四十九日法要にネックレスはつけてもいい?選び方の注意点も解説!

四十九日法要にネックレスはつけてもいい?選び方の注意点も解説!

四十九日などの法要では、あまり派手な格好は避けなけれはいけませんよね。では、ネックレスはつけてもいいのでしょうか?今回は、四十九日法要にネックレスはつけてもいいのかということとその選び方についても解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

最終更新日: 2020年03月07日

四十九日のネックレスについて

葬儀

四十九日などの法要に参列する方や遺族の方の格好は、故人を偲ぶため地味で黒を基調とした服装で派手な装飾品は避けたほうが良いとされているのが一般的ですよね。
では、四十九日の法要にネックレスは身に着けてもいいのでしょうか?

また、四十九日の法要の際に身に着けるネックレスなどのアクセサリーにはどのような物を選べばいいのか疑問に思った方もいらっしゃると思います。

そこで、今回「終活ねっと」では四十九日法要につけるネックレスなどのアクセサリーについて、

  • そもそも四十九日法要とは?

  • 四十九日にネックレスはつけていいのか

  • 四十九日にふさわしいネックレスとは?

  • 他のアクセサリーはつけてもいいのか

  • 四十九日法要にふさわしい女性の服装とは?

以上のことなどを中心に説明していきます。

詳しくご説明しますので、四十九日にネックレスをつけるかどうか迷われている方はぜひ参考にしてください。

また「終活ねっと」では僧侶手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

四十九日法要とは

お墓

そもそも四十九日法要とは、仏教において故人が亡くなって49日目の忌明けを迎えてから行う法要のことです。
四十九日法要では、故人が生前に終活していた場合に招いてほしいと願っていた方や、お世話になった方を招き執り行います。

「終活ねっと」では、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
四十九日法要についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

下記の記事では四十九日法要についての基礎知識を全て解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

四十九日にネックレスはつけていいの?

ネックレス

では、四十九日にネックレスはつけていいのでしょうか。

故人を偲ぶための法要の場に、ネックレスをつけていくことに迷いを抱いている方もいらっしゃるかと思います。
しかし、あまり派手ではないもので節度を守れば、ネックレスはつけてもいいとされています。

ですが、これはあくまでも一般的なマナーの問題であり、ご遺族や参列している方の中にはネックレスなどをつけて法要に臨むことを快く思わない方もいらっしゃるでしょう。
そういう意味では、基本的にはネックレスはつけないのが一番無難であり、お持ちのネックレスが節度ある物なのかどうか判断できない場合にはつけないほうがいいのではないでしょうか。

四十九日にふさわしいネックレスとは?

葬儀

四十九日にふさわしいネックレスとはどのようなものがあるのでしょうか。
一言に節度を守った物といっても、どのような物が節度を守れているのかよく分からないという方もいらっしゃることでしょう。
だからといって、不用意に四十九日法要にふさわしいのかよく分からないネックレスをつけて行くのも、ご遺族や参列している方に対してマナー違反になることも考えられます。

また、ネックレスにもいろいろな種類や大きさ、装飾されている宝石もさまざまなものがあります。

では、四十九日法要にネックレスを身に着けて行く場合には、どのようなネックレスがふさわしいのでしょうか。

真珠やオニキスなどを選ぶ

お葬式などの弔事につけられる宝石の種類は決まっています。
そのため、四十九日などの法要でも、ネックレスの宝石の種類として真珠やオニキスなどを選ぶとよいとされています。

真珠は涙の象徴とされていて、お葬式や法事・法要などで身に着けることにより、故人が亡くなったことへの悲しみを表しています。

四十九日法要に身に着けるネックレスの真珠の色は白か黒とされていて、地域によって白い真珠のほうが良いとされる場合と、黒い真珠のほうが良い場合もあります。
ですが、一般的には白か黒であればいいとされています。

宝石が大きすぎないものを選ぶ

それから、ネックレスの真珠などの宝石は大きすぎないものを選ぶというのもポイントです。
一般的に、宝石の大きさは7~8mm程度のものが良いとされています。

長すぎないネックレスを選ぶ

また、長すぎないネックレスを選ぶということもマナーの一つです。
ネックレスは40㎝程度が良いとされていて、50㎝より長いとドレッシーな印象になってしまいますので注意が必要です。

二重のネックレスは避ける

ネックレスをつける場合には、二重のネックレスは避けるようにしましょう。
二重のものは「不幸が重なる」とされているため、ふさわしくありません。
必ず一重のものを選ぶようにすることが、ネックレスをつける場合のマナーとなります。

和服のときは付けない

女性の場合、近年では洋装の喪服を着用する方と和装の喪服を着用する方がいますが、和服のときはネックレスは付けないというのがマナーとなります。
基本的に洋装のときにネックレスの着用が許されますが、和服のときアクセサリーはつけません。

他のアクセサリーはつけてもいいの?

結婚指輪

ネックレスについては解説しましたが、他のアクセサリーはつけてもいいのでしょうか。
アクセサリーにはネックレス以外にもピアス・イヤリング・指輪などがありますが、四十九日法要にはこれらのアクセサリーを身に着けることは可能なのでしょうか。

ピアス

ピアスは基本的にあまりよくありませんが、もしつける場合にはネックレスと同じように白か黒の真珠のピアスをつけるようにしましょう。

イヤリング

イヤリングも、真珠で小ぶりのもので1粒だけのものであれば付けても良いとされています。
金具は金色のものは避け、銀色のものにしましょう。

結婚指輪

結婚指輪はつけても大丈夫です。
もし結婚指輪が派手な印象のものである場合には、人前ではそっと手を添えてさりげなく見えないようにする配慮が必要なケースもあるでしょう。

四十九日法要にふさわしい女性の服装とは?

葬儀

四十九日法要にふさわしい女性の服装とは、どのようなものがいいのでしょうか。
基本的には黒を基調とする光沢のない服装とされていますが、正式にはご遺族などは正喪服、参列者は準喪服を着用します。

正喪服には和装やワンピースなどのブラックフォーマルで、準喪服にはワンピースやスーツといった、こちらもブラックフォーマルが基本です。

以下の記事では、身内だけが参列する場合の服装マナーも解説しています。
こちらの記事も合わせてご覧ください。

四十九日のネックレスについてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、四十九日法要につけるネックレスなどのアクセサリーについて以下のことを解説してきました。

  • 四十九日法要とは、仏教において故人が亡くなって49日目の忌明けを迎えてから行う法要のことである。

  • あまり派手さのない物といった節度を守れば、四十九日法要にネックレスはつけてもいいとされている。

  • 四十九日にふさわしいネックレスは、宝石はあまり大きすぎない真珠やオニキスなどを選び、二重につけない。

  • 他のアクセサリーは、結婚指輪以外のものは基本的につけないほうがいいが、ピアスやイヤリングをつける場合は小さな1粒のものをつける。

  • 四十九日法要にふさわしい女性の服装は、ご遺族などは正喪服、参列者は準喪服を着用する。

四十九日などの法要では、ネックレスなどのアクセサリーをつける場合にはあまり派手ではない真珠やオニキスなどの宝石を使ったものを選ぶというマナーがありました。

四十九日法要にネックレスなどのアクセサリーをつけて行くべきか悩んでいる方は、このようなマナーには気を付けたほうがいいでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「終活ねっと」では、この他にも法事・法要に関する記事を多数掲載しております。
今回は四十九日の服装について興味のある方はぜひ他の記事もご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事