新盆には何をお供えするの?のしのマナーや金額相場についてもご解説

新盆には何をお供えするの?のしのマナーや金額相場についてもご解説

故人が亡くなってから最初に迎えるお盆のことを新盆といいます。普通のお盆とは異なるため、例えばお供えをどのようにすれば良いか、悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回は新盆にお供えするもののほか、その際ののしのマナーや金額の相場について見ていきましょう。

最終更新日: 2019年08月25日

新盆のお供えには何を選ぶ?

お墓

私たち日本人にとって、ご先祖様を供養することは非常に身近なことです。
供養をする主な時期の1つにお盆がありますが、特に故人が亡くなった後に初めて迎えるお盆の時期のことを新盆といいます。

普通お盆と聞くと、ご先祖様の魂があの世からこの世に帰ってきて、お盆が明けるまで子孫である私たちと共に過ごす時期とされています。
そのため、ご先祖様の供養の意味で仏壇やお墓には盛大にお供えをします。

しかし、新盆の場合は故人が亡くなってから最初に迎えるお盆だけに、普通のお盆に比べてお供えについてどのような点に気を付ければよいか悩む方も多いでしょう。

そこで今回「終活ねっと」では、新盆の際のお供えについて以下の各ポイントを軸に見ていきます。

新盆を迎えようとしている方々にとって役立つ情報をまとめましたので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

  • 新盆(初盆)とはどのようなものなのか?

    故人が亡くなって最初に迎える新盆(お盆)について簡潔にご説明します。

  • 新盆のお供え物のための金額の相場は?

    新盆のためのお供え物のために必要な金額の相場をご紹介します。

  • 新盆のお供えの選び方とは?

    新盆の際にお供えするものを選ぶ基準について見ていきます。

  • 新盆のお供えとしておすすめの品物とは?

    新盆にお供えするうえで特におすすめのものをご紹介します。

  • お供えにつける熨斗紙(のし紙)のマナーとは?

    新盆の際のお供えにつける熨斗紙に関するマナーをご説明します。

  • 新盆のお供えの渡し方とは?

    新盆のお供えをご遺族に渡す際に欠かせないマナーについてご説明します。

  • 新盆のお供えは郵送しても大丈夫なのか?

    新盆のお供えを郵送することの是非について触れていきます。

  • 新盆のお供え物へのお返しはどのようにすれば良い?

    新盆のお供え物に対するお返しをどうすべきかを簡潔に見ていきます。

また、安くお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

新盆(初盆)とは

お墓

新盆とは、故人が亡くなって、四十九日法要を過ぎてから初めて迎えるお盆のことを指します。

仏壇には盆棚(精霊棚:「しょうりょうだな」、愛媛などでは「おしょうりょうだな」)と呼ばれる祭壇を用意して位牌や写真などの飾りつけや、料理(団子)などのお供えをするのがならわしです。

なお、新盆のお供えの意味として仏壇やお墓にお供えするお膳や盆飾りを指すほか、参列者が故人を供養するためにご遺族に渡されるものをも意味します。

ただし、盆棚などを用意するのは真言宗や曹洞宗、日蓮宗、浄土宗などの場合で、浄土真宗では準備はしませんので気を付けましょう。

新盆の法要はいつ行うの?

新盆では故人を供養するための法要もとり行われるのが一般的です。

具体的な法要の時期は、一般的には8月13日から15日といわれていますが、地域によっては7月13日から16日の間という場合もあります。

なお、法要の会場は故人のご自宅か、もしくはお寺の本堂であることが多いです。

新盆はどんな服装で行けばいいの?

新盆の法要の際の服装は、基本的に故人の直接のご家族(ご遺族)は喪服を、それ以外の方は黒のスーツやワンピースを着用していくのが正式なマナーです。

ただし、新盆は暑い時期にあたるため、体調が悪化した場合に備えて着脱しやすい服装を着用することには問題はありません。

また、子供が参列する場合も制服、もしくは黒やグレーなど地味な服装を着用させると良いでしょう。

新盆のお供え物の金額相場とは?

お金

お供え物や香典の値段の相場ですが、実は持参する方の故人との関係などによっていろいろと異なってきます。
以下のリストで詳しくご紹介しますので、ぜひとも参照していただければ幸いです。

  • 故人が祖父や祖母の場合:ご自身が20歳から50歳代までであれば1万円、60歳代以上の場合は5万円から10万円

  • 故人が両親である場合:ご自身が30歳代までであれば3万円から5万円、40歳以上の場合は5万円から10万円

  • 故人が兄弟姉妹の場合:ご自身が20歳代であれば3万円、30歳以上の場合は5万円

  • 故人が叔父・叔母など親戚の場合:1万円

  • 故人がその他親族の場合:ご自身が20歳代までであれば5千円、30歳代以上であれば1万円

  • 故人が知人・友人の場合:ご自身が20歳代であれば3千円、30歳代・40歳代であれば5千円、50歳代以上の場合は1万円

新盆のお供えの選び方

仏壇

新盆の際には華やかに飾り(上画像の精霊馬など)やお供えなどを行うことはここまで見てきたとおりです。
それでは、具体的に新盆でお供えするものはどのように選べばよいのでしょうか。

この項目では新盆のお供えを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

消えもの

まず、新盆に限らずお供えとして定番なのが、消えもの、つまり消費することでなくなるものです。

具体的には、お線香やろうそくなどといった火をつけるものや、洋菓子や和菓子、ゼリー、ビールといった後で分けて食べることのできるものが挙げられます。

日持ちするもの

ほかにも日持ちするものもお供えとしてはおすすめです。

具体的には、お菓子でも焼き物(おせんべいなど)や缶詰の詰め合わせ、ようかんといった比較的賞味期限が長めに設定されているものが良いでしょう。

この際に個別包装で、かつ常温で置いておいても物持ちの良いものを特に選ぶと良いです。

購入の際はご遺族宅に出かける途中で買うという方法や、楽天などの通販を利用して取り寄せるという方法もあります。

かさばらないもの

お供えを選ぶ際には、なるべくかさばらないものを選びましょう。

あまりかさばるものの場合、重さがあって持ち運びもしにくいうえ、お供えを下げた後で取り分ける際に量があって、ご遺族も参列者も大変な思いをするためです。

重量の面でも適切な物を選ぶことがご遺族にも他の参列者にも配慮し、かつ負担を和らげることにもつながります。

故人が好きだったもの

故人が生前好きだったものをお供えとして選ぶのは、故人やご遺族に対して最大級の礼儀であり、誠意を示すことです。

この場合、故人が好きだったお菓子や果物、お酒を持参すると良いでしょう。
また、故人が好きだった花をまとめて、フラワーアレンジメントという形で持ち寄っても大丈夫です。

新盆のお供えにおすすめの品物

仏壇

新盆のお供えの選び方について見てきたところで、ここではより具体的なお供えについて見ていきます。
特に人気のあるものを列挙してご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

お菓子

お菓子は、個別包装となっている食べ物を選ぶと良いでしょう。

おすすめなのが、おせんべいやようかん、クッキー、カステラといった、仏壇からお下げした後で比較的みんなで分けやすいものが挙げられます。

また古来より盆菓子とされている砂糖菓子や落雁、団子なども合わせておすすめです。
特に団子については、お盆の期間の間は日ごとに交換する必要があるという点に注意しましょう。

ちなみに、実際にお菓子をお供えする際には、包装紙を外して中身を出し、紙などを下に敷いた形でお供えします。

果物

お菓子と同じように、果物もお供えする食べ物の中では主要なものとして挙げられます。
果物をお供えする際には、お盆の時期に旬を迎える種類を選ぶと良いでしょう。

具体的には、梨や桃、メロン、スイカなど丸い形のものがおすすめです。
ほかにも、小さめのリンゴや梨を詰め合わせたものも良いでしょう。

また、バスケットに入ったフルーツの詰め合わせでお供えするという方法もあります。
詰め合わせではない場合は、果物を切ったうえで、敷物やかごなどに載せてお供えしましょう。

お酒

一見すると、初盆のお供えとしてお酒はタブーのように見えます。

しかし、故人がお酒を愛用していたということであれば、むしろ故人を喜ばせるためにもお供えすると良いでしょう。

また神道の考え方に則った神式では、お酒をお供えすることもあります。
神式の場合、故人にお供えをする際にお酒は米や塩などと同じように重要であるためです。

お花

お花もお供えの基本とされる「五供」の1つに数えられることから、お供え物では定番の存在です。

特に人気があるのが菊や胡蝶蘭、白ゆりなどです。
もちろん、生前故人が好んでいた種類でも問題はありません。

ただし、香りの強いものや棘のあるもの、見た目は美しくても毒のあるものは仏式ではタブーとされているので、選ばないようにしましょう。

提灯

意外かもしれませんが、新盆では提灯もお供えします。
これは故人の魂があの世から戻ってくる際に、途中で迷わないようにする道しるべであるためです。

提灯は盆棚もしくは仏壇の前に飾りますが、飾るべき数は特に決まっていません

なお、新盆の際には仏壇に飾る提灯のほか玄関先や軒先に飾る白提灯も用意する必要がありますので、忘れないようにしましょう。

お線香・ろうそく

お線香やろうそくも、お盆の間はずっとお供えする必要があります。
お盆の最中は毎日のように朝起きたときから夜寝る時まで火を灯して、お供えするのが一般的です。

なお、消すときは息を吹きかけるのではなく、手やうちわなどであおいで消すようにしましょう。

現金

最近ではお供えの現物を手土産として持参する代わりに、お金という形でお供えとする場合もあります。

金額の相場は故人と血縁関係にある場合は1万円から3万円、血縁関係がない場合は5千円から1万円が一般的です。

現金を包んで持参する場合は、香典とは別に用意したうえで不祝儀袋に包み、表書きは「御仏前」や「御供物料」としたためます。

お供えの熨斗紙(のし紙)のマナー

葬儀

新盆でお供えを持参する場合は、そのまま持っていけば良いというものではありません。
故人にお供えするのにふさわしく、掛け紙を掛けた形で持参するのがマナーです。

ここでは、お供えに掛けるのし紙のマナーについて見ていきましょう。

水引の選び方

冠婚葬祭用の掛け紙には、水引と呼ばれる飾り紐のデザインが印字されているのが一般的です。
基本的に赤白が慶事用、黒白が弔事用となっており、きちんと使い分けないと常識を疑われますので気を付けましょう。

新盆のお供えに掛ける場合は黒白のほか、双銀や黄白、藍銀などの水引をお供えの値段に合わせて選ぶようにしましょう。

ただ、地域によっては水引の種類が決まっている場合もありますので、事前にご近所の方などに聞いておくと良いです。

なお、結び方は結び切りのものを選びます。

表書きの書き方

掛け紙を掛けたら、次は表書きを記します。
お供え物の掛け紙には御供を記すのが一般的ですが、現金に掛けてある場合は「御供物料」と記しましょう。

表書きの下の部分には、名前を記します。
基本的には持参した方の氏名を記載するのが一般的です。

新盆のお供えの渡し方

葬儀

実際に新盆のお供えを渡すには、どのような点に気を付ければよいのでしょうか?
ここでは、新盆のお供えを渡す際のマナーをご紹介します。

お供えを渡すタイミング

お供えを渡すタイミングは、ご遺族宅などに到着した段階が一般的です。
玄関先で施主の方に挨拶した際に、渡すようにしましょう。

なお、挨拶の際には新盆の供養のために来た旨をしっかりと伝えることが大切です。
そして渡すときは、施主の方が掛け紙の文字を見やすいように向きを合わせるのがマナーとされています。

渡す際は一言挨拶を添える

挨拶がてらお供えを渡す際には、一言挨拶を添えることも重要です。
挨拶の内容としては、以下の例文のようなメッセージを用いると無難でしょう。

  • 「心ばかりですが、なにとぞ御仏前にお供えください。」

  • 「御仏前にお供えください」

  • 「ささやかですが、お供えいただければと思います」

もちろん、このほかにも文例はいろいろとありますので、あわせて活用してみると良いでしょう。

新盆のお供えは郵送してもいいの?

困った人々

何らかの理由で新盆に参加できず、お供えも渡せないという方は郵送しても問題はないのでしょうか?

結論から先に書けば、遠方の方やどうしても事情があって参加できない方は郵送して問題はありません。
ただ、故人にとって初めてのお盆ですので、極力都合をつけて参加するか、どうしても参列できない場合でも届けられるのなら直接届けましょう。

郵送の場合はいつ送る?

お供えを郵送する場合は、遅くとも新盆の法要の1週間前までに先方に届くように心がけましょう。
1週間前を過ぎると、ご遺族側も来客の対応などで非常に忙しくなるためです。

もし、1週間前に間に合わない場合は、なるべく早い日時や時間に送るようにするのが無難といえます。

挨拶状や手紙を添える

お供えを郵送する場合は、添え状など手紙も一緒に送るようにしましょう。
例文としては、以下のように記すと良いでしょう。

「○○様が亡くなってから早いもので10ヶ月ほどが経過し、新盆を迎えられると聞き及びました。本来であれば参列すべきところ、やむを得ない事情により叶わなくなりましたこと深くお詫びいたします。
ささやかではございますが、お供えの品をお送りいたしました。
御仏前にお供えいただければ幸いです。○○様のご冥福をつつしんでお祈り申し上げます。」

新盆のお供え物へのお返しはどうする?

葬儀

新盆のお供えを受け取ったご遺族側としては、お返しをするのが一般的です。
お返しをする際にはお礼状も一緒に同封しましょう。

直接参列しに来た方には、法要後の会食の際に渡すようにしましょう。
また、郵送してきた方には、やはり郵送でお返しします。

なお、お返し品としてそうめんや詰め合わせギフトなどが定番です。

新盆のお供えに関するまとめ

仏壇

今回「終活ねっと」では、新盆の際のお供えについていろいろと見てきました。
内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 新盆とは、故人の四十九日法要後に迎えるお盆のことで、7月もしくは8月13日から16日の間に法要を行う。
    なお、服装はご遺族の場合は喪服を、それ以外の方は黒のスーツやワンピース等を着用する。

  • 新盆のお供えの金額相場は、故人との血縁関係の有無やご自身の立場によっていろいろと変動する。

  • 新盆のお供え物の選び方のポイントとして消えもの(使えばなくなるもの)、日持ちするもの、かさばらないもの、故人が好きだったものが挙げられる。

  • 新盆のお供え物におすすめの品にお菓子や果物、お酒、お花(一部はタブー)、提灯、お線香・ろうそく、お供え物の代わりの現金がある。

  • お供えの熨斗紙のマナーとして、水引は結び切りで黒白や黄白、双銀のものなどを地域やお供えの内容に合わせて選ぶ。
    表書きは「御供」もしくは「御供物料」(現金の場合)とし、下の部分に氏名を記す。

  • 新盆のお供えは法要の会場に着いた段階で喪主の方にご挨拶する際に渡す。
    なお、渡す際には「御仏前にお供えください」といった一言を添える。

  • 遠方の方や都合がつかなくて法要に参列できない場合は新盆のお供えを郵送しても良い。
    ただし、遅くとも法要の1週間前までに着くように郵送することや、挨拶状や手紙を添えることも忘れないようにする。

  • 新盆のお供えのお返しは、参列した方には会食の際に直接渡し、郵送した方には郵送にてお返しをする。
    なお、そうめんや詰め合わせギフトなどがお返し品の定番である。

新盆の際にはお菓子や果物、お花、お酒、ろうそく・お線香などを基本的にお供えします。
もしできれば、故人が生前好んだものやお供えしても後々困らないようなものを選ぶと良いでしょう。

故人の魂が初めて里帰りする新盆だからこそ、気持ちよく供養するようにするのが故人やご遺族への最大級の思いやりや誠意といえます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事