新盆のお返しにはなにを用意するの?のしやお礼状まで詳しく解説

新盆のお返しにはなにを用意するの?のしやお礼状まで詳しく解説

故人が亡くなってはじめてのお盆のことを新盆(初盆)と言います。はじめてのお盆ですから、粗相なく済ませたいですよね。今回は新盆に来てくださった方々へのお返しについて解説いたします。お返しに向いているものやお礼状の書き方まで、詳細にお伝えいたします。

最終更新日: 2020年03月07日

新盆のお返しについて

葬儀

新盆を迎える、もしくは迎えそうであるとき、一体どういう準備をすべきか悩んだことはありませんか?
供養の内容は普段のお盆と同じでも、お返しの返し方に違いはあるのでしょうか?
また、新盆だからこそ、お返しに使用したいものなどがあるのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、新盆のお返しについて着目し、

  • 新盆とは何か

  • 新盆のお返しは必要か、不要か

  • 新盆のお返しに最適なもの

  • 「終活ねっと」がおすすめしたい新盆のお返しのおすすめ

  • 新盆のお返しの金額の相場

  • 新盆のお返しはいつ渡すべきか

  • 新盆のお返しにまつわる、のし、お礼状、挨拶状の書き方

について、詳細に解説させていただきたいと思います。
通常のお盆であれば毎年やってきますが、新盆は一度だけです。
故人にとって重要である、最初のお盆である新盆に失敗したくはないですよね。

今後もお付き合いのあるであろう、故人にゆかりのある人たちに気持ちよく法要からお帰りいただくためにも、「終活ねっと」の記事を参考に、お返しについての知識をつけていただければ幸いです。
お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

新盆とは?

困った人々

新盆とは、初盆とも呼ばれるもので、故人が亡くなってから、はじめて迎えるお盆のことを言います。
どうやら使用率は初盆のほうが高く、新盆と呼ぶのは関西以東という調査があります。

基本的に行う法要は、普段のお盆と同じです。
大きな違いと言えば、玄関先や窓際に、白提灯を置いて、はじめて戻ってくる故人の魂が迷わないようにするという部分です。

故人が亡くなってからはじめて迎えるお盆を新盆と申しましたが、実は忌明け後に迎えたお盆が新盆となります。
忌明けとは四十九日法要を行った日あたりになりますから、四十九日法要前にお盆が来た場合は、翌年が新盆となりますので注意が必要です。

新盆のお返しは不要って本当?

困った人々

さて、本題の新盆のお返しについてですが、不要だと耳にしたことはありませんか?
ここでは本当に新盆のお返しが不要かどうかについて、解説させていただきたいと思います。

新盆のお返しが不要な場合

新盆のお返しが不要な場合もあります。
どういう場合かと申しますと、新盆の供養に参加していただき、会食を召し上がって帰っていただけた場合です。
この場合は、会食がお返し、という認識となります。

また、お供えものいただいた場合も同じです。
こちらもお供えもののお返しは会食、ということになりますから、特にお返しをお渡しする必要はありません。

ただし、どんな場合でも、供養にお越しいただいた方にはお返しが必要である、とする地域も存在します。
地域や宗派の考えに沿うのが一番と言えるでしょう。

新盆のお返しが必要な場合

では次に、新盆のお返しが必要な場合を解説させていただきます。
先に新盆のお返しが不要な場合に、お供えものをいただいた場合、と申しましたが、お供えものをいただいた上で供養に参加していただいた場合になります。

つまり、新盆の供養に参加いただけていないけれど、お供えものを郵送などでいただいた場合は、お返しが必要となります。
会食がお返しになるのが通常ですが、会食に参加していただけないため、お返しが必要となるわけですね。

また、香典をいただいた場合も、お返しが必要な場合となります。
香典をいただいた場合は、会食に参加していただいていたとしても、お返しをするものと考えていただければと思います。

こちらのお返しが必要な場合、というものも、地域や宗派によって違いがあります。
もしも必要なのに用意ができていなければ、参加していただいた方にも、故人にも失礼になってしまいます。
事前の確認が必要です。

新盆のお返しはどんなものがいい?

仏壇

では、新盆のお返しは、どんなものを選べばよいのでしょうか。
新盆のお返しに相応しいものの特徴を解説させていただきたいと思います。

消えもの

慶弔問わず、お返しの常識として言われているのが「消えもの」です。
つまりは「消耗品」ということになりますね。
これは新盆のお返しに限らず、結婚式のお返しでもいわれていることになります。

お返しというものが、必ずしも使う方の趣味や嗜好に合ったものとは限りません。
お返しでいただいたものが消えものではなかった場合、お返しの処遇に頭を悩ませたりさせないよう、消えものが最適とされています。

ただし、慶事に関しては消えものにするほうが、縁起が悪いと言われる場合があります。
めでたいことが消えてしまう、というイメージがつくからのようです。
こちらも地域によって習わしが存在することがありますから、お住いの地域のならわしの確認が必要です。

気になる消えものの内容ですが、お菓子やタオルなど、あっても困らないものが最適です。
あまり重くない程度の、コーヒーや飲料でも良いでしょう。
普段よりも少し高級感のある消耗品にすることがポイントです。

常温で日持ちするもの

消えものが最適であるという考えから、食品関係をお返しに選ばれる方が多いです。
そういった場合、問題となってくるのが賞味期限や保存方法です。
賞味期限が短い、冷蔵庫のスペースをとるものなどを送った場合、お返しを受け取った方の迷惑になる可能性があります。

焼き菓子や海苔、調味料であれば、常温保存が可能ですし、すぐに使わなくても日持ちします。
お茶や紅茶なども日持ちしながら、楽しむことができますのでおすすめです。

かさばらないもの

皆さんはお返しものをすぐに使用できず、しまう場所や保管方法に困ったことはありませんか?
新盆のお返しで、お返しをお渡しした方にそんな思いをさせないためにも、かさばらないものを選ぶようにしましょう。

あとあまりにも重たいものは避けましょう
基本的にお持ち帰りいただくことになるかと思いますので、持ち帰りやすい、軽いものが最適です。
そういうものを選ぶと必然的に、かさば

新盆のお返しに適したもの

仏壇

新盆のお返しに最適なものの種類について、ご理解いただけたかと思います。
続いて、最適なものの中でも、新盆のお返しに適したものを、具体的に解説させていただきたいと思います。

そうめんが人気

新盆のお返しの中でも、一番におすすめしたいのが「そうめん」です。
新盆は夏である、ということを考えても、季節性のある素晴らしいお返しとなります。
後に触れますが、そんなに高額なお返しにならないことも人気の理由です。

そうめんは「消えもの」であり、長く日持ちします。
そんなに大きな入れ物に入っていませんから保管場所にも困りませんし、何より常温保存可能です。
お返しに困ったらそうめんを選んでおくと、間違いはないでしょう。

夏場は食欲も失せやすい季節です。
お返しにしやすく、もらった側も消費しやすいそうめんは、新盆のお返しものの人気ナンバーワンです。

洗剤も定番

新盆のお返しとして、洗剤も定番となっています。
難点としては持ち帰る場合、重量があるという部分です。
しかしそれを差し引いても、洗剤はおすすめしやすい新盆のお返し品となっています。

何故洗剤が定番となっているかと申しますと、洗濯をしない家庭はないと言っても過言ではないからです。
そして洗剤はかなり消耗品度の高い品物ですから、もらって困るということが非常に少ない品物というわけです。

食品だとどうしても好き嫌いが発生します。
しかし洗剤だとにおいの好みはあるかもしれませんが、確実に消費できるでしょう。
老若男女問わず、おすすめできるお返しとな言えます。

お茶などの飲料

お茶や紅茶、コーヒーなどの飲料品も、新盆のお返しに最適と言われています。
こちらもあまり好き嫌いがでませんし、日持ちしやすいものです。
また、万が一もらった方の好みに合わなくとも、家族や友人に渡しやすいのが特徴です。

ただし、お茶や紅茶、コーヒーをお返しにする場合は、少し高級なものを選ぶようにしましょう。
お茶や紅茶、コーヒーは普段から口にするものです。
お返しで良いものをもらえたなら、受け取った側も、飲む楽しみが増えるからです。

わざわざ自分で買うまでもないけれど、試してみたかったものをいただいた場合、皆さんお喜びになるものです。
故人の供養の参加へのお礼や、生前の親交へのお礼をこめて、心のこもったものを選びたいですね。

水菓子

新盆のお返しとして、羊羹やゼリーといった、水菓子も人気となっています。
新盆の季節は夏ですから、冷やして食べることのできる水菓子は、子供からお年寄りまで人気のお菓子と言えます。

ここで注意したいのは、日持ちする水菓子かどうかという部分です。
生ものですから、賞味期限が短いものも多々存在します。
日持ちしないものだった場合、冷蔵庫の中で場所を取りますし、好きなときに食べることができません。

水菓子は季節を感じさせる、日本らしいお菓子です。
ぜひお返しとして選びたいところですので、もらった方が困らないような日持ちしやすいものを選びたいものです。

海苔

海苔も、新盆のお返しとして人気の高い品物です。
海苔はかさばらない大きさのものが多いですし、もらって困ることが少ない消えものです。
賞味期限が長いのもお返しに最適な理由となっています。

海苔は汎用性が高いものですから、まずもらって困ることもありません。
それに食べ物は好みがわかれるものですが、海苔単体としては嫌い、という意見も少ないものです。
確実に使用してもらえる、もらって困らないお返しものと言えるでしょう。

最近はカタログギフトも人気

結婚式の引き出物の定番となったカタログギフトですが、新盆のお返しにも人気となりつつあります。
カタログギフトの大きさは、そこまで大きくありませんよね。
その場でもらっても持ち帰りやすいですし、かさばることもありません。

そして何より、もらった方が好きなものを選べるのが人気の理由です。
ここまで挙げた品物は、好みのわかれにくい、汎用性のあるものばかりですが、人によっては苦手な場合もあります。

その点カタログギフトであれば、たくさんの種類の中から、自分の必要なものを選ぶことができます。
そして家に届きますから、重たいものでも苦労することはありません。
カタログギフトはまず無駄になることがないということです。

ただ、お返しにカタログギフトというのは近年生まれた習慣です。
高齢の方や地域の習わしによれば、邪道であると思われる可能性も、大いにあります。
もしもカタログギフトをお返しに選ぶ場合は、十分に調査をした上で選択することをおすすめいたします。

新盆のお返しの金額相場は?

お金

新盆に相応しいお返しものの種類や内容についてお分かりいただけたかと思います。
しかし肝心の値段の相場はいくらなのでしょうか。
高額であればあるほど良いものなのでしょうか。

一般的に、新盆のお返しに使用する金額の相場は、いただいた香典やお供えものの金額に左右されます。
いただいた香典やお供えものの半額から1/3程度が、金額の相場と言われています。

お盆の香典の相場は3千円~3万円程度と、かなり幅広い相場となっております。
その1/3程度と考えると、お返しは5千円程度で用意すればよいということになりますね。
お返しの相場は地域によっても違いがでますから、こちらの金額はあくまで参考とし、地域に相場も調べておくと良いでしょう。

香典の相場をお伝えしましたが、場合によってはこれ以上の金額の香典やお供えものをいただくこともあるかもしれません。
そうなった場合でも、ひとまずは用意してあるお返しをお渡しします。

そして後日、失礼にあたらないよう、お礼状とともに、金額に見合うお返しを新たにお送りしましょう。

お返しはいつ渡せばいい?

人々

続いて、お返しはいつ渡すべきかについて解説させていただきたいと思います。
いつお渡しするのがスムーズなのでしょうか。

当日の場合

新盆の供養にご参加をいただいた場合は、当日にお渡ししましょう。
会食に参加していただけるようであれば、会食後、お帰りになるときのお見送りの場で手渡しを行います。
もしも法要が終わり、会食には参加されずにお帰りになる場合は、その時にお渡しします。

当日手渡しで注意したいのは、お返しの数が足りなくなることです。
一番の失礼にあたりますから、お返しの品物の数は多めに用意しておきましょう。
最近では多く用意し、使用しなかったお返しの品物は返却できるというシステムのお店が増えていますから、確認しておくと安心ですね。

後日に郵送する場合

供養には参加をいただけなかったけれど、香典をいただいた場合や、お供えものをいただく場合もあります。
また、一度お返しをお渡ししたけれど、金額に見合わなかった場合もあります。

そんなときは後日郵送でお返しを送ります。
いつまでに送るべきかと申しますと、とにかくすぐに、です。
早ければ早いほど良いでしょう。

しかしすぐに送れない場合もありますよね。
そんな場合は法要をした月の末日までに届くようにしましょう。
7月にやれば7月末、8月にやれば8月末日、という形になります。

下記の記事では、葬儀の後日で気を付けるべきお悔やみの言葉について紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

新盆のお返しの熨斗(のし)の書き方

葬儀

お返しなどの贈り物につきものなのが、熨斗(のし)ですよね。
新盆の場合のお返しには、どのような熨斗が必要なのでしょうか。

表書き

新盆のお返しの熨斗に書く表書きですが、地域によって違いが大きいようです。
例えば関東ですと「志」「初盆志」「御初盆志」「新盆志」が一般的です。
関西ですと「粗供養」と書く場合があるようです。

オーソドックスに使用できるのは「志」「初盆志」「新盆志」のようです。
地域の習わしが知りたい場合は、贈答品のお店の方に伺うと良いでしょう。
地域の皆さんがどのようにされているか知ることができます。

水引

水引ですが、白黒、もしくは黄白となります。
白黒を用いれば、まず間違いはありません。
迷ったときは白黒のものを選ぶようにしましょう。

黄白を使用するのは関西のみ、という意見もあります。
こちらもやはり地域の方や、贈答品のお店の方に伺うのが一番です。
地域にあったものを選ぶようにしましょう。

お返しに添えるお礼状・挨拶状の例文

人々

お返しには、法要への参列のお礼や、挨拶状が不可欠となります。
一体どのような内容のことを書けばよいのでしょうか。
「終活ねっと」では例文をご紹介させていただきたいと思います。

拝啓

時下ますますご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。

この度は〇〇家の初盆に際しましては、酷暑の中、またご多忙中にも関わらずお集まりいただきまして、ご鄭重なるご厚志を賜り大変有難く存じております。

故人も浄土において、お集まりいただいたことに感謝していることと思います。

つきましてはささやかですが、亡〇〇の初盆供養のしるしとして心ばかりの品をご用意いたしました。
どうかお納め下さいませ。

略儀ながら書中をもちましてお礼のご挨拶とさせていただきます 本日はまことに有難うございました。

敬具

こちらは法要に参加をしていただき、お返しをお渡した方へ、一緒にお渡しする挨拶状となります。
これ以外にも参加いただけなかったけれど、お返しをいただいた方用や、お返しは不要だけどお礼状を渡したい場合など、多岐にわたりお礼状のパターンが存在します。

こういったものは、お返しとともに、贈答店にて書式や内容を準備していただくことができます。
ぜひご活用されててみてはいかがでしょうか。

新盆のお返しまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか?
新盆のお返しについて解説してきました。
新盆を迎えるにあたり、準備しないといけないものや僧侶への連絡、親族や知人、友人への連絡であわただしい日々をお送りになっているかと思います。

そんな中お返しというものは、法要に参加いただいたことや、香典やお供えものをいただいたこと、故人との親交へのお礼を表すものとなります。
心をこめた、良いものをお送りしましょう。

  • 新盆とは故人にとって最初のお盆であり、故人にとっても、残された家族や知人、友人にとっても重要なものである

  • 新盆のお返しは基本的に必要であるが、地域によって違いがあるので調査が必要である

  • 新盆のお返しは、「消えもの」「日持ちするもの」「かさばらないもの」

  • 新盆のお返しで喜ばれるのは季節感のある「そうめん」や「水菓子」

  • 絶対に消費できるであろう「洗剤」なども人気であるが、最近ではカタログギフトを選ぶ人も増えている

  • 新盆のお返しは香典やお供えものの半額から1/3程度で、可能な限り、早くにお返しすること

  • のしの表書きは「志」「新盆志」にし、黒白の水引を選んでおくと良い

以上がこの記事のまとめとなります。
ぜひ新盆を迎える前に参考にしていただければ幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事