お布施の中袋の書き方を解説!お布施の構成からお札の入れ方まで

お布施の中袋の書き方を解説!お布施の構成からお札の入れ方まで

葬儀や法要の時に、供養への感謝としてお寺に支払うお金を「お布施」と言いますが、お布施を入れる中袋の書き方を、ご存知ですか? この記事では、お布施の中袋の書き方を解説していきます。いざという時に何を書いたらいいのかで困らないように、是非最後までご覧ください。

最終更新日: 2020年09月10日

お布施の中袋の書き方について

葬儀

終活と一言で言ってもその範囲は広く、中でも欠かせないものの一つが、葬儀・法事についての知識ではないでしょうか。
さらにその中でも、お布施の中袋や金額の書き方やマナーについては、今ひとつ自信が持てなかったり、なんとなくのイメージはあるものの、具体的にはピンとこないという方も多いかもしれません。
また法事や法要の日程が迫ってきて、実際に知識が必要になってから調べものをしようとするのでは、どうしても焦ってしまい情報が抜け落ちたり、何らかの思い違いをするようなケースもあるものですよね。

直前になって慌てることのないように、今一度あらかじめチェックしておいて、さらにできることであれば、ご家族みなさんでマナーについての知識を共有することができれば、きっと不安も和らいで、終活全体を穏やかに進めて行くことの一助になるのではないでしょうか。

そこで「終活ねっと」では、今回以下のようなことについて紹介します。

  • お布施の中袋とはそもそもどのようなものなのか

  • お布施の中袋はどのように書けばいいのか

  • お札はどのように入れればいいのか

  • 奉書紙にどのように包めばいいのか

ぜひ最後までお読みください。

また「終活ねっと」では僧侶手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

中袋とは

葬儀

中袋とは、お布施として渡す紙幣を包む袋のことを指します。
袋の代わりに、半紙を使った中包みを使うこともあります。

中袋がどうして必要なのかというと、上袋で直接お札を包むのではなくて、中袋や中包みでお布施を包んだ後、奉書紙で包む作法が最も丁寧な形式であるといわれているためです。

必ずしも袋や包みを自前で用意しなければいけないわけではありません。
封筒型の中袋が市販されているので、そちらを使っていただいても無作法にはあたりません。
封筒タイプのお布施については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

お布施の中袋の書き方

葬儀

それでは、お布施の中袋の具体的なマナーはどうなっているのでしょうか。
中袋の扱い方について自信を持って理解していると胸を張れるような方というのは、そう多くないのではないでしょうか。

そもそも、実際の法事・法要に際してお布施を用意する場合には、まずお布施そのものについて、まず不祝儀と祝儀のどちらのルールに従って取り扱うべきものなのか。

それから中袋について、名前や金額はどのように書くべきなのか、さらには、それらの位置は、どのようにするのがふさわしいのでしょう?

この機会に具体的な中袋の書き方についてまとめて理解を深め、法事・法要に備えていきましょう。

中袋の表書き

まず中袋には表書きとして、中央に「御布施」もしくは「お布施」と縦書きで記入するのが一般的とされています。

ただし上袋に「お布施」などの記載がすでにされている場合においては、中袋の表は無地のままでも問題ありません。
また、あらかじめ「御布施」と印字された市販のものを中袋として使用する場合も、改めてこれを消すなどして手書きする必要はありません。

金額の書き方

次にお布施の金額については、中袋の表面の中心(表書きの下)か裏面の右側に記入します。
この時、金額の上に「金」と一文字書き、金額自体は旧字体の漢数字を使って書くのが丁寧とされています。
もちろんこれらの金額は、表書きと同様に縦書きで書きましょう。

漢数字の旧字体については、以下のとおりです。

新字体
旧字体
新字体
旧字体
新字体
旧字体

したがって、たとえばお布施の金額が1万円ならば「金壱萬圓」、5万円なら「金伍萬圓」、10万円は「金壱拾萬圓」、20万円は「金弐拾萬圓」と書くことになります。

中袋の裏書き

中袋の裏書きはどうでしょうか。
これについては、法要・法事を受ける方の住所と名前を右下に書くのが、正式な書き方とされています。

万が一中袋が用意できなかった場合には、直接お札を入れた封筒に裏書きをする必要はありません。

また、市販のお布施袋を使用する際、あらかじめ金額などの記入欄が印字されていた場合は、そちらに沿った書き方でも無作法にはあたりません。

薄墨と濃い墨どちらを使う?

お布施の中袋で使うのは、薄墨ではなくて濃い墨です。
これはお布施が不祝儀にあたらないことに由来しています。

香典などの不祝儀については、「突然の訃報で動揺し、墨を十分に用意できませんでした」「あまりの悲しみに墨を摺(す)る手に力が入りません」という意味を持たせるため、薄墨で書く習わしがありますが、お布施はこの不祝儀にはあたらないため濃い墨を使います
これは間違えやすい点なので、ご注意ください。

法事・法要のイメージからお布施も不祝儀のルールに則ると考えがちですが、弔問客が施主に渡す香典とは違い、「お布施をお渡しするお寺に、不幸があったというわけではない」という点を念頭におけば混乱が生じることはないかと思います。

中袋へのお札の入れ方

お金

お布施のお札の入れ方はどうでしょうか。
これについても、先述の薄墨・濃い墨と同様に不祝儀ではなく、祝儀のマナーに従います。
具体的に見てきましょう。

新札と旧札どちらを使う?

お布施については旧札ではなくて、新札を使います。
これも香典などの不祝儀と一緒にしないように注意してください。
事前に銀行などで用意をする必要がある場合もあるでしょう。

お札の向きを揃える

中袋に入れるお札については、漢字で金額が書かれた側を表にして、中包みを開くと最初に人物が見えるように入れてください。
これも祝儀と同じ入れ方と覚えておけば間違いはないでしょう。

葬儀・法事でのお布施の包み方

葬儀

それでは封筒の外側の奉書紙は、どのようにすれば良いのでしょうか?

まず水引きについてですが、お布施の封筒には基本的に水引はつけなくても構いません。
ただしつける場合は、あわび結びの双銀、黒白、黄白の水引をつけるようにしましょう。
地域によってつける水引の色が厳密に決まっている場合もありますので、確認してみるのが良いでしょう。

また、奉書紙には表裏がありますので、必ずツルツルした面を表側にするようにしましょう。

お布施の奉書紙の書き方や、僧侶への渡し方などのお布施に関するマナーをもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

お布施の中袋の書き方についてまとめ

葬儀

お布施の中袋の書き方については以上になります。
要点をおさらいしていきましょう。

  • 中袋の表には「御布施」もしくは「お布施」と縦書きする

    もしも上袋に同様の記載がある場合は、中袋は無地でも失礼にあたらない

  • 金額は旧字体の漢数字を使って「金○○圓」と縦書きする

    表書きの下か、裏面の右側に縦書きで記入する
    市販のお布施袋を使う場合に、あらかじめ記入欄が印字されていればそれを用いる

  • 中袋の裏の右下に、法要・法事を受ける方の住所と名前を記入する

    金額同様市販のお布施袋を使う場合、あらかじめ記入欄が印字されていればそれを用いる

  • 中袋に金額や氏名を記入するときは、薄墨ではなく、濃い墨を使う

    お布施は不祝儀ではありませんので、薄墨を使うことはマナー違反になってしまいます

  • お札は新札を使い、人物が最初に出てくるように表にして入れる

    これも墨の使い方と同じように、祝儀にお札を入れる入れ方に準じます

特に「お布施は不祝儀ではないので、中袋の書き方や使う墨は不祝儀とは違う」という点をおさえておくと、大きく間違えるということが無いのではないでしょうか。

実際にお布施が必要になった時に「そういえば「終活ねっと」で調べたことがあるな」と思い出していただけると良いかと思います。

中袋の書き方に限らず、細かいマナーや書き方について事前に知っておくことは、終活全般において大切なことですね。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事