13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!

13回忌のときの男性の服装は?平服の場合や注意点も解説!

13回忌の案内があったとき、どんな服装で参列したらよいのかが気になりますよね?特に男性はネクタイやシャツの色でかなり服装の印象が変わってしまいます。今回はそんな13回忌にふさわしい男性の服装について徹底解説します。

2019-07-01

13回忌の男性の服装について

人々

13回忌に参列したことはありますか?

13回忌は7回忌の次に執り行われる法要です。
それまでとは異なり、比較的ラフな格好で参列できる法要だと考えられています。
だからこそ、逆にどのような服装で出席するべきなのか悩む方も多いでしょう。

そこで、今回は13回忌の男性の服装について、気になるポイントをおさえて解説していきたいと思います。

  • 13回忌の法事ってそもそも何?

  • 13回忌にふさわしい男性の服装はどんなもの?

  • 13回忌に参列する女性と子供の服装は?

  • 13回忌の服装を選ぶときは何に注意したら良いの?

以上の流れで、解説していきたいと思います。

13回忌に着ていく服装に悩んでいる男性には、必見の内容です。
どうぞ最後までお読みくださいませ。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

13回忌の法事とは

仏壇

13回忌とは、故人が逝去してから満12年に執り行われる法事です。

1周忌は聞き馴染みがあり、参列したことのある方も多いことと思います。
13回忌は1周忌と同様に年忌(ねんき)と呼ばれ、故人を供養するための法事です。

逝去から1年で行われる1周忌は、年忌の中でも最も重要な法要で、親族以外の方も含めて多くの人をお招きします。
その後3回忌・7回忌と続く中で、招く人は少なくなり法事自体も小規模になります。
特に7回忌からは、近しい家族だけで行われるのが一般的なので、よりアットホームな雰囲気で行われることが多いのです。

13回忌は7回忌の次に行われる法事で、久しぶりに故人を偲ぶ会でもあります。

13回忌の男性の服装って?

葬儀

それでは、近しい家族だけの法事である13回忌では、男性はどのような服装を着ていったら良いのでしょうか?

基本的なマナーと平服について説明していきます。

基本は略喪服

喪服には3つの種類があることをご存知でしょうか。
最も格式のあるものから、正喪服・準喪服・略喪服となっています。

13回忌では最も格式の低い略喪服を着用するのが基本です。
略喪服とは男性の場合、ダークグレーのスーツなど地味で目立たない服装のことです。

ダークスーツでもいいの?

男性の場合、略喪服はダークカラーのスーツのことなので、ダークスーツで良いのです。
具体的には、以下の通りの服装です。

  • ダークグレー、もしくは濃紺などのスーツ

  • 白色のワイシャツ

ネクタイは必要?

男性の場合、略喪服にはネクタイがもちろん必要です。
スーツと同じく、黒や紺、グレーなどの暗めの色のネクタイを着用します。

結び方は基本的なプレーンノットで、ティンプルを作らないのが良いとされています。

「平服で」と指示があった時

「平服で」と事前に案内があった場合、どのような服装を着ていったら良いのでしょうか?

一般的にはスーツを着用しますが、家族だけで集まるときは普段着を着ていくこともあります。
その際は、ジーンズやTシャツは避けて、なるべく襟付きのシャツを着たり落ち着いた色を選んだりすると、男性は好ましい印象になります。

「平服で」と言われたときには、事前に親族に相談して、自分だけ浮いた格好にならないように気をつけましょう。

13回忌の女性・子供の服装

人々

13回忌に参列するとき、女性や子供はどんな服装が望ましいのでしょうか?

女性

女性の場合も男性と同様、略喪服を着用するのが一般的です。
女性の略喪服とは、

  • 黒や紺などのダークカラーのスーツ、もしくはアンサンブルやワンピース

  • 黒色のストッキング(ラメや柄の入っていないシンプルなもの)

上記の格好が基本となります。

女性の場合には派手なアクセサリーやネイルは控えます。
アクセサリーで許されるのは、結婚指輪と真珠やオニキスのネックレスだけだと覚えておきましょう。

子供

子供の場合には、13回忌の法事に最もふさわしい服装は制服です。

制服がない場合は、キャラクターものや派手なデザインのものは避け、落ち着いた雰囲気の服装にします。
具体的には以下のような格好がふさわしいでしょう。

  • グレーや紺色のブレザーとズボン(スカート)、もしくはワンピース

  • 白いワイシャツやブラウス

13回忌の服装についての注意点は?

困った人々

13回忌の服装について、注意するべきことはあるのでしょうか?

具体的に説明していきたいと思います。

施主より格上にならない服装にしましょう

まずは、施主よりも格上の服装にならないように気をつけましょう。

「平服で」と案内があったけれど、13回忌に喪服で参列した結果、自分以外の他の参列者がみんな普段着だったということもあり得ることでしょう。
特に、施主よりも格上の服装を着てしまうのは大変失礼なことです。

事前にどのような服装がふさわしい会なのか、親族に確認する必要があります。

光る小物はNG

靴やベルトのバックルなど、光るものや派手なものは控えるようにします。

また、普段着で出席する際も、皮ジャンなど革製品は殺生を連想するものなので、着ていかないほうが良いでしょう。

7回忌以降は喪服は必要ない?

一般的には、3回忌までは喪服を着用し、7回忌以降は平服や略喪服で良いとされています
しかし、これは地域や親族の慣習によっても異なります。
特に引っ越したときや結婚したときなど、今までの常識が通用しないこともあるので注意が必要です。

このため、13回忌の法事に出席する前に親族に確認をして、どのような服装がふさわしいのかを聞いておきましょう。

13回忌の男性の服装まとめ

人々

ここまで、13回忌の服装について、特に男性の服装を中心に解説をしてきました。

  • 13回忌の法事とは?

    故人が逝去して数えで13年目に行われる法事です。逝去後年数が経っているので、近しい家族のみを招いて行われることが多くなります。

  • 13回忌の男性の服装は?

    基本的には、略喪服がふさわしい服装です。ダークグレーや濃紺のスーツに白いワイシャツ、ダークカラーのネクタイを着用するのが、男性の服装の基本となります。

  • 「平服で」と案内があった場合には?

    普段着で13回忌を執り行うこともあります。男性の場合には、カジュアルすぎるTシャツやジーンズを避け、落ち着いた服装を着ていきましょう。

  • 13回忌の女性・子供の服装

    女性も略喪服が基本です。ダークカラーのスーツやワンピースを着用します。子供は制服が最もふさわしい服装です。

  • 13回忌の服装についての注意点

    光沢のある小物や革製品は控えましょう。格式が高すぎる服装でもカジュアルすぎる服装でも浮いてしまうので、事前に親族などに確認をしてから着ていく服装を決めます。

以上が、13回忌の男性の服装についてのまとめです。

13回忌はそれまでの法事と比べ、ラフな格好でも良いとされています。
「平服で」と案内があっても、事前に確認をとるようにしましょう。

終活ねっとでは、13回忌だけでなく他の法事についても役立つ情報を掲載しています。
法事の案内が届いたら、ぜひ終活ねっとの記事を読んでみてください。

また、法事の際のアクセサリーについて詳しく知りたいという方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

「13回忌・服装・男性」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事

お坊さんの手配に関する
ご相談はこちら

person

十三回忌にお坊さんを手配

お坊さん
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料