法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

法事のとき特に女性が悩んでしまうのが、服装についてですよね。法要の服装には、喪服の場合と平服の場合があるのをご存知でしょうか?今回の記事では、大人のマナーとして身につけておきたい、法事の女性の服装について解説していきます。ぜひ一緒に勉強していきましょう。

目次

  1. 法事の女性の服装について
  2. 法事に女性は何を着用する?
  3. 法事のときの女性の喪服
  4. 法事のときの女性の平服
  5. 法事のときの男性の服装
  6. 法事のときの子供の服装
  7. 法事の女性の服装についてまとめ

法事の女性の服装について

葬儀

法事への参列は、誰しも一度は経験するものですよね。
しかし、普段そう幾度とあることではありません。

法事の時、みなさん困ってしまうのが女性の服装についてです。

学生の頃には制服でもよかったものが、社会人には決まった服装がありません。
法事のときの服装は、社会人としてしっかり身につけておきたいマナーです。

法事にパンツスーツを着て行ってもいいのか、平服って言われても何を着ていけばいいのかわからないなど悩みは尽きませんよね…。

今回終活ねっとでは、法事のときの女性の服装やマナーについて、以下のポイントを中心にわかりやすく解説していきます。

地域によって異なる考え方や慣習もございます。
今回の記事の内容は、法事の基本的なマナーとして身につけておきましょう。

ぜひ最後までお読みください。

  • 法事に女性は何を着用するの?
  • 法事の時の女性の喪服について
  • 法事の時の女性の平服について
  • 法事の時の男性の服装
  • 法事の時の子供の服装

故人を供養する大切な法事の場において、基本的なマナーを最低限守れるよう、この記事を参考にしてくだされば幸いです。

ぜひ最後までお読みください。

お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

法事に女性は何を着用する?

困った人々

「法事には何を着たらいいの?」とお悩みの方は多いと思います。

葬儀と四十九日法要であれば、一般的には喪服で良いです。
しかし法事では、「平服でお越しください」と言われることもあります。

平服と言われても何を着ていけばいいのかわからない、と逆に困ってしまうケースもありますよね。

平服には、黒ではなく紺色やグレーの地味めな色の服装をすることで、「年月と共に悲しみを薄くする」という意味も込められているようです。

まずは女性の法事の服装の基本について、三回忌までの喪服と七回忌以降の平服の場合についての違いを一緒に読んでいきましょう。

三回忌まで

三回忌までは、喪服を着用するのが一般的です。
女性は、光沢のない無地の黒いワンピースやスーツ、またはアンサンブルが良いでしょう。

光沢のあるビジネス用の黒いスーツを代用される方もいらっしゃいますが、光沢のあるものは避けるのが良いとされています。

三回忌以降(7回忌、13回忌…)

七回忌以降は、「平服でお越しください」なんて言われる事も多くなってきます。
「平服って普段着でもいいの?」と思われる方もいらっしゃいますよね。
しかし、平服と言ってもデニムや色物のカジュアルな服装はしてはいけません。

ここで、平服とは何かについてきちんと抑えておきましょう。
平服とは、喪服や準喪服以外の略喪服のことをいいます。
「平服で構わない」とは、「略喪服で来てください」という意味です。

黒や濃紺、グレーなどのダークカラーで控えめな服装であれば失礼になりません。

法事のときの女性の喪服

葬儀

ここでは、3回忌までの基本的な服装とされている喪服について解説します。

喪服とは?

冠婚葬祭に使われる服装を、礼服と言います。
特に礼服の中でも黒いものを、ブラックフォーマルと言います。

しかし、ブラックフォーマルと一口に言っても、実は参列する時期や立場によって正喪服、準喪服、略喪服と三種類に分かれます。

それでは、三種類の喪服について詳しく見ていきましょう。

正喪服

正喪服とは、喪服の中でも最も格式のある正式な服装になります。

正喪服は、葬儀や一周忌までの法要などで喪主やご遺族側が着用するものです。
参列者は基本的に着用しません。

準喪服とは

準喪服とは、一般的な喪服のことをさします。

一般参列者としての法事に伺うのであれば、準喪服の着用で問題ありません。
喪主やご遺族の方が着用する場合もあります。

略喪服とは

略喪服は、三回忌以降の法事や急な弔問、急なお通夜などへ参列する場合に着用します。

略喪服には、黒や濃紺などのダークカラーで控えめな服装を選ぶのが良いとされています。

また「平服でお越しください」という喪家からのご要望があった場合に、着用する服装になります。
平服に関しては、後ほど詳しく解説します。

パンツスーツを着てもいいの?

疑問に思う方が多いのが、喪服はパンツスーツでもいいのかということです。

パンツスーツの着用は、許される場合もありますが基本的には避けたほうがよいです。

パンツスーツの着用が許されるのが、小さなお子様がいらっしゃったり、料理を運んだり参列者の方の世話を焼いたりと動きやすい格好が望ましいとされる方の場合です。
もし、パンツスーツを着用する際も、光沢のある素材は避け、光沢のない無地のものを選びましょう。

また、寒い地方にお住まいの方も、地域の慣習によってはパンツスーツの着用が許されます。
地域の慣習やご遺族の考え方にもよりますので、パンツスーツの着用を迷われている方は、ご遺族やご親戚にご相談することをオススメします。

リクルートスーツでもいいの?

法要の場では、リクルートスーツは避けるべきだとされています。

喪服とリクルートスーツは似ているようですが、実は全くの別物です。
特に黒色の深さや仕立て、光沢感や質感などがまるで違っています。
リクルートスーツとフォーマルスーツが隣に並んでしまうと、違いは歴然です。

学生の場合は、まだ若いからという理由で許されることもあるかもしれません。
しかし、社会人ともなるとしっかり区別しておきたい重要なマナーです。

インナーは白のシャツでいいの?

女性の場合、スーツのインナーに白色を着るのはマナー違反とされています。
白ではなく、黒色のインナーを着用するようにしましょう。

女性用のインナーを選ぶ際、肌の露出が少ない首も詰まったものがオススメです。
黒色であれば、スカーフなどを巻くのも良いとされています。

喪服を通販で買うことはできる?

今では簡単に喪服をインターネットやカタログ型の通販で買うことができます
急に必要になった場合も、バッグから数珠まで一式欲しい場合も、通販サイトには様々なサービスがあって便利です。

通販では、1万円前後が相場となっています。
喪服の種類も豊富で、高機能なものも増えています。

インターネットショッピングで購入できる喪服をいくつかご紹介します。

ブラックフォーマル レディース 喪服 礼服 大きいサイズ ワンピース アンサンブル 黒 ブラック フォーマル スーツ 夏用にも 葬式 お通夜 冠婚葬祭 30代 40代 50代 CD-005 【あす楽対応】【送料無料】
ブラックフォーマル レディース 喪服 礼服 大きいサイズ ワンピース アンサンブル 黒 ブラック フォーマル スーツ 夏用にも 葬式 お通夜 冠婚葬祭 30代 40代 50代 CD-005 【あす楽対応】【送料無料】

商品価格14800円

膝丈で大人の上品な可愛らしさを演出。
ワンピースとジャケットのセットになっているので、幅広いシーズンに対応。
上質な仕上がりが目を惹きます。

この商品を購入
 送料無料 日本製生地洗えるアンサンブル風ブラックフォーマルワンピース 喪服 レディース 5〜17号【h】
送料無料 日本製生地洗えるアンサンブル風ブラックフォーマルワンピース 喪服 レディース 5〜17号【h】

商品価格6990円

ハイウエストの七分袖で、すっきりスタイルアップも期待できるワンピースタイプ。
ウエスト部分にはお花の刺繍が施され、可愛らしさもちょっぴりプラスして上品にまとまっています。

この商品を購入
【クーポン発行中】【フォーマルセット】【ブラックフォーマル・喪服・礼服】【あす楽】【即日発送】【送料無料】レディース オールシーズン 夏用にも ロング丈 レディース 試着可能 メーカー直売
【クーポン発行中】【フォーマルセット】【ブラックフォーマル・喪服・礼服】【あす楽】【即日発送】【送料無料】レディース オールシーズン 夏用にも ロング丈 レディース 試着可能 メーカー直売

商品価格16300円

初めてのブラックフォーマルを買い揃える方でも、あれこれバラバラに買うのはなかなか面倒ですよね。
そんな時はこういったセット割引のあるものや全てセットで販売されているものが買いやすくて安心です。

この商品を購入

故人との大切なお別れの場に、ふさわしい装いで参列したいものです。
ぜひ大人のマナーとして、一つ揃えておくと良いと思います。

法事のときの女性の平服

困った人々

次に、法事の時の女性の平服について解説します。
先ほども述べたように、一般的に平服で良いとされているのが七回忌以降になります。

「平服」として許される範囲や年代や年忌法要の数に合わせた選び方も簡単に解説していきます。

平服・カジュアルってどんな服?

「平服でお越しください」「カジュアルな服装でお越しください」と言われたとき、普段着でも良いと勘違いをしてしまう方もいらっしゃいます。

平服について知らないと、恥ずかしい経験をしてしまうかもしれません。
ここでは、しっかり平服について確認しておきましょう。

平服とは、濃紺やグレーのダークカラーの控えめな服装のことです。
「平服で」と言われているのに全身真っ黒で喪服のような服装というのも、失礼にあたる場合もあるため相応しくありません。

女性の場合は、ワンピースやスーツ、アンサンブルが良いとされています。
平服の場合は、パンツスタイルでも構いません。
シャツやインナーも、平服の場合は白色のものでも可能です。
ただし、華美すぎずシンプルなものにしましょう。

夏場は半袖でもいいの?

夏場でも露出は避け、基的には五分袖から七分袖が良いとされています。

ボレロなど上着を着るのであれば、ノースリーブや短めの袖のものでも問題ありません。

冬場にコートを着てもいいの?

冬場の法事において、コートは着用しても良いとされています。

ただし、革物や毛皮などのファーのコートや小物は、殺傷を連想させるために避けましょう。
ラメやビジューのついた光物もNGです。

コートの着用で注意したいのは、必ず会場に入る前でコートを脱ぐという事です。
自宅などの小さな会場であっても同様に、玄関前でコートなどの上着を脱ぐようにしましょう。

黒色のストッキングを着用する

基本的には黒色のストッキングを着用します。
また、七回忌以降であればグレーなどでもいいようです。

夏場であっても、肌色のストッキングや生脚はNGとされています。

タイツについては、真冬の東北地域や北海道に関しては良いとされています。
そのほかの地域では、タイツの着用を避けたほうが無難でしょう。
ただし、高齢者の方や妊娠中の方は無理をせずに身体を冷やさない装いも大切です。

一般的には30デニール以下の厚さのもので、「うっすらと肌が見える程度」のものを選ぶのが良いとされています。

装飾やラメなどが入っているものは勿論、相応しくありません。

靴は黒色のパンプスを着用する

靴は革製ではない、プレーンな靴を選びましょう。
指先の出るサンダルやミュールは履かないようにしましょう。

また、学生以外はローファーも避けるべきとされています。

アクセサリーはどうする?

アクセサリーはつけないのが無難です。

もしアクセサリーを付ける場合は、一連のパールのネックレスや一粒パールのネックレスやイヤリング、ブラックオニキスのものを選ぶようにしましょう。
結婚指輪は付けていても大丈夫です。

メイクや髪型も派手なものは避け、髪飾りは黒色のシンプルなものならOKです。
ネイルやマニキュアなどは、できるだけ落とすようにしましょう。

小物は地味な色で統一する

バックなどの小物も柄物やラメの入ったものは避けましょう。
色は、地味な色で統一すると良いです。

また、バッグにゴールドのチェーンなど華美な装飾がついている場合は外しましょう。

袱紗やハンカチの色、傘の色にも派手な色は避けます。
ご遺族にとって失礼にならないよう、小物選びにも注意が必要です。

法事のときの男性の服装

葬儀

男性の方は、三回忌までは黒スーツに白シャツ、黒ネクタイなどの喪服を着用します。

七回忌以降や「平服で」と指示があった場合には、濃紺やグレーなどのダークスーツでOKです。
平服の場合もシャツは白色のものを選ぶようにします。
ネクタイは黒以外のものも着用できますが、派手なデザインや色のものは避けましょう。

靴は、ツヤの無い地味なデザインのものを選ぶと良いです。
結婚指輪以外の腕時計などの光物は事前に外しておきましょう。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
法事のときの男性の服装についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

法事の際、男性は何を着て行ったらいいのでしょうか?そんな法事の服装に関する悩みをお持ちも方も多いと思います。また、平服の意味もいまいち分からないという方も必見です。いまさら聞けない法事の際の男性の服装について詳しく解説します。

法事のときの子供の服装

お墓

子供の場合、三回忌以降は制服の着用が無難です。
制服がない場合は、紺やグレーなどの控えめな色の服装でOKです。

男の子なら控えめな色のブレザーとズボンに、白シャツが良いでしょう。
女の子なら控えめな色のブレザーとスカートに、白シャツ、またはワンピースが良いでしょう。

靴は黒いものがなければ、白や紺などのスニーカーなどでも問題ありません。

法事の女性の服装についてまとめ

お墓

皆さん、いかがでしたでしょうか?

故人との大切なお別れの場で、法事の服装については失礼のないようお覚えておきたいマナーの一つです。

今回終活ねっとでは、法事の女性の服装について以下のポイントを中心に解説しました。

  • 三回忌までは喪服、七回忌以降は平服。
  • 喪服には正喪服・準喪服・略喪服の三種類がある。
  • 喪服はワンピース・スーツ・アンサンブルが無難。
    肌色のストッキングや生脚、リクルートスーツや白インナー、パンツスーツはNG。
  • 喪服は通販でも購入可能。
  • 平服とは普段着ではなく、略喪服のことである。
  • 平服は濃紺やグレー、ベージュなどの地味な色味の装いで、派手な色や柄・色物はNG。
  • 革製品や毛皮は殺傷を連想させるためNG。
  • 腕時計やアクセサリー、ネイルなどは付けないのが無難。
    付ける場合は一連パールか一粒パール、ブラックオニキス。

法事のときの服装は、地域での慣習やご遺族の意見も取り入れる必要があります。
ご不明な場合は、ご遺族やご親戚にご相談されることをオススメします。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

法事の当日の流れについてはこちらの記事で紹介しておりますので、併せてご覧ください。

こちらも読まれています

法事が始まるのは何時から?法事の流れや所要時間も解説します!

故人を供養するために四十九日や一周忌・三回忌などでは法事を行うことが必要となりますよね。では、法事が始まる時間は何時からなのでしょう?今回は、法事が始まるのは何時からなのかについてと法事にかかる時間を解説したいと思います。。ぜひ最後までご覧ください。

シェアする

「法事・服装・女性」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

    2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

    1
  • 2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

    2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

    2
  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    3
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    4
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    5
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    6
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    7

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「法事・服装・女性」についてさらに知りたい方へ

13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説のサムネイル画像

13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!のサムネイル画像

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!のサムネイル画像

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説のサムネイル画像

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説しますのサムネイル画像

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説します

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説しますのサムネイル画像

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!のサムネイル画像

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!のサムネイル画像

17回忌での女性の服装は平服?服装のマナーや注意点を解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

1
2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

2
僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

3
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

4
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

5
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

6
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

7

関連する記事

「法事・服装・女性」についてさらに知りたい方へ

13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説のサムネイル画像

13回忌の服装は平服でいいの?男性と女性の服装やマナーについて解説

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!のサムネイル画像

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!のサムネイル画像

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説のサムネイル画像

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説しますのサムネイル画像

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと