初盆(新盆)とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

初盆(新盆)とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

初盆(はつぼん)とはいつからいつまでなのでしょうか。故人が亡くなってから初めて迎えるお盆は大切ですよね。初盆の準備などの段取りをするためにも初盆の時期は知っておきたいものです。今回は初盆とはいつからいつまでなのか、初盆の時期や法要の準備について解説いたします。

最終更新日: 2019年08月25日

初盆(新盆)の時期はいつ?

お墓

初盆の時期はいつなのでしょうか。

故人が亡くなって初めて迎えるお盆は特別で、通常のお盆よりも盛大に執り行われます。
初めてのお盆の時期はきちんと把握しておきたいものですよね。
また、初盆と通常のお盆とどう違うのか疑問の方もいらっしゃると思います。

今回「終活ねっと」では、初盆とはいつからいつまでなのか、初盆の時期や法要の準備について以下のポイントを中心に解説いたします。

  • 初盆とは

  • 初盆はいつからいつまで?

  • 初盆の法要を迎えるための準備

  • お墓参りはいつ行く?

  • 初盆のお布施の金額相場とは?

  • 初盆参りに行く際の服装はどうする?

  • 初盆の香典の金額相場とは?

初盆参りに行く際の服装や初盆の香典の金額相場にも触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。

お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

お盆の基礎知識について詳しく知りたいという方は下記の記事をぜひご覧ください。

初盆(新盆)とは

仏壇

初めに初盆とは何かについて説明します。

初盆とは故人が亡くなって四十九日法要を終えて初めて迎えるお盆のことです。
一般的に初盆は毎年行われる通常のお盆よりも盛大に執り行われます

親族や故人と近しい友人を自宅に招き、供物を捧げ、お坊さんに読経をしてもらい故人を偲びます。
故人が亡くなって初めて迎えるお盆ということで、供養も十分に行うということです。

地域によっては、初盆のことを新盆(にいぼん)という場合もあります。

初盆(新盆)はいつからいつまで?

仏壇

では初盆はいつからいつまでなのでしょうか。
初盆は地域によって考え方や風習が違うため、その時期も違ってきます。

現在では、初盆は7月に執り行われる「新歴のお盆」と8月に執り行われる「旧歴のお盆」の2通りあります

お盆はもともと旧暦では7月に行われていましたが、新歴が採用されてカレンダーが約1か月分ずれました。
そのため新暦、つまり現在のカレンダーの7月にお盆を行う地域と、旧暦の7月にあたる現在の8月にお盆を行う地域に分かれたといわれています。
そのほかにもお盆の時期をずらすことで、親戚が集まりやすくしたという説もあります。

以下で地域によってのお盆の時期について詳しく解説いたします。

大阪など関西地域のお盆はいつ?

大阪など関西地域のお盆はいつでしょうか?

大阪など関西地域のお盆は8月15日を中心とし、8月13日から16日までの4日間をお盆としています。
この期間に、お盆の催しなど行われることが多いです。

そして全国的にみても、8月に執り行われる地域が多いと言われています。

東京など関東地域のお盆はいつ?2019年は?

東京など関東地域のお盆はいつでしょうか?

東京を中心とした一部の関東地域は7月15日を中心として執り行われます。
一般的にこの地域では、7月13日から16日までの4日間にお盆の風習が行われています。

ですが上記でも述べたように、東京を含む多くの関東地域では8月に執り行われることが多いです。

ちなみに2019年のお盆は13日に始まり,15日に終わります.

初盆の法要を迎えるための準備

仏壇

初盆の法要の迎えるためには準備が必要です。

初盆は故人が亡くなって初めて迎えるお盆ということで、とても大切に考えられています。
故人をきちんと供養するためにも、しっかりと初盆の準備をしたいものです。

以下では通常の仏教の場合と、例外とされる浄土真宗の場合との準備の仕方を詳しく解説していきます。

通常の仏教の場合

ここでは通常の仏教の場合の初盆の法要を迎えるための準備を解説いたします。

初盆の法要に備えて準備することはたくさんあります。
早めからの準備を心がけましょう。

お坊さんに連絡

まず初盆では読経に来てもらうお坊さん、またはお寺に連絡をとり予定を調節してもらいましょう。
お盆の期間はお坊さんも大変忙しくなるので、1ヶ月前くらいに初盆法要をお願いしておきましょう

また、初盆法要では会食を開く場合が多いので、その旨もお坊さんには先に伝えておくと良いでしょう。

初盆への招待

初盆では親族の他に、故人と親しかった友人なども招待します
お盆の間は忙しい方もいらっしゃいますので、こちらも早めに連絡するのが良いとされています。
こちらも一ヶ月前くらいに連絡しましょう

会食・お返し

会食やお返しの準備もしなければなりません。
出席の有無が分かるように、電話で直接伝えるか往復はがきを使用しましょう。

また、返礼品の相場は頂いたものの1/3程度になります。
返礼品として送るものは、お菓子や洗剤などの消えものがよいとされています。

迎え火・送り火を行う

初盆には迎え火と送り火を行います。

13日は迎え火で故人やご先祖様を迎えます。
このときにお墓参りをして墓掃除をし、お供えをします。

そして16日の夜には迎え火で火を焚いた場所と同じところで送り火を焚き、故人やご先祖様を送り出します。

精霊棚(盆棚)を作る

お盆には精霊棚を作りましょう。

精霊棚とは、ご先祖様の霊を迎えるために必要な棚のことで、盆棚とも呼ばれています。
一般的には、お供え物を置く棚として、精霊馬やその年に収穫された作物をお供えします。

精霊棚は仏壇とは別に作る必要があります。
精霊棚を作るための材料などは仏具店でも購入もできますので、準備しましょう。
精霊棚には、精霊馬以外にも故人が好きだった果物などもお供えすると良いでしょう。

キュウリやナスで精霊馬を作る

お盆によく見かける精霊馬はお盆の供物のひとつです。
これは精霊棚に供える物として、キュウリやナスで作られます。

割りばしや爪楊枝などを足にしてキュウリで馬を作ったり、ナスで牛を作るのが一般的です。
また地域によっては、キュウリやナス以外の野菜で作る場合もあります。

白提灯を用意する

初盆では通常のお盆と違い、白提灯を用意する必要があります。

これは、初めてお盆に帰ってくる故人の霊が迷わないための目印となります。
主に、玄関や仏壇の前などに吊るされます。

初盆用の白提灯は様々な種類があり、一般的にはローソクの火を灯すもの使用しますが、ローソク電池灯のものもあります。

また、白提灯を使用するのは初盆の時だけです。
初盆が終わったら、お焚きあげしてもらうのが一般的です。

浄土真宗の場合

浄土真宗の場合は通常のお盆と大きく異なります。

浄土真宗の場合、上記のようなお盆行事を執り行う必要がありません
これは浄土真宗の教えからくるもので、人がなくなると仏になるとされています。
よって追善供養は必要とせず、お盆でも迎え火を焚いたり故人を慰めたりしなくても良いとされています。

では、浄土真宗にとってのお盆とは何でしょうか。

浄土真宗ではお盆のことを歓喜会といって、ご先祖様へ感謝する日とされています。

お盆の準備につきましても、精霊棚を用意せずに、通常の法要と同じように飾り付けをすることがほとんどです。

このように宗教によってもお盆に対する考え方が違うので、お盆法要の準備の仕方も違います。
初盆の準備をする時には、宗教によって違うことを覚えておきましょう。

「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。
浄土真宗のお盆について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

初盆のお墓参りはいつ行く?

お墓

前述の通り、迎え火のタイミングでお墓参りに行くことが多いですが、初盆の際は一度家族全員でお墓参りをしましょう
具体的には14日か15日にお墓参りに行きます

その後、ご自宅に僧侶を呼んで読経を行い、法要をします。

「終活ねっと」では初盆のお墓参りの仕方、服装などの詳しい情報を以下の記事で説明しております。
さらに細かく知りたい方は、ぜひこちらも参考にしてください。

初盆のお布施の金額相場とは?

お金

初盆ではお坊さんを自宅に招き法要を執り行うのが一般的です。

この際にお坊さんの読経に対するお礼の気持ちとしてお布施をお渡しますが、この金額相場について悩まれる方も多いと思います。

通常のお盆と初盆の金額相場に違いがあるのかも疑問ですよね。
そこで、初盆のお布施の金額相場について簡単に解説いたします。

初盆のお布施の金額相場は大体3万円から5万円程度となっています。
また、通常のお盆では大体5千円から1万円程度と言われています。

初盆の方が通常のお盆より金額相場が高くなっています。
上記で述べたように、初盆は通常のお盆よりも盛大に行われることが多いため、お布施の金額も高くなっていると考えられます。

補足になりますが、初盆ではお布施の他にお車代や御膳料をお渡しする場合もあります
これは初盆に限らず通常のお盆でも必要となる場合がありますので、きちんと確認するようにしましょう。

初盆参りで訪問する際の服装はどうする?

葬儀

初盆参りに行く際の服装はどうすれば良いでしょうか。

大切な初盆法要ではそれに出席する服装についても注意が必要です。

初盆法要に出席する場合は、基本的に喪服または礼服を着用しましょう。
この際、遺族の方よりも格が下になるように配慮が必要になりますので注意しましょう。

近年では、夏の暑い季節の法要ということから喪服や礼服を着用しない場合も増えてきています。
これは、初盆法要の案内が来た時に、施主から平服で参列しても構わないと言われた場合のみです。
ただし、その場合でも、あくまで黒を基調とした平服で参加をしましょう。

初盆ではマナーを守り,失礼にならない服装で出席することが大切です。

初盆の香典の金額相場は?友人の場合は?

葬儀

初盆では遺族や親族だけでなく故人と親しい友人も初盆法要に招かれることもあります。
初盆法要に招かれた人は香典を持参しなければなりませんので、金額相場を知ることは大切ですよね。

初盆の香典の金額相場は故人との関係にもよりますが、大体5千円から1万円程度と言われています。
年齢別では20代から30代の方が5千円程度、それ以上の方が1万円程度と言われています。


また、初盆法要の後にお斎と言われる会食に出席する場合には、その食事分も配慮しましょう
一般的には、一人当たり三千円から一万円上乗せすることが多いようです。

法事には様々な種類があり、包むご香典の金額に毎回迷ってしまいますよね?こちらの記事では法事の香典の金額について、相場・書き方・マナーを理由も含めて細かく解説しています。
是非ご覧ください。

初盆の時期に関するまとめ

仏壇

いかかでしたでしょうか?

今回「終活ねっと」では、今回は初盆とはいつからいつまでなのか、初盆の時期や法要の準備について解説いたしました。

記事をまとめると、以下のようになります。

  • 初盆の時期は7月と8月の13日から16日の四日間で行われ、地域によってその時期が違う

  • 初盆の法要を迎えるための準備は一ヶ月前からしておくと良い

  • 初盆の法要の準備は通常の仏教と浄土真宗では大きく異なる

  • 初盆の際は家族全員で14日か15日にお墓参りに行くことが多い

  • 初盆のお布施の金額相場は大体3万円から5万円程度である

  • 一般的に初盆法要に出席する場合は、喪服または礼服を着用する

  • 初盆の香典の金額相場は故人との関係にもよるが大体5千円から1万円程度である

初盆とはいつからいつまでなのか、初盆の時期や法要の準備について理解していただけましたか。
今回の記事が、少しでも皆様の参考になれば幸いです。

「終活ねっと」ではお盆のマナーについて以下の記事で紹介しておりますので、気になる方はこちらをご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事