浄土宗の戒名は他の宗派と何が違う?構成や生前戒名の授かり方を紹介

浄土宗の戒名と言っても、お位牌に刻まれたいくつかの並んだ漢字を連想されると思いますが、そもそも戒名とは何なんでしょうか? 「終活ねっと」では浄土宗の戒名の意味や特徴・構成、他宗派との違いにもふれ、生前戒名をいただくための方法や戒名料について解説します。

目次

  1. 浄土宗の戒名について
  2. 戒名(法名)とは?
  3. 浄土宗の戒名の特徴と構成
  4. 浄土宗での生前戒名の授かり方
  5. ランクによって異なる戒名料の値段
  6. 他宗派の戒名を紹介
  7. 浄土宗の戒名のまとめ

浄土宗の戒名について

お墓

浄土宗は法然上人を開祖とする「他力のおしえ」で知られますが、戒名をいただくためには、何をすればいいのでしょうか。
また、他の宗派との違いや特徴はあるのでしょうか。

今回終活ねっとでは、そんな浄土宗の戒名について、以下の項目で順に説明しますので、ぜひ最後までお読みください。

  • 戒名(法名)とは?
  • 浄土宗の戒名の特徴と構成
  • 浄土宗での生前戒名の授かり方
  • ランクによって異なる戒名料の値段
  • 他宗派の戒名を紹介
  • 浄土宗の戒名のまとめ

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

戒名(法名)とは?

仏壇

戒名とは本来、出家して仏弟子になった証として授かる名前です。
仏弟子になるために戒律を守る受戒をした者だけに戒名があたえられました。

しかし、生前に受戒の機会のある人は僧侶をのぞいて少なく、死後に戒名をいただくことが一般化して今日にいたります。

浄土宗では生前に、五重相伝や授戒式に参加して戒名をいただく方法があります。

浄土宗の戒名の特徴と構成

お墓

浄土宗の戒名の文字数や構成について詳しく解説します。
戒名といえば、お位牌に刻印された漢字の並びを思い浮かべます。

漢字が無造作に並んだ印象ですが、それぞれの構成にも意味があり、梵字(ぼんじ)と呼ばれる特殊な文字も使われます。

戒名の文字数

浄土宗の戒名は下の四通りの構成を基本にして、文字数は6文字から10文字になります。

この文字数は戒名の全体を指し、実際には道号や院号などの各パーツで分けられる〇〇の部分が戒名を指します。

□□=道号 〇〇=戒名 △△=院号 □誉=誉号 最後に居士や大姉などの位号を順に並べると下の四つのパターンになります。

  • □□〇〇信士(信女)
  • □□〇〇居士(大姉)
  • △△院□□〇〇居士(大姉)
  • △△院□誉〇〇居士(大姉)

〇〇の部分が戒名になり、浄土宗の戒名は基本的には2文字です。
さらにお位牌などには一番上に梵字(ぼんじ)の阿弥陀様を表す「キリーク」が刻印されます。

一番最後の「居士」「大居士」「大姉」「禅定門」「禅定尼」などが位号と言われ、15歳以下では「童子・童女」などが用いられ年齢や性別でも違いがあります。

戒名の構成

墓石やお位牌に刻印される戒名は、それぞれ院号や道号などの名称を持つ場所に、言葉や名前が並んだものです。

戒名はいただくものなので、自分で自由にはなりませんが、故人の名前を一字使ったり、生前の生き方や人柄、業績などをもとに漢字が割り当てられます。

戒名の構成要素の詳細を下で説明します。

  • 院号

    戒名や法名の先頭部分に△△院の形式で付けられる名前で、古くは皇族や将軍家など身分の高い上流層に使われていました。

    近年は故人の業績や寺への奉仕活動など、社会貢献度でもいただけるようです。

  • 誉号(道号)

    誉号(よごう)は浄土宗特有のもので、宗派戒名と言われる道号の場所に、「誉」の一文字が置かれます。

    誉号は「五重相伝」の奥義を受けたものだけの証とされますが、現在では浄土宗の戒名の特徴的な文字使いとして、広く使われています。

  • 戒名

    浄土真宗では「法名」日蓮宗では「法号」と呼ばれる戒名は、仏門に入った証として、故人の名前の一字を使うことが多く、故人を偲べる2文字です。

    生前の名前が俗名であり、生前でも受戒をうけたものには、戒名が授けられます。

  • 位号

    戒名の下につけられ性別や年齢、故人の信仰心の強さや貢献度などにより、居士・大居士・大姉などの名前がつけられます。

    童子・童女(3歳~15歳) 該児・該女(就学前の子供)などの細かな使い方もあります。

誉号の意味と読み方

誉号(よごう)は、浄土宗特有のもので「五重相伝」と呼ばれる修行を受けた者だけに授けられる証として、「誉」の文字を含んだ言葉が授けられます。

第五祖の定慧上人が1320年に良暁上人から、浄土宗の僧侶となるための奥義である「宗戒両脈」を授かった時に「良誉」と称したのが「誉号」の始まりと言われています。

誉号を授かった時は、「院号・誉号・戒名・位号」の構成になりますが、西山派では「空号」を、名越派では「良号」が与えられるなど、同じ浄土宗でも違いは見られます。

浄土宗の戒名によく使われる漢字

戒名は僧侶から授かるものなので、檀家としてお付き合いのある故人であれば、生前の職業や人柄や社会への貢献度などを参考に、ふさわしい漢字が選ばれて戒名となります。

戒名の構成から主に道号と戒名に、漢字が割り当てられますが、院号や道号には、地域や土地、職業などを示すもの、戒名には生前の名前の一字をとり、その人柄を表す漢字が選ばれます。

浄土宗の戒名でよく使われる漢字は「如・和・教・学・海・山・泉・行・孝・妙・宝・菊」などのほか、誉号の説明でも取り上げた「誉・空・良」などもよく目にします。

逆に使わない漢字には動物の「虫、馬、豚、猫、犬、雀、鳩、蛙」などがあり、「龍・獅子・象」などがまれに使われますが、仏教とのつながりある牛でさえ使われることはありません。

又、「下・非・枯・衰・濁・黒・負・没・小・死」などの漢字は使われません。

位牌に刻まれる梵字

古代インドで誕生した梵字(ぼんじ)は、神仏を一字で表すことのできる文字として、中国経由で密教と共に日本に伝わったサンスクリット語を表記するための文字として知られます。

位牌の最上段に刻まれる梵字は、宗派ごとにそれぞれを祀る仏によって違います。
下に宗派ごとの位牌に刻まれる梵字を紹介します。

  • 浄土宗 阿弥陀如来を表記して梵字の発音が「キリーク」
  • 天台宗 大日如来「バン」か阿弥陀如来の「キリーク」
  • 真言宗 大日如来「バン」子供の時は地蔵菩薩の「カ」
  • 曹洞宗 釈迦如来「パク」

浄土宗での生前戒名の授かり方

人々

その名の通り生前戒名は、生存中に戒名を授かることですが、菩提寺のある檀徒ならお寺に相談すれば生前戒名を頂けて、葬儀や納骨などもスムーズに進めることができます。

浄土宗では生前戒名の「誉号」のいただける「五重相伝会」があります。
また、他の宗派でも実施している「授戒会」も生前戒名を授かれる法会の一つです。

生前戒名の注意点も含め、五重相伝会や授戒会について解説します。

五重相伝会とは

浄土宗の戒名を生前に授かる方法に、五重相伝会(ごじゅうそうでんえ)の儀式があります。
初重から五重までの五段階を学ぶ、浄土宗で最も重要な法会であり研修会です。

最終日に阿弥陀様からの教えの血脈(けちみゃく)が授与されます。
これが五重相伝会修了者が授かる「誉号戒名」です。

五重相伝会は開催する寺院を会場に五日間の日程で行われ、内容は次のようになっています。

  • 1日目 初重(しょじゅう)

    勧誡師(かんかいし)による説法 法然上人作と伝えられる「往生記」1巻の「機」について相伝します。

  • 2日目 二重(にじゅう)

    勧誡師(かんかいし)による説法 浄土宗第二祖 聖光(しょうこう)上人の「末代念仏授手印」1巻から「法(行)」について相伝します。

  • 3日目 三重(さんじゅう)

    勧誡師(かんかいし)による説法 浄土宗第三祖 良忠(りょうちゅう)上人の「領解末代念仏授手印鈔」1巻から「解」について相伝します。

    在俗の姿のまま仏弟子にする剃度式を行う。

  • 4日目 四重(しじゅう)

    勧誡師(かんかいし)による説法 浄土宗第三祖 良忠上人の「決答授手印疑問鈔」2巻から「証」について相伝します。

  • 5日目 第五重(だいごじゅう)

    中国浄土教の開祖、 曇鸞(どんらん)の「往生論註」に説くお十念について相伝します。
    最終日の五重相伝会修了者に誉号戒名が授けられます。

五重相伝会は、お寺ごとに実施時期やサイクルが違い、浄土宗全体での決まりもありません。
二年に一度の寺もあれば、十年、二十年に一度のお寺もあります。

何か浄土宗全体で行う研修会のようなイメージがありますが、お寺単位で動いてる行事です。
五重相伝会への参加を希望するかたは、まず菩提寺に相談してください。

授戒会とは

授戒会(じゅかいえ)と読みますが、現役の僧侶を対象とするものから在家信徒や仏教系の大学生を対象にするものなどいろいろあり、日程も1日~7日などいろんな授戒会が存在します。

生前戒名も授けてもらえますが、授戒会を通して菩提寺とのつながりを深める意味合いあります。
五重相伝会を修了して生前戒名がある人も参加する、勉強会的な一面もあります。

また授戒会は浄土宗に限ったものではなく、各宗派で行われているものです。
授けられる戒は以下のようなものになります。

  • 三帰

    仏・法・僧の三宝を信仰し、三帰依文を唱えてお釈迦さまの弟子となること。

  • 五戒

    在家信者の守るべき五つの禁戒を指し、殺生(せっしょう)・偸盗(ちゅうとう)・邪淫(じゃいん)・妄語(もうご)・飲酒(おんじゅ)の五つをしてはならない。

  • 三聚浄戒(さんじゅじょうかい)

    大乗仏教の菩薩戒を3種に整理したもので、(一切の悪を捨て去ること)(一切の善を実行すること)(一切の衆生にあまねく利益を施すこと)を説いている。

  • 十重戒

    仏道修行の上で、守らなければならない10の重要な戒律です。

授戒会でも最終日に、戒名を記した戒牒(かいちょう)を頂くことができます。
授戒会の日程や開催寺などの情報は、大本山知恩院に聞いてもわかりません。

檀徒なら菩提寺を通して授戒会の申し込みをしましょう。
末寺などでは希望者を募り、大きな寺の授戒会を団体で申し込むケースもあります。

ランクによって異なる戒名料の値段

お金

ランクはご先祖も含め菩提寺との関わり方の度合いや貢献度で決まるランクです。

下に浄土宗のほか、各宗派のランク別戒名料の価格を表示しています。
参考にしてください。

宗派 信士・信女 居士・大姉 院信士・信女 院居士・大姉
浄土宗 30万円~40万円 50万円~60万円 70万円~ 100万円~
曹洞宗 30万円~50万円 50万円~70万円 100万円~ 100万円~
真言宗 30万円~50万円 50万円~70万円 80万円~ 100万円~
天台宗 30万円~50万円 50万円~70万円 80万円~ 100万円~
臨済宗 30万円~50万円 50万円~80万円 100万円~
日蓮宗 30万円~ 30万円~50万円 100万円~
浄土真宗 釋○○ 10万円~30万円 ○院釋○ 50万円~

五重相伝会で戒名を授かる場合

浄土宗だけの五重相伝会では、戒名料とは言わず、冥加料の名目で実施されます。
この参加費が戒名料と考えても問題ありません。

下の表はこの10年以内に実施された五重相伝会の募集要項を元に抜き出した参加費です。

増上寺は2年に一度のペースながら、他の寺院では5年10年に一度のサイクルです。
募集要項が問い合わせの寺院については、明らかに戒名料名目で10万~20万の料金です。

それでも生前戒名が取得できる五重相伝会への参加費は、戒名料の相場と比較しても明らかに安く、「誉号」が授けられる以外に、ランク別の戒名が取得できるかは不明です。

日程5日間 冥加料・参加費 回向料1霊 募集人員
増上寺 4万5千円 5千円 150名
浄心寺 5万円 5千円 50名
柏心寺 6万円 ****** 80名
その他 問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ

授戒会で戒名を授かる場合

授戒会でも生前戒名がいただけますが、授戒会の日程は、1日で完結するものから、3日・5日・7日など宗派や寺院の取り組みによりさまざまです。

ただ1日でも7日でも戒名は授与されます
注意したい点は、菩提寺のある方は必ずお寺を通して申し込むことです。

菩提寺のない方は自由に申し込めますが、戒名を受けたお寺と葬儀や納骨の時に依頼するお寺が違うと、最初からやり直すトラブルになることがあります。

授戒会の参加費は1日で2万円で修了するものや、3日・5日で3万円~5万円の参加費だけのもの、オプションで「ご供養」「設供養」などの名目で10万円~20万円が必要な授戒会もあります。

勧誡師(かんかいし)の説法など、前行などの日程がしっかり組まれてる授戒会もあれば、授戒会名目で申し込むだけで、参加も不要の生前戒名2万円で実施している寺院もあります。

他宗派の戒名を紹介

お墓

浄土宗以外の宗派・戒名の一例を少しご紹介しておきます。
以下のような構成になります。

  • 天台宗(〇〇=院号 □□=道号 △△=戒名 大姉(居士)=位号)

    〇〇院□□△△大姉(居士)・信女(信士)    先頭に梵字のア(大日如来)

  • 真言宗(〇〇=院号 □□=道号 △△=戒名 大姉(居士)=位号)

    〇〇院□□△△大姉(居士)・信女(信士)    先頭に梵字のア(大日如来)

  • 日蓮宗(〇〇=院号 □□=道号 妙(日)△=日号 大姉(居士)=位号)

    〇〇院□□妙△大姉(居士)・信女(信士)

  • 浄土真宗(〇〇=院号 □□=道号)

    〇〇院釋□□(男性) 〇〇院釋尼□□(女性)

それぞれ宗派によって教義や死生観の違いが戒名にも表れています。
以下に真言宗の戒名の記事をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

真言宗における戒名の位号とは?戒名のつけ方や相場も徹底解説します

故人のお位牌などに書かれる何とも長ったらしい名前を戒名といいますが、実は宗派によっていろいろ異なるのはご存知でしょうか?そして、宗派により戒名に特徴があるのは真言宗でも例外ではありません。今回は真言宗での戒名のつけ方や相場などについて見ていきましょう。

浄土宗の戒名のまとめ

仏壇

いかがでしたか?
浄土宗の戒名についてご案内した内容は以下の通りです。

  • 戒名(法名)とは仏弟子になった証として授かる名前です。
  • 浄土宗の戒名は6~10文字で、院号・道号・戒名・位号で構成されます。
    道号の所に「誉号」が入る特徴があります。
  • 生前戒名を授かるには「五重相伝会」か「授戒会」への参加が必要です。
  • 戒名料には位号のランク別に30万円~100万円の価格幅があり、生前戒名の
    五重相伝会や授戒会の参加費用の方が安い傾向です。
  • 浄土宗以外の戒名にもそれぞれ特徴があり、浄土真宗は院号と道号だけなど、構成が違います。
  • 浄土宗の戒名のまとめ

「終活ねっと」では目まぐるしく変化する葬儀やお墓をはじめ、介護や趣味にいたる終活関連の情報を引き続き発信いたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「浄土宗・戒名」に関連する記事

  • 仏の弟子にいずれはなる?戒名の位とは何かのサムネイル画像

    仏の弟子にいずれはなる?戒名の位とは何か

    戒名の位についての記事です。戒名において位はどのようなもので、その位を得るには何が必要かを書いています。

  • 墓石への彫刻は戒名?俗名?どっち? 彫名準備は早めの確認が鍵!!のサムネイル画像

    墓石への彫刻は戒名?俗名?どっち? 彫名準備は早めの確認が鍵!!

    亡くなった時に付けられることの多い戒名。この戒名は墓石に彫られることが多いです。しかし俗名ではいけないのでしょうか?そもそも必ず墓石に彫刻しなければならないものなのでしょうか?今回は気になることをまとめて紹介していきます。

  • 戒名って永代供養墓にも必要?戒名不要の選択肢がある?のサムネイル画像

    戒名って永代供養墓にも必要?戒名不要の選択肢がある?

    最近増えてきているお墓の選択肢、永代供養。今回は永代供養墓について紹介していきます。またお墓に欠かせない戒名は、永代供養の場合どうなるのでしょうか?戒名についてもみていきましょう。

  • お墓に彫る戒名について解説します!のサムネイル画像

    お墓に彫る戒名について解説します!

    お墓や位牌に書かれている「戒名」は、お葬式でお経と一緒に読み上げられます。戒名とは何故つけられるのかまでは、無宗教の人が多い現在の日本では知らない人がいるでしょう。お墓や位牌に刻む戒名は、故人が極楽浄土にいけるように菩提寺の僧侶がつけてくれる大切な名前です。

  • お墓に戒名を彫る費用の相場について!戒名料の相場もあわせて解説!のサムネイル画像

    お墓に戒名を彫る費用の相場について!戒名料の相場もあわせて解説!

    戒名について聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。戒名とは「○○院××居士」と記載されるものです。お墓にも戒名は彫られていますが、そのためにどのくらいの費用が必要なのでしょうか。今回は、お墓に戒名を彫るのに必要な費用についていろいろ見ていきましょう。

  • 樹木葬で戒名が必要な場合と費用について解説します!のサムネイル画像

    樹木葬で戒名が必要な場合と費用について解説します!

    最近、樹木葬が注目されていますが、その特徴の一つに宗旨・宗派を問わないということがあります。その樹木葬を選択する場合には、戒名は必要となるのでしょうか? 今回は樹木葬において、戒名が必要となる場合と戒名の費用について解説します。 ぜひ最後までご覧下さい。

  • お墓に戒名彫刻をする際の流れや費用の相場をご紹介しますのサムネイル画像

    お墓に戒名彫刻をする際の流れや費用の相場をご紹介します

    お墓を建てた際にさまざまな彫刻が施されていますが、その中でも故人に直接かかわるものが戒名と呼ばれる亡くなってからつけられる名前です。この戒名ですが、どのような流れでお墓に彫刻され、またその際にどのくらいの費用が必要となるのでしょうか?

  • 墓石に戒名彫刻する際の値段はどれくらい?必要な情報をまとめましたのサムネイル画像

    墓石に戒名彫刻する際の値段はどれくらい?必要な情報をまとめました

    墓石に刻まれる一見すると見覚えのないような名前が戒名ですが、戒名彫刻のための値段が気になるという方も多いのではないでしょうか。どのような値段の相場で、かつどのようなプロセスを経て墓石に戒名彫刻が行われるのでしょうか?納得いくお墓建立のために見ていきましょう。

  • 墓石への戒名彫刻はいくらくらいの値段?戒名彫刻に関する疑問を解決のサムネイル画像

    墓石への戒名彫刻はいくらくらいの値段?戒名彫刻に関する疑問を解決

    お墓の悩み事と言えば、墓石のこと、値段のこと、そして戒名のことが思い浮かびます。ここでは、戒名のつけ方や墓石のどこにいつ彫るのか、そして気になる値段の相場といった疑問について取り上げます。ぜひ最後までお読みいただき、これら疑問の解消の一助としてください。

  • 墓石に名前を入れる時の値段について解説します!のサムネイル画像

    墓石に名前を入れる時の値段について解説します!

    最近よくテレビでお墓の特集などされることもありますが、墓石に彫る名前やその値段に関しては、実際に墓石を建てるという時になって初めて考える方もいらっしゃると思います。 今回は墓石の名前の種類や値段にスポットを当てて解説していきたいと思います!

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「浄土宗・戒名」についてさらに知りたい方へ

仏の弟子にいずれはなる?戒名の位とは何かのサムネイル画像

仏の弟子にいずれはなる?戒名の位とは何か

墓石への彫刻は戒名?俗名?どっち? 彫名準備は早めの確認が鍵!!のサムネイル画像

墓石への彫刻は戒名?俗名?どっち? 彫名準備は早めの確認が鍵!!

戒名って永代供養墓にも必要?戒名不要の選択肢がある?のサムネイル画像

戒名って永代供養墓にも必要?戒名不要の選択肢がある?

お墓に彫る戒名について解説します!のサムネイル画像

お墓に彫る戒名について解説します!

お墓に戒名を彫る費用の相場について!戒名料の相場もあわせて解説!のサムネイル画像

お墓に戒名を彫る費用の相場について!戒名料の相場もあわせて解説!

樹木葬で戒名が必要な場合と費用について解説します!のサムネイル画像

樹木葬で戒名が必要な場合と費用について解説します!

お墓に戒名彫刻をする際の流れや費用の相場をご紹介しますのサムネイル画像

お墓に戒名彫刻をする際の流れや費用の相場をご紹介します

墓石に戒名彫刻する際の値段はどれくらい?必要な情報をまとめましたのサムネイル画像

墓石に戒名彫刻する際の値段はどれくらい?必要な情報をまとめました

墓石への戒名彫刻はいくらくらいの値段?戒名彫刻に関する疑問を解決のサムネイル画像

墓石への戒名彫刻はいくらくらいの値段?戒名彫刻に関する疑問を解決

墓石に名前を入れる時の値段について解説します!のサムネイル画像

墓石に名前を入れる時の値段について解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「浄土宗・戒名」についてさらに知りたい方へ

仏の弟子にいずれはなる?戒名の位とは何かのサムネイル画像

仏の弟子にいずれはなる?戒名の位とは何か

墓石への彫刻は戒名?俗名?どっち? 彫名準備は早めの確認が鍵!!のサムネイル画像

墓石への彫刻は戒名?俗名?どっち? 彫名準備は早めの確認が鍵!!

戒名って永代供養墓にも必要?戒名不要の選択肢がある?のサムネイル画像

戒名って永代供養墓にも必要?戒名不要の選択肢がある?

お墓に彫る戒名について解説します!のサムネイル画像

お墓に彫る戒名について解説します!

お墓に戒名を彫る費用の相場について!戒名料の相場もあわせて解説!のサムネイル画像

お墓に戒名を彫る費用の相場について!戒名料の相場もあわせて解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと