四十九日までの過ごし方はどうする?忌中に避けるべきことも紹介

四十九日までの過ごし方はどうする?忌中に避けるべきことも紹介

故人の葬儀が終わった後は気持ちを落ち着けるのが理想ですが、やるべきことも少なくありません。特に葬儀の次の四十九日までも引き続き慌ただしいですが、過ごし方について知ることで落ち着いて行動することができます。今回は四十九日までの過ごし方について見ていきましょう。

最終更新日: 2020年02月21日

四十九日までの過ごし方はどうしたらいい?

葬儀

突然の愛する身内の方の最期や葬儀を経た後、残されたご遺族の気持ちは非常に疲れ切っていることが多いです。
愛する身内の方を失った悲しみの気持ちと向き合う時間をあまり持てないままに、葬儀の準備や参列者の方への対応に追われてしまいます。

そこから考えると、葬儀が終わった後はひと段落つく時間を持つために、気持ちの整理をつけることもできます。
ただし、一方で遺産相続の問題や遺品の整理の問題、さらにこの次に控える重要な法要である四十九日法要の準備などやるべきことは少なくありません。

やるべき課題のことを考えると、せっかく気持ちを落ち着けようとしていた矢先に非常に暗い気分にもなりかねません。

そこで今回「終活ねっと」では、以下のポイントに沿って四十九日までの時間の過ごし方に着目することで、慌ただしい時期を乗り越える術をご紹介していきます。

  • 四十九日までの期間について

  • 四十九日までの過ごし方にどのようなものがあるのか?

  • 四十九日が明けるまで避けた方が良いこととは?

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」の運営スタッフ

気ぜわしい四十九日までの時期の過ごし方について、色々な情報をまとめました。
特に故人の葬儀が終わった後で落ち着かないという方のためになる記事となっています。
ぜひとも最後まで記事を読んでいただければ幸いです。

お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

「終活ねっと」では法要に関する様々な記事を掲載しています。
下記の記事では四十九日法要についての基礎知識を全て解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

四十九日までの期間は何というの?

お墓

最初に四十九日までの時期について簡単に見ておきましょう。

忌中の意味

故人が亡くなった日から四十九日までの期間のことを、「忌中」といいます。
忌中とは、亡くなった身内の方のことを悼んで、なるべく派手なことを慎む期間のことです。
人によっては「忌引き」ということで学校や職場を休むという方もいます。

さらに忌中の間は原則としておめでたい行事の開催や参加は避けるようにするのが習わしです。
例えば、結婚式の開催や参加も四十九日が明けるまでは極力避けられることとされています。

喪中と忌中の違い

ちなみに、忌中と似たような言葉に「喪中」というものもあります。
一見すると非常によく似ていますが、喪中の場合は期間が四十九日が明けてから一周忌までとされているうえ、忌中に比べると避けられるべきことが比較的少なくなっているのが特徴です。

例えば忌中の間は避けられていた結婚式への参加は喪中であれば比較的大丈夫とされています。

四十九日までの過ごし方

葬儀

故人が亡くなってから四十九日までの期間である忌中の意味について見てきたところで、本題である忌中の時期の過ごし方について詳しく見ていきましょう。

七日毎に法要を行う

まず、四十九日までに七日毎に忌日(きじつ、きにち)法要をとり行うのが古くからの慣習です。
7日ごとに行われる忌日法要について列挙すると以下のようになります。

  • 初七日(しょなのか)法要(最初の忌日法要)

  • 二七日(ふたなのか)法要

  • 三七日(みなのか)法要

  • 四七日(よなのか)法要

  • 五七日(ごなのか)法要

  • 六七日(むなのか)法要

  • 七七日(なななのか)法要=四十九日法要

忌日法要では故人のご遺骨やご遺影、お位牌を安置した簡単な祭壇(中陰檀)にご遺族がそろってお参りと供養を行います。
具体的にはお供え物をお供えしお線香をあげて供養します。

なお、初七日法要では僧侶の方にお経をあげてもらって、ややきちんとした法要をとり行います。

祭壇に毎日水と線香を供える

次に四十九日までの過ごし方として、葬儀が終わってから四十九日まで設けられている故人を祀る祭壇(中陰壇)を飾ることも重要です。
7日ごとの法要もこの祭壇の前で行われますが、法要のとき以外でも故人のためになるべく供養をすることが望ましいとされています。

これは亡くなった故人の霊は四十九日までこの世とあの世との間をさまよっているとされているためです。
だからこそ、四十九日までの期間は故人が極楽浄土に生まれ変わることを祈るためになるべく毎日のように供養を行うのが日常的な過ごし方といえます。

四十九日法要の準備

四十九日までの過ごし方の中で最も重要といえるのが四十九日法要の準備です。
四十九日法要を行うことではじめて忌中の期間が明けることになるため、四十九日法要を無事に行えるようにきちんと準備しておくことはとても大切といえます。

なお、四十九日法要の準備の具体的な項目は以下に示す通りです。

  • 具体的な日程の調整

  • 四十九日法要のための会場の決定

  • 僧侶の方への相談と手配

  • 案内状の作成と送付

  • 本位牌や仏壇の手配

  • 会食や香典返しの準備

  • お布施の用意

「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。
位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクからお気軽にご相談ください。

遺品整理や相続に関する相談

故人が亡くなった後に残る頭の痛い問題といえるのが、故人の遺品の整理や故人が残した遺産の相続にまつわることです。

遺品があまりにも多いと、整理をするために肉体的にも精神的にも大きな負担を強いられることにもなりかねません。
また遺産相続に関しても、故人の残した遺言や法律に基づいて問題なく分配することが大切です。

このため、あまりにも問題が複雑な場合は遺品整理の専門業者や弁護士など専門家に相談しながら進めていくことがおすすめです。

元気なうちに残されるご家族の負担がなるべく軽くなるように、終活の中で遺品の整理や遺産相続についての取り決めを進めておくとよいでしょう。

「終活ねっと」には相続に関する無料ご相談窓口があります。
提携している相続診断士やファイナンシャルプランナーが遺言や生前対策など相続全般に関するご相談を伺います。

全国各地にある相談窓口で、じっくりご相談ができます。
ご相談は初回無料ですので、些細な疑問でも下記のリンクからお気軽にご相談ください。

「終活ねっと」では遺品整理に関する記事も多数掲載しております。
遺品整理をいつ行うべきかについて詳しく知りたいという方は、下記の記事で詳しく説明をしていますので、こちらも合わせてご覧ください。

四十九日まで避けた方が良いこと

困った人々

四十九日までの期間である忌中の過ごし方で、心掛けるべきことの中に忌中の間に避けた方が良いものもあるというのは注意すべき点です。
ここでは、忌中の間に避けるべきもののうち、代表的な項目についてご紹介します。

お正月のお祝い

もしも忌中の間に年末年始を迎える場合は、お正月の際のお祝いは避けるようにしましょう。

まず、お正月そのものが新年を迎えるおめでたい行事である一方、忌中は故人を悼むための時期であるためにとてもおめでたい行事どころではないとされているためです。

また、門松や注連縄といったお正月の飾りも忌中の間は出さないようにします。
神社への参拝の項目でも触れるようにお正月飾りが神道由来のものであり、神道では死を穢れ他ものとして避ける傾向にあるためです。
なお、喪中の時期も極力お正月飾りは近所づきあいを考えて避けた方が良いでしょう。

さらに年賀状も避け、代わりに年賀欠礼状と忌中はがきを発送するのが慣習とされています。
年賀状に関しても喪中の時期になっても、引き続き喪中はがきを発送するのがマナーです。

神社への参拝

忌中の間の過ごし方としては神社への参拝についても避けられるべきこととされています。
先ほども少し触れましたが、神社で信じられている神道では人の死のことを穢れているものとして考えられています。

このため、身内の方が亡くなったばかりの方が神様の祀られている聖域である神社に参拝することを非常に避けようとします。

もし、忌中の間にどうしても神社に参拝したりお守りを買ったりしたいということであれば、事前に出かける先の神社に連絡して境内の外でお祓いをしてもらうようにしましょう。

忌明けした後の喪中の期間であれば神社へのお参りが可能となってきます。
ただし、神社によって考え方が異なることもありますので、事前に問い合わせた方が良いでしょう。

お歳暮・お中元を贈ること

お歳暮やお中元をお世話になっている人に送るという行為も忌中の間は避けられるべきことといえます。

厳密にはおめでたいことではないのですが、故人を悼むという時期の真っただ中にあってとてもお歳暮やお中元を贈る心情になれない状態であるということから忌中の間は避けられがちです。

ただし、喪中の時期であれば特に問題はありません
その際には贈り物に紅白の水引の代わりに奉書紙か無地の短冊を掛けるようにしましょう。

旅行

故人が亡くなってからは葬儀の準備や遺品の整理などご遺族の方にとって心身両面で負担の大きい日々が続くため、少し落ち着いたところで旅に出かけたいと考える方もいるでしょう。
しかし、旅行についても四十九日まで待った方が良いといえます。

旅行はおめでたいことには含まれるわけではありませんが、遊興の部類に含まれると考えられます。
そのため、忌中に旅行に行くことは故人を悼むべき時期にきちんと供養していないということとも考えられることです。

もちろん四十九日が明けて喪中の時期になれば、気持ちを落ち着けたり癒したりするために旅行に出かけても問題はありません。

「終活ねっと」では、お住いの地域にある墓地・霊園を費用・アクセスなど様々な観点から比較検討でき、気になった霊園は無料で資料請求・見学予約ができます。
気になる方はこちらをご利用ください。

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

四十九日までの過ごし方まとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、四十九日までの過ごし方についていろいろと見てきました。
今回の記事の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 四十九日までの期間は忌中と呼ばれ、故人の死を悼み喪に服す時期のことを指す。
    また、喪に服すのが主な過ごし方となるため、おめでたい行事への参加なども控えられる。
    なお、四十九日が過ぎた後は故人の一周忌まで喪中という期間になり、忌中に避けられたことも可能になる。

  • 四十九日までの過ごし方として、七日ごとに法要を行うことや毎日故人を祀った祭壇にお水とお線香を供えて供養すること、四十九日法要の準備、故人の遺品の整理や遺産相続の関する相談が挙げられる。
    特に四十九日法要の準備は忌中が明けるための重要な法要であることから念入りに準備することが大切である。

  • 四十九日までの間に避けた方が良いこととして、お正月のお祝いや神社への参拝、お中元やお歳暮を贈ることが挙げられる。
    お正月のお祝いについては年賀状の代わりに年賀欠礼状や忌中はがきもしくは喪中はがきの送付が行われる。

今回見てきたように四十九日までの過ごし方の主なものとして、あの世とこの世の間をさまよっている故人のために供養することや四十九日法要を行うこと、さらに故人の残した遺品の整理や遺産の相続について相談することが重要といえます。

故人の死という悲しい出来事を乗り越え四十九日後を前向きに過ごすためにも、四十九日までの過ごし方についてきちんと理解しておくと良いでしょう。

「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。
四十九日の案内状について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事