初盆(新盆)の準備はどうしたら良い?お供え/お参りの仕方など解説!

ご家族の方が亡くなって四十九日の法要が済んだ後、初めての夏に行うのが初盆です。初盆の仕方は、通常のお盆よりも手厚くお迎えするのが慣わしです。事前の準備も必要ですので、直前に困らないように、今から初盆の仕方を学んでみませんか?

目次

  1. 初盆(新盆)の仕方について
  2. 初盆(新盆)を行う方の準備
  3. 初盆(新盆)にお供えするもの
  4. 初盆(初盆)のお参りの仕方
  5. 初盆(新盆)の仕方のまとめ

初盆(新盆)の仕方について

お墓

そもそも初盆とは何でしょうか?

初盆とは、ご家族が亡くなったあと初めて迎えるお盆のことを言います。
そのため、初盆を経験している方はあまり多くないと思います。
ですが、亡くなって死後の世界にいらっしゃるご家族が、初めてこの世に戻ってこられるのが初盆です。

通常のお盆よりも手厚くお迎えするのが慣わしとなっています。
それでは、初盆ではどんなお供えの仕方やお参りの仕方をしたら良いのでしょうか?

今回終活ねっとでは、初盆の仕方について以下の事柄を中心に解説していきます。

  • 初盆を行う側の準備の仕方
  • 初盆にお供えするものの準備
  • 初盆のお参りの仕方

お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

2019年のお盆の期間はいつ?お盆の準備やしきたりを徹底解説!

日本ではよく耳にするお盆とは一体どんなものなのでしょうか。お盆の由来、お盆の期間、お盆のために準備すること、お盆に参列する際のマナーや宗教別のお盆についても解説していきます。お盆におすすめの海外旅行スポットもご紹介しています。

初盆(新盆)を行う方の準備

お墓

お盆の期間とは、通常7月13日から16日です。
これを旧暦の7月13日(つまり、新暦の8月13日)から行うのか、新暦の7月13日からなのかというのは、地域によって違います。
ですが、初盆の準備の仕方は基本的に同じです。

初盆を行う家庭では、以下のことを事前に準備しなければなりません。

法事の日程を決め、参加者へ通知

初盆では、親族や知人などが集まって法事を行います。

親族が集まりやすい日程で決定した後、法事の日時をお通夜や葬儀に来てくれた方など、故人にゆかりのある方にお知らせします。
会食や返礼品の準備があるので、事前に出欠を確認するのが良いでしょう。

菩提寺の僧侶の手配

初盆では、一般的に菩提寺の僧侶にお経を読んでもらって供養をします。

檀家の多いお寺では、初盆の供養の依頼も多いはずです。
お盆の時期は、お寺が特に忙しい時期なので、早めに連絡をして事前に日時を調整することが大切です。

食事と返礼品の手配

法事に出席する人数が確定したら、次に会食や返礼品を手配しなければなりません。

出席者の人数によって、自宅で行うのか、それともレストランやホールなどの会場で行うのかなど食事会の仕方を決めます。
返礼品は、タオルやお茶などかさばらないものが一般的です。

盆棚(精霊棚)の準備の仕方

お盆の時期、ご先祖様たちは盆棚に帰ってくると言われています。
盆棚は精霊棚(しょうりょうだな)とも呼ばれます。
初盆の場合には、この盆棚を購入して事前に組み立てておく必要があります。

盆棚と一緒に揃えるものは、灯篭と提灯です。
お盆に飾る提灯には、2つの種類があります。
一般的なものは、絵柄の入った提灯ですが、これは2回目以降のお盆に使うものです。
初盆のときは、初盆用の白色の提灯を飾るので、特別に購入します。

焼香台の準備

初盆に自宅で法要を行う場合、焼香をするための焼香台を準備します。

焼香台には大きく分けて二種類あり、ひとつは脚付き焼香台、もうひとつは廻し焼香台です。
脚付き焼香台は、仏壇の前に置くタイプのもので、主に多くの参列者が訪問する場合に用いられることが多いです。
廻し焼香は、香炉と合香をお盆にのせて、参列者に回すために使います。
十分な仏間がない、あるいは多くの参列者が訪問しスペースの確保が難しい場合、廻し焼香台が用いられます。

状況に応じて、どちらの焼香を用いるか検討するようにしましょう。

初盆(新盆)にお供えするもの

仏壇

初盆には一体何をお供えすれば良いのでしょうか?
事前に組み立てておいた盆棚の上に、お供えを並べ花を生けます。

盆棚のお供えの仕方は、その地方や家族によって異なります。
お盆の時期、ご先祖様は仏壇ではなく盆棚に帰ってくると考えられているので、仏壇の扉は閉めて、位牌を盆棚の中央に置いておきます。

以下では盆棚にお供えするものをまとめました。

  • 素麺

  • 昆布

  • ほおずき

  • 生花

    棘やつるのあるものは避けましょう。

  • 精霊馬

    なすときゅうりに麻がらをさして、牛と馬に見立てたものを作ります。
    ご先祖様があの世から帰ってくるときはきゅうりの馬に乗って、早く帰ってきてもらい、あの世へ戻っていくときは、なすの牛でゆっくりと戻るという意味があります。

  • 水の子

    なすやきゅうりをさいの目切りして、洗った米と混ぜ、水を満たした器に入れます。
    死後の世界で渇いた喉を潤せるようにと、ご先祖様を思いやった品です。

  • 閼伽水(あかみず)とみそはぎの花

    器にきれいな水を入れた閼伽水に、5~6本みそはぎの花を束ねて添えます。
    悪霊を払うという意味があります。

  • 夏の野菜や果物

    季節の野菜や果物をたくさんお供えします。
    初盆の場合、特に故人が好きだったものを盛り込みましょう。

初盆(初盆)のお参りの仕方

お墓

初盆に呼ばれ、お参りをする際に気をつけることはいくつかあります。
お参りの仕方を確認しましょう。

お参りにふさわしい服装

初盆のお参りのとき、喪服を着ていく必要はありません。
ですが、黒や紺色の暗い色でシンプルな服装を心がけましょう。
夏物のスーツやワンピースなどが一般的です。

お盆の時期は真夏で暑い季節なので、背広などは必要ではないという考えもあります。
訪問する地域や親族のお参りの仕方を、事前に確認するようにしましょう。

初盆の服装に関してさらに詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

こちらも読まれています

初盆にはどんな服装をしていく?女性の服装やマナーについても紹介

初盆は、故人が亡くなって初めて迎えるお盆です。初盆の法要では、自宅に僧侶を招き、大勢の方が参列して盛大に行われます。正式な法要の場ですので、きちんとした服装で参加したいですよね。今回は初盆に着ていく服装について、女性の服装やマナーについても紹介していきます。

初盆のお参りに持参するもの

初盆で訪問する際、故人が親族であれば提灯を持参するのが慣わしでした。
ですが、現代では住宅事情などもあるので、初盆を執り行う家で準備することが一般的な仕方です。
それでは、初盆の法要に持参するものは何でしょうか?

最近では、「香典」もしくは「御提灯代」として、現金を包むことが多いです。
包む金額は、3,000円から5,000円、もしくは1万円程度が常識的です。
故人との関係性や法要の後の食事をいただくかなどで、金額は調整するようにします。

表書きは「御供物料」だと、宗旨宗派に関係なく用いることができます。

お供え物を持参する場合には、線香やろうそくなどを準備します。
「御供」と表書きしたのし紙を使いましょう。

挨拶の仕方

初盆のお参りに参列する際、挨拶の言葉はかかせません。
そこで、以下では挨拶ののポイントについて説明していきたいと思います。

故人を偲ぶ気持ちを伝える

挨拶でもっとも大切なのが、故人を偲ぶ気持ちを伝えることです。

以下に、挨拶に盛り込む内容をまとめてみました。
どういうことを話せばよいか迷っている方がいたら、参考にしてみてください。

  • 施主へのねぎらいの言葉
  • 故人との思い出など
  • 法要に招いていただいたことへのお礼

挨拶は短く

ご遺族の方は、4日間参列者の対応をしなければならないので、とても忙しいものです。
そんなときに長居してしまうと、ご遺族方の迷惑になってしまう恐れがあるので、多くの参列者がいる場合は特に、長いあいだ挨拶を続けるのを控えたほうが良いでしょう。

初盆(新盆)の仕方のまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは初盆の準備の仕方についてご紹介しました。

今回の記事をまとめると以下のようになります。

  • 初盆を執り行う側の準備としては、法事の日程を決めて参列者に連絡すること、菩薩寺の僧侶の手配、参列客への食事と返礼品の用意、そして盆棚の準備があります。
  • 盆棚には素麺、昆布、ほおずき、生花、精霊馬、水の子、みそはぎの花、夏の食べものをお供えします。
  • 盆棚の飾り方は地域や宗派によって異なるため確認が必要になります。
  • 初盆に参列する際の服装は喪服でなくても大丈夫ですが、暗い色でシンプルな服装にします。
  • 初盆参りには香典とお供え物を持参します。
    香典は3,000円から5,000円、もしくは1万円程度の金額を包みます。
    お供え物には線香やろうそくを選ぶのが一般的です。

初盆は通常のお盆よりも手厚くお迎えする分、お供えやお参りの仕方も違うところがあります。
家ごとに慣わしが異なる部分もありますので、事前に確認して直前に困らないようにしたいですね。

シェアする

「初盆・仕方」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

    2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

    1
  • 2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

    2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

    2
  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    3
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    4
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    5
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    6
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    7

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「初盆・仕方」についてさらに知りたい方へ

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

初盆(新盆)とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説のサムネイル画像

初盆(新盆)とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

初盆(新盆)では何を準備すればいいの?初盆でやることを解説しますのサムネイル画像

初盆(新盆)では何を準備すればいいの?初盆でやることを解説します

曹洞宗の初盆(新盆)の迎え方は?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説のサムネイル画像

曹洞宗の初盆(新盆)の迎え方は?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説しますのサムネイル画像

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説します

初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!のサムネイル画像

初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!

初盆のお参りの作法とは?お参りをする日にちやマナーを解説します!のサムネイル画像

初盆のお参りの作法とは?お参りをする日にちやマナーを解説します!

初盆のやり方について準備することから当日の流れまで詳しく解説!のサムネイル画像

初盆のやり方について準備することから当日の流れまで詳しく解説!

初盆供養の仕方とは?お布施の包み方や服装のマナーについてもご解説のサムネイル画像

初盆供養の仕方とは?お布施の包み方や服装のマナーについてもご解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

1
2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

2
僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

3
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

4
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

5
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

6
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

7

関連する記事

「初盆・仕方」についてさらに知りたい方へ

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

初盆(新盆)とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説のサムネイル画像

初盆(新盆)とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

初盆(新盆)では何を準備すればいいの?初盆でやることを解説しますのサムネイル画像

初盆(新盆)では何を準備すればいいの?初盆でやることを解説します

曹洞宗の初盆(新盆)の迎え方は?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説のサムネイル画像

曹洞宗の初盆(新盆)の迎え方は?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと