三回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!

三回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!

亡くなった故人を偲ぶ三回忌は法事の中でもよく耳にする言葉ですよね。しかし、こうした法事には頻繁にするものではありませんから、いつ行うのかや案内はどうするのかなど知らないことも多いのではないでしょうか?今回は、三回忌法要をいつ行うのかを中心に解説していきます。

2019-10-07

三回忌はいつ行うのかについて

葬儀

三回忌法要は、故人を偲ぶ法要の中でもよく耳にする言葉ですよね。
では、三回忌法要はいつなんのために行われるものかをご存知ですか?

宗教に関連する行事ということで、公立の学校などで学ぶ機会はありませんし、何度も頻繁参加するわけでもありません。
だからこそ、よく耳にするものの、三回忌法要はいつ行うべきで、どういう意味を持つのかを知らないという方も多いのではないでしょうか。

もし急に三回忌法要を行うことになったとき、いつでも正しい知識に基づいて、慌てずに準備をしたいものですよね。

そこで今回、終活ねっとでは以下の記事を中心に、三回忌はいつ行うのかについて解説をしていきます。

  • そもそも三回忌ってなに?

  • 三回忌法要の行うときっていつ?

  • 三回忌法要の日程はいつまでに決定すべき?

  • 三回忌法要の案内状ってどうするの?

  • 三回忌法要の参列者のマナーは?

間違えやすい年忌法要について、あらかじめ知っておきましょう。
特に三回忌は間違えやすいので、この記事を参考に最後まで読んでいただけたら幸いです。

三回忌の基礎知識について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

三回忌法要とは?

葬儀

三回忌法要とは、亡くなった年から翌々年となる年に行う仏式の法要です。
つまり故人が亡くなってから満2年で行う法要が三回忌となります。

故人が亡くなった年に執り行うのが葬式で、その翌年には1周忌を迎えます。
そのさらに翌年、亡くなった年から数えて2年となる年に、三回忌として遺族や親族などが参列して故人を偲ぶのです。

法事・法要とは?

故人を偲んで集まる追善供養の行事が、法事・法要と呼ばれています。

なお、法事と法要のそれぞれのニュアンスには、少し違いがあります。
和尚様の読経がある追善供養のことを法要といい、追善供養の後席の会食までの流れを法事と呼ぶのです。

三回忌法要では何をするの?

三回忌法要を執り行うにあたり、その意味や目的も理解しておきましょう。

三回忌法要は、冥界に住む十人の王に審判を受けるという「十王信仰」に基づいて行われます。
故人が冥界の王から審判を受けるそのとき、遺族や親族の追善供養によって故人に功徳を授けることが、三回忌法要の目的なのです。

もちろん、積んでいる功徳が大きければ大きいほど、故人の来世は恵まれたものとなります。

故人の冥土での幸せを祈るために、三回忌法要では、

  • お坊様による読経での供養の儀式

  • 遺族、親族を含めた会食

の2つが主に行われることとなりますので、覚えておきましょう。

三回忌法要には誰が参列する?

地域や風習によっても異なりますが、基本的には三回忌法要に参列するのは、故人の遺族や親族から故人と親しかった友人や知人になります。

一般的には、三回忌から参加のご案内をする範囲が少しずつ狭められていきます。
近年では、三回忌でもあまり多くの方を招かないケースも増えているようです。

ただし、故人にとって特別に親しい方などがいる場合は、この限りではありません。
故人のために、お呼びしてあげましょう。

浄土真宗は三回忌を行うの?

浄土真宗は仏教の中でも、ほかの宗派とは少し違った考えや決まりがあります。

一般的な法要の解釈としては、初七日は最初の裁きを受ける日で三途の川の行き先が決まり、四十九日の最後の審判により輪廻転生の行き先が決まるというものです。

しかし、浄土真宗の考えでは亡くなるとすぐに往生をするので、これらの解釈はありません。
浄土真宗における法要の意味は、故人の生前の姿に思いを馳せて、信仰を深める日とされています。

そのため浄土真宗にも年忌法要はあり、もちろん三回忌もあります。

三回忌法要はいつ行うのか?

困った人々

ここでは、三回忌法要をいつ行うのかということについて解説していきます。
回忌法要の数え方は、年齢などの年の数え方とは少々異なるため、曖昧な方も多いのではないでしょうか。
また三回忌法要をどこで行うのかについても、紹介していきます。

回忌法要の数え方

よく勘違いされがちですが、三回忌法要だからといって、故人が亡くなって満3年目に行うわけではありません。

仏教では、故人が亡くなったその日を忌日と定め、そこから丸々1年が経過した日が2回目の忌日となります。
そのまま数えていくと、亡くなってから丸々2年となる日が3回目の忌日、すなわち三回忌となるのです。

できるだけ祥月命日に行う

三回忌法要は、基本的には祥月命日(しょうつきめいにち)に行いましょう。
祥月命日とは、毎年巡りくる、故人が亡くなった日のことを指します。

ただし、忙しい現代社会では、どうしても三回忌法要を祥月命日に行うことが困難な場合もあるでしょう。
そのときには後倒しにせず、前倒しで法要を行ってください
後倒しにすると仏さまがなぁなぁにされていると感じて怒るとされています。
前倒しする時期については、およそ1ヶ月程度であればいつでも問題ないとされています。

故人が審判を受ける日が来る前に、追善供養をしてあげることが大切なのです。

三回忌の日程はいつまでに決定すべき?

葬儀

余裕を持って三回忌法要を行うためには、当日の2ヶ月前には日程を決めて、準備を進めておきましょう。

三回忌法要を行うにあたり、お寺への連絡や引き出物の準備、それに伴う費用の見積もりを行う必要があるからです。
加えて、法要を執り行ってくれるお坊様に準備を整えていただく必要もあります。

そして、準備段階で三回忌法要の会場を決める必要もあります。
通常はお寺、自宅、斎場のうちのどれかとなるのが一般的です。
お坊様の意見も聞きつつ決定するために、早めの準備を心がけましょう。

また参列者の予定を考えても少なくとも1ヶ月前には、参列者の方の手元に案内状を届ける必要があります。

開催者側だけではなく、参列者側の方々にも余裕をもって準備してもらえるように、余裕を持って動き始めましょう。

三回忌法要のお知らせは案内状で出す

困った人々

三回忌の法要までは親族だけではなく、故人と親しかった友人や知人をお呼びします。

親族ならば電話などの方法で三回忌法要の案内をすることができますが、故人と親しかった友人や仕事関係の方に電話は気が引けるという方は多いようです。

そんな時には案内状をお勧めします。
この段落では、案内状について説明します。

案内状に書くこと

案内状に書いておくべきことを紹介します。

  • 敬具・時候の挨拶

    「頭語の結び」と「時候の挨拶」には気を付けましょう

  • 故人の名前と三回忌の案内であること

    誰の法事であるのか、どの年忌法要であるのかを明記しましょう。

  • 場所や日時

    特に三回忌の場合、場所が自宅/斎場/お寺など複数の選択肢がありますので、必ず明記しましょう。

  • 会食の有無

    法事の流れで必要なことは書いておきましょう。

案内状でのマナー

句読点は使わない

昔は毛筆で書状を書いていたため句読点が使われていませんでした。
その名残から現在でも句読点は使わないようです。

また、現在では法事が途切れることなく進むようにという意味合いもあり句読点を使わないようです。

二十封筒は使わない

法事の案内状は封筒に案内を入れて出します。
この時に使用する封筒は白の無地の封筒を使用します。

また、不幸が重ならないようにという意味を込めて、二十封筒を使わないようにしましょう。

往復はがきで案内状を出す

案内状は三回忌のお知らせをするだけではなく、案内状を受け取った方の出席の可否を確認するためにあります。

そのため、案内状には往復はがきが良いとされています。

往復はがきには、出席の可否、住所を記入する欄などを設けます。
そのほか三回忌で卒塔婆をたてるのであれば卒塔婆供養料の申し込みの有無なども記載しましょう。

最後には改めて返信を希望する一文を入れましょう。

就活ねっとでは、案内状の正しい書き方をさらに詳しく紹介しています。
三回忌法要のお知らせを案内状で出す場合は、こちらの記事を参考にしていただけると幸いです。

三回忌の参列マナー

葬儀

もちろん、三回忌法要にも大切にすべきマナーがあります。

遺族側であれば、前もって引き出物を用意しておきましょう。
故人が生前に好んでいたものや、タオルなど汎用性の高いものが一般的です。
また、お坊様に対するお布施も、遺族側は用意しておく必要があります。

お布施の金額は、1万円から5万円ほどが相場とされています。
なお、このときに新札は用いないよう注意しましょう。

また参列者側であれば、香典を用意する必要があります。
香典に包む金額は、故人との関係性などで変化しますから、決められた金額があるわけではありません。

ただし、遺族側はお布施や会食、車代を出してくれることもあるため、気持ち多めに包んでおくのがマナーといえます。

服装は?

三回忌法要に参列する際には、男女ともに喪服で参列するようにしましょう。
その際の遺族の服装は、参列者の服装よりも格が下がらないように注意するのがマナーです。

香典・お供え物はいつ渡すの?

用意した香典やお供え物は、訪問してご挨拶が済んだら、施主に直接手渡しをしましょう。
香典は、袱紗から出し、相手から文字が読める向きにして渡します。

その際には、「心ばかりですが仏前にお供えください」という一言をかけることも忘れてはいけません。
くれぐれも、自分で仏前に供えないように注意してくださいね。

終活ねっとでは、三回忌のマナーについて施主(喪主)側と参列者側にわけて詳しく解説しています。

いつ行うのかなどの大まかなことが決まった方は、こちらで三回忌法要で注意点を確認してから細かなことを決めっていっていただけると幸いです。

三回忌はいつ行うのかに関するまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
三回忌法要をいつ行うのかに関して、終活ねっとでは以下のように解説をしました。

  • 三回忌法要とは追善供養の行事であり、お坊様による読経での供養の儀式と遺族、親族を含めた会食が行われる。基本的には故人の遺族や親族から故人の友人や知人も参列する。

  • 三回忌法要は故人が亡くなってから満2年の祥月命日(故人が亡くなった同月同日)に行う。現代では、都合により祥月命日に行われることは難しくなり、その場合は必ず前倒しで法要をする。

  • 三回忌法要の日程は2か月前くらいから決め準備を進めていく。また参列者の予定も配慮して案内状は少なくとも1か月前にお知らせする。

  • 三回忌法要のお知らせの方法は電話と案内状があるが案内状を出すことが一般的となっている。その場合には句読点や二十封筒を使わず、出席の可否がとりやすい往復はがきで出すことをお勧めする。

  • 三回忌の法要では施主(喪主)側は引き出物とお布施を準備しておき、参列者側は香典を準備しておく。また香典は施主(喪主)に直接手渡しする。

三回忌法要については、知っているようで知らないことも多くあります。
参加する回数も多くはありませんし、マナー等を学ぶことも難しいですよね。

この機会に、三回忌法要について理解を深めていただけたなら幸いです。

終活ねっとでは、七回忌についての記事も書いております。
三回忌の次は七回忌となりますので事前に確認しておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「三回忌・いつ」に関連する記事

  • 祥月命日には、生きている感謝の心を込めて、仏様を供養しましょう!のサムネイル画像
    祥月命日には、生きている感謝の心を込めて、仏様を供養しましょう!

    日本には、仏事の言葉で、「祥月命日」や「1周忌」、「三回忌」などの年回法要、法事といった言葉が多くありますね。みなさんは、その違いを知っていますか?中には知らない方も多いようですので改めて紹介します。今回は、「祥月命日」をメインに説明します。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

  • 年回忌って命日から数えるの?簡単に計算できる方法を紹介します!のサムネイル画像
    年回忌って命日から数えるの?簡単に計算できる方法を紹介します!

    年回忌の数え方をご存知ですか。 言葉は知っていても、どのように数えるのか分からないという人もおられるでしょう。 計算の仕方が分からないと、いつ法要を行ったらよいか迷いますよね。 今回終活ねっとでは、年回忌の計算方法について、簡単に計算できる方法を紹介します。

  • 33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説しますのサムネイル画像
    33回忌法要にふさわしい服装って?弔い上げがある場合も解説します

    33回忌にもなると、長い月日を感じますね。出席の際には普段着に近い服装でもよいという意見も聞かれますが、弔い上げにあたる場合は違ったルールがあるのでしょうか。ここでは、33回忌における服装等について様々な疑問を解消していきますので、ぜひ最後までお読みください。

  • 7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説しますのサムネイル画像
    7回忌法要での挨拶は何を言えばいいの?ポイントや例文を解説します

    7回忌とは3回忌の後に行われる年忌法要で、ご家族・親族だけで集まるのが一般的です。そんな身内だけの席では、どんな挨拶を交わしたらよいのでしょう?7回忌をつつがなく終えるための挨拶の仕方、例文を交えながら詳しくご紹介いたします。

  • 3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!のサムネイル画像
    3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!

    皆さん、回忌法要に参列する場合、香典の相場はいくらくらいなのか?香典袋はどう書けば良いのか?悩むところだと思います。故人が亡くなって2年目に行われるのが3回忌の法要ですが、今回は、この3回忌での香典の相場について、香典袋の書き方や注意点も含めて解説します。

  • 17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像
    17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

    命日に合わせて行われる年忌法要は、ご遺族にとって大切なご供養の場です。今回は年忌法要のなかでも、17回忌の香典袋の書き方や金額の相場など役立つ知識について詳しく解説いたします。また、17回忌のご香典の知っておきたいマナーについてもご説明いたします。

  • 13回忌のお布施はいくら包む?金額相場や渡し方について解説しますのサムネイル画像
    13回忌のお布施はいくら包む?金額相場や渡し方について解説します

    13回忌の法要は亡くなったかたの思い出にひたって追善供養を行なう大切な意味が込められています。今回は13回忌の法要でお渡しするお布施について解説いたします。金額の相場や渡し方の正しいマナーなど、いざという時に慌てないための13回忌のお布施についてです。

  • 回忌の数え方をご紹介!宗派別の回忌法要についても解説しますのサムネイル画像
    回忌の数え方をご紹介!宗派別の回忌法要についても解説します

    故人が亡くなってからの節目の数え方を「回忌」といいますが、これは法事やお墓参りをする際によく耳にする方も多いでしょう。そして、回忌についてはある程度行う時期が決まっているうえ、宗派によってもさまざまです。今回は回忌という数え方や法要について見ていきましょう。

  • 7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像
    7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

    7回忌の香典となると表書きや名前の書き方、渡す際のマナーといったしきたりがあります。 親戚などが集まる場において香典で恥を書きたくないという人は、この記事を読めば不安が解消されます。 7回忌に最適なお供え物などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事

お坊さんの手配に関する
ご相談はこちら

person

三回忌にお坊さんを手配

お坊さん
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料