四十九日法要に参列する際の服装とは?妊婦さんの場合の服装も紹介!

四十九日の法要は重要な法事ですが、服装をどうすればいいかわからない場合が多いです。親族だけでなく、学生である子供や妊婦の方も参列しますが、喪服の格式や服装のまとめ方について正確に答えられる人は多くありません。この記事で、四十九日に適した服装を学びましょう。

目次

  1. 四十九日法要の服装について
  2. 法事で着る服装ってなに?
  3. 四十九日法要での服装の種類・注意点
  4. 家族のみで行う四十九日法要の服装は?
  5. 夏に法要を行う場合の服装は?
  6. 四十九日服装のまとめ

四十九日法要の服装について

仏壇

四十九日というと、法事に詳しくない方でもよく覚えている言葉だと思います。
法要の中でもとりわけ重要なものであるため、喪主も参列者も滞りなく丁重に行いたいと考えている方が多いでしょう。
その中でも特に無視できないものとして、どういった服装が適しているのか?という疑問があります。

今回終活ねっとでは、四十九日法要の服装について以下のポイントに沿って解説します。

  • 男性と女性でどう違うのか?
  • 小さい子供や妊婦の場合は?
  • 家族のみで小さく行う時はどこまで変えていいのか?

これらの疑問への回答や、あらゆる方に有用な四十九日の服装の情報をまとめましたので、ぜひご一読ください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

四十九日の基礎知識についてより詳しく知りたいという方は下記の記事をぜひお読みください。

こちらも読まれています

四十九日とは?香典・服装・お供え・挨拶・お布施・お返しを解説!

大切な方の葬儀が終わってから1ヶ月と少しで迎える節目が四十九日です。四十九日は実のところ、葬儀と同じくらい大切な節目や儀式とされています。四十九日法要をつつがなく行ったりするにはいろいろな知識や作法を知ることが大切です。

法事で着る服装ってなに?

お墓

まず四十九日といった法事で着るものは、礼服もしくは喪服が基本という前提があります。
通夜であれば時間がないことも多く、「急いで駆け付けた」意を表すために、身なりを整えすぎても失礼にあたりますが、四十九日ではその配慮は不適当となります。

四十九日は最も礼服・喪服の意義が出てくる法要でもあります。
違いを知っていれば選ぶ際に迷うこともなくなります、その詳細については下記のリンクをご覧ください。

こちらも読まれています

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!

礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもいいものなのでしょうか? 主催者やご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと違いを把握しておくことは、大人としてのマナーです。礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

四十九日法要での服装の種類・注意点

葬儀

男性と女性で服装の種類から小物まで気をつける箇所が違いますが、両者とも大きな指針は同じです。
そうする理由を含めて、よく覚えておきましょう。
ここでは、四十九日法要での服装の種類・注意点について紹介していきます。

男性の場合の服装

男性の場合の服装は光沢のない黒を基調としたものとなります。

スーツの種類

スーツの種類はなるべく漆黒に近い色のダブルスーツ、シングルスーツが一般的です。
ブラックスーツと呼ばれていて、ビジネススーツとは別に販売されており、並べてみると黒の深さの違いがわかります。

最近ではブラックスーツを普段から使って兼用とされる方もいますが、元々は冠婚葬祭で使われるものであるため、意識の区別がないとみなされて悪い印象を与えかねません。

成人すると、よほどのことがない限り背丈も大きく変わらないので、品質の良いブラックスーツを一着もっておくと安心できるでしょう。

シャツの色

シャツは白の無地のものを選びましょう。
光沢があったり飾り付けがあったりするものは、喪に服するのに適していません。
用意するのは難しくありませんので、着古してしまったものでなければ十分でしょう。

ネクタイ・靴・靴下の色

ネクタイ、靴、靴下は光沢のない黒で統一するのが基本です。
どうしても用意が間に合わない場合は、なるべく目立った飾りのないもので、黒に近い色を選んで弔意を示しましょう。

ネクタイピンは光ったり目立つものが多いため、つけないか、つけるにしても見えない位置にしておくのが無難です。
靴は光らない黒が一番ですが、光沢のある黒よりも、光沢のない茶色のほうが弔事にふさわしい見栄えになります。

髪型

髪型は前髪で前が隠れないようにして、清潔にするのが望ましいです。
髪が長い方は飾り気を感じさせないように整髪料や地味なバンドなどでシンプルにまとめ、静粛な印象を与える配慮をしておきましょう。

女性の場合の服装

黒を基調とするのは男性と変わりませんが、女性の場合は小物類や髪形など気をつける箇所が比較的多くなります。

ワンピース・スーツの種類

女性用はワンピース、スーツ、他にはアンサンブルなど種類がいろいろありますが、どれを着るにしても礼服・喪服用のものであれば問題ありません。
こちらも普通のものと並べると黒の濃さが全然違うので、しっかり弔事専用として売られているものを選びましょう。

光沢があるもの透けたりするもの肌の露出が多いものは不適当なので注意しましょう。

バッグ

バッグも基本はのものとなります。
光る金属の装飾があるもの、革製品や光沢のある仕上がりのものはNGです。

チャックや接合部分程度の金属ならそこまで気にしなくてもいいのですが、弔意を示すことが何より大事となります。
金属部分が目立つものならブラウン、紺、グレーなどの落ち着いたものに代えても失礼を避けられるでしょう。

タイツ・ストッキングの色

タイツ、ストッキングもを選びます、肌の露出は極力控えましょう。
ストッキングはいつ伝線するかわからないので、常に控えを用意しておくと安心できます。

靴は黒のクレーンパンプスが一般的です。
肌をなるべく覆うものが好ましく、光物や飾りのついているものは避けるべきです。

光の目立つエナメルや皮を避けるのはもちろんですが、会場などは固く整った床も多く、ヒールの音が響くことがあります。
ヒールが太めのものを選んでおくと、出す音の大きさで恥ずかしい思いをすることも避けられるでしょう。

アクセサリー

重要な弔事であるため、基本的にアクセサリーをつける必要はありません。
何もつけていなくても恥ずかしがることはなく、むしろ心から法要に望んでいるといえます。

アクセサリーをつけるとしたら、普段からしている結婚指輪か、洋装である時のみ一連の真珠のネックレス、地味なイヤリング程度に限られます。

ネックレスをつける場合は、不幸が重なるという意味合いを避けるため、一連で目立たないものにしてください。

男性の場合でも同じであり、腕時計なども華美になりやすいので、いっそつけない方が無難といえます。

髪型・メイク

自分自身、最も身近で慣れている髪型や髪色は、周囲と意識が乖離しやすい盲点だったりします。
髪色を染め直す方も多いですが、忙しい方や若い方だとその場のみスプレーで乗り切る人もいます。

髪型についても、華やかであったり派手なものは避けなければなりません。
髪の長さごとの注意点やポイントは以下のように整理されます。

  • ショートヘア

    毛先が跳ねないようにし、毛量が気になるようであれば飾りのないアメピンか整髪料でまとめます。

  • ミディアムへア

    ダウンスタイルやハーフアップでも問題ありませんが、肩に当たらないようギブソンタックにしてまとめるのも良いでしょう。

  • セミロング

    ポニーテールだけでは肩より下になり、揺れて目立ってしまいがちです。
    シニヨンにすると綺麗にまとまりますが、難しい時はネットを使ったお団子にしてしまうと手間がかからず、フォーマルな印象も出せます。

  • ロング

    毛量が多いので、上記と同じように必ずギブソンタックかシニヨンでまとめましょう。
    なかなか手早くとはいかないので、美容院の担当の方と相談しておくといいでしょう。

夜会巻きや華やかなシュシュは避けて、編み込みも毛先をまとめる目的のみに限定しましょう。
黒いゴムは便利ですが、なるべく見えないように落ち着いた色のバレッタなどで隠すのがマナーです。

メイクは派手なものにせず、アイラインやアイシャドウ、チークは使わないでおきましょう。
艶の出ないベースメイクに抑え、眉もナチュラルに整える程度にし、鮮やかにならないベージュやブラウン系の口紅にすると落ち着いた印象になります。

身だしなみは最低限必要ですが、あくまでも活発なイメージを与えないマットな質感が、法事では好印象となります。

コート

コートを着ていく場合は、黒やグレーの無地のものを選びましょう。
光るボタンがついているもの、フードのあるものはカジュアルなイメージが出るので避けた方がいいです。

動物の皮や毛を用いたものは、殺生を彷彿させるのでNGです。
礼装用のスーツを選ぶ時は、合ったコートもセットで売られていることが多いので、同時に検討すると良いでしょう。

コートは会場に入る前には脱ぎましょう
また、会場外でも喪主からアナウンスがない限り、ご焼香の時はコートを脱ぐ必要があります。

小さな子供の場合の服装

四十九日は重要な法要なので、欠席しがちな子供も参列することが多いです。
終活の最初の一歩として、お子さんにも教えておくとマナーの意識が高まります。

男の子の服装

男の子の服装は基本的に制服でOKです。
未就学児の場合は成長で今の服もすぐ使えなくなりますから、派手でないものにしておくと服装についてとやかく言われることはないでしょう。

年齢にもよりますが、葬礼に対して大人ほど理解や責任が及びませんし、何より追悼に参列する姿勢が喜ばれます。
親御さんや参列者がともに振る舞いを教えてあげるのがいいでしょう。

女の子の服装

男の子と変わらず、女の子の服装も制服でかまいません。
夏服などの場合は露出を避け、裸足もやめてソックスをしっかり履きましょう。
持っているのなら黒が良いですが、ない場合は暗めの色で代用しましょう。

学生の場合の服装

学生なら、制服で基本的に問題ありません。
気になる親御さんは、既定の状態から手が加えられてないかチェックしておきましょう。

目立つネクタイは他で代用したり、光る装飾品が取り外し可能な場合は外して保管しておくと、会場で周囲と馴染むようになります。

妊婦さんの場合の服装

妊婦さんは大方気を遣えてもらいますが、甘えて礼を失することのないようにしたいところです。
妊婦用の喪服は買って確保しておく必要性もありませんので、レンタルのサービスを利用するのがお勧めです。

四十九日の前に届くように注文しておき、事前に試着して慌てることのないようにするといいでしょう。
予定日や体調によっては、事前になるべく事情を伝えておいて、双方ともに対応がとれるようにしておくことも必要です。

参列者は略喪服・平服でもいいの?

略喪服・平服は通常、急なお通夜や3回忌以降で着るものです。
決まりが緩めで、暗めな色ならスーツも黒でなくてかまわないとされています。

喪主、遺族側から略喪服でいいと言われた場合はそれでかまいませんが、特に何も言われなかった場合は、上で示してきた準喪服の格好で行くのが無難です。

四十九日は故人が閻魔大王から裁きを下され、極楽浄土に行けるかどうかが決まる重要な日です。
四十九日法要は極楽浄土行きを願う善行とされているので、意義を考えると準喪服で身なりを正すのが良いでしょう。

喪主や親族は正喪服がいいの?

喪主や参列者を迎える側の親族は、参列者より軽装とならないよう格式高い正喪服とするのが一般的です。
和式の正喪服は男性は紋付き袴、女性は最も格式高い五つ紋となりますが、用意が大変なためレンタルや着付けサービスを利用する場合もあります。

様式の正喪服は、男性は日中しか使えないモーニングコート、女性は準喪服と区別がつきにくいですが、スカート丈が長く露出のない長袖のものとなります。

喪主が最も格式高さを求められるため、親族はそれを超えず、かつ参列者より軽い服装にならないよう調整するといいでしょう。

家族のみで行う四十九日法要の服装は?

葬儀

各々の事情を鑑みて、家族のみで四十九日法要を行うことも少なくありません。
現代では法事の形もさまざまなものがあります。

四十九日の意味を考えると、規模に関わらず喪主から順に格式高い服装を選ぶのが自然です。
ですが故人がそのようなことにこだわらない性格だったり、そういう話が僧侶の方に受け入れられていた場合は服装を簡単にすることもできます。

もちろん、法事を重んじる方もいらっしゃいますので、喪主を中心に、故人に最も弔意を示せる形を相談するのが一番といえます。

「家族のみの時は、喪服の形式を変えなければいけない」という決まりはありませんので、上記の服装の格式などを頭に置いて計画すれば、しめやかに四十九日法要を行えるでしょう。

夏に法要を行う場合の服装は?

神棚

喪服は露出を避けるのが基本ですが、は通気性のない服装が負担になりがちです。
しかし、男性であればジャケットの中に着るシャツは半袖でもマナー違反にはなりませんし女性の場合は袖丈の短いワンピースを着て体温調節することができます。

夏の法要の服装の注意点については、以下の記事でより詳しく解説しております。
ぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介

夏に突然の訃報を受けた際、急なお知らせに冬用の喪服でお通夜やお葬式に参列した経験はありませんか?暑い時期のお通夜やお葬式にも対応できる、夏用のふさわしい服装を知っておきたいですよね。 今回は、夏用の喪服の選び方や持ち物についてご紹介します。ぜひご覧ください。

四十九日服装のまとめ

葬儀

いかかでしたか?
今回、終活ねっとでは四十九日法要の服装について以下のように解説しました。

  • 男性は準喪服として普及しているブラックスーツ、女性は喪服としてのスーツやワンピースが一般的。
  • 男性女性ともに光沢のない黒字を選び、アクセサリー類はしないほうが無難。
    皮製品、光物、飾りの類は厳禁です。
  • 女性の髪形やメイクは、華やかさを出さず、フォーマルさを意識すること。
    自身の髪形に合わせて弔事用のセッティングを考えておくといい。
  • 子供は基本的に制服、未就学児は専用の喪服を用意せずともかまわないが、大人と同じで派手なものはなるべく避けること。
  • 妊婦さんは妊婦用の喪服レンタルサービスを利用しよう。
  • 格式高い順に正喪服、準喪服、略喪服・平服であり、これらが喪主、親族、参列者の順になるよう服装を考えると失敗しない。
  • 身内だけの場合や故人の意向がある場合はそれに準じてかまわないが、僧侶の方も含めて手違いのないようよく相談、通達しておくこと。

終活の中でも四十九日は有名なものですので、服装も失礼のないよう配慮したいところですね。
情報をまとめてみると、そこまで難しくなくちゃんとした理由があり、礼節を尽くす心の綺麗さが重んじられていることがわかります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは、この他にも葬儀の関する様々な記事を紹介しております。
以下の記事では、葬儀の費用について詳しく解説しておりますのでぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

シェアする

「四十九日・服装」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「四十九日・服装」についてさらに知りたい方へ

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説しますのサムネイル画像

33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説します

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介のサムネイル画像

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介

四十九日のバッグの選び方と注意点について解説!小物類から服装までのサムネイル画像

四十九日のバッグの選び方と注意点について解説!小物類から服装まで

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説のサムネイル画像

27回忌法要の服装は何にすればいいの?避けるべき服装について解説

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説しますのサムネイル画像

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説します

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!のサムネイル画像

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

四十九日法要に持参するものとは?喪主・参列者の持ち物を徹底解説!のサムネイル画像

四十九日法要に持参するものとは?喪主・参列者の持ち物を徹底解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「四十九日・服装」についてさらに知りたい方へ

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説しますのサムネイル画像

33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説します

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介のサムネイル画像

23回忌法要にふさわしい服装って?気をつけたい服装のマナーも紹介

四十九日のバッグの選び方と注意点について解説!小物類から服装までのサムネイル画像

四十九日のバッグの選び方と注意点について解説!小物類から服装まで

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと