一周忌の持ち物を施主と参列者に分けて解説!服装についてもご紹介

一周忌の持ち物を施主と参列者に分けて解説!服装についてもご紹介

一周忌に参列する場合の持ち物は何なのでしょうか。また、参列したことはあっても自身が施主として一周忌を行う場合にはどのようなものが必要になるのでしょうか。そこで今回は一周忌の持ち物を施主と参列者に分けて説明していきたいと思います。

最終更新日: 2020年09月09日

一周忌の持ち物について

仏壇

一周忌の持ち物には何が必要なのでしょうか?

自分は一周忌の施主をしたことがなく施主が準備するべきものがわからなくて困っている方や、一周忌に参加したことがなく参列者として何をもっていけばいいのかわからないという方は多いでしょう。
また、持ち物だけでなく一周忌のマナーについて一通りおさえておきたいという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回「終活ねっと」では、一周忌の持ち物を施主と参列者に分けて解説していきたいと思います。
ポイントとしては、

  • 一周忌とはなにか

  • お寺での一周忌で施主が持参する物について

  • 一周忌に参列する際の持ち物について

  • 一周忌の参列者の服装について

以上のことについて詳しく解説していきたいと思います。
ぜひ最後までお読みください。

一周忌の基礎知識について知りたい方はこちらをご覧ください。

お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

一周忌とは

仏壇

一周忌とは、故人が亡くなってからちょうど一年目の祥月命日(故人の亡くなった日と同月同日)のことをいいます。

一周忌の流れとしましては法要を行い僧侶による読経と焼香が行われ、最後には食事が振る舞われることがおおいです。
一周忌には親族だけでなく、知人・友人なども参加するのが一般的です。

「終活ねっと」では、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集も用意しています。
一周忌について詳しく知りたいという方は以下の記事も合わせてご覧ください。

お寺での一周忌で施主が持参する物

仏壇

お寺で一周忌が行われる場合において施主としての持ち物はなんでしょうか。

一周忌は施主が主体となって行われるものですから、施主側が十分に準備をした上で滞りなく一周忌を行うことが重要であると言えるでしょう。
また、喪主が十分に準備することで参列者やお寺側も気持ちよく法事を行うことができ、故人の供養のためにも事前の準備はしっかりとおこなった方が良いでしょう。

以下では、お寺での一周忌の場合での施主の持ち物について詳しく解説していきたいと思います。

遺影

まず、一周忌における重要なものとして挙げられる持ち物は「遺影」です。
遺影を準備する場合には葬儀で使ったものをそのまま持参しても良いです。

もっとも、一周忌の行われるお寺の大きさや規模に応じて別に用意することも可能です。
例えば、葬儀で用いられた遺影のサイズを小さくしたものを用いることなどもあるようです。

なお、位牌とは違い宗教的意義は低いため葬儀に用いられた遺影にはそこまでこだわる必要はありません。
葬儀時の遺影じゃないといけないのかと心配の方も、安心して別の遺影を用意しても大丈夫です。

現代の若者とは違い、祖父や祖母となると遺影に使える写真がないという場合もあります。
生前に遺影用の写真を撮っておくのもおすすめです。

位牌

一周忌において一番重要な持ち物と言えるのが「位牌」です。
位牌は故人そのものをあらわすこととされていますので、一周忌では必ず持参しないといけないものです。

なお、位牌は葬儀の時点では白木の位牌が用いられますが、四十九日法要において漆塗りの本位牌に作り変えられますので、一周忌においては漆塗りの本位牌を持参することになります。


「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。
位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクから気軽にご相談ください。

お供えのお菓子やお花

一周忌では果物やお花をお供えするのが一般的ですから、持ち物のひとつといえます。

お供え物については、四十九日までは白などの控えめな印象のものをお供えすることが一般的です。
一方で、一周忌においては多少の淡い色が加えられたものであってもお供えしてもよいこととされています。
故人の好きだったお菓子やお花もお供えすることができます。

なお、お供えものは施主だけでなく参列者の方もお供えすることが多いですから、その点に配慮した上で何をお供えするかを決めることをオススメします。

お布施

一周忌での読経等のお礼としお布施を僧侶にわたす必要があるため、「お布施」も持ち物のひとつにあげられます。

一般的なお布施の相場としては約3万円程度とされていますが、お寺によっては額が変動することもあるので事前に確認することをオススメします。

また、お布施を渡す際には直接渡すのではなく、お盆に載せて渡すのが正しい作法とされていますので、合わせてお盆の準備をしておくとよいでしょう。

休憩の時のお茶

一周忌は長時間に渡ることがあるため、「休憩時のお茶」も持ち物として用意しておきましょう。
また、出席していただく参列者の方にもお礼や感謝の意を示すべく最低限の礼儀として参列者の方たちの分のお茶も用意したほうが良いでしょう。

一周忌に参列する際の持ち物

お墓

以上、一周忌の施主側の持参すべきものについて説明してきました。
では、今度は一周忌に参列する場合にはどのようなものが必要なのでしょうか。

施主やお寺への失礼にならないように、持参すべきものを事前にチェックすることが参列者のマナーといえるでしょう。

ここでは、一周忌に参列する場合に持参すべきものについて解説していきます。

香典

まず、参列者に必要なものは「香典」です。
香典とは、故人の霊前にお供えする金品のことで、香やお花の代わりになるものとされています。

香典の相場としては、一人あたり親族の場合には1万円で、両親の場合には3万円、友人の場合には3千円が一般的です。
なお、一周忌での食事がある場合には香典とは別に食事代金も用意する必要があるので事前に施主に確認することをおすすめします。

香典について詳しく知りたいという方は、以下の記事がございますので合わせてチェックしてみてください。

数珠

一周忌においては、故人を供養するべく「数珠」を忘れないようにしてください。
数珠の色や種類については様々なものがありますが、特に決まりのようなありませんので、自身の持っている数珠を持参すれば大丈夫です。

もっとも、地域によっては一周忌の数珠は暗い色もの、明るい色のものなどの決まりがある場合もありますので、不安な方は事前に施主やお寺に確認したほうが良いでしょう。

お花とお供物

香典や数珠に合わせて持参するものとしては「お花やお供えもの」があげられます。
具体的には一周忌用の花だったり、故人の好きだった花、故人の好きだったお菓子などをお供えすることが多いようです。

もっとも、お花やお供え物については参列者の持参は必須ではありません
どうしても持参したいという方は施主やお寺に一言確認をとることをオススメします。

一周忌の参列者の服装

お墓

一周忌の参列者の服装としては何を着ていけばいいのでしょうか。
喪服や平服など様々なものがありますから迷ってしまいますよね。

一般的には、一周忌において参列者は白いYシャツに全身黒の喪服を着ることが多いです。
女性は黒のワンピースやアンサンブルとなります。

もっとも、案内状によっては平服でも良い場合がありますし、不安なら施主に服装について確認しるのがいいでしょう。

平服でお越しくださいなどの断がある場合もあります。
平服がどのようなものかわからない場合には以下の記事でまとめてあるので参照してみてください。

一周忌の持ち物についてまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか?

今回「終活ねっと」では、一周忌の持ち物についてを施主と参列者に分けて解説してきました。

今回の記事をまとめると次のようになります。

  • 一周忌とは、故人が亡くなってからちょうど一年目の祥月命日(故人の亡くなった日と同月同日)のことをいう。

  • お寺での一周忌で施主が持参する物は、遺影、位牌、お布施、お花・お供え物、休憩時のお茶である。

  • 一周忌の参列者が持参するものは、香典、数珠、お花・お供え物であるが、お花・・お供え物は必須ではない。

  • 一周忌の服装は喪服か平服が一般的である。

参列者の場合もそうですが、施主の場合には多くの品目を事前に準備する必要があるんですね。
施主の場合には特に事前の準備が大事といえるでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事