お盆の祭壇の飾り方は?宗派別の飾り方・配置から片付けまでを解説!

お盆でイメージするものといえば、お墓参りやお盆休みなどが挙げられますが、仏壇に祭壇を設けることも重要なことです。お盆の祭壇ですが、飾り方や配置など決まりがあるうえ、宗派によって異なります。今回は、お盆の時期の仏壇に設置する祭壇について見ていきましょう。

目次

  1. お盆の祭壇について
  2. お盆とは
  3. お盆の祭壇の飾り方
  4. お盆のお膳について
  5. お盆の祭壇を手に入れる方法と金額相場
  6. お盆の祭壇を片付ける方法
  7. お盆の祭壇についてまとめ

お盆の祭壇について

仏壇

私たちは毎年夏になると、お盆という時期を持ちます。
お盆に対して持ちがちなイメージとして、帰省ラッシュやお墓参り、実家で孫の顔を見せること、夏祭りといったどちらかといえば物見遊山を思い浮かべさせるものばかりです。

たしかにお盆の時期は非常に楽しいことが多いですが、一方でご先祖様を供養するための大事な時期であることも忘れてはいけません。
お盆の中で、特にあまりイメージがわかないことには、仏壇に祭壇を設けることも含まれるでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、お盆の時期に仏壇に設置する祭壇の飾り方を宗派別に見ていくとともに、用意の仕方も合わせてご紹介します。

  • お盆とはどのような時期なのか?

    お盆の持つ意味や流れについて見ていきます。

  • お盆の祭壇の飾り方はどのようにすれば良いのか?

    お盆の祭壇の飾り付けを実際のお供え物や宗派別の違いを中心に見ていきます。

  • お盆の際のお膳の作り方とは?

    お膳の作り方やマナーについてもご紹介します。

  • お盆の祭壇の入手方法や金額相場について

    お盆の祭壇をどのように手に入れるかや、その際に必要な金額の相場について見ていきます。

  • お盆の祭壇はどうやって片付ける?

    お盆の祭壇を片付けるタイミングや処分する方法を見ていきます。

以下の各ポイントを軸に、毎年お盆の時期に重要となる祭壇の飾り方をわかりやすく解説しますので、ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お盆の期間はいつからいつまで?お盆の準備やしきたりを徹底解説!

日本ではよく耳にするお盆とは一体どんなものなのでしょうか。お盆の由来、お盆の期間、お盆のために準備すること、お盆に参列する際のマナーや宗教別のお盆についても解説していきます。お盆におすすめの海外旅行スポットもご紹介しています。

お盆とは

お墓

毎年夏にやってくるお盆という時期について、よく見聞きするなどしますが、具体的にお盆とは何のための時期で、私たちはどのような流れで過ごすのでしょうか?

ここではお盆という時期の意味や流れについて見ていきましょう。

お盆の意味

まず、お盆という時期が持つ意味から見ていきましょう。
お盆とは、ご先祖様の霊があの世からこの世へと戻ってきて、今を生きる私たちと共に過ごす時期のことです。
特に、亡くなった身内の四十九日法要を済ませた直後に迎えるものを初盆といいます。

お盆の時期がいつからいつまでかといえば、地域によって異なりますが7月(関東地方の場合)、もしくは8月の13日から16日までです。

お盆の流れ

実はお盆の時期にもきちんとした流れが決まっています。
ご存知の方も多いでしょうが、ここではお盆の大まかな流れについてご説明いたしましょう。

まず、7月もしくは8月13日からお盆が始まりますが、この日にご先祖様の霊があの世から戻ってくる日でお出迎えするため、迎え盆と呼ばれます。
迎え盆ではお墓参りをし、その際の火を提灯に移して持ち帰り、玄関先で迎え火を焚いた後に盆提灯に移すというのが慣習です。

そのあと14日と15日にご自宅や菩提寺などでお盆の法要をとり行います。
特に初盆の場合は、亡くなった方にゆかりのある方が大勢参列する初盆法要がとり行われるのが一般的です。

最終日の16日は送り盆の日で、ご先祖様の霊はあの世へと戻っていくとされるため、玄関先で送り火を焚いて見送ります。
余談ですが、京都の大文字焼きもお盆の時期の五山送り火での行事です。

お盆の祭壇の飾り方

仏壇

お盆の時期について大体見てきたところで、ここではお盆の時期に仏壇に設ける祭壇をどのように飾るかについて見ていきましょう。

なお、祭壇として用いられるのが盆棚(精霊棚)が主ですが、盆棚を設置できない場合は和室用のテーブルで代用しても大丈夫です。

飾るもの

お盆の祭壇で飾るものは以下の通りです。

  • ろうそく
  • お花(盆花:胡蝶蘭や蘭、菊など)と花瓶
  • まこもなど打敷となるもの
  • 蓮の葉
  • 水の子
  • きゅうりの馬となすの牛
  • どんす(金襴布や白布のもの)
  • ほおずき
  • そうめん
  • 昆布
  • ご先祖様の位牌
  • 霊前灯
  • お菓子
  • 季節ものの野菜や果物
  • そのほか故人が生前好んだもの
  • 霊供膳(故人を供養するための料理を載せた膳のこと)

飾る配置

祭壇を飾る際の配置も古くからの決まりがあります
全部で2段もしくは3段構成で配置し、最上段である一段目には下にどんすを敷いたうえで、ご先祖様の位牌や霊前灯をお供えします。

二段目には精進料理をお供えするためのお膳(詳しい作り方は後述)や盆花を挿した花瓶が主に飾りましょう。

そして最下段である三段目には、下にまこもを敷いた後で水の子やろうそく、きゅうりの馬・なすの牛などをお供えします。

なお、祭壇そのものの組み立て方は非常に簡単なものが多いので心配しなくても大丈夫です。

飾る方角

お盆の祭壇は仏壇の中や前に設置するため、基本的に仏壇の向きに合わせる形で設置されます。
仏壇の向きとしてよくあるのが北側に設置することで南向きとするものや、宗派の本山に向けるもの、東側に設置して西向きとするものです。

いずれにせよ、仏教の各宗派や菩提寺などの考え方にもよりますので、わからないことがあれば僧侶の方などに相談してみると良いでしょう。

宗派による違い

お盆の祭壇の飾り方は、実は仏教の各宗派によっていろいろと異なることが多いです。
ここでは、各宗派ごとのお盆の飾り方の違いについていろいろと見ていきましょう。

浄土宗

浄土宗で用意するお盆の飾りとして、盆花・季節ものの野菜・果物・故人の好きだったお菓子や嗜好品・水の子・きゅうりの馬・なすの牛・まこも・迎え火や送り火を焚いた際のおがらを井桁に積んだものなどがあります。
また、祭壇の前には盆提灯も設置しましょう。

ただし、東北地方のようにきゅうりの馬となすの牛については地域によってお供えしない場合もありますので、近所の方や菩提寺の僧侶の方に事前に確認すると良いでしょう。

曹洞宗・臨済宗

曹洞宗や臨済宗の場合も基本的には浄土宗の場合と同じものを飾ります。
ただし、送り火や迎え火で見られるおがらの代わりに薪を用意する点と、祭壇や仏壇の前に飾る盆提灯が1つだけでもよいという点が違いといえるでしょう。

真言宗

真言宗でも基本的には他の宗派と同じようなお盆の祭壇の飾り方をします。
違いがあるのは、底に蓮の葉を敷いた深めの器を2つお供えするという点です。

深めの器のうちの1つは他の宗派でも見られる水の子で、洗ったお米や細かく切ったなす・きゅうりを入れたものですが、もう1つはきれいな水にみそはぎの花束を添えてあります。

天台宗

天台宗でも基本的には浄土真宗以外の宗派と同じです。
盆棚を設けたうえでまこもを敷き、きゅうりの馬となすの牛、そうめん、ほおずきの飾りなどで飾ります。

日蓮宗

日蓮宗でも浄土真宗以外の他の宗派と同じようなものを用意します。
違いといえば、曼荼羅や宗祖である日蓮聖人像も飾るという点が挙げられます。
また、水の実や香炉、お水を入れたお盆もお供えするという点も大きな違いといえるでしょう。

浄土真宗

浄土真宗の場合は他の宗派と大きな違いが見られます。
きゅうりの馬やなすの牛、お膳をお供えしないだけでなく、盆棚そのものも設けるということさえもありません。

浄土真宗では亡くなった方は阿弥陀如来のお力で極楽浄土にて生まれ変わると考えることから、あの世からご先祖様の霊が帰ってくるとはみなさないためです。

なお、浄土真宗のお盆では迎え火や送り火を焚くということすら行いません。

神道の場合

仏教と同じように、日本文化に深く浸透している神道の場合、祭壇はどのように飾ればよいのでしょうか?

神式でもお盆の祭壇は仏教のほとんどの宗派の盆棚と同じ飾り方です。
中央の上段に祖霊舎を設置し、左右に榊立や燭台を設置します。
祖霊舎の下側にはお米・お酒・塩・水・野菜・果物などをお供えするのが主です。

お盆のお膳について

仏壇

お盆の期間の間、戻ってきている故人を供養するための料理を載せたお膳もお供えするという習わしもあります。
それが、「霊供膳(りょうぐぜん)」と呼ばれる精進料理を載せたものです。

お膳の作り方

霊供膳とは、いわば故人をおもてなしするためのお膳のことで、お盆の間の7月もしくは8月13日から16日の午後までの毎食ごとにお供えしするものです。
一度お供えしたお膳は、なるべく早いうちにお下げして食すことで、故人とともに食事を分かち合うという意味を持っています。

お膳には基本的に5つの料理(いずれも精進料理)をお供えします。
主にご飯とお吸い物・煮込み料理・漬物・煮物・和え物をお供えするのが普通で、精進料理である以上、肉や魚はお供えしません。

お膳のマナー

お膳に料理をお供えする際には、それぞれの料理に対応した器を用います。
ご飯であれば飯椀・お吸い物や汁物であれば汁椀・煮込み料理は平椀・漬物は高坏(たかつき)・煮物やあえ物は壺椀、という具合です。

また、器ごとの盛り方にも細かい決まりがあり、例えばご飯の場合は大盛りで丸い形となるよう心がけます。
ほかにも、漬物は基本2切れにしたり、煮込み料理は3種類から4種類盛り付けたりするのも決まりです。

器の並べ方にも決まりがあり、ご飯が手前左側、汁物が手前右側というのが基本です。
残りの3種類については宗派によって並べ方が異なり、例えば禅宗(曹洞宗と臨済宗)であれば高坏を右上、壺椀を真ん中に配置します。

お盆の祭壇を手に入れる方法と金額相場

お金

お盆の祭壇を用意するうえで気になるのが、入手する方法です。
基本的には仏具店で購入することができ、その際の価格の相場はサイズや材質にもよりますが、安くて1万円以下から、高くて4万円台が相場です。

通販でも買える

お盆の祭壇はアマゾンや楽天などの通販サイトでも、もちろん購入できます。
こちらも仏具店で購入する場合と同じ価格帯で販売されていることが多く、中には仏具店で購入する場合より安くなっていることもあるでしょう。

画像付きで商品の情報が載っていることも多いですが、実物が画像のものと異なる場合もありますので注意が必要です。

レンタルもできる

祭壇を保管しておくスペースがないという方は、レンタルすることも可能です。
レンタル料金は1万円台からで、サイズの大きいものの場合や盆提灯などとセットの場合は5万円以上する場合もあります。

言い換えれば、購入する際の金額とさほど変わらないため、スペースに余裕がある場合はむしろ購入した方が安上がりといえるでしょう。

お盆の祭壇を片付ける方法

葬儀

お盆の時期が終われば、お盆用の祭壇も片づけるのが一般的です。
ここでは、祭壇を片付けるための方法について見ていきましょう。

いつまで飾っておくのか

お盆用の祭壇などお盆飾りは、16日の送り盆(ご先祖様の霊があの世に帰るのを見送る儀式のこと)間では飾っておきます。
このため、送り盆が過ぎた翌17日からが片づけるタイミングといえます。

なお、レンタルしている場合は、15日から20日が返却のタイミングです。

処分する場合

祭壇を処分する場合は、前もって購入した仏具店やお寺に相談して、しかるべき処分の仕方を教わると良いでしょう。
場合によっては、お焚きあげをしてもらえる場合もあります。

最近では産業廃棄物として処分してもらえる場合も少なくありません。

お盆の祭壇についてまとめ

仏壇

今回終活ねっとでは、お盆の期間に仏壇に飾る祭壇について見てきました。
内容をまとめますと、以下のようになります。

  • お盆とは故人の霊があの世から戻ってきて一緒に過ごすため、その間にご先祖様を供養するための期間である。
    7月もしくは8月13日が迎え盆、14日や15日が法要の期間、16日が送り盆となっている。
  • お盆の祭壇の飾り方としては、飾るものは盆棚にきゅうりの馬やなすの牛などさまざまなものを飾る。
    配置としては、2段もしくは3段の祭壇の一番上にご先祖様の位牌や霊前灯を、その下の段にはそのほかのもので飾る。
    方角は基本的に仏壇の向きに合わせるのが一般的で、飾り方も宗派によって飾るもので若干の違いが見られる。
  • お盆の祭壇には霊供膳と呼ばれるご先祖様をおもてなしするための精進料理をお供えするが、献立の内容や並べ方に決まりがある。
    特に並べ方については宗派によって異なる。
  • お盆で祭壇を手に入れる方法は仏具店での入手が一般的で、1万円以下のものから4万円台のものまである。
    通販での購入やレンタルという形で入手することもできるが、レンタルの場合は購入する場合の相場とそれほど変わらない。
  • お盆の祭壇は送り盆(16日)間では飾っておくため、片づけは翌日以降となる。
    処分する場合は仏具店や菩提寺との相談次第でお焚きあげしてもらえることもあるが、産業廃棄物としての処分も多く行われている。

お盆の祭壇の飾り方を見ていくと、飾るものが多岐にわたるうえ、宗派ごとに細かい決まりがあります。
加えて、霊供膳の献立や並べ方もきちんと決まりがあるため、一見すると面倒に見えるのも事実です。
だからこそ、特に初めてお盆で祭壇を用意する場合は時間に余裕を持った状態で準備をすると良いでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

「お盆・祭壇」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お盆・祭壇」についてさらに知りたい方へ

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説しますのサムネイル画像

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説します

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!のサムネイル画像

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

お盆飾りはなぜ飾るの?盆棚の飾り方・飾る期間も解説します!のサムネイル画像

お盆飾りはなぜ飾るの?盆棚の飾り方・飾る期間も解説します!

曹洞宗のお盆の流れとは?お供え物や仏壇の飾り方も解説します!のサムネイル画像

曹洞宗のお盆の流れとは?お供え物や仏壇の飾り方も解説します!

お盆のしきたりについて知っていますか?日本各地のしきたりもご紹介のサムネイル画像

お盆のしきたりについて知っていますか?日本各地のしきたりもご紹介

お盆を迎えるために準備すべきこととは?精霊棚の飾り方も解説しますのサムネイル画像

お盆を迎えるために準備すべきこととは?精霊棚の飾り方も解説します

お盆の迎え方を宗派ごとにご紹介!送り方も合わせて解説します!のサムネイル画像

お盆の迎え方を宗派ごとにご紹介!送り方も合わせて解説します!

お盆は仏教行事なの?お盆の由来や神道との関係性についても解説のサムネイル画像

お盆は仏教行事なの?お盆の由来や神道との関係性についても解説

お盆の棚飾りはどうする?宗派別の棚飾りの特徴についても紹介しますのサムネイル画像

お盆の棚飾りはどうする?宗派別の棚飾りの特徴についても紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「お盆・祭壇」についてさらに知りたい方へ

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説しますのサムネイル画像

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説します

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!のサムネイル画像

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

お盆飾りはなぜ飾るの?盆棚の飾り方・飾る期間も解説します!のサムネイル画像

お盆飾りはなぜ飾るの?盆棚の飾り方・飾る期間も解説します!

曹洞宗のお盆の流れとは?お供え物や仏壇の飾り方も解説します!のサムネイル画像

曹洞宗のお盆の流れとは?お供え物や仏壇の飾り方も解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと