お布施の金額相場について年忌法要別に解説!渡し方についてもご紹介

お布施はお寺にお渡しするものと分かってはいても、はっきりとした金額が提示されておらず実際いくらお包みすればよいのか悩んでしまいますよね。いざという時のために相場を知っておきたいという方のために、今回は一般的なお布施の相場を法要別に詳しく解説していきます。

目次

  1. お布施の金額相場について
  2. お布施とは
  3. 法要別のお布施の金額相場
  4. その他のお布施の金額相場
  5. お布施の渡し方
  6. お布施以外に必要な費用
  7. お布施の金額相場についてまとめ

お布施の金額相場について

お金

明確な金額が分からないお布施は、いくらぐらいが一般的な相場なのか誰しもが悩んでしまうところです。
お葬式から初七日、四十九日、一周忌と続く法要ですが、内容によって金額が違うのかも気になりますよね。

そこで今回終活ねっとでは、お布施の金額相場について

  • お布施の意味
  • 法要別にみるお布施の相場
  • お彼岸やお盆などの場合のお布施について
  • お布施の包み方や渡す際のマナー
  • お布施以外に用意しておくべき費用

以上のことについて詳しく解説していきます。

お布施以外にも準備しておくべき費用や当日のマナーについてもふれていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

お布施とは

葬儀

お布施とは、法要を行っていただいたお寺にお渡しする謝礼のことです。
お通夜から始まりお葬式・初七日・四十九日・一周忌と続く故人を偲ぶ大事な行事の際に僧侶に読経をあげてもらいますが、このお礼となるものです。

あくまで感謝の気持ちをあらわしたものですのではっきりとした価格表などはなく、頭を悩ませている方はとても多いです。

法要別のお布施の金額相場

仏壇

お布施は行われる法要によって変わってきます。
一周忌までは1回の法要につきおおよそ3万円~5万円が目安ですが、その後の法要については若干低くなるのが一般的です。

もちろん法要の規模なども金額に影響してきますが、ここでは一般的な法要についての相場を解説していきます。
それでは法要別に詳しく見ていきましょう。

葬儀から初七日

お通夜からお葬式の際の読経のお礼としてお渡しするお布施の全国的な相場は、15万円~30万円となっています。
しかし、お葬式にかかるお布施の相場は地域によって差があり、特に関東や中部地方では高くなる傾向がありますので事前に親族や葬儀社などへ相談しておくと安心です。

また、亡くなってから七日目には初七日法要が行われます。
初七日にかかるお布施の相場は3万円~5万円です。

七日後に再度親族が集まって法要を行うことが難しいという面もあり、お葬式と同日に初七日を済ませることも多くなりました。
この場合はお葬式のお布施と合わせた金額をお渡しすることになります。

四十九日までの忌日法要

初七日が過ぎると7日おきに忌日法要を行い、四十九日を迎えます。
四十九日は故人の成仏を願う大事な法要であり、法要の後に納骨を同時に行うことが一般的です。
そのため、亡くなってからの大きな節目となるものです。

相場は3万円~5万円ですが、お葬式の際のお布施の1割を目安に準備しておきましょう。

一周忌

亡くなってからちょうど1年経った日を祥月命日(しょうつきめいにち)といいますが、この日に行われるのが一周忌法要です。
この一周忌法要で僧侶に読経をあげてもらう際に謝礼としてお布施をお渡しします。
一周忌の場合の相場は3万円~5万円とされています。

一周忌はできるだけ祥月命日当日に執り行われることがよいとされていますが、予定がどうしても合わない場合は後日ではなく前もって行うようにしましょう。

三回忌以降の年回忌

亡くなってから満2年経った祥月命日に行うのが三回忌です。
その後も満6年経つと七回忌、満12年で十三回忌と法要は続きます。
一般的に法事とされているものですね。

この三回忌以降の法要にも、一周忌と同じく僧侶に依頼し読経をあげてもらう場合はお布施を準備する必要があります。

目安として一周忌より少し低めか同等で、1万円~5万円ぐらいが相場となっています。

浄土真宗の場合は?

浄土真宗での法要の場合も大きく相場が変わるということはありません。
一般的な相場はお通夜から初七日までで20万円~30万円となっています。

ひとつ違う点は戒名料の有無です。
浄土真宗では故人に付けられる「戒名」というものはなく、死後全ての人に「法名」が与えられます。
戒名については読経料とは別に戒名料として準備する必要がありますが、浄土真宗にはこれがないため、読経に対するお礼のみをお布施としてお渡しします。

その他のお布施の金額相場

お墓

葬儀~四十九日、一周忌などの法要にかかる金額相場についてお伝えしてきましたが、ここではお彼岸やお盆などを初めて迎える場合に必要となってくるお布施について解説していきます。

納骨時

四十九日が過ぎると故人は仏の道へ旅立つとされ、その後一区切りとなる納骨が行われます。

納骨の際に僧侶に読経を依頼する場合のお布施は3万円~5万円が目安です。
新しいお墓を購入した場合は開眼供養(かいげんくよう)も行うため、そのお布施としてさらに1万円~3万円が必要となります。

また、納骨の時期については特に決まりはありませんが、施主や参列者の利便性の面を考慮し四十九日法要と同時にすることが一般的です。
この場合は四十九日法要のお布施と合算してお渡ししましょう。

お彼岸

お彼岸は春分の日、秋分の日前後におこなう法要です。
この時期にお墓参りをされる方も多いですよね。

他の法要と同じく、僧侶を呼んで読経していただく場合はお布施を用意しておかなければなりません。
相場は3万円~5万円が目安です。

しかし、お彼岸の供養の方法は地域やご家庭によって様々です。
そのため、身内のみのお墓参りだけで済ませるという場合にお布施は必要ありません。

また、お彼岸に執り行われるお寺の合同法要に参加する場合は3千円~1万円のお布施が必要となってきます。

お盆

お盆の供養に僧侶を招いて読経していただく際にもお布施の準備をしておきましょう。

四十九日法要のあと、初めて迎えるお盆を初盆、または新盆といいます。
初めてのお盆の時のお布施は通常のお盆の金額より少し高く、3万円~5万円が相場といわれています。
初盆でない時は5千円~2万円を目安にするとよいでしょう。

お布施の渡し方

葬儀

お布施の相場を解説していきましたが、ここでは実際にお布施を入れる封筒や渡す際のタイミングについてご紹介します。

普段あまり使うことのない切手盆や袱紗についてもふれていますので参考にされてください。

表書きと包み方

お布施を入れる不祝儀袋は文具店やコンビニでも販売されているので目にしたことがある人も多いでしょう。
郵便番号欄のない白い封筒でも失礼になることはありません。

表書きは御布施となります。
ご自身で買いても、印刷されているものを買ってもどちらでも大丈夫です。

僧侶に渡す際には切手盆とよばれる冠婚葬祭用の小さめのお盆にのせ、表に書いた名前が相手に読めるよう向きを整えて差し出しましょう。
切手盆がない場合は折りたたんだ袱紗の上に封筒を置き、同じように差し出します。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
お布施の書き方について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

葬儀やお墓のことなどでお世話になるのが僧侶の方です。僧侶の方にお経をあげてもらったことへの謝礼がお布施ですが、香典などと違って書き方がわからないという方も多いでしょう。今回はお布施を手渡す際、恥ずかしい思いをしなくて済むお布施の書き方について見ていきます。

渡すタイミング

自宅で法要を執り行う場合、お布施を渡すタイミングは一通り法要が終わった後に僧侶が帰られる時がベストといえるでしょう。

会場が寺院など受付場所を備えている場合は、法要前の受付時にお渡しすることもありますので事前に確認しておくと安心です。

バタバタと慌ただしい時間の中でのことになりますが、感謝の言葉をひとこと付け加えてお渡しするようにしましょう。

お布施以外に必要な費用

お金

お車代

お車代とは、簡単にいうと僧侶にお渡しする交通費のことです。
そのため、会場が寺院など、こちらが出向く場合は必要ありません。

相場は5千円~1万円ですが、利用する移動手段によって差がでてきます。
自宅や斎場へお呼びする場合は往復にかかる代金を目安に用意しておきましょう。

お膳料

お膳料とは、法要のあとに用意された会食の代金のことです。
都合などで僧侶が会食を辞退される場合にお食事の代わりという意味を込めてお渡しします。

会場やメニューによって金額は変わってくることがありますが、5千円~1万円が一般的な相場です。
仕出し屋やレストランへ料理を注文する際に1人あたりどれくらいの予算になるか事前に確認しておくと、お包みする金額も算出しやすくなります。

戒名料

戒名とは、故人に与えられる名前のことで、この戒名を付けてもらう謝礼としてお渡しするのが戒名料です。
戒名を与えられると仏門に入ることが許されると言われており、死後の成仏の意味も込められています。

戒名料の相場は10万円から100万円以上と幅が広く、どれくらいかかるかは頂いた戒名のランクによって大きく変わってきます。
生前の社会的地位やお世話になる寺院との繋がりが考慮され、お寺の基準により決定されます。

そのためご家族の意向と違う結果となることも珍しくはなく、トラブルとなることも多いといわれています。

戒名料については金額が大きくなることも考えられることから、事前に親族や葬儀社などに相談しておくと安心です。

お布施の金額相場についてまとめ

お墓

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、お布施の相場を法要別に解説していきました。

  • お布施とは、法要の際に僧侶にお渡しする謝礼のことである。
  • お葬式から初七日までの読経にかかるお布施の相場は15万円~30万円であるが、地域によって差があるので確認が必要である。
  • 四十九日、一周忌のお布施の相場は3万円~5万円、三回忌以降の年回忌のお布施の相場は1万円~5万円である
  • お彼岸、初盆の際のお布施の相場は3万円~5万円である。
  • お布施を入れる封筒は不祝儀袋や白い無地のものを選び、渡す際は切手盆や袱紗を利用する。
  • お布施以外にも御膳料やお車代を準備しておく。
  • 戒名をいただく場合は読経料と別に準備する。ランクによって10万円~100万円と金額に差がある。

お布施とひとことで言っても、行われる法要の内容や地域、宗派によって金額も変わるということですね。
法要の予定がある方は相場を参考にされてみると準備も進めやすくなるのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
お布施袋の水引について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

お布施袋の水引はどうする?お布施の水引の色や結び方も紹介します!

お布施に水引は必要なのでしょうか。水引には種類があってお布施の場合にどのような水引にしたらいいかわからない、あるいはそもそもお布施に水引っているのと疑問に思われる方も多いかもしれません。そこで今回はお布施に水引きが必要なのかについて解説していきたいと思います。

「お布施・相場」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お布施・相場」についてさらに知りたい方へ

納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?のサムネイル画像

納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?

納骨法要の際のお布施はいくらくらいが妥当なの?のサムネイル画像

納骨法要の際のお布施はいくらくらいが妥当なの?

13回忌でのお布施の相場はいくら?お布施のマナーについても解説!のサムネイル画像

13回忌でのお布施の相場はいくら?お布施のマナーについても解説!

一周忌法要で渡すお布施の相場はいくら?知っておきたいマナーも解説のサムネイル画像

一周忌法要で渡すお布施の相場はいくら?知っておきたいマナーも解説

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介しますのサムネイル画像

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介します

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説のサムネイル画像

二七日(ふたなのか)のお布施はどう渡す?書き方や相場について解説

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介のサムネイル画像

四十九日法要のお布施の相場はいくら?お布施以外にかかる費用も紹介

一周忌法要の際に渡すお布施の相場は?宗派別の料金相場も解説しますのサムネイル画像

一周忌法要の際に渡すお布施の相場は?宗派別の料金相場も解説します

17回忌のお布施の金額はいくら?回忌別のお布施の金額も解説しますのサムネイル画像

17回忌のお布施の金額はいくら?回忌別のお布施の金額も解説します

四十九日のお布施の相場はいくら?地域や宗派別に詳しくご紹介しますのサムネイル画像

四十九日のお布施の相場はいくら?地域や宗派別に詳しくご紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「お布施・相場」についてさらに知りたい方へ

納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?のサムネイル画像

納骨の際はお布施をどのように用意したらいい?

納骨法要の際のお布施はいくらくらいが妥当なの?のサムネイル画像

納骨法要の際のお布施はいくらくらいが妥当なの?

13回忌でのお布施の相場はいくら?お布施のマナーについても解説!のサムネイル画像

13回忌でのお布施の相場はいくら?お布施のマナーについても解説!

一周忌法要で渡すお布施の相場はいくら?知っておきたいマナーも解説のサムネイル画像

一周忌法要で渡すお布施の相場はいくら?知っておきたいマナーも解説

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介しますのサムネイル画像

23回忌のお布施の金額相場は?書き方や包み方についても紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと