7回忌のお供えには何を選べばいいの?渡し方や香典についても解説

7回忌のお供えには何を選べばいいの?渡し方や香典についても解説

みなさんは7回忌法要のお供えものには何を選べばいいのかご存知でしょうか?7回忌になにを供えればいいかは故人を偲ぶ際や出席者への配慮を考える際に重要なものです。ここではお供えものにふさわしいものや逆にお供えものとしてNGとされているものについて解説していきます。

最終更新日: 2020年02月20日

7回忌のお供えは何がいいの?

仏壇

7回忌のお供えものとしては何がふさわしいのかご存知でしょうか?

お供えものについてルールやきまりなど細かいマナーもありすべて把握するのは難しいですよね。
そもそもどのようなものがお供えものにふさわしいのかわからない、選んだお供え物がマナー違反に
ならないかなど不安に思っている方は多いことでしょう。

どのようなものをお供えするかは故人を供養する場面において重要ですし、お供えものの決まりは最低限守るべきマナーとして知っておきたいところですよね。

そこで、今回「終活ねっと」では7回忌のお供えについて以下のことを中心に解説していきたいと思います。

  • 7回忌とはなにか

  • 7回忌のお供えものとして選ぶべきもの

  • 7回忌のお供えものにふさわしくないもの

  • お供えものの正しい渡し方

  • 香典の金額の相場や香典の書き方

お供え物のマナーは他の回忌法要でも共通するものが多いので、早いうちに把握しておきましょう。
ぜひ、最後まで読んでいただいてお供え物についてマスターしてください。

お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

7回忌とは?

仏壇

そもそも7回忌法要とはどのような法要なのでしょうか?

7回忌とは、三回忌の次に行なわれる年忌法要のことで、亡くなってから満6年目に行う法要のことです。

ここでの満6年とは亡くなった日からの6年後のことをさします。
7回忌が亡くなった7年目でなく6年目に行われるのは、亡くなった日が最初の忌日と数えられるからです。

通常7回忌は3回忌までより小規模で遺族や親族などの身内だけで行われる事が多くなっています。

7回忌についてさらに知りたい方は以下の記事をご覧ください。

7回忌のお供えとして選ぶべきもの

仏壇

7回忌のお供えとしてはどのようなものを選べばいいのでしょうか?

お供えものに何がふさわしいかは知ってはいても、種類が多くて悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。

ここでは、7回忌のお供えとして選ぶべきものについて具体例を交えながら説明していきたいと思います。

お菓子

お菓子は7回忌のお供えものとして選ばれることが多い品目の一つです。

というのも、一般的にお供えものにふさわしいものは常温で長期間保存できるものが良いとされています。

お菓子は常温で長期間保存できるものが多いことからお供えものに適していると言えるからです。
常温で長期間保存できるお菓子の具体例としては、

  • クッキー

  • バウムクーヘン

  • カステラ

  • ようかん

  • せんべい

  • あられ

  • まんじゅう

  • モナカ

  • ゼリー

などが挙げられます。
他にも常温で日持ちのするお菓子であれば問題がないです。

またお菓子をお供えする場合においては、7回忌が終わった後にみんなで分け合う場合もあるため、分けやすい個別に包装されたお菓子であればなお良しといえるでしょう。

加えて、7回忌の出席者としては高齢の方や幼児の方が参加することもあります。
そのため、幅広い年代の方が好むお菓子を用意するのもいいかもしれません。

果物

果物をお供え物をする場合にはまるい果物が良いとされています。
例えば、りんごやみかん、桃、メロンなどが挙げられます。

丸い果物が良いとされているのは、古来から日本人は「丸い=円=縁」という考え方があるためだそうです。

また、故人が好きだった果物がある場合にはその果物をお供え物としても良いでしょうし、季節に応じた旬な果物をお供えしても良いです。

ただし、故人が好きであったものだとしてもバナナやいちご、ぶどうなどの日持ちのしない果物については避けたほうが無難かもしれません。

どんな果物にしていいかわからない場合には、法事用の果物の盛り合わせなどを利用してみるのもオススメです。

お花

一般的に四十九日や三回忌までは、めでたい印象のない控えめな白を基調とした花が良しとされていますが、7回忌の場合には有色の花であっても問題ないとされています。

したがって、季節のお花をお供えしても構いませんし、故人の生前好きだったお花をお供えしても問題ありません。

ただし、バラなどの棘のある花や彼岸花などの毒のある花、においがキツイ花は7回忌用の花には不向きとされていますので、避けたほうがよいです

また、どのような花を選んでいいかわからないお困りの方は、7回忌用に適したお花をお花屋さんで選んでくれるので、利用してみるのもおすすめです。

飲料

お酒やお茶、お水など常温で日持ちがする飲料でしたら、お供えしても問題ありません。

故人が好きだったお酒やお茶などをお供えすることは故人を偲ぶものとして望ましいでしょう。

ただし、お酒やお茶などを墓石に直接かけるなどしてお供えするのは、汚れなどがついてしまうこともあるのでお供えの仕方には配慮しましょう。

また、故人や遺族の方がお酒を飲まない方である場合にはお酒をお供えするのは適当ではない場合があります。
お酒をお供えする場合には事前に確認しておいた方がいいかもしれません。

消耗品

7回忌において線香やろうそくなどの仏具をお供えとすることもできます。
ただし、香りが強めの線香などは参列者によっては好まれないこともありますから、香りについては配慮しましょう。

また、ろうそくには様々な大きさのものがあります。
7回忌の行われる場所に適した大きさを選んだほうがよいでしょう。

NGとされる7回忌のお供え

お墓

以上では、7回忌のお供えものにふさわしいものについて説明してきましたが、逆にお供えものにふさわしくないものにはどのようなものがあるのでしょうか?

どのようなものがお供えものにふさわしくないかは、法事に参加する者のマナーとして最低限知っておくべきものといえます。

以下では、7回忌のお供えとしてNGとされているものについて詳しく説明していきたいと思います。

肉や魚などの生鮮食品

一般的に肉や魚などの生鮮食品は、殺生を連想させるものとしてお供えものとしてはNGとされています。

たとえ故人が生前好んでいたものであったとしても7回忌のお供えものとしては肉、魚等の生鮮食品は避けたほうが無難といえるでしょう。

賞味期限が短いもの

生鮮食品でないものであっても、賞味期限が短いものはお供えものとしてはNGな場合があります。
これは、お供えものについてはお供えした後に出席者が持帰ること多く、賞味期限が短いものは好ましくないといえるからです。

したがって、お供えものとしてお菓子などを選んだ場合であっても、賞味期限が短くないものを選んだ方がより良いと言えるでしょう。

包装や色が派手なもの

包装や色が派手なものはお供えものとしてはふさわしくないとされています。
これは、一般的に派手なものが7回忌という故人を供養する場においてはふさわしくないとされているためです。

したがって、お供えものを選ぶ際には色味などが派手すぎないものを選んだほうがよいと言えるでしょう。

お供えの正しい渡し方

葬儀

お供えとしてふさわしいものだけでなく、お供えの正しい渡し方についても把握しておきましょう。

一般的にお供えものは、のし袋で包装したものをお供えします。
7回忌では、四十九日後にあたりますから双銀の結びきりがプリントされたのし袋で包装し、表書きには「御供」又は「粗供養」と書き、その下に合わせて自分の名前も記載しておきます。

お供えものを渡すときにはまずは施主(遺族の代表者)の方に渡すほうが良いでしょう。
くれぐれもいきなり仏壇等に供えないよう注意しましょう。

また、お供えものを渡す際にも、お悔やみの言葉や「御仏前にお供えください」などの一声を添えると良いでしょう。

7回忌に持参する香典のマナー

葬儀

以上では、7回忌でのお供えものについて詳しく解説してきましたが、7回忌の際にはお供えものの他にも大事なものとして香典のマナーがあります。

ここからは、7回忌における香典のマナーとして最低限おさえておきたい香典の金額の相場やのし袋の書き方について解説していきます。

金額・お金の相場

一般的な7回忌での香典の相場としては、親族が1万円から3万円、友人や知人の場合には5千円から3万円とされています。
友人や知人の場合には故人との親密度に合わせて振り幅がありますので、故人との関係に応じて香典の金額を決めた方がよいでしょう。

熨斗(のし)袋の表書き

のし袋の表書きの書き方としては、まず、文字は薄墨ではなく黒墨で書きます。

そもそも、香典を薄墨書くのが良いとされている理由は、「急な訃報で墨を準備する時間が十分になかった」や「墨に涙がこぼれた」という昔のしきたりに由来しています。

一方で、7回忌法要の香典については、急な訃報というわけではありませんから、薄墨でなく黒墨で書くことになっています。

具体的に、のし袋に書く文字としては「御仏前」「御香料」「御供物料」と書き、その下に自分のフルネームを書きます。

なお、夫婦での香典の場合には夫の名前を中央下にフルネームで書き、その左には妻の名だけを書きます。

なお、さらに詳しく7回忌の香典について知りたい方は以下の記事もご覧ください。

7回忌のお供えについてまとめ

仏壇

いかがだったでしょうか?

今回「終活ねっと」では、7回忌のお供えについて選び方やその渡し方、香典について以下のこと詳しく解説してきました。

  • 7回忌とは、三回忌の次に行われる年忌法要のことで、亡くなってから満六年目に行う法要のことである。

  • 7回忌のお供えものとして適切なのは、「お菓子」「果物」「お花」「飲料」「消耗品」などである。

  • 7回忌のお供えものとしてふさわしくないものは「肉、魚等の生鮮食品」「賞味期限の短い食べ物」「装飾が派手なもの」である。

  • お供えものは、施主の方に一言添えた上で渡したほうが良い。またのしできちんと包装して、水引は双銀の結びきりのものを使用する。

  • 7回忌の香典の相場としては、親族が1万円から3万円、友人や知人の場合には5千円から3万円である。のし袋は黒墨で書き、「御仏前」「御香料」「御供物料」のいずれかの下に自分のフルネームを書く。

故人の好きなものであればなんでもお供えして良いというわけではないんですね。

お供えものとしてどのようなものをお供えするかは亡き故人を偲んだり、かつて故人が好きだったものを考えるなどして故人を思い出す機会として重要なものです。

故人だけでなく7回忌に出席される方の思いや負担にも配慮した上で、7回忌での故人を供養することが重要と言えるでしょう。

「終活ねっと」ではこの他にも7回忌やお供えに関する記事を多数ご用意しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

7回忌のお布施についての話も興味があれば、下記リンクを参照してください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事