹をすかせて寂しい思いをしないように供養する、大切なサポートの役割があります。
また、お供え物は上のような目的で仏前に供えられた後、基本的には、お土産としてご参列の方々に配るものです。
仏前から下げた後、処分するなど粗末にせず、すぐにいただくことで、尊い供養になると言われています。

ここで注意すべきは、葬儀を行う側においても、参列者側においても、どちらにしても、葬儀に関わる時には必要になるのがお供え物だということです。

お供え物は、亡くなられた大切な方に対する自分の思いや、一緒にご参列いただいた皆さんへの感謝を伝える大切なツールの一つです。
だからこそ、自分のしっかりとした思いを伝えるために、しっかりと知識をつけてから選びたいですよね。

そこで、今回の終活ねっとでは、以下のことを中心に紹介していきます。

  • 葬儀を行う場合、初七日では何を供えたら良いの?
  • 葬儀に参列する場合、初七日では何を供えたら良いの?
  • 宗派、地域によるお供え物の違い

ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

また終活ねっとでは僧侶手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

初七日の仏壇のお供え物はどうする?

仏壇

初七日の仏壇のお供え物は、ご自身で葬儀を行われる場合には、しっかりと用意しておく必要があります。
ただし、葬儀と初七日が同日か・別日かで、お供えに用意するものが変わってきます。
基本的には、リンゴやミカンなどの果物があるといいでしょう。
しかし、そのほかにはどのようなものがあったらいいのでしょうか。

亡くなられた方に対しての気持ちと、参列された方々に対しての配慮を大切にして、注意しましょう。
また、初七日をどう捉えているかによって、宗派にしきたりの違いがあります。
地域によって慣習の差もありますが、一般的にいくつか注意する必要があるマナーも紹介しています。

しっかりと勉強していきましょう。

葬儀と初七日を同時に行う場合

葬儀と初七日は同日に行うことも多くあります。
各自の予定を調整して7日おきに集まるのは、現実的には厳しいということもあり、特に都心部では、最近はこの場合がほとんどです。
遠方からお越しの参列者の方に配慮するためです。

この場合は、参列者の方々が慌ただしくお帰りになられ、お供え物を分けてみなさんに配る時間がないことが想定されます。
その場合には、仏前に供えた後、葬儀を行う方々で消費することになります。

そのため、亡くなられた方の好みや、ご自分たちで消費できる内容にするのもよろしいと思われます。
ただし、念のために、ご参列の方々に配ることも想定しつつ、個別包装されたお菓子などにしておくとよろしいでしょう。

しかし、初七日用のお供え物を特別に用意する必要はないでしょう。
葬儀の際に参列者の方からいただいたものを、初七日の祭壇にお供えすることもできます。

初七日を別日に行う場合

初七日を葬儀と別日に行う場合もあります。
この場合には、葬儀を執り行っている人は、参列された方々に対してお供え物を配ることがマナーです。
そのため、ご参列の方々全員に行き渡るように、分けやすいお菓子を用意した方がいいでしょう。
また、初七日までに送られてくるお供え物をお供えしましょう。

特に、以下の観点で選ぶことをおすすめします。

  • 個別包装がされているもの、小分けできるもの
  • 日持ちするもの
  • 軽いもの

参列された方々は、いただいたものをすぐに食べるとは限りません。
特に、クリームが入ったもの、生菓子などは保存が効きませんので、控えるようにしましょう。
また、切り分ける必要があるお菓子につきましては、お渡しする相手のことを気使い、遠慮するといいでしょう。

これは、参列された方々が持参するお供え物についても同様のことが言えます。
そのため、具体的なお供え物につきましては、以下で詳しく紹介いたします。
ぜひそちらをお読みください。

曹洞宗の場合

曹洞宗の場合、他の宗派と同様の果物に加えて、お団子をお供えするしきたりがあります。
そのため、「積み団子」と呼ばれる団子を用意しましょう。
団子の数は6個か49個が一般的とされています。

元来、このしきたりには、四十九日の極楽浄土への旅の際の腹ごしらえの意味があります。
そのため、すぐ浄土へ往生すると考えられる他宗派、特に浄土真宗では、必要がないと言われています。
初七日法要は、その浄土真宗では、亡くなった方への感謝の気持ちを伝え、自らの信仰を深めるという位置づけがされています。

ちなみに「積み団子」は、お釈迦様のお弟子さんたちが、お釈迦様が食べやすい形に食べ物をすりつぶし、亡くなられる前に食べてもらおうとしたことが由来だといわれています。

初七日に贈るお供え物

仏壇

葬儀に参列者として参加した場合、何を初七日のお供え物として贈るのが良いのでしょうか。

参列した場合には、お供え物をご自分で用意し、持参しましょう。
そのとき、どのようなお供え物を選べばいいのでしょうか。

直前になって慌てないように、準備を進めておきましょう。
その時に参考になりそうな情報をここにまとめました。
ここでは、気になる金額・品物・渡し方について紹介します。

お供え物の金額相場

まず気になるのは、お供え物の金額相場ですよね。
どのような価格帯からお供え物を探せばいいのでしょうか。

お供え物の金額相場は、あまり高価なものである必要はありません。
2000〜5000円程度のものが一般的とされています。

お供え物に適した品物

それでは、実際にはどのような品物を用意したらいいのでしょうか。

お供えするものは、基本的には、初七日に参列する人に行き渡るようにしましょう。
一般的には食べ物が多く用いられますが、ほかにもお酒、お茶、花などを選んでもいいでしょう。

お酒やお茶につきましては、飲まない方もいますので、選ぶ際には相手の好みに注意しましょう。
お花は、胡蝶蘭やユリが一般的とされています。
トゲがあるバラなどの花は避けましょう。

また、出席者が多い時には、食べ物ばかりになってしまうことが予想されますので、葬儀の際に必要な消耗品などを持参する心遣いがあるのも非常に良いでしょう。

以下では、お供え物の代表的な品物を具体的に紹介していきます。

お菓子

参列者人数分に行き渡ること、小分けがしやすいことを考えると、菓子折りが一般的です。
また、日持ちがしやすいもの・軽いものという観点で、和菓子・おかき・ゴーフルなどがおすすめです。

ただし、厳格な方もおられますので、植物由来のものをお供えする方がよろしいでしょう。
動物由来の食べ物で殺生を連想させるものは、気になさる方がおられる場合がありますので、避けておくことが無難です。

果物

仏壇には、必ず果物があるイメージがあるかもしれません。

お供えする果物は、丸い果物が良いとされています。
お供えするときは、切らずにそのままお供えしましょう。
スイカが最も喜ばれると言われていますが、特に決まりはありません。

リンゴ・ミカン・メロン・桃など、丸い果物の中から、亡くなられた方が好きだった果物をお供えしましょう。

線香

食べ物を用意する方が多いことが想定される中で、線香をお供え物として持参できると、気が利きますよね。
しかし、安いものの場合、長時間使うと喉を炒めたりする場合があります。
焚く前の香りを自分で試したり、試しに炊かせてもらえる仏具店などもありますので、自分で好きな香りの線香を用意しましょう。

また、蝋燭とセットで売られていることもあります。
蝋燭のサイズはまちまちですので、使いにくくなる場合が多くあります。
商品ごとにサイズが大きく異なるわけではない線香だけのものを用意するのが無難でしょう。

お供え物につけるのしの表書き

用意したお供え物は、のし紙で包装しましょう。
表書きは、「御供物」または「御供」として、下段にご自身の名前を記しましょう。

沖縄の初七日のお供え物

仏壇

沖縄の初七日法要では、料理を重箱に詰めてお供えします。
多くの宗派では基本的である野菜のみの精進料理とは異なります。
ウサンミとよばれ、豚肉・かまぼこ・魚の天ぷらなどを詰めます。
豚肉は、7種類か9種類を詰め、別の重箱に丸餅も奇数個詰めて、一緒にお供えします。

初七日の香典の表書きは御仏前?

お金

参列した場合は、香典を持参することがマナーです。
その際に、香典袋の表書きはどうしたら良いのでしょうか。
宗派によって違いが出てくるところですので、注意が必要です。

冒頭で述べたように、四十九日の時点では、個人の霊が仏となっていないので、霊にお供えするという意味で「御霊前」と書きます。
そのため、初七日の香典袋の表書きは、「御霊前」とします。

しかし、浄土真宗の場合、霊はすぐに成仏すると考えられているので、初七日の時には「御仏前」とします。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
初七日法要の香典についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説します

初七日は葬儀が終わった後に一番初めに執り行われる法要です。親族などの身内だけで集まることが多いため、香典の書き方や金額相場などの詳しい知識があまり広く知られていません。今回は初七日の香典のマナーや書き方の他、いただいた香典のお返しについても解説します。

初七日のお供え物のまとめ

仏壇

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、初七日法要のお供え物について以下のことを解説してきました。

  • 初七日のお供え物は、基本的には、・個別包装がされているもの、小分けできるもの・日持ちするもの・軽いものという観点から、個別包装されたお菓子を用意しておくことが無難である。
  • ただし、宗派によって違いがあるため、注意が必要である。
  • 初七日を、葬儀と同日に行うか、別日に行うかでお供え物は異なる。
  • 同日に行う場合は、故人の好みや、自分が消費できる内容にするのが良い。
  • 別日に行う場合、参列された方々に配るときに行き渡るように、上記の通り、個別包装されたお菓子を用意するのが良い。
  • 曹洞宗の場合、「積み団子」を別に用意する。
  • 別日に参列者として参加する場合、葬儀の際にいただいたものをお供えする。
  • 葬儀と同日に参列者として参加する場合、または葬儀の際にいただかなかった場合、自分で用意して持参するのが良い。
  • お供え物の金額相場は、2000〜5000円ほどが一般的とされている。
  • お供え物は、お菓子や、果物、線香などが典型的であり、のし紙で包装する。
  • 沖縄では、お肉や魚を含む料理を詰めた重箱を用意する。
  • 初七日の香典袋の表書きは、「御霊前」だが、浄土真宗では、「御仏前」とする。

お供え物には、個人の無事な成仏を祈るサポートの思いと、一緒に参列くださった方々への感謝の意味があり、他人に配慮するという面でとても大事な役割を果たしているからこそ、このように注意することがたくさんあるんですね。
また、それぞれの宗派で異なる意味合いが込められており、それによってしきたりにも違いが生まれてくることが分かったと思います。

終活ねっとでは、他にも法事・法要に関わる記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
初七日法要の服装について詳しく知りたい方は、あわせてこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

初七日法要の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

故人が亡くなってから最初に行う追善法要を初七日といいます。ところで初七日の服装はどうすればよいのか迷いませんか?葬儀と同じく失礼にあたるマナー違反な服装は避けたいものです。男性と女性に分けて初七日法要の服装について詳しくご紹介します。

シェアする

「初七日・お供え物」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

    2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

    1
  • 2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

    2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

    2
  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    3
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    4
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    5
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    6
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    7

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「初七日・お供え物」についてさらに知りたい方へ

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?のサムネイル画像

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説しますのサムネイル画像

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説のサムネイル画像

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介のサムネイル画像

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介

二七日法要のお供え物は何にする?のしの書き方についても解説しますのサムネイル画像

二七日法要のお供え物は何にする?のしの書き方についても解説します

初七日法要では何をお供えする?のしの書き方やお返しについても解説のサムネイル画像

初七日法要では何をお供えする?のしの書き方やお返しについても解説

お盆には何をお供えすればいい?お供え物のマナーやお返しの方法も解説のサムネイル画像

お盆には何をお供えすればいい?お供え物のマナーやお返しの方法も解説

お盆にふさわしいお供え物とは?熨斗のマナーや処分方法も解説しますのサムネイル画像

お盆にふさわしいお供え物とは?熨斗のマナーや処分方法も解説します

初七日で渡す香典の表書きはどう書く?宗派、宗教ごとの書き方も解説のサムネイル画像

初七日で渡す香典の表書きはどう書く?宗派、宗教ごとの書き方も解説

彼岸に渡す香典の表書きは御仏前?香典の金額相場なども解説します!のサムネイル画像

彼岸に渡す香典の表書きは御仏前?香典の金額相場なども解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

1
2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

2
僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

3
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

4
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

5
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

6
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

7

関連する記事

「初七日・お供え物」についてさらに知りたい方へ

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?のサムネイル画像

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説しますのサムネイル画像

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説のサムネイル画像

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介のサムネイル画像

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介

二七日法要のお供え物は何にする?のしの書き方についても解説しますのサムネイル画像

二七日法要のお供え物は何にする?のしの書き方についても解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと