お盆にお供えするお花はどうする?お花の種類や名札についても解説!

お盆にお供えするお花はどうしたら良いのでしょうか。お盆には、故人を偲ぶ偲ぶ気持ちをお花でで伝えることが一般的ですよね。今回は、お盆にお供えするお花はどうしたら良いのか、お花の種類や名札についても解説いたします。

目次

  1. お盆にお供えする花について
  2. お盆のお供えとは
  3. お盆のお供えに適した花って?
  4. お盆のお供えにNGな花
  5. お盆のお供えに適した花の種類
  6. お盆のお供えに花を贈る際のマナー
  7. 花につける名札の書き方
  8. 花に添えるメッセージの例文
  9. お盆にお供えする花まとめ

お盆にお供えする花について

仏壇

お盆にお供えするお花はどうしたら良いのでしょうか。
故人を偲ぶ気持ちをお花で伝えることは大事ですので、お盆にはきちんとしたお花をお供えしたいですよね。

しかし、お盆にお供えするお花についてお悩みの方も多いはずです。
何のお花をお供えすれば良いのか気になりますよね。

今回終活ねっとでは、お盆にお供えするお花はどうしたら良いのか、お花の種類や名札について以下のポイントを中心に解説いたします。

  • お盆のお供えとは
  • お盆のお供えに適した花って?
  • お盆のお供えにNGな花
  • お盆のお供えに適した花の種類
  • お盆のお供えに花を贈る際のマナー
  • 花につける名札の書き方
  • 花に添えるメッセージの例文

お盆にお供えするお花はどうしたら良いのか、一緒に学びましょう。
お花の種類や名札についても解説しますので必見です。

後半では、花に添えるメッセージの具体的な例文も紹介していますので、ぜひ最後までご覧くださいませ。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

お盆のお供えとは

仏壇

お盆に欠かせないのがお供え物ですよね。

お盆になると帰ってくるといわれる故人やご先祖様をもてなすという考え方から、お盆にお供え物をする風習ができました。

お盆にするお供え物は「五供」と言われ、一般的には仏壇にあげるお線香やお花、お菓子やお水などのことをさします。

その中でもお花は、お盆の供え物としてポピュラーなものとして考えられてきました。

お供えはいつ?

ではお盆のお花のお供えはいつするのが良いのでしょうか。

お供え物を贈る場合は、お盆に入る前に届けるようにしましょう。

一般的にお盆の時期は7月13~16日、または8月13日~16日の四日間になります。
お盆の期間は地域によっても異なりますので、お花を贈る先の地域を調べておく必要があります。
お盆にお花をお供え物として贈る際は、お盆の前日までには届くように手配しておきましょう。

また、お供えのお花を直接持って訪問する場合は、一般的に盆の入りの13日か14日が多いです。
この時、あらかじめ訪問する旨を事前に先方に連絡しておきましょう。

お盆中はどこもバタバタとして忙しいので、急な訪問は失礼になる場合もあります。
お花を届けるタイミングにも大切なマナーがありますので、注意するようにしましょう。

お供えする意味

お盆にお供えをする意味の捉え方は地域や人それぞれで違いますが、故人やご先祖様にお世話になった感謝の気持ちを伝えるためということに変わりはありません。

お盆にお花やその他のお供え物をすることは、故人やご先祖様を供養する気持ちの表われです。
お供え物をすることによって、故人を大切に思う気持ちやご先祖様への感謝の気持ちを伝えましょう。

また、お供えするお花には哀悼の意を表する意味合いや、遺族の悲しみを和らげる意味合いもあります。
お盆にお花をお供えするという事に、このような大切な意味が込められていることを忘れないようにしましょう。

お盆のお供えに適した花って?

お墓

では、お盆のお供えに適した花とは何でしょうか。

お盆にきちんとしたお花選びができるように、以下で詳しく解説していきます。

お盆のお供えとして選ぶお花は色は淡く明るい色を選びましょう。

この時、明るい色でも派手な真っ赤やショッキングピンクなどの花は避けましょう。
あくまで、淡い色を選ぶようにしましょう。

花束にする際は、一般的に白を基調としたお花を中心とし、それに差し色を混ぜましょう。
この時の差し色は黄色や紫、薄いブルー、ピンクなどの色を選ぶと良いでしょう。

お花を5色選ぶ場合は白・赤・黄・紫・ピンクの5色をメインにするのが一般的です。
3色の場合は、白・黄・紫を選ぶ場合が多いです。

また初盆は故人が亡くなってからあまり月日が経っていません。
残された遺族の悲しみもまだ残っている場合がほとんどです。
白色で統一したお花を贈り、残された遺族の気持ちに寄り添いましょう。

長持ちする花

お盆にお供えするお花は長持ちするものを選びましょう。
すぐに枯れてしまうお花よりも、強くて長持ちするお花をお供えしましょう。

長持ちしないお花は世話をする手間もかかります。

お花を選ぶ際には、お世話をする人への配慮も忘れないようにしましょう。

花言葉

お花には花言葉というものがあります。

お盆にお供えする時もこの花言葉を意識して選ぶ場合が多いです。

例えば、仏花でよく選ばれる菊の花言葉は白色だと「ご冥福をお祈りします」という意味で、お供えする花には最適の花言葉です。

お盆のお供えにふさわしい花言葉を持ったお花を贈ってみましょう。
ただし、縁起の悪い花言葉を持つお花もありますので贈る際には十分に気をつけましょう。

お花代の金額相場は?

お盆のお花代の金額相場は住んでいる地域や家族によっても考え方が違ってきますが、だいたい5千円から1万円程度とされています。

地域や家族によってもお花代の金額相場は異なってきますので、不安な方は家族などにあらかじめ相談しておくと良いでしょう。

また、故人とどの程度親しかったかでも金額相場は変わってきますので注意してください。

お盆のお供えにNGな花

困った人々

お盆にはお供えに適さないお花もあります。

まず、バラなどの棘や毒があるお花は避けましょう。

棘のあるお花はお供えする際の怪我に原因にもなります。
また、棘のせいでお手入れが面倒ということから、避けたほうが良いとされています。

他にもお手入れが面倒とされるのが、支えがないと生けられないツルのようなお花です。
このようなお花も避けたほうが無難です。

お供えにするお花はお世話をする人のことも考えて選ぶようにしましょう。

その他にも、きらびやかなお花は避けるようにしましょう。
赤色などの派手な色のお花や、匂いがきついお花がこれに当たります。

派手で豪華なお花は、故人を偲ぶお盆の場には不適切ですので注意しましょう。

その反対に黒や黒に近い暗い色などのお花は縁起が悪いとされています。
また、花ごとぼとりと落ちるタイプも縁起が悪いとされるので、選ぶ際には十分に気をつけましょう。
実のなるような植物やお花も同様にNGとなっています。

このようにお盆のお供えにNGなお花はいくつかかあります。
間違って、お供えとして贈ってしまうとマナー違反とされる場合もありますので、気をつけましょう。

お盆のお供えに適した花の種類

仏壇

それではお盆のお供えに適した花の種類を以下で詳しく紹介していきます。

菊はお供えに選ぶお花として一般的なお花とされています。

菊は高貴な印象の他に邪気を祓うと言われているので、仏花として選ばれることが多いようです。

お花としても強く長持ちもしますので、お供えとして贈ったあとも手間がかかりません。
また、シーズン問わずにお店に並んでいますので、手に入りやすい点も人気の理由のひとつです。

菊の花言葉で白色は「ご冥福をお祈りします」黄色は「高潔」赤色は「愛情」という意味を持ちます。
そのことから、菊の中でも白色をお供えに選ぶ人が多いようです。

ユリ

ユリはお盆で選ばれる人気のお花の一つで、仏教以外のキリスト教などでも献花としても選ばれています。

ユリは見た目にも美しく、凛として上品な印象を与えます。
白いユリの花言葉は「壮大な美・高貴・純潔」とされていることもあり、世界的に見ても高貴なお花として親しまれています。

また、お手入れも簡単で棘もないことから、お供えとしてふさわしいとされています。
さらにはシーズン問わずにいつでもお店に並んでいますので、手に入りやすいです。

ただし、ユリをお供えに贈る場合には注意が必要です。
ユリには花粉があるため、あらかじめ生花店で花粉をとってもらったものを贈るようにしましょう。

リンドウ

リンドウは日本の秋を代表する草花として、お供え物として選ばれることが多いです。

カラーバリーエーションも豊富なことから、リンドウをメインとせずに白い菊などの組み合わせ花の彩りとして贈ることが一般的です。

また秋のお花ということで、お盆の時期から長くお花を咲かせてくれるのも良いとされています。

また、リンドウの花言葉は「あなたの悲しみに寄りそう」という意味です。
このように、花言葉の意味からしても、お供えもののお花として適していると言えます。

キンセンカ

お供えのお花として人気なのはキンセンカの黄色です。
キンセンカの花言葉は「別れの悲しみ」で、この意味からもお供えにはふさわしいとされています。

大きめのお花のため、メインのお花に付け加えるだけで高貴な印象になります。

カーネーション

カーネーションは仏教以外の宗教でも献花として使われる万能なお花として人気です。
カラーバリエーションも多く、いろいろなシーンで使われることが多いです。

中でも母の日にカーネーションを贈ることが多いですが、そのきっかけが白いカーネーションを亡くなった母に贈ったことと言われています。

カーネーションをお供えのお花とする場合は、差し色として他の花と組み合わせることが多く、生花店でもおすすめされることが多いでしょう。
特に白い菊や白いユリに合わせるのが人気とされています。

また、上記で紹介したお花以外に故人が故人の好きだったお花がある場合はそのお花も入れることで、故人を偲ぶ気持ちが伝わり喜ばれることが多いですよ。

また、近年では生花でなくプリザーブドフラワーをお供えに贈る人も増えてきています。
プリザーブドフラワーはお墓用ではなく仏壇の花や手元供養の花として選ばれています。
これは、お手入れの心配が必要ない点が人気の理由の一つです。

お盆のお供えでプリザーブドフラワーを贈ってみても良いのではないでしょうか。

お盆のお供えに花を贈る際のマナー

葬儀

お盆のお供えにお花を贈る際には大切なマナーが存在します。

マナーを知らないとお贈りした相手に失礼に当たる場合もありますので、以下できちんと学びましょう。

本数

一般的にお盆にお供えするお花の本数は奇数が良いとされています。
これは慶事の際は奇数が縁起が良いとされている風習によるものです。

3本、5本、7本というように奇数にしましょう。
この時、花を数えるのではなく茎の数を数えるようにしましょう。

花束を左右に供えるのは基本ですので、同じ花束を対で用意します。
また、お贈りするお花がの数が3本の場合は1本と2本などに分けてお供えするようにしましょう。

お供え物のお花は一般的にひし形に作ります。
一本のメインの長いお花を中心として、ひし形になるようにしましょう。

お供えするお花の形に関しては、お供え用と生花店にお願いすればそれにふさわしい形にしてもらえます。

花につける名札の書き方

葬儀

お供えする花には名札をつけるのがマナーとされています。

名札には贈り主の氏名を記載しましょう。
また会社から贈る場合にも会社名も記載するようにしましょう。

お祝いの名札は贈り先の名前も記載する場合がほどんどですが、お供え物の場合は贈り主側の名前だけ記載し、故人や遺族などの名前は記載しないようにしましょう。

では、その名札の書き方について説明いたします。

名札の一番上に記載する朱文字は「飾り文字」と呼ばれています。
一般的にお供えの場合には「供」や「御供」と記載するようにしましょう。
この「飾り文字」はお盆に限らず、お通夜や告別式など様々な法要の際に使用されます。

そしてその飾り文字の下に贈り主の名前を記載します。

一般的にお供えするお花1基に対して1枚ずつ名札をつけます。
一枚の名札に2~3名で連名にして記載する場合もあります。
しかし、それ以上の多人数の場合は連名にすることは避けて、代表者の名前を記載しましょう。
また、「○○一同」のような記載の仕方でも問題ありません。

花に添えるメッセージの例文

葬儀

お盆のお供えのお花を直接お渡しできない場合は、自宅に贈る場合がほとんどです。

その場合は、お花にメッッセージを添えた方が良いでしょう。

時候のあいさつは省いてすぐに本文から書きだすのが良いよされています。
また、故人にお世話になった感謝の気持ちや、お盆の法要に出席できないことへのお詫びの言葉を書きましょう。
また、ご家族への慰めの心遣いも忘れずに言葉にしましょう。

以下で具体的な例文を紹介します。

例文
この度は遠隔地におりますため、お盆法要に出席できず申し訳ありません。
ささやかではございますが、お花をお送りいたします。
遠いところからではありますが、ご生前の故人を偲び、ご冥福をお祈りいたします。
ご家族の皆さまのご健康を心よりお祈りいたします。

例文2
この度は初盆を迎えられるにあたり、改めましてご冥福をお祈り申し上げます。
当日の法要には参加することができないため、遠方より合掌させていただきます。
心ばかりですがお花を送らせていただきました。
暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいませ。

このようにメッセージをつけるだけでも、故人のことを偲ぶ気持ちがより伝わりやすくなります。
上記の例文を参考に、お供えに送るお花にはメッセージをつけるようにしましょう。

お盆にお供えする花まとめ

お墓

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、お盆にお供えするお花はどうしたら良いのか、お花の種類や名札について詳しく解説いたしました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • お盆には故人やご先祖様をもてなすという考え方からお供え物をする風習ができた
  • お盆にお花をお供え物として贈る際はお盆の前日までに届くようにする
  • お盆に供えするお花には哀悼の意を表わす他、遺族の悲しみを和らげる意味合いもある
  • お盆に供えるお花には適した色があり、5色の場合は白、赤、黄、紫、ピンクを選び、3色の場合は、白、黄、紫を選ぶ場合が多い。
  • お盆に供えるお花は長持ちし手間がかからないものを選ぶと良い
  • お盆のお花代の金額相場はだいたい5千円から1万円程度である
  • お盆に供えるお花にはバラなどの棘や毒のある花のように適さないものもあるので注意が必要
  • お盆のお供えに適した花は菊、ユリ、リンドウ、キンセンカ、カーネーションなど
  • お盆のお供えに花を贈る際にはマナーがあり、本数は奇数で形はひし形にする
  • お供えに送る花につける名札の書き方にも決まりがあるので注意が必要
  • お盆のお供えに送るお花にはメッセージをつけて故人を偲ぶ気持ちを伝えることが大切

お盆にお供えするお花はどうしたら良いのか、お悩みは解決しましたか?
その他にもお花の種類や名札についても理解していただけたと思います。

お盆のお供えのお花選びひとつにしても、故人を偲ぶ気持ちを伝えるためにとても大切なことであるとが分かりました。
今回の記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

「お盆・お供え・花」に関連する記事

  • 大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化のサムネイル画像

    大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化

    お花をお供えすると一言でいいましても、葬儀にお供えするお花、御仏前にお供えするお花も種々様々です。特に仏様へお供えするお花は、価値観の多様性と変化に伴い、仏壇事情も目まぐるしく変わっている昨今、進化に進化を重ねています。お供えのお花についてお伝えします。

  • お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?のサムネイル画像

    お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?

    お盆のお墓参りや、知人の一周忌などにどんなお花を供えたら良いのだろう。お供えしてはいけない花はあるのだろうか。意外と知られていないお供え花の選び方やマナー。今回はお供え花のマナーやその意味についてご紹介していきます。

  • 法事にお供えする、花の種類について紹介します。のサムネイル画像

    法事にお供えする、花の種類について紹介します。

    お葬式や一周忌、三回忌などの法事で亡くなった方へお花をお供えすることがあると思います。その時にどのような花の種類がお供えに向いているのか、悩んだことはありませんか?今回は、特にお供えにおすすめの花の種類について紹介します。

  • お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

    お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

    お墓参りにはさまざまなマナーがあります。お供えするお花もその一つです。今回は恥をかかないためにお墓参りにお供えするお花について基本的なことを紹介していきます。

  • お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!のサムネイル画像

    お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!

    亡くなった方やご先祖様を供養するお墓参り。墓前には気持ちを込めて、一対のお花をお供えしましょう。とはいえ、お供え花にどのような花を選べば良いのか分からない方も多いと思います。そこで今回は、お墓参りの際のお花の選び方やタブーなお花について詳しく紹介していきます。

  • お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!のサムネイル画像

    お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

    お盆にお墓参りに行く際、お花をお墓にお供えすることが多いのではないでしょうか。お花をお供えする際には、決まり事やお供えしてはいけないお花などがあるといわれています。今回は、お盆のお墓参りのお花についての疑問点を紹介します。

  • 墓地に供える花の選び方は?お墓参りの花に関するマナーも解説!のサムネイル画像

    墓地に供える花の選び方は?お墓参りの花に関するマナーも解説!

    墓地へのお供えものはいろいろとありますが、その中でもお花はお墓を一層華やかに見せて明るい雰囲気を醸し出す効果があります。となるとどのようなお花を選ぶのか、またそれに即したマナーをどう守るかが大切な要素です。今回は墓地に供えるお花の種類やマナーを見ていきます。

  • お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!のサムネイル画像

    お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!

    お墓にお供えするお花についてはお花屋さんなどで購入できますので、詳しく調べた方は少ないと思います。 今回終活ねっとでは、普段あまり調べる機会の少ない仏花について調べてみました。 少しでもお墓にお供えする仏花についての知識を深めていただけるとありがたいです。

  • お墓参りのお花にゆりは適している?お供えのお花の選び方を紹介!のサムネイル画像

    お墓参りのお花にゆりは適している?お供えのお花の選び方を紹介!

    お墓参りに行くとゆりがお供えしてあるのを目にしますが、ゆりはお供えに適したお花なのでしょうか?どのようなお花がお墓にお供えするのに適しているかご存知ですか?そこで今回は、お供えに適したお花選びについてご紹介します!是非最後までお読みください。

  • お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

    お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

    お墓参りのお花の種類やマナー、実は向き不向きのお花の種類があるのをご存知ですか?迷うことやわからない事も多いと思います。ここではお墓参りの供えるお花の種類やマナーについて解説していきます。ぜひこの機会に覚えておきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お盆・お供え・花」についてさらに知りたい方へ

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化のサムネイル画像

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?のサムネイル画像

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?

法事にお供えする、花の種類について紹介します。のサムネイル画像

法事にお供えする、花の種類について紹介します。

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!のサムネイル画像

お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!のサムネイル画像

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

墓地に供える花の選び方は?お墓参りの花に関するマナーも解説!のサムネイル画像

墓地に供える花の選び方は?お墓参りの花に関するマナーも解説!

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!のサムネイル画像

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!

お墓参りのお花にゆりは適している?お供えのお花の選び方を紹介!のサムネイル画像

お墓参りのお花にゆりは適している?お供えのお花の選び方を紹介!

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「お盆・お供え・花」についてさらに知りたい方へ

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化のサムネイル画像

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?のサムネイル画像

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?

法事にお供えする、花の種類について紹介します。のサムネイル画像

法事にお供えする、花の種類について紹介します。

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!のサムネイル画像

お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと