お盆に渡すお布施はいくら?お布施の金額相場や渡し方について解説

お盆に渡すお布施はいくら?お布施の金額相場や渡し方について解説

お盆はご先祖様にとって大切な法要です。お盆に渡すお布施はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではお盆に渡すお布施について、金額の相場や僧侶への渡し方のマナー、お布施の袋の選び方や書き方についての注意点など、詳しくご説明をします。

2019-09-28

お盆のお布施はいくら包む?

葬儀

お盆のお布施はいくら包めばよいのでしょうか?
暑い時期、家々を回って読経してくださる僧侶にどれくらいのお布施を包めばよいのか悩んでしまいますね。

お盆のお布施は年に一度家に帰ってくるご先祖様を読経で供養してくださる、僧侶への謝礼です。
そのためお布施の金額は「お気持ち」となり、かえって迷う方も少なくありません。
決まった金額がないとはいえ、やはりお盆のお布施の一般的な相場は気になるものです。

またお盆のお布施を渡す際、何に包めばよいのか、どんなタイミングで僧侶に渡せばよいのか、正しいマナーも身に付けておきたいところです。

今回、終活ねっとではお盆のお布施の金額の相場を中心として、以下のご説明をします。

  • お盆に渡すお布施とは何か

  • お盆のお布施の金額相場はいくら?

  • お盆のお布施の袋の選び方

  • お盆のお布施の袋の書き方

  • お盆のお布施の渡し方

  • お布施以外に僧侶に渡すお金

お盆は故人にとってもご家族にとっても、年に一度の大切な法要です。
お盆に包むお布施について、金額の相場や細かなマナーを知っておけば安心できますね。

終活の一つとして、ご家族でお盆のお布施についてのマナーを確認していただくのも良いかと思います。
ぜひ、最後までお読みください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

お盆に渡すお布施とは

仏壇

では最初に、お盆に渡すお布施とは何なのかを考えてみましょう。

お盆とは年に一度、ご先祖様をはじめ亡くなった人に感謝し、その霊を迎える日とされています。
この世に迎えた霊を大切に供養するため、お盆には自宅に僧侶を招いて読経をお願いしたり、菩提寺での合同法要を行ったりします。

このようにご先祖様を供養していただいたことへの謝礼が、お盆に渡すお布施なのです。
お盆に渡すお布施は読経や法要に対する「料金」ではなく、僧侶に対する感謝の気持ちです。

お盆のお布施の金額相場はいくら?

葬儀

では、お盆のお布施の一般的な金額相場はいくらなのでしょうか?

前述した通りお盆のお布施は供養や読経に対しての料金ではなく僧侶に対する感謝の気持ちです。
そのため、決まった金額はないとされています。
寺院とのお付き合いの深さや地域性によっても、お盆のお布施には金額の幅が出てきます。

また逝去してから初めて迎える新盆(初盆)は特別な法要として盛大に営まれるため、お布施の相場が異なることも考慮しなくてはなりません。

以上のことを踏まえた上で、新盆と通常のお盆、それぞれの場合の一般的なお布施の金額相場を見てゆきましょう。

新盆(初盆)

四十九日法要が終わってから初めて迎えるお盆を「新盆(初盆)」と呼び、親族や親しい人を招いて盛大に法事法要を営みます。

通常のお盆では僧侶を自宅に招き読経をお願いするのみですが、新盆は特別な法要となるため、地域によっては僧侶にお墓の前で読経していただくことがあります。
また、檀家がお寺に集まり合同で法要を行う地域もあります。

いずれにしても新盆は特別な法要です。
そのため、新盆のお布施の相場は3万円~5万円程度となります。

通常のお盆

通常のお盆の場合、故人の家族や親しい親族のみでご先祖様をお迎えするのが一般的です。
それでもやはり、お盆は大切な法要です。
通常のお盆でも自宅に僧侶を招いて読経をしていただき、供養をお願いします。

通常のお盆のお布施の相場は5千円~2万円程度となります。

お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

お盆のお布施の袋の選び方

葬儀

それでは、お盆のお布施はどのような袋を選べばよいでしょうか?
お盆のお布施は読経していただいた僧侶に対する、感謝の気持ちです。
法要に関わることではありますが、不祝儀ではないとされています。

そのことからお盆のお布施の袋には不祝儀の水引は使わず、慶事の扱いとなります。

では、お盆のお布施の袋の選び方について具体的に見てゆきましょう。

奉書紙に包む

お盆のお布施は奉書紙に包んで渡すのが最も丁寧だとされています。
奉書紙は日本古来の白い和紙で、清らかなものを包むという意味合いを持っています。
奉書紙はなめらかな方を表、ざらついている方を裏として使います。

奉書紙に入れる時は、まず先に半紙でお金を包みます。
お札はできれば新札を用意し、お札の肖像画が表面にくるようにします。
半紙でお金を包んだ後、その上から奉書紙で包みます。

先ほども書きましたように、お盆のお布施は感謝の気持ちですので不祝儀ではありません。
お盆のお布施にかける奉書紙も「上側の折り返しに下側をかぶせる」という慶事の折り方にします。

また一般的に奉書紙で包む場合、水引は不要とされていますが、地域によっては水引をかける場合もあるようです。
お盆のお布施には水引をかけるのかどうか、あらかじめ親族の方に確認しておきましょう。

白い封筒に包む

奉書紙が手元にない場合、お盆のお布施は市販の白い封筒に包んでも大丈夫です。
封筒は白の無地を選び、郵便番号蘭などの印刷がないものとします。

お盆のお布施に封筒を使う場合、気を付けたいのは二重の封筒は使わないということです。
お布施は不祝儀でないとはいえ、葬儀に関わるものです。
「不幸を重ねない」との意味合いで二重になっている封筒は避けましょう。

また、お盆のお布施にはあらかじめ「お布施」と印刷されている市販の封筒タイプのものを使っても大丈夫です。

お盆のお布施の袋の書き方

葬儀

では、お盆のお布施の袋はどのような書き方をすればよいのでしょうか?
お盆のお布施は僧侶に対する感謝の気持ちとなります。
不祝儀ではないため、表書きも裏書きも薄墨ではなく濃い墨で書く、という点に注意が必要です。

お盆のお布施の袋はどのように書くのか、順番に見てゆきましょう。

表面の書き方

まずはお盆のお布施の表書きの書き方です。
お布施を包んだ奉書紙、もしくは封筒は表面を向け、濃い墨で書くようにします。

表書きの書き方

お盆のお布施の表面の中央上部に「お布施」または「御布施」と濃く墨書きします。
下部に書く氏名よりも心もち大きな字で、中央にバランスよく書きます。

名前の書き方

お布施の上部中央に「お布施」または「御布施」と書いた下に、施主の氏名を濃く墨書きします。
上部の「御布施」よりも少し小さな字で書く方がバランスよく見えます。
また、施主の氏名ではなく「○○家」と書く場合もあります。

裏面(中袋)の書き方

次にお盆のお布施の裏面の書き方を見てゆきましょう。
昨今、裏面にはお布施の金額と施主の住所・氏名を記すことが増えています。
お盆には何軒も家を回らなくてはならない僧侶に配慮して、後々記録に残りやすいようにお盆のお布施の裏書きを書く場合が多いようです。

また、お盆のお布施の袋には中袋の付いているものがあります。
お盆のお布施の裏書きを書く場合、中袋があればそちらに書くようにします。
奉書紙で包む場合は、お金を包んだ半紙に裏書きを記します。

金額の書き方

お盆のお布施に金額を書く場合、注意したいのは書く場所が地域によって異なることです。
お盆のお布施の金額はお布施の中袋表面中央に書く場合と、またはお布施の中袋裏面の向かって右側に書く場合の二通りの書き方があります。

お盆のお布施に金額を書く場合、ご自身の地域ではどちらとなるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

いずれにしても気を付けたいのは、お盆のお布施の金額には旧字体の漢数字を使うことです。
また、金額の頭には「金」を付けておきます。

例えば1万円は金壱萬圓、5万円は金伍萬圓となります。

  • 旧字体の漢数字
    壱・弐・参・四・伍・六・七・八・九・拾・百・阡・萬

  • 旧字体の単位

住所の書き方

お盆のお布施の裏書きには、施主の住所を書きます。
住所を書く場所はお布施の中袋の裏面に、中央より向かって左側です。
番地やハイツ等の名前もきちんと書くようにしましょう。

住所の左側には施主の氏名も書きます。
住所よりもやや大きめの字で名前の最後の文字が封筒の底面に近くなるよう、バランスよく書きます。
お盆のお布施の表書きが「○○家」であっても、裏書きは施主の個人名を書くようにします。

お布施のお札の入れ方

お布施にお札を包むとき、新札を入れてもよいのか、入れる向きは関係あるのかなど気になる方は多いと思います。

そこでここでは、お布施のお札の入れ方について解説していきたいと思います。

お札は新札でもいいの?

通夜や葬式、葬儀の際のお布施、香典などでは、新札を使うのは良くないとされています。
では、お盆のお布施の場合はどうなのでしょう?

一般的には、お盆のお布施の場合は、新旧どちらのお札を用いてもよいとされています。

もともと通夜や葬式などで新札が良くないとされているのは、まるであらかじめ亡くなるのを予期して準備しているように思われてしまうからと言われています。
一方、お盆のお布施は感謝の気持ちを使えるためのものであるため、お札の新旧は関係ないといわれています。

しかし、地域、ご家庭によっては新札を使うところもあります
理由としては、お布施はあらかじめ用意するものであるため、新札の方がより丁寧とされているためです。

お札を入れる際は、周りの方と相談するのがいいでしょう。

お布施に包むお札の向き

お札を包む際、向きはお札の表(肖像画の方)と袋の表側を合わせるようにし、入れるときは肖像画が袋の口側になるようにしましょう。

お盆のお布施の渡し方

仏壇

では、お盆のお布施の渡し方はいつどのようにするのでしょうか?
気になるのはお盆のお布施を渡すタイミングです。
一般的には僧侶が読経に来てくれた時に、「本日は○○家のためにどうぞよろしくお願い致します」と一言挨拶を添えてお盆のお布施を渡します。

檀家が集まって合同法要をする場合はお寺に受付が設けられていることがあります。
その際にはお布施は受付で渡しましょう。

また、お盆のお布施には渡し方にもマナーがあります。
以下で詳しく見ていきましょう。

お盆にのせて渡す

お盆のお布施を僧侶に渡す時には、手で直接渡すのではなく切手盆と呼ばれる小ぶりのお盆にのせて渡します。
お布施を切手盆にのせ、僧侶から見て正面に向くように差し出すのがマナーです。

袱紗に包んで渡す

切手盆がない場合は、あらかじめ袱紗にお盆のお布施を包んでおきます。
袱紗は紫色のものを用意しておくと、弔事にも慶事にも使えて便利です。

僧侶にお布施を渡す際には袱紗から取り出して、袱紗の上にお布施をのせ僧侶に差し出します。
その際、お盆のお布施の袋の正面が僧侶に向くよう注意しましょう。

終活ねっとでは葬儀の際の袱紗についても詳しくご説明しています。
以下のリンクを参照の上、袱紗のマナーをご確認ください。

お布施以外に僧侶に渡すお金

葬儀

最後に、お盆の法要でお布施以外に僧侶に渡すお金について考えてみましょう。

お盆の法要では自宅まで僧侶が出向いてくださる場合が多いです。
また、お盆の法要の後に会食することもあります。
そのことを考慮して、お盆のお布施とは別にお車代や御膳料を用意します。

では、お車代と御膳料はどのようなものなのでしょうか?
また一般的な相場はどれくらいなのでしょうか?
それぞれにご説明します。

お車代

お盆の法要のため自宅まで出向いてくださった僧侶に渡すのがお車代です。
お布施とは別に白い封筒を用意し、表書きは「お車代」とします。

お車代の一般的な相場は、5千円~1万円程度です。

あらかじめ施主がタクシーを手配した場合には僧侶にお車代を渡す必要はなく、タクシーの運転手に直接現金で支払います。

御膳料

お盆の法要の際には、読経の後に会食をする場合があります。
僧侶にも出席していただければよいのですが、お盆の時期は多忙なため辞退されることが多くなります。
そのような時、僧侶に御膳料をお渡しします。

お布施とは別に白い封筒を用意し、表書きは「御膳料」とします。
御膳料の一般的な相場は5千円~1万円ですが、ホテルのレストランや料亭を予約している場合は1万円~2万円となります。

終活ねっとでは法事での御膳料の相場についても詳しくご説明をしています。
ぜひ、下記のリンクをご参照ください。

お盆のお布施に関するまとめ

仏壇

ここまでお盆のお布施についてのご説明をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
まとめますと、以下のようになります。

  • お盆のお布施は、ご先祖様を供養していただくことへの僧侶への謝礼の気持ち。
    読経への対価ではない。

  • お盆のお布施の金額相場は新盆で3万円~5万円、通常のお盆で5千円~2万円。

  • お盆のお布施は奉書紙に包むのが最も丁寧だが、市販の白い無地の封筒を使っても良い。
    あらかじめ「御布施」と印刷されている封筒タイプを使うのも便利。

  • お盆のお布施の表書きは濃い墨で上部に「御布施」、下部に施主の名前か「○○家」と書く。

  • お盆のお布施の裏書きは特に書かなくてもマナー違反にはならない。
    書く場合は施主の住所と氏名、お布施の金額を濃い墨で書く。
    金額の漢数字は旧字体を使う。

  • お盆のお布施を僧侶に渡すときは切手盆にのせて渡すのが作法。
    もしくは包んでおいた袱紗にのせて渡す。

  • お盆のお布施以外に渡すお金としては、お車代と御膳料がある。
    お車代の一般的な相場は5千円~1万円。
    御膳料の一般的な相場は5千円~1万円。
    ただし、ホテルのレストランや料亭での会食予定の場合の御膳料は1万円~2万円。

今回、終活ねっとではお盆のお布施について金額相場や基本的なマナーについてご説明をしました。
お盆はご先祖様を身近に感じられる数少ない機会です。
また僧侶を自宅に招き読経していただくことで、共に故人の供養を願うことができます。

お盆のお布施のマナーを知りお金の準備を整えておくことで良いお盆を迎えられましたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「お盆・お布施」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像 4
    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みを詳しく知っている方は多くはないのではないでしょうか。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の「終活ねっと」では、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事

お坊さんの手配に関する
ご相談はこちら

person

法事・法要にお坊さんを手配

お坊さん
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料