天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。

天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。

皆さんは最澄と空海についてご存知ですか?学生時代に歴史の授業で学んだような...という方が多いのではないでしょうか?今回「終活ねっと」ではそんな方々のために最澄と空海、そして彼らが広めた真言宗・天台宗について徹底解説します!

最終更新日: 2020年01月29日

天台宗・真言宗を開いた最澄と空海

困った人々

みなさんは空海と最澄についてご存知ですか?
多くの方々は「学生時代に学んだような...けど誰だっけ?何をやった人だっけ?」とあまり覚えていない人が多いのではないでしょうか。

そのような方々のために、今回「終活ねっと」では空海と最澄について徹底解説をしていこうと思います。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

今回「終活ねっと」では天台宗・真言宗について以下の項目を中心に解説していきます。

  • 最澄が唐で学んだ仏教
  • 最澄と奈良仏教の間の論争
  • 弘法大師・空海の密教(東密)
  • 最澄と空海との間の争い

時間がないという方でも、興味のある項目をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっと」では他に以下のような記事を公開しています。
よかったらそちらの方もご覧ください。

最澄が登場する以前の仏教

高野山

538年、仏教が伝来した当時、仏教は学問と考えられていました。
その約半世紀後に仏教は宗教であるとみなされました。
朝廷は優れたものは大陸にあるとみなし、隋や唐からの政治制度や文化を取り入れることに必死でした。

この大陸の優れた物の1つとして仏教は日本に取り入れられました。
その結果、南都六宗と呼ばれる奈良仏教が形成されていきました。

奈良仏教は、三論宗、成実宗、法相宗、倶舎宗、華厳宗、律宗の6宗に分かれていましたが、現在の仏教の宗派とは大きく異なり、現在でいう学派のような存在でした。

奈良仏教の堕落と平安京

奈良仏教は、朝廷の仏教保護政策により政治的権力が大きくになりすぎ、金と権力により堕落していました。
平安時代の桓武天皇は、奈良仏教による政治への関与を避けるため、都を奈良から京都(平安京)に移しました。

最澄が唐で学んだ仏教

神社

垣武天皇から見ると、奈良仏教は権力志向であり、まったく仏教を研究していませんでした。
つまり、政治において邪魔者以外の何物でもありませんでした。
このため仏教を廃止しようとまで考えました。

ここで垣武天皇の前に若くやる気に満ちた最澄が登場してきました。
最澄は奈良仏教を正し、仏教自体の規律を正すことを目標としていましたが、権力無くしてそれを行うことはできないと密かに考えていたのでしょう。
権力の中心である垣武天皇に近づきました。

そのとき垣武天皇は、最澄に奈良仏教の勢力を低下させてもらえるのではないかと期待しました。
そして最澄が奈良仏教と対峙できるように遣唐使として唐に派遣させることを決めました。

唐では時代遅れ・隋の時代の顕教

最澄は唐でどのような仏教を学んだのでしょうか。
唐では、密教が最先端の仏教でした。
最澄は迷うことなく密教を選んだ・・・のではなく、隋の時代に盛んであった顕教(中国天台宗)を学びました。
時代遅れの仏教を学んだのです。

奈良仏教を論破し仏教の規律をただすことが最澄の目的であったので、奈良仏教と同レベルの天台宗を基本から学んだ方が、日本に戻ってから有利だと考えたのです。
密教を学び、奈良仏教と論争をしても、奈良仏教集団から見ると「密教って何なの?」というレベルであり、相手にされず、結果として論争にすらならないことが予想されました。

さらに、日本仏教の祖である聖徳太子は「勝鬘経(しょうまんぎょう)」と「法華経」を重じていたのです。
聖徳太子の権威を利用するためにも、最澄は法華経を中国で学びました。

一乗仏教について

最澄が学んだ顕教(天台宗)では、人間の心境を、①地獄、②餓鬼、③畜生、④修羅、⑤人間、⑥天上、⑦声聞、⑧縁覚、⑨菩薩、⑩仏の十界に分けます。

この世界のうち⑦声聞と⑧縁覚を小乗(修行した者だけが救われる仏法)として二乗と呼び、⑨菩薩、⑩仏を大乗(修行をした者だけではなく広く民衆を助ける仏法)の教法として一乗と呼びました。
また、⑦声聞~⑨菩薩の三世界を三乗と呼び、⑤人間~⑨菩薩界までを五乗と呼びます。
そして『法華経』が一乗の教えと言われていました。
最澄は、法華経こそ優れた教えと考え、法華経を学んできたのです。

密教については、軽く学んだだけでした。

本覚思想

日本仏教の特徴に本覚思想があります。
これは、人間は誰にも仏になれる素質である仏性を有しているとする考え方です。
さらに人間だけではなく動植物にも仏性があると説かれています。

最澄が開いた天台宗には「本覚思想」があります。

最澄と奈良仏教の論争

困った人々

最澄は、帰国後、もともと住んでいた比叡山に天台宗を開きました。
そして奈良仏教は「修行者のみが救済される三乗の仏教」であり、「法華経こそが広く大衆を救済できる一乗の教えである」と断言しました。

最澄は、奈良仏教の僧達からものすごい抵抗を受けますが、次第に奈良仏教の僧達も最澄のことを認めるようになります。

もともと奈良仏教は、空の思想を中心とする中間派、ヨガの概念を有していた唯識派などさまざまな優れた仏法を有していました。
奈良仏教の僧達が真面目に仏法を研究していれば、最澄の顕教であっても論争で勝てなかったかもしれません。

だけど奈良仏教は金と権力によりすでに堕落していたのです。
唐から帰ってきたばかりの若く熱心な僧である最澄と論争して勝てるわけがないのです。

徳一との論争

ところが南都仏教の中に1人だけ真面目に仏法を研究していた人がいたのです。
奈良仏教の堕落を避け、関東に新天地を見出し、そこで仏法を研究していた「徳一」という僧です。

最澄は、徳一と論争を重ねることにより、自身の天台仏教の教説を体系化し、より素晴らしい物に高めていったのです。
しかし残念ながら、この徳一という僧に関しては、最澄や空海による手記からしか存在が認められていません。

最澄(や空海)を論争で苦しめた僧として有名で、非常に素晴らしい思想体系を有していたと推定されています。

天台密教(台密)

奈良仏教は、奈良仏教の所有する寺で戒を受けると、正式に朝廷から僧として認められるという特権を保有していました。

最澄が弟子をどれだけ育成しても、奈良仏教の寺で戒を受けないと正式な僧として認められなかったのです。
これは、たとえ最澄の弟子であっても、奈良仏教に組しないと僧に成れないことを意味しました。
なので最澄は、正式に朝廷に僧として認めてもらえる機関を自宗派内に構築したかったのです。

これには最澄の味方になってくれた垣武天皇の力を借りなければいけませんでした。
ところが、この頃になると垣武天皇は病気になってしまっていたので、力を借りることが難しくなっていました。

最澄は、かじる程度に習ってた密教で垣武天皇の健康回復を祈祷しました。
しかし、それもむなしく垣武天皇は亡くなってしまいました。

ですが垣武天皇は、亡くなる直前に年分度者制度を許可し、比叡山でも正式な僧になれる制度を整えてくれました。

こうして、天台宗は朝廷から認められた正式な僧を育成できるようになりました。

弘法大師・空海の密教(東密)

最澄と同じく遣唐使で唐に渡った若い僧がいました。
空海です。
この空海と言う僧は、いわゆる天才でした。
18歳で、儒学、道教、仏教を比較する「三教指帰」という本を書き、ここで仏教は大変優れているものだと結論づけます。

空海は、貴族の家に生まれたので儒教を学んでおけば、そこそこの出世コースを歩めたのです。
空海は、この出世コースを嫌って、「永遠の真実」を明らかにしたいと欲したのです。
修験道を経たのち、空海は遣唐使に選ばれました。

空海は唐に行く前から「密教は素晴らしい」と考え、唐に行ったら密教を学ぼうと考えていました。

空海はそのときとてもラッキーで、唐に渡ると、すぐに不空金剛の一番弟子である恵果阿闍梨と会うことが出来たのです。
不空金剛という僧は、不空智がインドから伝えた密教を唐に広めた僧です。
密教の頂点と言っても過言ではない人でした。
よって直に密教のことを学ぶことができたのです。

釈迦入滅後の仏教について

密教とはどのような教えでしょうか。
単純に見ると密教とは加持・祈祷を中心とするというものでした。
ところが、空海は加持・祈祷において、自然の中に仏を見るとする思想を膨らませていきました。
そして密教とは自然中心の仏教であり、日本の土着の宗教に通じるものがあると考えました。

釈迦入滅後、インド仏教では長い月日を経て、釈迦の神格化が起こりました。
つまり、世の真実である縁起を説いた釈迦とはいったいなんだったのだろうか、という問いに、釈迦は世界すべてを支配する者から遣わされた人と考えられるようになりました。

世界すべてを支配する者こそが大日如来と考えられたのです。
そして釈迦は大日如来の生まれ変わりと考えられたのです。
こうして、神が存在しない宗教であった仏教に、曼荼羅という大日如来を中心とした汎神論的思想が芽生えていきました。
帝釈天、火天、 焔摩天、羅刹天、 水天、 風天、毘沙門天 、伊舎那天、梵天、地天、日天、月天といった天という神が出現したのです。

そして修行をおこなうことにより神の持つ神秘的な能力を得ることができると説いたのです。

鎮護国家思想と密教

空海は20年の留学を命じられていましたが、唐に渡ってから2年後に、師である恵果阿闍梨が亡くなってしまいます。
師が亡くなったので、もはや唐から何も学ぶことはなく、2年で帰国しました。
これは明らかな朝廷からの命令違反ですが、密教を一刻も早く伝えたいので帰国したと理由づけをしたので許されました。

当時の日本は鎮護国家思想が主流になっていました。
神や仏に願いをすれば、神や仏は国家を守り、その結果、戦乱や病苦のない平和な国家が保たれるという考え方です。
密教は、鎮護国家思想にうってつけの仏法でした。
神道の巫女だけが神に護国を願うのではなく、仏教の僧も仏に国家安泰を祈願すれば、国家が平和になると考えられたのです。

最澄と空海の争い

最澄は中途半端に密教を学んだので、密教をもっと深く学びたいと思っていました。
そこに密教を完璧に学んだ空海が現れたので、空海のところに弟子を遣わしたり、空海から経を借りたりしました。
それに対して空海は、最初は最澄に密教の経を貸したりなどしていましたが、ある時をもって断りはじめました。

それは最澄が垣武天皇を頼ったように、空海も嵯峨天皇に頼りはじめたからです。
ある程度、政治的権力を利用しないと仏法を広めることができないことは、最澄と同様に空海も理解していました。

密教を最澄にすべて教えてしまうと、嵯峨天皇の興味は空海から最澄に行ってしまうのです。
密教を最初に日本に伝えたのは最澄ではあるが、密教の大家は空海であるという立場を崩すことは、空海にとって自分の首を絞めるようなものです。

結果的に空海はうまく嵯峨天皇の力を借りて、高野山に真言宗を開くことができました。

ちなみに、最澄が開祖である天台宗で密教が大成するのは、第3代天台座主・円仁(慈覚大師)、第5代天台座主・円珍(智証大師)の頃です。

本地垂迹説と神仏習合

その後、天台宗の密教が神道と習合して「山王神道」が、真言宗と習合して「両部神道」が成立しました。
これら2種の神道は、曼荼羅に描かれている神々と日本の神々が同一視、すなわち神仏習合した思想です。
これらの思想はそれぞれ、本地垂迹説や逆本地垂迹説と呼ばれています。

本地垂迹説とは、日本の神々は、もともと仏教の神々(〇〇天)の仮の姿であったとする考え方です。
同様に、逆本地垂迹説とは、仏教の神々は、もともと神道の神々であったとするものです。

この神仏習合により爆発的に密教が広がりました。

天台宗・真言宗を開いた最澄と空海:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は最澄と空海について以下の項目について見てきました。

  • 最澄は遣唐使として唐に遣わされて天台宗を日本に広めた。

  • 空海は密教について詳しく学び、真言宗を日本に広めた。

改めて宗教や宗派の歴史をみてみると面白い発見が色々ありますね。
こちらの記事で興味持った方はさらに最澄と空海について調べてみるのはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「終活ねっと」では以下の記事も公開しています。
よかったらそちらの方もご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?のサムネイル画像
    真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?

    真言宗・高野山といえば、弘法大師空海で有名なお山です。平安時代に、時を同じくして「比叡山の最澄」と当時の中国の唐の時代に海を渡り、僅かな年月で「真言密教」の全てのお経を持ち帰ったとされる天才僧の空海。その空海が持ち帰ったとされる真言宗のお経とは?

  • お経にはどんな種類がある?宗派によってお経が異なる?のサムネイル画像
    お経にはどんな種類がある?宗派によってお経が異なる?

    お葬式や結婚式、あるいは初詣や厄除け、法事など、私たちの生活の中で自然と溶け込んでいるお経。でも、正直何を言っているのかよく分かりませんよね。数え切れないほどあるお経の種類、ここではその主な種類とその教えについてご紹介いたします。

  • 最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとはのサムネイル画像
    最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとは

    遣唐使として同時期に海を渡った最澄と空海。最澄は法華経ほか密教の一部をわずか6ヶ月で日本に持ち帰り、天台宗の延暦寺を開き、空海は1年8ヶ月間唐に滞在し、密教の全てを恵果和尚より授かり帰国、高野山に真言宗の寺を開き、このように同時期に天台宗と真言宗が出来ました。

  • 天台宗で大切にされているお経について調べてみました。のサムネイル画像
    天台宗で大切にされているお経について調べてみました。

    平安時代、遣唐使船で海を渡り、当時の唐に新しいお経を求めて渡った最澄、その最澄が唐から持ち帰った天台宗のお経にはどのようなお経があるのでしょう。今回「終活ねっと」では天台宗で唱えられるお経について徹底解説していきます!

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事