正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介

正しいお布施の包み方ってなに?表書きや渡し方のマナーもご紹介

みなさんは正しいお布施の包み方を知っていますか?お葬式や法要の場でお布施をお坊さんに渡すことは知っていても、お布施の包み方を知っている方は少ないのではないでしょうか。今回は、正しいお布施の包み方とその表書きや渡し方のマナーにご紹介いたします。

最終更新日: 2020年02月10日

お布施の包み方について

仏壇

皆さんは、正しいお布施の包み方を知っていますか。

お葬式や法要の場でお布施をお坊さんに渡すこと自体は知っていても、お布施の正しい包み方を知っている方は少ないのではないでしょうか。

お布施を自身で用意して渡すという機会はめったにありませんよね。
お布施の用意が必要になった時に、どのように包めばいいのか戸惑うのも当然のことです。

しかし、いざとなってお布施の包み方などのマナーを知らないと、恥ずかしいものです。

そして、お葬式や法事は故人を偲ぶために執り行われる大切な場です。
そのような場で、マナーを守り失礼のないようにお布施を渡すことはとても重要なことです。

今回「終活ねっと」では、正しいお布施の包み方やお札の向き、表書きや渡し方のマナーについて、以下のポイントを中心にご紹介いたします。

  • お布施とは?

  • お布施の包み方

  • お布施のお金の入れ方

  • お布施の渡し方

  • お布施の書き方

  • お布施以外の謝礼金

今回の記事で、一緒にお布施の正しい包み方とマナーを学びましょう。
後半では、お布施以外の謝礼金についても解説します。

お布施について考えるのは、先のことだからとお思いの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、早いうちから知っておくべき常識になりますので、学んでおいて損はないでしょう。

参考になる記事となっていますので、ぜひ最後までお読みください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀でのお布施とは?

葬儀

そもそも、お布施とは何でしょうか。

お布施とは、葬儀や法要の時にお坊さん、またはお寺に渡すお礼のことを言います。

お葬式や法要などでは、お坊さんに読経してもらい故人を供養していただきます。
その際、僧侶に対するお礼の気持ちとしてお渡しするのがお布施です。

お布施の包み方

葬儀

お布施の正しい包み方とは一体どのような包み方なのでしょうか。

主に、一般的とされる包み方は2通りあります。
それでは、一緒にお布施の正しい包み方とマナーについてみていきましょう。

奉書紙に包んで渡す

一般的に、お布施は奉書紙(ほうしょがみ)に包みお渡しするのが一番正式な渡し方とされています。
ではどのように包むのか、順を追ってご説明します。

奉書紙に包んで渡す場合、中包と上包の手順があります。
半紙での中包みと中袋についてご説明したあとで奉書紙での上包について解説いたします。

半紙で包む場合

まずはお札を半紙で包み、中包みを準備します。

お札の上下

肖像画が書いてある方の面を上にして半紙につつみます。
基本的にお札は肖像画がある方が表とされています。

半紙での包み方

リストに包み方の手順をまとめたのでご覧ください。

  • 右下端を折る

    半紙を自分から見て縦長になるようにおいて始めます。
    まず、右下端が左辺よりも内側になるように折ります。
    折り終わったら折り目が自分と平行になるようにおきます。

  • お札をおく

    先ほどの折り目とお札の下の辺が合わさるように折り目のところにいれます。
    繰り返しになりますがお札の向きは、お札の肖像画がある方を表にします。

  • 左端を折る

    左の折り目とお札の間は適度にあいている状態で底辺同士が重なるように折ります。

  • 右端を折る

    同じように右の折り目も、お札の間は適度にあけて底辺同士が重なるように折ります。

  • お札の部分を持ち上げて折る

    お札の上は多少ゆとりをもたせた状態で、下から上に向かって折ります。
    折った時に、上の三角部分はすこし余った状態になります。

  • 上部の三角を折る

    最後に、余った三角部分をできあがった長方形にあわせて折ります。
    この時表になっている面が中包の裏となります。

また、奉書紙に包む時、表面の中包みの折り返しの空いた部分は「左上」になります。
つまり、最後に折り返した小さな三角が裏側の左下となります。

中袋の場合

半紙ではなく、封筒を用いる場合についてご説明します。
お札を半紙で包まない場合は、中袋にお札を入れても良いとされています。
お札の顔が表側になるように中袋にいれます。
お札の向きについて詳しくは後述いたします。

上包:奉書紙の包み方

半紙でお札を包んだ中包み、またはお札を入れた中袋をさらに奉書紙で包みます。

奉書紙には表と裏があります。
奉書紙のツルツルした面が表、ザラザラした面が裏とされています。
奉書紙で包む場合はツルツルした面を表に、ざらざらした面を裏にして包みましょう。

  • 真ん中に中包みをおく

    中包みの折り返しの空いた部分が左上になるようにおきます。

  • 左側を内側に折る

    三等分するイメージで左側をおります。

  • 右側を内側に折る

    三等分するイメージで右側をおります。
    この時点で長細い形になります。

  • 上側を内側に折る

    上側を内側に折ります。

  • 下側を内側に折る

    下側を内側に折り、先ほど上側から折った部分にかぶせます。
    つまり、上包みの折り返しの重なりは「下側が上」になります。

奉書紙の包み方に関してですが、お布施はお礼の気持ちということから、慶事の包み方にします。
あくまで、不祝儀の際に使われる弔事の折り方は避けましょう。
折り方を間違えると、失礼にあたる場合もあるので注意が必要です。

お布施をお渡しするときは、奉書紙に包んで渡すのが一番丁寧な渡し方ということを覚えておくと良いでしょう。

封筒に入れて渡す

お布施を奉書紙で準備できない場合は、封筒に入れてお渡ししても良いとされています。

封筒の選び方

封筒は、白色の無地タイプのものを選びます。
郵便番号欄が印刷されているものや、柄が入っているものは避けましょう。

また、封筒が2枚重なっているものは「度重なる不幸」「不幸が重なる」という意味合いとして受けとられる可能性もあります。
ニ重封筒を使用するのは避けたほうが無難です。

また、白い封筒に「お布施」「御布施」とあらかじめ印字されているものを使っても結構です。
文具店など市場に出回っていますので、こちらもご活用ください。

封筒に入れるお札の向き

お札の向きは、表書きの方にお札の表、つまりお札の顔がある面を合わせて入れます。
これについては後ほど詳しくご説明します。

水引は必要?

お布施に水引は必要ありません

しかし、奉書紙や白い無地封筒が準備できない場合には、水引がついている封筒を選ぶ場合もあります。

水引がある封筒を選ぶ場合、水引の色が「黒白」または「双銀」のものを選びましょう。
地域によって葬儀や法要に関する慣習が違うため、黄白の水引を選ぶこともあります。
自分の住んでいる場所に合わせて水引の色を選ばなくてはなりませんので、家族などにあらかじめ相談すると良いでしょう。

水引付きの封筒は、あくまで奉書紙や白い無地封筒を準備できなかった場合です。
お布施を渡す際には、できるだけ奉書紙や白い無地封筒に包むようにしてください。

お布施のお金の入れ方

お金

では、お布施のお金の包み方はどうすれば良いのでしょうか。
中に入れるお札の入れ方にもマナーがありますので、以下で詳しく解説していきます。

せっかく正しいお布施の包み方をしたのに、中のお札の入れ方が間違っていたら元も子もありませんよね。

新札を使ってもいいの?

中に入れるお札に新札を使っても良いのでしょうか。
お布施の場合は、新札を使っても良いとされています。

そもそも新札を使っていけないのは、お葬式などに用意する香典の時です。
香典では、故人が亡くなることを予期して新札を用意したと受け取られるため、新札の使用は避けます。

しかし、お布施はお坊さんへのお礼なので、あらかじめ準備しておくことが普通です。
そのため、お布施では新札を使っても良いとされています。

また、場合によっては新札に折り目を付けて渡す方もいらっしゃいます。
新札を渡すことに抵抗のある方は、折り目をつける渡し方でも問題ありません。

お金の向きに注意

お布施に入れるお金の向きには決まりがあります。
お札の入れ方の決まりを守らなければマナー違反とされますので、注意が必要です。

お金の入れる向きは、お布施を奉書紙で包む場合と白い無地封筒で包む場合とで違います。
また、お金の入れ方は慶事の時の入れ方になります。
以下で具体的に解説していきます。

まず、奉書紙でお布施を包む場合です。
奉書紙の場合は、お札の表が上になるように置き、包んでいきましょう。
お札の表とはお札の顔がある面になります。

また、お札を置く面は奉書紙の裏面になりますので、そちらも注意しましょう。

次に、白い封筒でお布施を包む場合です。
お札の向きは、表書きの方にお札の表、つまりお札の顔がある面を合わせて入れましょう。

上記のように、お布施に入れるお金の向きにもマナーがあります。
間違った入れ方をしてしまうと、誤解を招くおそれもありますので、十分に注意したいものです。

補足ですが、慶事の際にはお札の顔を表に向けて入れ、弔事の際には顔を裏返しにして入れます。
もし迷ったら、お布施の場合は包み方もお札の入れ方も、慶事の時と同じようにすると覚えておくと良いでしょう。

お布施の渡し方

仏壇

では、お布施の渡し方はどうすれば良いのでしょうか。

お布施を渡すタイミングや渡す時の挨拶もきちんと確認したいですよね。
以下で、詳しく解説してきます。

お布施を渡すタイミングですが、自宅で渡す場合と葬儀の場で渡す場合とで異なります。
自宅にお坊さんを招いての法要などでは、読経が終わりお坊さんが帰る準備をする前に渡すのが一般的です。
一方葬儀でお布施を渡す場合は、葬儀が始まる前にお坊さんに挨拶をし、そこでお布施を渡すことが一般的です。

そして、お布施を渡す際には挨拶をしましょう。
「些少ではございますが、どうそお納めください」や「お礼でございます。
些細ではございますが、どうぞお納めください。
」などと、一言添えると良いでしょう。

また、お布施を手で直接渡したり、床に置いたりするのは失礼になりますので注意してください。
正しいお布施の渡し方の作法については2通りありますので、以下をご覧ください。

お盆にのせて渡す場合

お布施は、お盆にのせて渡すのが正式なマナーとされています。
ここで使われるお盆は「切手盆」といいます。

お盆にのせて渡す正しい渡し方は、以下の通りです。

まず「お布施」という文字が自分から見て正面にくるように、切手盆にお布施を乗せます。
そして、切手盆を時計回りに回し、「お布施」の文字がお坊さんからから見て正面にくるようにします。
そのまま、お坊さんへ切手盆を差し出しましょう。
または、お坊さんの手の届く位置に切手盆を置いても構いません。

渡すときには、お礼などの挨拶を必ず添えましょう。

切手盆を床に置く場合の注意ですが、切手盆を床でスライドさせてはいけません。
引きずる行為は行儀が悪いとされ、マナー違反になりますので注意してください。

袱紗(ふくさ)に包んで渡す場合

お盆の準備ができない場合は、袱紗に包んで渡しても良いとされています。
また、自宅ではなくお寺などを訪問する場合も袱紗に包んで渡します。

袱紗の包み方

弔事の包み方で包みます。
袱紗を広げた状態で、角が自分に一番近いところにくるようダイヤの形のようにおきます。
中心にお布施を置き、右側から内側に折ります。
続いて、下、上と順番に内側からおり最後左側を折ります。
左側を折った時点で余る部分は裏側に折り込みます。

渡す時のマナー

まず、袱紗に包んだお布施を取り出します。
そして、お布施と同じ大きさにふくさを折りたたみ、その上にお布施を乗せます。
その際、「お布施」の文字がお坊さんからから見て正面にくるようにします。
そのまま、袱紗を差し出しましょう。

渡す時、お礼の挨拶も忘れないようにしましょう。
お布施を渡す時の挨拶については、ぜひ以下の「終活ねっと」の記事をご覧ください。

お布施の書き方

葬儀

お布施の書き方にも決まりがあります。
書き方も一歩間違えるとマナー違反になりますので、注意してください。

お布施は、香典と同じように薄墨で書かなければならないのでしょうか。
文字を書く道具について疑問に思う方も多いでしょう。

しかし、お布施は普通の墨で書くのがマナーとされています。
そもそも薄墨には、「悲しみの涙で墨が薄くなった」「あまりの悲しさで墨をすれない」という悲しみの意味が込められています。

薄墨は基本、弔事の際に使われるものです。
お布施の場合は、僧侶に対する気持ちで渡すものであるため、普通の黒墨で良いとされています。

また、可能であれば毛筆で書くようにすると良いでしょう。
ない場合は、市販されている筆ペンでも構いません。

表面の書き方

お布施の表面の上段には、お布施や「御布施」と書くのが一般的です。
また、何も書かずに空白でも問題ありません。

下段には、上段に書いた「お布施」より少し小さな字で「○○家」と書きましょう。
または、施主のフルネームを書いてもよいとされています。

裏面の書き方

裏面ですが、お布施の場合、基本的には何も書かない方が良いとされています。
お布施は、あくまでお礼の気持ちですので金額をわかりやすく書く必要がないと考えられています。

しかし、中袋には住所や金額を書く場合もあります。
また、中袋にあらかじめ住所や金額を書く欄が印刷されている場合などもあります。
記入蘭がある場合は、表記にしたがって記載しても良いでしょう。
金額や住所は書いても書かなくても、どちらでもマナー違反にはなりません。

なお、「金額」を書くときは注意点があります。
金額を書く際には、中袋の表面の中央か裏面の右側下に書きましょう。

また、金額は漢字の旧字体を使うのが一般的とされています。
数字の頭には「金」と付け最後には「圓也」と記載しましょう。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
お布施の書き方についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

お布施以外の謝礼金

仏壇

お布施以外にお坊さんに渡す謝礼金もありますので、簡単に説明します。

お車代

お車代は、お坊さんが自宅に足を運んでくれたお礼にお渡しする場合があります。

大体のお車代の相場は5千円~1万円程度です。

お車代の表書きは、「お車代」もしくは「御車代」としましょう。
お布施を渡す時に一緒に渡しましょう。

御膳料

いわば御膳料は、お坊さんのお食事代です。
法事での会食にお坊さんが出席しなかった場合にのみ渡します。

御膳料もお布施と同じく、お坊さんが帰られる時にお渡しすることが多いです。

御膳料の大体の相場は5千円~1万円程度です。
表書きは、そのまま「御膳料」と書きましょう。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
御膳料の書き方についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

お布施の包み方についてまとめ

お墓

いかかでしたでしょうか?

今回「終活ねっと」では、正しいお布施の包み方とその表書きや渡し方のマナーにご紹介しました。

記事をまとめると、以下のようになります。

  • お布施の包み方には大切な決まりがある

  • お布施は奉書紙か白色の無地封筒に包むのが一般的である

  • お布施のお金の入れる向きにも決まりがある

  • お布施の包み方やお金の向きは慶事の時と一緒である

  • お布施は切手盆にのせて渡すか、袱紗に包んで渡す

  • お布施の書き方にも大切なマナーがあるので注意が必要

  • お布施以外にお坊さんに渡す「お車代」や「御膳料」などの謝礼金がある

お布施の包み方について、十分に理解していただけましたでしょうか。
お布施の包み方にも細かい注意点などたくさんあることがわかりました。

お布施をお坊さんに渡す場は、故人を供養するために執り行われる大切な場です。
法事や葬儀の場では、マナーを守って失礼のないようにお布施を渡せるようになると良いですよね。

これを機会に、失礼なくお布施をお渡しできるようになりましょう。

今回の記事が、少しでも皆様の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事