神社でお焚き上げしてもらう方法とは?金額相場や時期について解説

正月飾り・お守り・だるま・人形は時期がくれば神社やお寺でお焚き上げをしてもらうことになります。では、お焚き上げをする方法はどんなものがあるのでしょうか?今回は、神社でお焚き上げをする方法や金額相場、時期を解説します。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 神社でのお焚き上げについて
  2. お焚き上げとは?
  3. 神社でお焚き上げしてもらう時期はいつ?
  4. 神社でお焚き上げする物と金額相場
  5. 神社でお焚き上げする方法
  6. お焚き上げを別の神社や寺でしても大丈夫?
  7. 全国で開催されるお焚き上げを紹介!
  8. 神社でのお焚き上げに関するまとめ

神社でのお焚き上げについて

神社

お守り・正月飾り・だるまは入手してから一定期間が過ぎたら新しいものを購入し、古いものはお焚き上げをします。
お焚き上げにはさまざまなしきたりがありますので、それを守らなくてはいけません。
また、お焚き上げにかかるお金や行われる時期もしっかり知っておかなくてはいけません。

ですがお焚き上げとはそもそも何なのでしょうか。
お焚き上げにもルールやマナーは存在するのでしょうか。

そうやって考えてみると、お焚き上げ自体のことをよく知らないという方も多いでしょう。

そこで、今回終活ねっとではお焚き上げについて、

  • お焚き上げとは?
  • 神社でお焚き上げしてもらう時期はいつ?
  • 神社でお焚き上げする物と金額相場
  • 神社でお焚き上げする方法
  • お焚き上げを別の神社や寺でしても大丈夫?
  • 全国で開催されるお焚き上げを紹介!

以上のことなどを中心に解説していきます。
詳しくご説明しますので、お焚き上げをする時の参考にしてください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

お焚き上げとは?

null

お焚き上げとは、もともとは思いがこもっているものに礼を尽くして天界に還す儀式のことを言います。

燃やすということは大切なものを火にくべなければいけません。
大切なものを燃やすのは気が引けるものです。
このような行動にあまり気が進まないという方もいるでしょう。

ですが、お焚き上げをすれば心を込めて使い続け大切にしてきたものに、感謝の気持ちを込めて供養することができます。
お焚き上げは日本古来から伝わっている儀式でもあり、日本人にはなじみ深い風習です。

由来

お焚き上げは、神社の庭で庭燎(にわび)を焚いていたのが由来とされています。
これはただの焚火ではなく、神事のときに焚かれた火のことを指します。

神道においてお焚き上げは、火の神様の力を借りて故人の愛用品を天に還すという意味をもってきました。

仏教においてはまた別の解釈もあります。
つまり、焚き上げたものを故人のもとに返すという意味もあるのです。

日本古来から物には魂が宿ると考えられてきました。
その考えから生まれてきた儀式として浸透し、お焚き上げは今でも日本全国で行われています。

注意点

お焚き上げには注意点もあります。

お守りは購入したのと同じ神社・お寺でお焚き上げをしなくてはいけません。
基本的には一年間守っていただいた感謝を込めて、お守りをいただいた神社やお寺にお返ししましょう。

神社でお焚き上げしてもらう時期はいつ?

寺

神社でお焚き上げをしてもらうとしたら、年末からお正月にかけてという印象があります。
これは「どんど焼き」のイメージがあるからでしょう。
どんど焼きは日本各地で行われていますが、ほとんどが1月15日前後に開催されています。

これはどんど焼きが小正月の行事だからです。
小正月、つまり旧暦での正月は1月15日にあたります。

どんど焼きはお正月に使った松飾り・しめ縄などを焼く行事です。
田んぼや空き地に竹・木・藁などを積み上げてやぐらを作り、それを正月飾りや書き初めで飾り、燃やしていきます。

どんど焼きの残り火で団子や餅を焼いて食べるという風習も根強く残っています。
この団子や餅を食べると、その後一年間は健康に過ごせるという言い伝えも残っています。
病気にならないだけでなく、虫歯になりにくくなるそうです。

同じような言い伝えとして、どんど焼きで書き初めを燃やすと習字がうまくなる・勉強ができるようになると言われています。

神社でお焚き上げする物と金額相場

神社

お焚き上げ(どんど焼き)では、お守り・絵馬・正月飾り・だるま・人形などを納め、天に還すことができます。

お守り・絵馬など

お守りは徐々に悪い気で汚れてしまうので、だんだんとその効果が発揮されなくなります。
一年ごとにお守りを変えていけば、その効果を維持することができるでしょう。

安産祈願や合格祈願などのお守りの場合、出産・受験が終了したタイミングで返納します。

その後には正しい方法で処分しなければいけません。
お正月に購入したのならば、翌年の正月のお焚き上げで焼いていただきます。

神社に奉納した絵馬は、一定期間が過ぎたらお焚き上げされます。
ほとんどの神社ではお正月にかけたものをその年の年末にお焚き上げしています。

この時「それよりも早く絵馬をお焚き上げしてほしい」と思っても、勝手に取り外して返納しようとしてはいけません。
迷惑になりますのでやめましょう。

お守りや絵馬のお焚き上げは、神社にお任せするならばお金はかかりません。
ですが、お納めするときにお賽銭をする場合、お守りと半額から同額程度(5百~1千円程度)を入れるのが相場とされています。

人形・ぬいぐるみ

人に近い形をしている人形や愛着を感じやすいぬいぐるみを、ゴミとして捨てるのに抵抗があるものです。
処分に人形供養を利用するのもよいですが、お焚き上げするという方法もあります。

人形やぬいぐるみのお焚き上げをお願いする時には、まず神社やお寺に問い合わせましょう。
いきなり品物を送りつけるのは失礼にあたります。

お焚き上げや人形供養にかかる費用はそれぞれ違います。
ダンボール1箱分(10体程度)で数千円というところがほとんどです。
1体ごとに値段がかかるところもあれば、サイズによって決めるところもあります。

値段について問い合わせたところ「お気持ちで結構です」と言われた場合には、1~2体ならば1千円、それ以上ならば数千円を包めば問題ありません。

お金はむきだしではなく、仏事用ののし袋か白封筒に入れておきます。
郵送する場合には、ぬいぐるみは宅配便で発送してお金は現金書留にするのが無難でしょう。

正月飾り

門松・しめ縄・破魔矢・書き初めはどんど焼きで燃やしてしまうのが一番です。
一般的には松の内の期間内、つまりは1月7日(関西の一部では1月15日)までに片付けて処分しましょう。

どんど焼きの場合には、多くのところが無料で引き受けてくれます。

だるま

縁起物・魔除けとして人気があるだるま。
政治家の当選祈願にも使われたり、合格祈願に購入する受験生もいます。

最強の縁起物として親しまれてるだるまも、利益が得られるのは一年間だけです。

古くなっただるまは処分するのが無難ですが、願い事を叶えてくれただるまは縁起がよいため手元に残しておいてもいいとされています。

だるまを処分したら、新しいだるまを購入するのも忘れないようにしましょう。
もともとのだるまと同じサイズのものを購入してもいいですが、ひとまわり大きいだるまを購入して年々大きなものにしていくという方法もあります。
これにはしきたりがありませんので、好きなほうを選びましょう。

だるまのお焚き上げ費用も、それぞれの神社やお寺によって異なりますし、人形と同じで数やサイズによって変動します。
1体千円前後の費用がかかるところが多いようです。

遺品

お焚き上げでは遺品を焼くこともできます。
日記や手帳、趣味で集めていたコレクション、手紙や年賀状なども、お焚き上げの対象になります。

こういったものはゴミとして捨てるのには抵抗がありますよね。
ですが、お焚き上げで供養すると考えれば手放すのも楽になるのではないでしょうか。

ちなみに遺品のお焚き上げには「燃えないものは持ちこめない」というイメージがありますが、これは間違いです。
焼却できないようなものに対しては、読経と魂抜きを行ってお札を焚き上げ、供養を行います

それ以外にも「知人からもらったけれど処分に困っているもの」、「ゴミとして捨てるのには気が引けるもの」などもお焚き上げできます。

ただし、どんど焼きには正月飾りやお守り以外の物の持ち込みをお断りしている神社やお寺もありますので、必ずホームページで確認するか電話で聞いてみましょう。

遺品整理の場合には専門の業者に依頼するのもスムーズです。

神社でお焚き上げする方法

null

神社やお寺で火を焚き、現在では不要になったお守り・正月飾り・だるまを焼くお焚き上げ。
お焚き上げをお願いする側は、お返ししたいものを返納するだけで、他には何もする必要はありません。

ちなみに遺品のお焚き上げの場合には僧侶がお経をあげて法要を行い、浄火(浄化)を行います。
こうすることで天に上がると考えられているのです。

ここでは神社やお寺に直接持ち込む方法と郵送する方法について、それぞれ開設していきます。

神社へ直接持っていく

年末からお正月にかけて、境内に特設された「古札納め所」に持ち込めばまとめてお焚き上げしてもらうことができます。

神社によっては、お焚き上げの火の中に直接入れることができるところもあります。
それ以外の時期でも「お焚き上げして下さい」と納めることができます。

ただし、どんど焼きには持ち込めないものもあります。
パソコンやハードディスクなどの機械類、ビニールやプラスチックなどの不燃性のものは多くのところでは受け取り拒否をしています。

正月飾りもプラスチックでできたものは受け付けないとホームページに明記しているところもあります。

郵送してお焚き上げしてもらう

封筒にお守りを入れ、住所と宛名を書きます。
宛名は神社やお寺の名前を書き、下に「御中」と書きます。
自分の名前や住所も明記しておきます。

さらに「お守り在中」「お焚き上げ希望」などと目立つように書き、お送りしましょう。

封筒の中にはお守りとお焚き上げ料、御挨拶の手紙を同封しておくとよいでしょう。

お焚き上げ料の金額に決まりはありませんが、お守りと同額を入れる方が多いようです。

ただし、郵便物に現金を入れることは禁止されています。
現金書留や口座振込を利用するなどして、送金をしましょう。

郵送の受付期間については、どの神社やお寺も一年を通して受け付けています。
お正月でなくとも大丈夫ですので安心して送りましょう。

ただし、神社やお寺によっては、郵送に対応していないところもあります。
まずは電話で確認してみてください。

お焚き上げを別の神社や寺でしても大丈夫?

困った人々

旅行先などで入手したお守りなどを、自分の家の近くにある別の神社やお寺に返納するのは失礼に当たるのでしょうか?

わざわざ遠方まで足を運んでお守りを返納しに行くのは大変です。
また、健康上の理由で移動がままならず返しにいけないなど事情がある方もいるでしょう。

でも、購入したところにお守りを返納したいと考えている方は郵送でお焚き上げをお願いするのがおすすめです。

購入したところとは別の神社やお寺に持ち込むのも失礼ではありません。
どの神社仏閣も、他の神社やお寺のお守りを受け入れています。

「遠方に住んでいるので直接伺えないのですが」と連絡した時に、「それならば近くの神社に収めていただければ」と返答されたという方もいらっしゃいます。
もちろん拒否されることもないので安心してください。

「お守りを購入した神社やお寺に郵送でお返しするよりも、近くにある神社やお寺に直接出向いて返納するほうがいい」、という意見もあるほどです。

全国で開催されるお焚き上げを紹介!

神社

お焚き上げ(どんど焼き)は日本各地で開催されています。
お焚き上げで有名な神社といえば、七草がゆのふるまいがある東京都港区の愛宕神社やたくさんの人が集まる埼玉県の鎮守 氷川神社が知られています。

お守りやだるま、お札などを納めるだけでなくお餅や樽酒のふるまいなどもあるので、毎年参加しているという方もいるかもしれませんね。

ここでは全国で開催されているお焚き上げの一部をご紹介しましょう。

鳥越神社のどんど焼き(東京)

東京都台東区浅草橋にある鳥越神社では、境内でどんど焼きが行われます。
神主さんによる火打石天下の儀式をきっかけに、火が燃え上がってきたら子供たちが手に持った青竹で地面を叩きながら「とんどやとんど」と言い回ります。

お正月飾りやしめ縄、お札などを焼いて出た火や煙を受けると、その一年は無病息災で過ごすことができるという言い伝えがあります。
また、参加者は竹竿の先に吊るした餅を火であぶり、その餅を食べることができます。

狭い境内で行われるどんど焼きには物凄い迫力があります。

2018年には1月8日に行われました。
どんど焼きの3日前に納所が設置されるので、そこからお飾りやお守りを納めることができるでしょう。

アクセス:
都営地下鉄浅草線・大江戸線「蔵前」駅A3出口 徒歩5分
JR総武線・都営地下鉄浅草線「浅草橋」駅西口 徒歩8分
都営地下鉄大江戸線「新御徒町」駅A4出口 徒歩10分

三吉神社のどんど焼き(札幌)

北海道札幌市中央区にある三吉神社は、道内では縁結びで有名なところです。
規模は小さいですが、どんど焼きの迫力には圧倒されることでしょう。

アクセス:
地下鉄東西線「西11丁目」駅 徒歩5分

難波八阪神社のとんど焼き(大阪)

大阪府浪速区にある難波八阪神社では、境内に設置されたドラム缶の中にお守りや正月飾りを入れ、次々と焼いていきます。

アクセス:
大阪市営地下鉄御堂筋線・四つ橋線「ナンバ」駅 徒歩6分
大阪市営地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町」駅 徒歩7分
南海難波駅 徒歩6分

川口神社のどんど焼き(埼玉)

埼玉県川口市にある川口神社では境内の中でブロックで仕切りを作り、焚火のようにしながらお焚き上げをしています。
餅や団子を焼くことはありませんが、参拝客は誰でもその様子を眺めることができます

アクセス:
JR川口駅 徒歩8分
埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線川口元郷駅 徒歩12分

神社でのお焚き上げに関するまとめ

神社

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは神社でのお焚き上げの方法や費用の相場、時期について解説しました。

  • お焚き上げは、もともと感謝の気持ちを込めて長年使い続けてきたものを天に還す儀式だった。
  • お焚き上げは1月15日前後に行われるのがほとんどである。
  • お焚き上げでは、お守りや正月飾り、だるま、人形を納める。
    金額の相場は神社やお寺によって変わるが、1つにつき1,000円前後の費用が一般的である。
  • 神社でお焚き上げをする場合、古札納め所にお願いをして焚き上げてもらう。
  • お焚き上げを郵送でお願いする場合には、「お願いしたい物」「お焚き上げ料」「挨拶の手紙」を揃えて送る。
  • お焚き上げは、入手したのとは別の神社やお寺に返納しても大丈夫である。

今までお焚き上げのことをあまり知らなかったという方も、この機会にぜひ足を運んでみて下さい。
また、遺品整理にもお焚き上げを利用することができますので、大切な人の愛用品を天に返したいという場合に役立ててください。

終活ねっとでは他にも神社や法要に関する記事も掲載しています。
ぜひそちらもご確認ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

「お焚き上げ・神社」に関連する記事

  • お焚き上げ料の相場っていくら?依頼上の注意点や他の供養方法も解説のサムネイル画像

    お焚き上げ料の相場っていくら?依頼上の注意点や他の供養方法も解説

    お焚き上げ料の相場は、どのくらいなのでしょうか。故人の思いのこもったものなどはお焚き上げをして供養しますが、費用の相場はどのくらいなのか心配ですね。終活ねっとのこの記事では、お焚き上げ料の相場について、依頼するときの注意点や他の供養方法もあわせて、解説します。

  • お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!のサムネイル画像

    お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!

    神社仏閣からいただいたお札やお守りは、最終的にお焚き上げをして神仏にお返しします。では、お焚き上げはいつどのように行うと良いのでしょうか。今回の記事では、お焚き上げをいつ行うと良いのか、お焚き上げをする対象の品物と合わせてご紹介していきます。

  • 喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説のサムネイル画像

    喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

    身内の方が亡くなってからおよそ1年の間、祝い事などを極力控えつつ故人を失った悲しみから立ち直るための喪中と呼ばれる期間があります。しかし、喪中の間に散歩などでつい神社に立ち寄ったという方もいるのではないでしょうか?喪中に神社への参拝はよくないのでしょうか?

  • 神社のお布施の相場は?のし袋の書き方や経理上の扱いについて解説のサムネイル画像

    神社のお布施の相場は?のし袋の書き方や経理上の扱いについて解説

    神社のお布施の相場について、詳しい方はそこまで多くありません。冠婚葬祭だけでなく、企業や地主として関わることもありますが、経理の扱いなどもいまいち不明な場合が多いです。今回の記事では神社のお布施の相場について、金額や法律上の扱い、書き方まで細かく解説します。

  • お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!のサムネイル画像

    お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!

    神社仏閣からいただいたお札やお守りは、最終的にお焚き上げをして神仏にお返しします。では、お焚き上げはいつどのように行うと良いのでしょうか。今回の記事では、お焚き上げをいつ行うと良いのか、お焚き上げをする対象の品物と合わせてご紹介していきます。

  • 忌中の神社への参拝について解説!お守りや神棚の扱い方も説明しますのサムネイル画像

    忌中の神社への参拝について解説!お守りや神棚の扱い方も説明します

    身内の方が亡くなってから四十九日経つまでの期間が忌中ですが、その間に何らかのお願い事をしようと神社に出かけたいという方もいるでしょう。しかし、それは少し考え直した方が良いです。というのも、忌中の神社への参拝はあまり良いことではないためです。

  • 神社とお盆の関係性とは?お盆の流れやマナーについて解説しますのサムネイル画像

    神社とお盆の関係性とは?お盆の流れやマナーについて解説します

    お盆と聞くとお墓参りやお寺での法要を通じてご先祖様を供養することから、見たところ仏教の行事のように見えます。しかし、お盆を迎えるのは仏教だけでなく神社にとってもお盆は関係があります。いったい、神社ではどのようにお盆を過ごすのでしょうか?

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お焚き上げ・神社」についてさらに知りたい方へ

お焚き上げ料の相場っていくら?依頼上の注意点や他の供養方法も解説のサムネイル画像

お焚き上げ料の相場っていくら?依頼上の注意点や他の供養方法も解説

お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!のサムネイル画像

お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説のサムネイル画像

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

神社のお布施の相場は?のし袋の書き方や経理上の扱いについて解説のサムネイル画像

神社のお布施の相場は?のし袋の書き方や経理上の扱いについて解説

お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!のサムネイル画像

お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!

忌中の神社への参拝について解説!お守りや神棚の扱い方も説明しますのサムネイル画像

忌中の神社への参拝について解説!お守りや神棚の扱い方も説明します

神社とお盆の関係性とは?お盆の流れやマナーについて解説しますのサムネイル画像

神社とお盆の関係性とは?お盆の流れやマナーについて解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「お焚き上げ・神社」についてさらに知りたい方へ

お焚き上げ料の相場っていくら?依頼上の注意点や他の供養方法も解説のサムネイル画像

お焚き上げ料の相場っていくら?依頼上の注意点や他の供養方法も解説

お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!のサムネイル画像

お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説のサムネイル画像

喪中に神社への参拝はいけないの?いつから参拝していいのかを解説

神社のお布施の相場は?のし袋の書き方や経理上の扱いについて解説のサムネイル画像

神社のお布施の相場は?のし袋の書き方や経理上の扱いについて解説

お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!のサムネイル画像

お焚き上げはいつ行うのがいいの?お焚き上げする品物も紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと