13回忌の香典袋の書き方はどうする?選び方やマナーについても紹介

13回忌の香典袋の書き方はどうする?選び方やマナーについても紹介

13回忌の香典袋には何を選べば良いのでしょうか。香典袋にもいろいろな種類があって迷う方も多いと思います。今回はそんなお悩みをお持ちの方のために、13回忌の香典袋の選び方とそのマナーについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日: 2020年02月18日

13回忌の香典袋について

葬儀

13回忌の香典袋には何を選べば良いのでしょうか。

そもそも13回忌となると家族だけで集まる場合が多いです。
しかし、家族や親戚だからといってマナーを守らないのはいけません。
そのような時だからこそ、香典袋の選び方も理解して失礼のないようにしたいものです。

また、香典袋の種類は多岐にわたるため、どれをいつ使うべきなのか疑問に思ったことがあるかもしれません。
そこで今回「終活ねっと」では、以下のポイントを中心に13回忌の香典袋の選び方とそのマナーについて紹介します。

  • 13回忌法要とは

  • 13回忌の香典袋の選び方

  • 13回忌の香典袋の書き方

  • 13回忌の香典は薄墨で書くの?

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

香典袋の選び方や書き方など、法要を控えている人に役立つ情報をお伝えします。
今は必要ない方も、今後必ずこのように悩む場面が出てきます。
今のうちから準備しておくことも悪いことではありません。
ぜひ最後までお読みください。

お坊さんを安く手配したいという方は、DMMのお坊さんをぜひご利用ください。

13回忌法要とは

お墓

13回忌とは、故人が亡くなってから12年目に行う仏式の法要です。

一般的に7回忌以降は、親族だけで執り行なうことが多いです。

「終活ねっと」では、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
13回忌法要についてもっと詳しく知りたい方はぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

13回忌の香典袋の選び方

葬儀

13回忌の香典袋は何を選べば良いのでしょうか。

香典袋の種類も多数ありますので、迷うこともあると思います。
また、地域や宗教によってもそれぞれ選び方が異なりますので注意が必要です。
香典をお渡しする相手方の宗教や地域を知ることも大切です。

宗教によって水引の色が違う

水引は不祝儀袋や祝儀袋にかける帯紐のことをいいます。
その水引は弔事や慶事でも色の使い分けをしたり、弔事の中でもお葬式や法事で選ぶ色が違います。

そして、仏式・神式・キリスト教式のように宗教によって水引の色が違います
このように使う場面や宗教によっても違うのですから、いざとなったときに迷うのも当然です。

以下で、宗教別に具体的な水引の色を解説していきます。
さらに、包む金額や地域によっても選ぶ水引の色は違いますので、そちらも含めて詳しく解説していきます。

仏式の場合

仏式の場合は黒白または黄白の結び切りを選びましょう。
あわじ結びも使用される場合があります。

また、四十九日までは黒白の結び切りを選ぶのが一般的です。
また地域によっては四十九日を過ぎでも黒白の結び切りを使うところもあります。

ちなみに、不祝儀袋の水引は黒白が一般的とされていますが、関西地域では黄白を使うのが一般的とされているところもあります。
もし、水引の色を選ぶ際に不安な場合は、家族やその地域に住んでいる詳しい方に一度相談してから準備するのが無難です。

補足ですが、結び切りという結び方はご存知でしょうか。

これは、お葬式や法事など以外に結婚式などでも使用される結び方です。
この結び方は、端を引っ張っても解けない結び方で「二度同じ事が起こらないように」「一度限りの出来事」を願う際に使います。
あわじ結びもこれと同じです。

神式の場合

神式の場合の水引は双白か双銀、または黒白の結び切りを選びましょう。

キリスト教式の場合

キリスト教式の場合は水引は不要です。
ただし、仮に水引のものを選んでも特に問題とされませんし、水引の色も自由とされています。

無宗教の場合

無宗教の場合の水引は黒白か双銀の結び切りを選びましょう。

黒白や双銀はどの宗教でも使える一般的なものとして幅広く使われています。
香典の送り先の宗教がわからない場合は、これを選ぶのが無難です。

香典の金額によって異なる

香典に包む金額が少ない場合は水引が印刷された不祝儀袋を選びましょう。
逆に包む金額が多い場合は水引は印刷されたものでなく、正式なものを選びましょう。

具体的には、包む金額が3千円から5千円の場合は水引が印刷されているものを使います。
1万円以上の場合は白黒か双銀の水引が束になったものを使う場合が多いです。
また5万以上、もしくは10万以上のように包む金額が高額の場合は中金封で、さらに、水引も豪華なデザインを選ぶことが多いです。

このように包む金額によっても水引の様式が変わるので、注意が必要です。

法事には様々な種類があり、包むご香典の金額に毎回迷ってしまいますよね?こちらの記事では法事の香典の金額について、相場・書き方・マナーを理由も含めて細かく解説しています。
是非ご覧ください。

13回忌の香典袋の書き方

葬儀

13回忌の香典袋の書き方について解説いたします。
この場合も宗教によって表書きの書き方も違ってきますので、間違えないようにしましょう。

また、一般的に表書きは毛筆書きとされています。
筆ペンなどを使用するのが一般的とされ、ボールペンやサインペンを使用するのは控えましょう。

表書きの書き方

香典袋は宗教によって表書きの書き方が異なります。
以下で、宗教別に解説していきます。

仏式の場合

仏式の場合は「御霊前」「御香典」または「御香料」と記しましょう。

ただし、浄土真宗では「御霊前」と記載するのはマナー違反になりますので注意しましょう。
御霊前は「香典を故人の御霊に供える」という意味をふくみますが、浄土真宗は「故人は成仏し仏になる」という教えのため、御霊前と記載するのは不適切となります。

仏式でも浄土真宗の場合では「御仏前」または「御香典」としましょう。

神式の場合

神式の場合は「御玉串料」「御榊科」または「御神饌料」と記しましょう。

また、蓮の花が印刷してある不祝儀袋は仏式用なので間違って使わないようにしましょう。

キリスト教式の場合

キリスト教式の場合は「御花料」と記しましょう。
カトリックの場合には「御ミサ料」、プロテスタントの場合は「弔慰料」とすることもあります。

無宗教の場合

無宗教の場合「御香典」と記載しましょう。
これは一般的にどの宗教でも使える表書きなので、相手の宗教がわからない場合は「御香典」と書くと無難とされています。

また、「御霊前」と記載するのも良いとされています。
しかしこの場合は、相手の宗教が真宗でないときに限りますので注意してください。

名前の書き方

次に香典袋の名前の書き方を解説いたします。

水引の下側の中央に自身の名前をフルネームで記載します。
名前は上段に書いた表書きよりも少し小さな文字で書くと良いです。
また、肩書きがある場合は右肩に小さく記載しましょう。

連名の場合

では、連名の場合はどのように書けば良いのでしょうか。
故人が勤務していた会社関係者などが香典を持参する場合に連名になる事が多いですよね。

この場合、目上の人が右側にくるように順に記載しましょう。
ただしこれは、3名以下の場合に限りますので注意してください。

3名以上の場合

では3名以上で贈る場合はどうしたら良いのでしょうか。

3名以上の大人数の場合は連名で記載せずに、代表者の名前の横に「他一同」と記載しましょう。
このとき、香典袋の中に全員の名前を書いた半紙を同封するのが良いとされています。

中袋の書き方

香典袋の中に入れる袋を中袋と言います。
これには、住所や氏名、金額を書かなければなりません。

中袋の表には漢数字で金額を書きましょう。
裏には住所と氏名を記載しましょう。

中袋やその書き方や包み方についてもっと詳しく知りたい方は、「終活ねっと」の以下の記事も参考にしてみてください。

13回忌の香典は薄墨で書くの?

困った人々

13回忌の香典は薄墨で書くのでしょうか。

一般的に49日までは薄墨で書くとされていました。
薄墨で書く理由として、「あまりの悲しみで力が入らない」や「悲しみの涙がすずりに落ちてしまい薄くなってしまった」という故人に対しての悲しみを表現するためとされています。

したがって、薄墨は亡くなったばかりの時に使用するものと考えられています。
そのため、13回忌法要の香典は普通の墨で書くのが一般的です。

13回忌の香典袋についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、13回忌の香典袋の選び方とそのマナーについて紹介しました。

まとめると以下のようになります。

  • 13回忌の香典袋の選び方は宗教や地域によって違う

  • 13回忌の香典袋の選び方は贈る金額によって違う

  • 13回忌の香典袋の書き方は宗教によって違う

  • 13回忌の香典袋は普通の墨で書くのが良いとされている

  • 香典袋の選び方や書き方は宗教や地域によって考え方も違うので、不安な場合はその地域に詳しい方や家族の相談すると良い

間違えた香典袋の選び方をしてしまうと、失礼にあたる場合もあります。
この記事を参考に、正しい香典袋を選びましょう。

少しでも今後に役立てて頂けたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像
    13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

    13回忌の法要に招待されたけど、香典の書き方やマナーは完璧と言える自信はありますか? 法要に何度も参列することの方が少ないので、香典の書き方やマナーは忘れがちです。 今回は、13回忌の香典の書き方などが不安という方には嬉しい情報をまとめています。

  • 13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像
    13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

    回忌法要における13回忌は最後の法事となることが多いため、13回忌法要には多くの方をお招きするのが一般的です。今回はその13回忌の香典について、書き方やマナーなどを解説していきます。香典に関するマナーについて、改めて整理しながらみていきましょう。

  • 17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像
    17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

    命日に合わせて行われる年忌法要は、ご遺族にとって大切なご供養の場です。今回は年忌法要のなかでも、17回忌の香典袋の書き方や金額の相場など役立つ知識について詳しく解説いたします。また、17回忌のご香典の知っておきたいマナーについてもご説明いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像
    3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

    3回忌などの法事・法要に参列する際には香典を包まないといけませんよね。では、3回忌などの法事・法要に包む香典の金額相場はいくらくらいなのでしょうか?今回は、3回忌の香典の金額相場を故人との関係別にご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像
    法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

    皆さんは、法事の際に持参する香典のマナーについて詳しく知っていますか?法事に関するマナーを知らないと、ご遺族や故人に対して失礼にあたることもあります。そこで今回の記事では、香典袋の表書きの書き方や香典袋の選び方など、法事の香典袋のマナーについて解説します。

  • 3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像
    3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

    3回忌法要には親族や関係者など、故人が生前に関わりのあった方を多く招待することがあります。皆さんは、3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介します。

  • 3回忌の香典について!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像
    3回忌の香典について!書き方や金額相場について解説します

    法要における香典について、書き方や金額相場を御存じない方も多いのではないでしょうか。特に3回忌の法要では、ご家族以外にも遠い親戚などの参列者がいらっしゃいます。マナー違反にならないよう、今回の記事では3回忌の香典の書き方や金額相場について詳しく学びましょう。

  • 7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像
    7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

    皆さんは7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方をご存知ですか?今まで正しい方法を知らずに、香典袋を書いたり選んでいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方について解説していきます。最後までご覧ください。

  • 一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します!のサムネイル画像
    一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します!

    故人が亡くなって1年の節目で迎える一周忌ですが、参列する際に香典袋は欠かせません。しかし、葬儀のときと異なり一周忌の香典袋には書き方やマナーについて独特のしきたりがあります。今回はいざというときに役立つ一周忌の香典袋の書き方などをご紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事