新盆はいつ?仏壇の飾り方は?宗派ごとに徹底解説!

新盆はいつ?仏壇の飾り方は?宗派ごとに徹底解説!

お盆の時期になると仏壇に特別なお供えをしますが、故人が亡くなった後に初めて行われるお盆(新盆)では飾り方が異なるのか、どんな違いがあるのかなど疑問に思われる方が多いと思います。今回は、新盆での飾りについて、宗派ごとの違いを含めながら解説していきたいと思います!

最終更新日: 2020年08月26日

新盆飾りについて

仏壇

故人が亡くなってから行われる新盆では、法要や仏壇飾りなど準備することが多くあり、どうしたらいいのか戸惑うことがあるかと思います。
特に多くの方が悩むのが、仏壇の飾り方です。
普段のお盆と変わらないのか、どう飾ったら良いのかについて疑問を持たれる方が多いようです。

そこで、今回「終活ねっと」では新盆の飾りについて、以下の項目を中心に解説していきたいと思います。

  • そもそも新盆ってなに?

  • 新盆の時期は?

  • 新盆飾りと普段の飾りで違いはあるの?

  • マンションでの新盆飾りのやり方は?

  • 飾り付けはいつから?

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

新盆では、仏壇飾りについてしっかり知り、自宅を訪れてくれる親戚や故人の友人などを、失礼のないように迎えることが大切です。

ぜひこの記事を最後まで読んで、新盆での仏壇飾りについての正しい知識をつけていただければと思います。

「終活ねっと」では他にさまざまな記事を公開しています。
2020年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

お盆の基礎知識について詳しく知りたいという方は下記の記事をぜひご覧ください。

新盆(初盆)とは

困った人々

新盆とは、家族が亡くなられて忌明け後の最初のお盆を迎えることを言います。
新盆の他に「初盆」「盂蘭盆」とも言います。
新盆は、普段のお盆より丁寧に行い、親族を招いて行うことが昔からの風習でしたが、最近では省略されることも多くなりました。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

新盆(初盆)がいつになるのかを考える

困った人々

新盆は、忌明け後のお盆の時に行います。
従って、忌明け前にお盆を迎えた場合には、翌年のお盆が新盆となります。

地域や宗派によりお盆の日が違うケースがあります。
旧暦で7月15日がお盆になっていたため、現在の新暦でも7月にお盆を迎えるところもあります。

新盆(初盆)の飾り方

仏壇

新盆では、丁重に新精霊を迎えます。
今回この記事では、新暦の8月15日をお盆として、新盆の飾り方をご説明いたします。

新盆で用意するものとして「精霊棚、白提灯」があります。
そしてお迎えに当たり、白提灯は、玄関などに飾るようにします。
マンションなどでは、盆棚の両端でも良いです。

法要を行う場合は、和尚さんと日取りをご相談してきましょう。
親族への連絡もそれと一緒に行うと良いでしょう。

真菰(まこも)でできたコザ、ナスとキュウリで作った御霊の乗り物牛馬、そしてお供えなどの用意もします。

飾り付けの時期はいつから?

精霊棚の飾りは8月12日夕方から行います。
13日の朝でも良いです。
お仏壇を掃除して飾り付けを始めていきます。

13日は、迎え火をして、お墓参りをして、亡くなられた方の御霊を家の中に連れてきます。

16日はお送り火を行います。
この時に白提灯の処分も行います。

以降の盆飾りとの違いは

2回目以降のお盆になると、親族や故人の知人を呼んでの法事を行わず、家族のみで行うことが多いです。
新盆と違って、白提灯も飾りません。

宗派ごとに飾り方を紹介

新盆の飾りは宗派による違いがあるので以下にまとめました。
それぞれの精霊棚の飾りもご紹介いたします。

浄土真宗

浄土真宗では、お盆に御霊が還ってくると言った教えはありません。
従ってお盆に迎え火をしたりする行事は行いません

浄土宗

浄土宗の場合、精霊棚に飾るものとして、「季節のお野菜、お花、フルーツ、お盆菓子」があります。

また、浄土宗ではお盆後に、精霊流しや送り火の行事があります。
初盆の方は、精霊船に飾られていただけますので、是非とも参加したいものですね。

曹洞宗

新盆の飾り方は、基本的な形ですが、曹洞宗では「水の子」というものを飾ります。
なすときゅうりをサイコロのように刻み、洗いコメと混ぜたものを水の子と言います。
こちらを、毎日中身を入れ替えながら供えます。

日蓮宗

日蓮宗では、精霊棚に「お茶、ごはん、お花、牛馬、水の子」を飾ります。
また、故人の嗜好品も飾ることができます。

真言宗

真言宗では、精霊棚に「精進料理」を食べられる状態で飾ります。
精進料理の内容としては、ソーメンや野菜の煮物が主流となっています。
その他に、お菓子やフルーツを飾る家庭もございます。

マンションでの飾り方

マンションやアパートでは、スペースがなく大掛かりな精霊棚を作ることができない場合があります。
その場合は、お部屋のサイズに合わせたお盆飾りをすると良いでしょう。

また、迎え火を炊くことが不可能な場合が多いですね。
無理をすれば「火災探知機」が発動して、一大事になってしまいます
マンション住まいの方の意見を見ると、「ベランダに提灯をさげる」といったことでこれを回避しているようです。

白提灯は使いまわしていいの?

新盆では、白提灯を飾りとして使用しますが、新盆後のお盆では使用しないため、基本的には新盆後に処分することになっています。

しかし、なかには一度使用しただけで処分するのは勿体ないのではないかと思う方もいらっしゃいます。
では、実際一度使用した白提灯を使いまわししてもよいのでしょうか?

結論からいうと、白提灯の使いまわしは良くないとされています

しかし、最近では白提灯の使いまわしをするご家庭も増えているので、周囲の人、お寺に確認するのが良いでしょう。

新盆(初盆)飾りのセット

仏壇

新盆の飾りをセットで販売されている所があります。
すべて揃っている物や、「まこもセット」「白提灯」もネットで購入することができます。
一部商品をご紹介いたします。

レンタルも

最近では、初盆の祭壇や、セット内容のレンタルもあります。
これらのサービスは、仏壇などを購入しても収納する場所がない場合には便利です。
ネット通販や、業者がお宅に赴きセッティングしてくれることもあります。
お盆の期間だけのレンタルもおすすめです。

新盆(初盆)飾りについてまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか?
今回、「終活ねっと」では新盆の飾りについて、以下の内容を中心に解説しました。

  • 新盆とは、家族が亡くなられて忌明け後の最初のお盆のことです。

  • 新盆の時期は忌明けの最初のお盆で、忌明けがお盆のあとであった場合は、翌年のお盆の時期が新盆となります。

  • 新盆と普段のお盆との違いは、新盆では法要が行われることと、白提灯が使われることです。
    ただ、最近では新盆でも白提灯ではなく、普通の盆提灯を使う家庭が増えているそうです。

  • マンションなどの大掛かりな精霊棚を置くことが難しい家庭では、お部屋に合わせた飾りをすることが多いです。
    迎え火・送り火などは、マンションの火災報知器が作動してしまうことがあるので、代わりとしてベランダで提灯をささげるなどするご家庭もあるようです。

  • 飾りをするタイミングは、迎え火の前日という場合が一般的です。

新盆は普段のお盆とはあまり変わりがありませんが、亡くなられた家族の最初のお盆なので、正式な作法で執り行うことが大切です。
また、宗派に沿った初盆を迎えてあげましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「終活ねっと」では他に以下の記事を公開しています。
よかったらご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事