施餓鬼法要で支払うお布施の相場はいくら?お布施の書き方も解説!

施餓鬼法要で支払うお布施の相場はいくら?お布施の書き方も解説!

施餓鬼法要という言葉を聞いたことがありますでしょうか?また、お布施の相場はいくらなのでしょう。今回は施餓鬼法要のお布施の相場ついて解説していきます。施餓鬼法要は功徳の一つです。終活を進める上で大事なことですので、この機会にぜひ知っておきましょう。

最終更新日: 2019年12月15日

施餓鬼のお布施の相場について

null

施餓鬼供養という言葉をご存知でしょうか?文字通り、餓鬼のための法要なのですが、これは何のために行われるのでしょうか。
また、お布施の相場はどの程度なのでしょう。
今回は施餓鬼供養について以下の点を中心にして解説します。

  • 施餓鬼供養とは何か。

  • 施餓鬼供養のお布施の相場はいくらか。

  • 施餓鬼供養では、お布施の包み方や服装など、どういったスタイルで行けばいいか。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

施餓鬼供養のお布施の相場のご紹介だけではなく、施餓鬼供養のお布施の包み方や服装についても解説を行っておりますので、知識として頭に入れていただければ幸いです。

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
ぜひ最後までお読みください。

また「終活ねっと」では僧侶手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

施餓鬼とは

お墓

そもそも施餓鬼とはなんのことを指すのでしょうか?

施餓鬼とは、お盆の時期に自分の祖先を供養する盂蘭盆会(うらぼんえ)と違い、亡者の世界に落とされた魂や弔うものがいなくなった霊を供養するものです。
また、施餓鬼はお盆にのみ行うものでもありません

では、自分の祖先でもない霊をなぜ供養するのでしょうか?
また、どんな時に行われているのでしょうか。

意味

餓鬼とは、生前の悪行で亡者の世界に落とされた魂や、無縁仏となっているような霊や魂の事を言います。
無縁仏とは弔うものがいない仏のことを指します。
つまり、供養するものがいない霊のことです。

この餓鬼を供養することを施餓鬼と言います。
このような餓鬼の供養も行なうと、自分の功徳となります。
すると、供養した自分にも救いがあるという考え方です。

そのため、施餓鬼供養を盂蘭盆会のように自分の先祖のためにするわけではなく、自分の功徳のためにボランティアに近い考え方で行うものです。

ただし、浄土真宗では、死者は必ず死後すぐに極楽浄土へ行けると考えられています。
そのため餓鬼の存在自体が教えの中にないため、行いません。

また、曹洞宗では施餓鬼のことを施食会(せじきえ)と呼びます。

いつ行うの?

基本的には盂蘭盆会をおこなうお盆の時期に、自分の祖先の供養と一緒に行うことが多いようです。
実際にお盆に行うものと認識している方や、盂蘭盆会と同じものだと勘違いされている方も多いようです。

しかし、施餓鬼というのは功徳を積むためのものなので、供養する者が望めばいつ行っても良いものとされております
特に神社では、お彼岸などを中心に行事の一環として、施餓鬼供養を行う場を設けているところも多いようです。

施餓鬼のお布施の相場

お金

では、実際に施餓鬼供養を行う場合、お布施の相場はどのくらいなのでしょうか。
特にこの施餓鬼供養は、自分のご先祖様に行うものではないので、必ずしも誰もがやらなくてはいけないものではありません。
あくまで、ご自身がお布施を用意できる範囲で行いましょう。

施餓鬼供養のみの場合

まずは、施餓鬼供養のみを行った場合の相場をご案内します。
お寺の行事として又は自宅に僧侶にいらしていただいて、それぞれの場合についてご案内いたします。

お寺

お寺では、施餓鬼供養を行事の一環として行っている場所が多くあります。
お盆やお彼岸などが多く、お盆の場合は自分のご先祖様の盂蘭盆会と一緒に行うことが多いのですが、施餓鬼供養をだけを受け付けてくれるお寺もあるようです。

近所でそういったお寺がある場合、とくに施餓鬼供養を行いたいけれどまだよくわからないという方には、まずはお寺で行う施餓鬼供養に参加するのがオススメです。

理由としましては、お布施の金額や包み方などをお寺で指定してくれることがあるためです。
さらに、あくまでお寺の行事で一斉に行うものなので、服装も特にかしこまる必要はありません。

お布施はあくまでお寺の指定があればそれに従っていただきますが、相場はある程度あります。
施餓鬼供養のみを行なった場合で3000円〜1万円です。
お寺から施餓鬼供養の案内が届いた場合は、そこにお布施の金額が書いてある場合もあります。

また、卒塔婆をお願いする場合はそれもお金がかかります。
こちらは一本で3000円〜1万円です。
この場合は、一緒にお布施に入れた方がいいのか、別なのかも確認しておきましょう。
オーソドックスなのは、お寺の場合、受け付けでまとめてお支払いするケースが多いようです。

とはいえ、これより高いと怪しいお寺かというとそういうわけではありません。
実際に1万円を超える場合もあります。
お寺で行う場合は、近くで施餓鬼供養をやっている行事があるかと一緒に、お布施の金額に指定があるかを調べてから考えてください。

あくまで、無理ない金額の法要を行いましょう。

自宅

自宅で施餓鬼供養を行う場合も、平均的な相場はお寺で行うものとさほど変わりありません。
相場は3000円〜1万円と言われています。
どちらの方が軽いものというわけでもないのです。

しかし自宅で行う場合は、あくまで喪主の方がお布施の金額を決めるものです。
そのため数万円を支払うケースもあります。
ただしあくまでお布施ですので、高ければより良い法要だというわけでもありません。

また自宅で施餓鬼供養を行う場合は、お車代も入れて包む場合が多いようです。
その場合は、本来のお布施にさらに5000円〜1万円程を一緒に包む場合が多いです。
これは地域によって考え方が変わるので注意が必要です。

お車代を入れた場合8000円〜2万円となりますので、お寺で行うよりはお金が必要にはなります。
それでも自宅に呼んで施餓鬼供養をやってもらいたい場合はお願いしましょう。
しかし、自宅で行ったから必ずしも特別良いというわけでもありません。

お布施はあくまで気持ちですので、最終的にはお自分で包む金額を決めてください。

それでも不安な場合は、お寺に「皆さんどのくらい包まれますか」と聞いてみるのも手です。
「いくら用意すればいいですか」と具体的に聞いてしまうと、「お気持ちで結構です」と答えられてしまうことが多いようです。

お盆時期に行う場合

お盆の時期には、盂蘭盆会と一緒に施餓鬼供養を受け付けてくれるお寺がたくさんあります。
その場合も、まずはお寺でのお布施の指定がないか確認してください。

施餓鬼供養を行う方法として、一番お金がかかる方法になることには違いありません。
これは施餓鬼だけでなく、盂蘭盆会のご自分のご先祖様の供養も一緒に行うので当然のことです。

しかし、今まで盂蘭盆会をお寺でお願いしていた方にとっては、今までのお金に施餓鬼供養のお布施を合わせると思えば大丈夫です。
この場合でも、相場は他の場合と同じで、3000円〜1万円です。
また、卒塔婆を申し込み場合も一本3000円〜1万円と他の場合と相場は一緒です。

逆に今まで盂蘭盆会も何も行なっていなかった方は、一度しっかりお布施の目安を確認した方がいいかも知れません。

盂蘭盆会のみのお布施の相場は5000円〜1万円となります。
施餓鬼供養を入れて2万円しない程度が相場になりますが、これはそれぞれに卒塔婆を用意するかどうかにもよっても変わってきます。

施餓鬼のお布施の包み方

葬儀

お布施の包み方は、お寺によっては専用の封筒が用意してある場合もありますし、また大規模な施餓鬼会がある場合は、参加者が多いという理由から裸のまま受付で支払うケースもあります。
どちらにしてもお寺で一度は確認が必要です。

お寺で指定がなかった場合は熨斗袋に包んで持参しましょう。
また、お寺での指定があるか確認ができなかった場合も、熨斗袋にいれて持参するのが無難でしょう。

具体的なお布施の包み方に関しては、「終活ねっと」の以下の記事で解説しておりますのであわせてご覧ください。

施餓鬼の表書きの書き方

葬儀

お布施の名称が「施餓鬼料」「特別施餓鬼料」「施餓鬼供養料」等と決まっている場合もあります。
その場合は表書きの書き方も変わりますので、まずはお寺に確認しましょう。

特にお寺から指定がない場合、施餓鬼の表書きは御布施です。
普通の「御布施」と同じように書いてください。

「終活ねっと」の以下の記事で具体的なお布施の書き方をご案内しておりますので、あわせてご確認ください。

施餓鬼の服装

葬儀

施餓鬼供養は基本的には平服・略礼服を着てください。
しかしお寺で行う場合は、あくまでお寺の行事として白やグレーの服であればいい場合もあります。
こちらはお寺で確認が必要です。

また、自宅で行う場合も基本的には平服・略礼服ですが、喪主の方だけは、喪服を着る場合があります。

具体的な服装について、さらに詳しく知りたいという方は「終活ねっと」の以下の記事もあわせてご覧ください。

施餓鬼のお布施の相場まとめ

寺

施餓鬼供養とは、あくまで自身の功徳のために行うものです。
自分のご先祖様のために行うわけではありませんので、必ずしも誰もが行わなくてはいけないものではありません。
しかし、餓鬼が存在すると考えられている宗派の方には大切なものでもあります。

施餓鬼供養の考え方をよく知って、必要だと感じられた方はぜひお寺に足を運んで確認してみてください。
今でもお布施を用意するだけで施餓鬼法要を行ってくれるお寺がたくさんあります。

今回「終活ねっと」でご紹介したことの詳細をまとめておきましたので参考にしてください。

  • 施餓鬼供養は餓鬼や無縁仏を弔うものであり、盂蘭盆会とは全くの別物。

  • 表書きはお布施とし、服装は平服・略礼服が一般的だが、あくまでお寺に確認をした方がいい。

  • お布施の相場は3000円〜1万円。卒塔婆をお願いすると一本3000円〜1万円。

  • 自宅で行う場合はお車代も一緒に包む場合がある。

必ずしも必要のないものではないからこそ、自分の功徳になるものだからこそ、終活を進めていく上でご参考にされてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説しますのサムネイル画像
    33回忌法要にお布施は必要?金額相場やお布施のマナーを解説します

    33回忌法要は故人没後の32年目の法要のことです。さすがに33回忌になると故人を直接知る方もおらず行わないケースもあるほどです。もし、33回忌の法要を行うとしたらお布施は必要となるのでしょうか?今回は33回忌法要のお布施について見ていきましょう。

  • 四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外の費用も紹介!のサムネイル画像
    四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外の費用も紹介!

    四十九日法要のお布施の相場をご存知ですか?お布施は気持ちを表すものだといっても、どのようにするのがいいのか不安を抱く人は少なくありません。四十九日のお布施について、宗派ごとの相場の目安だけでなく、お布施に関するマナーや御車代などについてもあわせて紹介します。

  • お布施の金額相場について年忌法要別に解説!渡し方についてもご紹介のサムネイル画像
    お布施の金額相場について年忌法要別に解説!渡し方についてもご紹介

    お布施はお寺にお渡しするものと分かってはいても、はっきりとした金額が提示されておらず実際いくらお包みすればよいのか悩んでしまいますよね。いざという時のために相場を知っておきたいという方のために、今回は一般的なお布施の相場を法要別に詳しく解説していきます。

  • 初七日のお布施の金額相場をご紹介!お布施の渡し方についても解説のサムネイル画像
    初七日のお布施の金額相場をご紹介!お布施の渡し方についても解説

    初七日とは故人の方の命日から7日目に迎える法要です。現在では火葬の後に行う場合も増えてきていますが、僧侶の方にお経をあげてもらう以上お布施が必要です。しかし、初七日のお布施の相場をいわれてもわからない方は多いでしょう。はたして初七日のお布施の相場は?

  • 浄土真宗の場合お布施はいくら包む?お布施の包み方や渡し方もご紹介のサムネイル画像
    浄土真宗の場合お布施はいくら包む?お布施の包み方や渡し方もご紹介

    自分の家は浄土真宗だという方は多いと思います。 しかし、お布施を払ったことのある方は、余りおられないでしょう。 お布施はどの位がよいのか、どのように渡すのか、分からない方も多いでしょう。 浄土真宗のお布施について、包み方や渡し方などを含めて分かりやすく解説します。

  • お布施の金額相場はいくら?宗派・年忌法要別にご紹介しますのサムネイル画像
    お布施の金額相場はいくら?宗派・年忌法要別にご紹介します

    法事の際のお布施は、僧侶への感謝を示す大切なものです。しかしながら、お布施の包む金額の目安がわからずに悩んだことがある人は多いのではないでしょうか?今回は、宗派や法要別にお布施の目安の金額の一例を変動理由やお布施の渡し方などのマナーとあわせてご紹介します。

  • お布施の封筒の書き方|上包み・中袋・包み方・渡し方・相場のサムネイル画像
    お布施の封筒の書き方|上包み・中袋・包み方・渡し方・相場

    お布施の封筒の書き方ってついつい忘れがちではありませんか?今回終活ねっとではお布施の封筒の書き方について解説をしていきたいと思います。覚えておくと役に立つ表書きの書き方、金額の書き方までしっかりとご紹介しますので最後まで読んで頂ければと思います。

  • お盆に渡すお布施はいくら包む?新盆の場合や宗派別の相場も解説!のサムネイル画像
    お盆に渡すお布施はいくら包む?新盆の場合や宗派別の相場も解説!

    お盆にわたすお布施の相場についてご存知でしょうか。法要によってはお布施の金額は様々ですから、お盆のお布施の相場をついつい忘れてしまうかたは多いことでしょう。そこで今回はお盆のお布施の相場について新盆や宗派別の場合にも触れつつ解説していきたいと思います。

  • お盆供養はどうやって行うの?供養の方法やお布施の書き方をご解説のサムネイル画像
    お盆供養はどうやって行うの?供養の方法やお布施の書き方をご解説

    お盆供養は、毎年行われているとても身近な仏事です。各地のお盆の様子が報道されるだけでなく、不特定多数の人が参加する盛大な行事として執り行われていることもあります。今回の記事ではお盆について、供養の方法からお布施に至るまで、法事の手順を徹底的に解説します。

  • お盆と施餓鬼の違いを知っていますか?施餓鬼会の服装や持ち物も解説のサムネイル画像
    お盆と施餓鬼の違いを知っていますか?施餓鬼会の服装や持ち物も解説

    施餓鬼はお盆と一緒に行われることが多いですが、概要を明確に覚えている方は少ないです。お盆の時期は他の法事もよく重なるため、予備知識なしでは内容をよく理解しないまま過ごしてしまいかねません。今回の記事では、施餓鬼会を丁寧に解説しました。参考になさってください。

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事