初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

初盆とはいつからいつまでなのでしょうか。故人がなくなってから初めて迎えるお盆は特別で大切ですよね。初盆の準備などの段取りをするためにも初盆の時期は知っておきたいものです。今回は初盆とはいつからいつまでなのか、初盆の時期や法要の準備について解説いたします。

目次

  1. 初盆の時期はいつ?
  2. 初盆とは
  3. 初盆はいつからいつまで?
  4. 初盆の法要を迎えるための準備
  5. 初盆のお布施の金額相場とは?
  6. 初盆参りに行く際の服装はどうする?
  7. 初盆の香典の金額相場とは?
  8. 初盆の時期に関するまとめ

初盆の時期はいつ?

お墓

初盆の時期はいつなのでしょうか。

故人がなくなって初めて迎えるお盆は特別で、通常のお盆よりも盛大に執り行われます。
初めてのお盆の時期はきちんと把握しておきたいものですよね。
また、初盆と通常のお盆とどう違うのか疑問の方もいらっしゃると思います。

今回終活ねっとでは、初盆とはいつからいつまでなのか、初盆の時期や法要の準備について以下のポイントを中心に解説いたします。

  • 初盆とは
  • 初盆はいつからいつまで?
  • 初盆の法要を迎えるための準備
  • 初盆のお布施の金額相場とは?
  • 初盆参りに行く際の服装はどうする?
  • 初盆の香典の金額相場とは?

初盆についてまだ考えなくて良いとお思いの方もいらっしゃると思います。
一般的な常識になりますので、これを機会に初盆を知っていただければ幸いです。

初盆参りに行く際の服装や初盆の香典の金額相場にも触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

初盆とは

仏壇

初めに初盆とは何かについて説明します。

初盆とは故人が亡くなって四十九日法要を終えて初めて迎えるお盆のことです。
一般的に初盆は毎年行われる通常のお盆よりも盛大に執り行われます。

親族や故人と近しい友人を自宅に招き、供物を捧げ、お坊さんに読経をしてもらい故人を偲びます。
故人が亡くなって初めて迎えるお盆ということで、供養も十分に行うということです。

地域によっては、初盆のことを新盆という場合もあります。

初盆はいつからいつまで?

仏壇

では初盆はいつからいつまでなのでしょうか。
初盆は地域によって考え方や風習が違うため、その時期も違ってきます。

現在では、初盆は7月に執り行われる「新のお盆」と8月に執り行われる「旧のお盆」の2通りあります
以下で地域によってのお盆の時期について詳しく解説いたします。

大阪など関西地域のお盆はいつ?

大阪など関西地域のお盆はいつでしょうか?

大阪など関西地域のお盆は8月15日を中心とし、8月13日から16日までの4日間をお盆としています。
この期間に、お盆の催しなど行われることが多いです。

そして全国的にみても、8月に執り行われる地域が多いと言われています。

東京など関東地域のお盆はいつ?

東京など関東地域のお盆はいつでしょうか?

東京を中心とした一部の関東地域は7月15日を中心として執り行われます。
一般的にこの地域では、7月13日から16日までの4日間にお盆の風習が行われています。

初盆の法要を迎えるための準備

仏壇

初盆の法要の迎えるためには準備が必要です。

初盆は故人が亡くなって初めて迎えるお盆ということで、とても大切に考えられています。
故人をきちんと供養するためにも、しっかりと初盆の準備をしたいものです。

以下では通常の仏教の場合と、例外とされる浄土真宗の場合との準備の仕方を詳しく解説していきます。

通常の仏教の場合

それでは通常の仏教の場合の初盆の法要を迎えるための準備を解説いたします。

まず初盆では読経に来てもらうお坊さん、またはお寺に連絡をとり予定を調節してもらいましょう。
お盆の期間はお坊さんも大変忙しくなるので、1ヶ月前くらいに初盆法要をお願いしておきましょう。
また、初盆法要では会食を開く場合が多いので、その旨もお坊さんには先に伝えておくと良いでしょう。

その他にも、初盆では親族の他に、故人と親しかった友人なども招待します。
お盆の間は忙しい方もいらっしゃいますので、こちらも早めに連絡するのが良いとされています。
こちらも一ヶ月前くらいに連絡しましょう。

また、会食やお返しの準備もしなければなりません。
出席の有無が分かるように、電話で直接伝えるか往復はがきを使用しましょう。

初盆の法要に備えて準備することはたくさんあります。
早めからの準備を心がけましょう。

迎え火・送り火を行う

初盆には迎え火と送り火を行います。

13日は迎え火で故人やご先祖様を迎えます。
そして16日の夜には送り火で故人やご先祖様を送り出します。

キュウリやナスで精霊馬を作る

お盆によく見かける精霊馬はお盆での供物のひとつです。
これは精霊棚に供える物として、キュウリやナスで作られます。

割りばしや爪楊枝などを足にしてキュウリで馬を作ったり、ナスで牛を作るのが一般的です。
また地域によっては、キュウリやナス以外の野菜で作る場合もあります。

精霊棚(盆棚)を作る

お盆には精霊棚を作りましょう。

精霊棚とは、ご先祖様の霊を迎えるために必要な棚のことで、盆棚とも呼ばれています。
一般的には、お供え物をおく棚として、精霊馬やその年に収穫された作物をお供えします。

精霊棚は仏壇とは別に作る必要があります。
精霊棚を作るための材料などはは仏具店でも購入もできますので、準備しましょう。

精霊棚には、精霊馬以外にも故人が好きたった果物などもお供えすると良いでしょう。

白提灯を用意する

初盆では、通常のお盆と違い、白提灯を用意する必要があります。

これは、初めてお盆に帰ってくる故人の霊が迷わないための目印となります。
主に、玄関や仏壇の前などに吊るされます。

初盆用の白提灯は様々な種類があり、一般的にはローソクの火を灯すもの使用しますが、ローソク電池灯のものもあります。

また、白提灯を使用するのは初盆の時だけです。
初盆が終わったら、お焚きあげしてもらうのが一般的です。

浄土真宗の場合

浄土真宗の場合は通常のお盆と大きく異なります。

浄土真宗の場合、上記のようなお盆行事を執り行う必要がありません
これは、浄土真宗の教えからくるもので、人がなくなると仏になるとされています。
よって、追善供養は必要とせず、お盆でも迎え火を焚いたり、故人を慰めたりしなくても良いとされています。

では、浄土真宗にとってのお盆とは何でしょうか。

浄土真宗ではお盆のことを「歓喜会」といって、ご先祖様へ感謝する日とされています。

お盆の準備につきましても、精霊棚を用意せずに、通常の法要と同じように飾り付けをすることがほとんどです。

このように宗教によってもお盆に対する考え方が違うので、お盆法要の準備の仕方も違います。
初盆の準備をする時には、宗教によって違うことを覚えておきましょう。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
浄土真宗のお盆について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説します

お盆は先祖の霊が帰ってくると言われています。しかし各宗派によってお盆に対する考え方・過ごし方は様々です。浄土真宗のお盆の飾り方やお布施の金額などはいったいどのようなものなのでしょうか?浄土真宗の他の宗派とは大きく異なる点を解説していきます。

初盆のお布施の金額相場とは?

お金

初盆ではお坊さんを自宅に招き法要を執り行うのが一般的です。

この際にお坊さんの読経に対するお礼の気持ちとしてお布施をお渡しますが、この金額相場について悩まれる方も多いと思います。

通常のお盆と初盆の金額相場に違いがあるのかも疑問ですよね。
そこで以下で、初盆のお布施の金額相場について簡単に解説いたします。

初盆のお布施の金額相場は大体3万円から5万円程度となっています。
また、通常のお盆では大体5千円から1万円程度と言われています。

初盆の方が通常のお盆より金額相場が高くなっています。
上記で述べたように、初盆は通常のお盆よりも盛大に行われることが多いため、お布施の金額も高くなっていると考えられます。

補足になりますが、初盆ではお布施の他にお車代や御膳料をお渡しする場合もあります。
これは初盆に限らず通常のお盆でも必要となる場合がありますので、きちんと確認するようにしましょう。

初盆参りに行く際の服装はどうする?

葬儀

初盆参りに行く際の服装はどうすれば良いでしょうか。

大切な初盆法要ではそれに出席する服装についても注意が必要です。

初盆法要に出席する場合は、基本的に喪服または礼服を着用しましょう。
この際、遺族の方よりも格が下になるように配慮が必要になりますので注意しましょう。

近年では、夏の暑い季節の法要ということから喪服や礼服を着用しない場合も増えてきています。
これは、初盆法要の案内が来た時に、施主から平服で参列しても構わないと言われた場合のみです。
ただし、その場合でも、あくまで黒を基調とした平服で参加をしましょう。

初盆ではマナーを守り失礼にならない服装で出席することが大切です。

初盆の香典の金額相場とは?

葬儀

初盆では遺族や親族だけでなく故人と親しい友人も初盆法要に招かれることもあります。
初盆法要に招かれた人は香典を持参しなければなりませんので、金額相場を知ることは大切ですよね。

初盆の香典の金額相場は故人との関係にもよりますが大体5千円から1万円程度と言われています。

また、初盆法要の後にお斎と言われる会食に出席する場合には、その食事分も配慮しましょう。
一般的には、一人当たり三千円から一万円上乗せすることが多いようです。

初盆の時期に関するまとめ

仏壇

いかかでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、今回は初盆とはいつからいつまでなのか、初盆の時期や法要の準備について解説いたしました。

記事をまとめると、以下のようになります。

  • 初盆の時期は7月と8月の13日から16日の四日間で行われ、地域によってその時期が違う
  • 初盆の法要を迎えるための準備は一ヶ月前からしておくと良い
  • 初盆の法要の準備は通常の仏教と浄土真宗では大きく異なる
  • 初盆のお布施の金額相場は大体3万円から5万円程度である
  • 一般的に初盆法要に出席する場合は、喪服または礼服を着用する
  • 初盆の香典の金額相場は故人との関係にもよるが大体5千円から1万円程度である

初盆とはいつからいつまでなのか、初盆の時期や法要の準備について理解していただけましたか。
今回の記事が、少しでも皆様の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「初盆・いつ」に関連する記事

  • 慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

    慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

    初盆は、故人の死後、四十九日が明けてから初めて迎えるお盆のことです。初めてお迎えするため、僧侶や親族、知人を招いて盛大に法要を行うことが多く、準備も例年とは異なります。そこで、今回は初盆を迎える前に知っておきたい、初盆の準備や流れについてご紹介します。

  • 初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

    初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

    ご家族の方が亡くなって四十九日の法要が済んだ後、初めての夏に行うのが初盆です。初盆の仕方は、通常のお盆よりも手厚くお迎えするのが慣わしです。事前の準備も必要ですので、直前に困らないように、今から初盆の仕方を学んでみませんか?

  • 初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

    初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

    夏になるとやってくるお盆のシーズン。その中でも初盆は、故人が初めて迎えるお盆なので、手厚く供養するのが慣わしです。けれども、初盆を経験している方は少なく、どうように供養をすべきかわからない方も多いことでしょう。今回は、初盆の供養の仕方をおさらいします。

  • 永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

    永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

    初盆は故人の御霊(みたま)が初めて家に帰ってくる大切な期間です。でも、お墓の管理と供養をお任せする永代供養にした場合に、初盆の法要は行うべきでしょうか。今回は永代供養と初盆についての疑問を解決していきます。

  • 初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

    初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

    身内の方が亡くなった後に初めて迎えるのが初盆です。初盆の際にはお墓参りと法要を執り行いますが、お盆の時期に初めて故人を偲ぶひと時を持つため、どのような準備が必要なのかがわからないという方も多いでしょう。初盆のお墓参りの準備や作法などを一緒に見ていきましょう。

  • 真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像

    真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

    真言宗では初盆はどのように行うのか、また他の宗派との違いはあるのでしょうか。このようなことを疑問に思っている方は多いかと思います。今回は真言宗における初盆の礼法をご紹介します。お布施やお供え物についても解説しますのでぜひご覧ください。

  • 初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説しますのサムネイル画像

    初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説します

    「お盆」は毎年夏になればよく耳にするものであり、また楽しみな季節といえるでしょう。一方で身内の方の四十九日が過ぎて最初のお盆を場合は初盆といい、故人が初めて戻ってくる大切な時期でやることも多いです。故人を気持ちよく迎えるために初盆でやることを見ていきましょう。

  • 曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説のサムネイル画像

    曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説

    曹洞宗では初盆はどのように行うのでしょうか。通常のお盆とはどのような違いがあるのでしょうか。このようなことを疑問に思っている方は多いかと思います。今回は曹洞宗における初盆の礼法をご紹介します。お布施やお供え物についても解説しますのでぜひご覧ください。

  • 初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説しますのサムネイル画像

    初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説します

    故人が亡くなってから、初めて迎えるお盆のことを「初盆」と言います。言葉自体は聞いたことがあっても、初盆のマナーを心得ている方は少ないかもしれません。この記事では、初盆の法要に関するマナーや、服装や手土産など詳しく解説していきます。ぜひ、最後までご覧ください。

  • 初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!のサムネイル画像

    初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!

    初盆という言葉を耳にしたことはありますか。実は初盆の時期は地域によって違いが存在します。今回はそんな初盆の時期の違いについて、地域ごとに解説をさせていただきたいと思います。初盆の時期以外にも、初盆にまつわる知識の解説も行っております。

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「初盆・いつ」についてさらに知りたい方へ

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説しますのサムネイル画像

初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説します

曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説のサムネイル画像

曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説しますのサムネイル画像

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説します

初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!のサムネイル画像

初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「初盆・いつ」についてさらに知りたい方へ

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと