ブッダ釈迦が伝えたかった仏教の【教え・悟り】とは?

本名をゴータマ・シッダッタ・ブッダ釈迦牟尼如来、釈迦族の尊い人と言うお名前です。仏教の開祖として、悟りを開いて涅槃に入られ仏様となられた初めての方でも有ります。ブッダが修行の末に得た究極の教えとは、全ての人に伝えたかった本当の教えとは何だったのでしょうか?

目次

  1. ブッダが生涯求めたもの
  2. ブッダの教え
  3. ブッダが得た本当の悟りとは
  4. 弟子に伝えた教え
  5. まとめとしてブッダが伝えたかった教えとは

ブッダが生涯求めたもの

困った人々

釈迦の生誕時のエピソードは、だれでも知っているかなり有名なお話が残っています。
一国の王子として生まれ、全てが揃っている環境を捨て何を求めて生涯を掛けたのでしょうか。
何を悟り何を私たちに、教えようとしたのでしょうか少したどってまとめてみました。

ブッダの生きた時代

当時のインドでは、今以上にカースト制度が厳しく生きる事が生きていくことが苦しいと人々が思っていたと文献は伝えています。

ブッダの出家と釈迦一族

何を求めて出家する事を決めたのか、お言葉としては善を求めて出家したと語っています。
善という言い方は、あまりにも抽象的な言い方ではないかと思います。
老人と出会い、病人、死者と出会い人として悩み修行僧に会い感銘を受けたことから出家した。
自身のあまりにも恵まれた環境と、二度と生まれ変わって来たくないと思うくらい苦しい生活をしている民との生活環境の差が根底にあるのではないでしょうか。
弟子の中には、釈迦族から実子や従兄弟達が帰依し教えに従っています。

ブッダの教え

人が成仏するためには、三十七の修行方法が有ると大般若経などの経典では説いています。
それは一言で云えばとても簡単で、実践するにはとても難解な修行方法です。
日本では、弘法大師空海が、密かに自分だけ行ったと記載されている文献が有るそうです。

縁起思想

縁起思想とは、因が有って縁が生じ結果がでる因果応報と言う言葉に象徴されていると思います。
この世の全ての事に偶然は無く、全て必然であると言うこと全ての物事は縁で繋がっていると言う思想です。
例えば、水を因と考えると氷ると言う縁を得てはじめて氷になりまた火と言う縁がなければお湯にはなれないのです。
ブッダの教えの中では、一番分りやすく納得できる教えではないでしょうか。

釈迦族の滅亡

ブッダは自分自身の故国が、先祖の作った因縁に由りいずれ滅亡する事を知るのです。
ブッダは三年街道に座り退けたが、入滅すると次の年に攻め滅ぼされました。
今の、インドやネパールにかけて釈迦の故国は有ったと云います。
ブッダであっても、祖国の因縁を切る事は難しく因縁が動けば止める事はできないと言う事です。
現代でも争いは有り、争いが無くなる事は難しいと痛感させられます。

ブッダが得た本当の悟りとは

悟りには大まかに二通りの物が有ると思います。
何かに気ずく、と言う悟り日々誰にでも起こりうる事です。
他方ブッダが得た究極の悟り、成仏して涅槃に入ると言う最も人が切望しても手に入りにくい事が有ります。

苦行の果てに得た悟り

ブッダは苦行をこのまま行っても、悟は得られないと言うことをこの時悟ったと云います。
本当に悟りを得たのは、この直後だと言われているのです。

生きるための欲

全ての欲と煩悩を捨てると言う事は、人が生きていくうえで必要悪も有ると思いますから無理です。
最低限度生きていく為の欲は、何時の時代でも必要な事ではないでしょうか。

弟子に伝えた教え

ブッダの教えは、言葉を書き留めるのではなく出家の弟子や在家の弟子への口伝のみです。
全ての弟子たちは、一度だけ集まりその後二度と集まる事はありませんでした。

ブッダの死後

ブッダ釈尊が入滅なさり、インド全土に仏教の布教のために散っていた弟子たちが一度だけ集まり釈迦からの教えを纏めた物が今に残っているお経です。

在家の信者と出家の信者

ブッダが入滅してから500年後、上座部(出家者)と下座部(在家者)の信者間で争い事が起こります。
出家信者は、ブッダの教えであるお経を在家信者に対して教える事をやめてしまったのです。
在家信者は困り、この争いから独自にお経を作ることになり分裂してしまったのです。
上座部の信者は、何故このような事をおこなったのでしょか?
ブッダの教え、三悪の一つ妬みから組織が衰退し滅んでいく事が現代でも有ります。
ブッダの教えは、弟子であっても実行する事は修行をしても難しいことなのかもしれません。

無と空

当時のインドの民で、文字が読める人間がどのくらいいたのでしょうか。
そんな在家信者にも分りやすく、教えを無と空の二文字に集約させて大般若波羅蜜多経を作ったのです。
大般若波羅蜜多経は、無を超えたところに空が有ると説いています。
一般的には、般若心経の短いお経がよく使われています。

まとめとしてブッダが伝えたかった教えとは

人々

ブッダが伝えたかった教え、仏教とは「仏になる方法を教えること」これに尽きるのではないでしょうか。
悟りを得て涅槃に入ると言う事でしょうか?しかし、誰でもいける所ではありません。
ブッダ自身も、針の穴をゾウが通るよりも難しいとおっしゃっているくらいですから。
しかし、ブッダの教えの一つ縁起がいいとか悪いとか、縁起思想この言葉は意外なほど日本人の中に根付いているのではないでしょうか。

シェアする

「ブッダ・教え」に関連する記事

  • 南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説のサムネイル画像

    南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説

    浄土宗系、浄土真宗系で、「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏……」と、僧侶のあげるお経に合わせ、仏壇の前で、お念仏を唱えている方も多いと思います。子供のころから聞き、親しんでいるだけで、その意味をご存知の方は少ないでしょう。浄土真宗とお経からその意味を解説します。

  • 宗派を超えたお経『般若心経』とは一体何か?のサムネイル画像

    宗派を超えたお経『般若心経』とは一体何か?

    「あなたが知っているお経は?」と尋ねられたら宗派に関わらず多くの方が『般若心経』と答えるのではないでしょうか。実はその中には毎日を大切に生きるヒントがあるのです。ここでは『般若心経』と宗派との関係、有名な言葉『色即是空』の意味についてご紹介します!

  • 法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。のサムネイル画像

    法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。

    法華経といえば「日蓮」と頭に浮かぶほど、法華経といえば「日蓮」を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、法華経すなわち「妙法蓮華経」はお釈迦様が説かれたお経です。南無妙法蓮華経のお題目は、日蓮宗の日蓮によって知られるようになり、日蓮宗で唱えられているお経です。

  • 悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響くのサムネイル画像

    悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響く

    ブッダの言葉には、魔法のような力があります。読むと耳に痛い言葉や、「なるほど」と納得する言葉があります。ブッダは歴史的にも有名な人で、映画やドラマ、アニメにまでその物語が語り継がれています。しかし、ブッダの言葉はあまり知られていませんね。そんな名言をご紹介。

  • 意外と知らない神社の教え「神道」ってなに?のサムネイル画像

    意外と知らない神社の教え「神道」ってなに?

    もっとも日本で有名な宗教は仏教だと思います。しかし、仏教はお寺の教え。実は日本には「神道」と呼ばれる神社の教えがあるのです。神社の教えである神道がどのようなものか紹介します。

  • お経にはどんな種類がある?宗派によってお経が異なる?のサムネイル画像

    お経にはどんな種類がある?宗派によってお経が異なる?

    お葬式や結婚式、あるいは初詣や厄除け、法事など、私たちの生活の中で自然と溶け込んでいるお経。でも、正直何を言っているのかよく分かりませんよね。数え切れないほどあるお経の種類、ここではその主な種類とその教えについてご紹介いたします。

  • 真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?のサムネイル画像

    真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?

    ほとんどの宗派で【般若心経】が読まれていますが、真言宗もその一つです。このお経はとても有名で、短くてなじみのあるものですが、この数百数十文字のお経にはどのようなことが書かれ、どんな意味があるのでしょうか?真言宗のことと共に、お経の意味も見てみましょう

  • 先祖や知り合いのお墓参りに持って行っていい持ち物いけない物とはのサムネイル画像

    先祖や知り合いのお墓参りに持って行っていい持ち物いけない物とは

    遠方にご先祖が眠るお墓がある人は、なかなかお墓参りには行けず遠いてしまいます。ですがいざ自分でお墓参りに行く時に、何を持って行けばいいのか持ち物に困ることがあります。宗教によっては、持って行く持ち物が違います。持って行ってはいけない物もあり調べてみました。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • お葬式のやり方を解説!手続きや種類、喪主の決め方とともにご紹介のサムネイル画像

    お葬式のやり方を解説!手続きや種類、喪主の決め方とともにご紹介

    もし、身内が亡くなった場合、お葬式を行うのが一般的ですが、そのやり方は選択肢が豊富で、手順も多い為、いざ着手するとなると、どうすればいいのか、迷うものです。そこで、この記事では、お葬式のやり方等についてまとめていきました。

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「ブッダ・教え」についてさらに知りたい方へ

南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説のサムネイル画像

南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説

宗派を超えたお経『般若心経』とは一体何か?のサムネイル画像

宗派を超えたお経『般若心経』とは一体何か?

法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。のサムネイル画像

法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。

悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響くのサムネイル画像

悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響く

意外と知らない神社の教え「神道」ってなに?のサムネイル画像

意外と知らない神社の教え「神道」ってなに?

お経にはどんな種類がある?宗派によってお経が異なる?のサムネイル画像

お経にはどんな種類がある?宗派によってお経が異なる?

真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?のサムネイル画像

真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?

先祖や知り合いのお墓参りに持って行っていい持ち物いけない物とはのサムネイル画像

先祖や知り合いのお墓参りに持って行っていい持ち物いけない物とは

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

お葬式のやり方を解説!手続きや種類、喪主の決め方とともにご紹介のサムネイル画像

お葬式のやり方を解説!手続きや種類、喪主の決め方とともにご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「ブッダ・教え」についてさらに知りたい方へ

南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説のサムネイル画像

南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説

宗派を超えたお経『般若心経』とは一体何か?のサムネイル画像

宗派を超えたお経『般若心経』とは一体何か?

法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。のサムネイル画像

法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。

悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響くのサムネイル画像

悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響く

意外と知らない神社の教え「神道」ってなに?のサムネイル画像

意外と知らない神社の教え「神道」ってなに?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと