三回忌のマナーって?服装/香典/お供えなどのマナーについて解説!

三回忌のマナーって?服装/香典/お供えなどのマナーについて解説!

葬儀の後、初七日法要から続く追善供養は三回忌で一区切りが付きます。このあとの法要からは家族親族だけに絞ったり、他のご先祖と一緒にしての法要になったりします。三回忌のマナーとはどういうものでしょうか。服装、香典、お供えなど三回忌のマナーについて解説します。

最終更新日: 2020年09月09日

三回忌のマナーについて

仏壇

初七日法要、四十九日法要、一周忌法要、三回忌法要など、故人を弔う儀式が幾度かに渡って行われることは多くの人がご存じであり、参列した経験もあることでしょう。
故人の逝去の日に近い、回数の若い法要ほど故人に対しても遺族にとっても重要な意味を持つと思います。

そんな中で三回忌を執り行う、あるいは三回忌に案内されることになった場合、マナーなどはどういう風に考えて準備し、参列したらよいのでしょうか。
今回「終活ねっと」では、下記のような内容で三回忌のマナーについての諸々を見ていきたいと思います。

  • 三回忌法要とはどういうこと?

  • 三回忌の香典のマナーとは?

  • 三回忌のお布施のマナーとは?

  • 三回忌の服装はどうしたらいいの?

  • 法事の持ち物やマナーはどうなっているの?

  • 三回忌での焼香はどうしたらいい?

  • 三回忌のお供えはどんなものがいい?

最後までお付き合いいただければ幸いです。

また「終活ねっと」ではお坊さん手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

三回忌法要とは?

仏壇

故人の逝去の日のことを、1回目の忌日である一回忌と言います。
また故人の逝去の日から1年後の命日に行う法要を一周忌法要と言います。
つまり、周期に1を足したものが回忌となるため、一周忌は二回忌に当たります

そのため、三回忌法要と聞けば亡くなって3年目と思いがちですがそれは間違いであり、2年目の法要が三回忌となります
かつて年齢を数え年で表していたように、法要でも満ではなく数えの年での言い方が使われているのです。

では、一周忌はなぜ二回忌とは言わないのでしょうか。
それは、弔い事関連では偶数は避けられる傾向があるからです。
偶数は割り切れる数字であるため、故人と遺族との縁が切れるという理由で忌み嫌われています
そのため逝去後1年目の法要のみは普通二回忌ではなく一周忌と呼ばれます。

ちなみに三回忌より後の法要も十三回忌、十七回忌、二十三回忌というように奇数を使った言い方になっています。
さらに、付け加えますと、「4」と「9」は「死」と「苦」への連想から避けるべき数字とされています。

三回忌の香典のマナー

仏壇

ここでは、三回忌にお渡しする香典について具体的に見てみたいと思います。

金額

基本的には故人との関係によって相場が変わってきます。
親等数が小さい血縁者ほど大きな金額にするのが普通です。
血縁関係のない人でも故人との交流が深かったり、大きな恩を感じている人は、血縁者に近い金額にする場合もあります

また、近所付き合いや町内会、会社の規定などで額が定められている場合はそちらに従います。
以下で、基本的な相場を確認しておきます。

  • 故人が両親の場合

    1万円~5万円あたりが相場です。
    施主以外の兄弟姉妹で相談して同じ額にするのが一般的です。

  • 故人が兄弟姉妹の場合

    1万円~3万円あたりです。
    施主以外の残った兄弟姉妹で相談して同じ額にするのが一般的です。

  • 故人が祖父母の場合

    1万円~3万円あたりです。
    施主以外の兄弟姉妹で相談して同じ額にするのが一般的です。

  • 故人が血縁のない友人、知人、同僚などの場合

    5,000円~あたりです。
    深い交流や厚い恩義があった場合は上記の血縁関係者に近い金額となります。

  • 法要後の会食

    一人5000円~1万円程度を増額するのがよいでしょう。

もし夫婦で参列する時でも香典は一人分で構わないというのが基本です。
ただ、場合によっては、若干増額したり、二人なので2倍の額にしたりという考え方もあります。
会食に参加する場合は、夫婦で二人分1万円~2万円程度の増額と考えてよいでしょう。
地域の習わしなどにもよりますので、関係者に尋ねてみることをおすすめします。

なお、あまりにも高額過ぎる香典は遺族に大きな負担をかけてしまうことになりかねませんので、常識的な範囲に抑えるのがマナーと言えます。

「終活ねっと」では以下のリンクの記事で法要後の会食について解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

お札の向き

お札を香典袋の中袋に入れるわけですが、その向きも地方によって考え方が違います。
基本的には、表(人物のあるほう)を下にして、裏側が上に来るようにして袋に入れるのがマナーとされています。

お札の向きを限定しない、特に決まりはないという習わしの地方もあります。
ただ、お札が複数の場合はすべて同じ向きにするのは共通したマナーです。

表書きの書き方

香典袋の表書きは故人を弔い、遺族への思いを届けるものとして大切なものです。
マナーを理解して、正しい書き方をしたいものです。
香典袋の表書きについて確認してみましょう。

仏教

三回忌など、四十九日以降の法要では「御仏前」、「御佛前」と書くのが基本となります。
他に「御香料」、「御花料」、「御供物料」と書く場合もあります。
香典袋の水引の上、上段中央に書き、水引の下の中央には差出人の姓名を書きます

夫婦の場合は、中央に書いた夫の姓名の左側に妻の名のみ(苗字なし)を書くのが習わしです。
また、夫婦で参列しても、家族代表ということで夫の姓名だけ書く場合もあります。

神教

神教、神道の場合は、仏教における年忌法要に当たるものとして式年祭があります。
仏教の場合の~回忌に対して、~年祭という数え方になります。
1年後の一年祭、3年後の三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭などと続きます。
年数は違いますが、仏教の三回忌に近い三年祭以降について確認します。

白い無地の香典袋(不祝儀袋)に、水引は黒白か双銀で結びきり(蝶結びではないもの)を使うのがマナーです
蓮の絵のついたものは仏教専用なので避けるべきです。
表書きは上段中央に、「御神前」、「御玉串料」、「御榊料」、「御神饌料」と書くのが一般的です。
また、「御霊前」も大丈夫ですが「御仏前」は仏教のみです。
下段中央には会葬者の姓名を書きます

キリスト教

仏教でいう命日をキリスト教カトリック派では「昇天日」、プロテスタント派では「昇天記念日」と言います。
さらに仏教の法事に当たる式典は、カトリック派では「記念ミサ」、プロテスタント派では「記念集会」「記念式」と言います。

記念式、記念ミサに出す香典はカトリック派では「御ミサ料」プロテスタント派では「御花料」と書くのが一般的です。
また、「御霊前」も大丈夫です。
下には会葬者の姓名を書きます。

袋は普通の不祝儀袋、郵便番号欄のない白い封筒、右上に十字架のついた白い封筒などを使うのがマナーです。
蓮の花が付いているのはNGですが、ユリの花は大丈夫です。

中袋がある場合

濃墨(こずみ)か黒ペン、あるいは黒の筆ペンを使います。
中袋の表面には金額を書きます
10,000円の場合、「金壱萬円也」「金壱万円」「金壱萬圓也」「金壱萬圓也」などと縦書きで書きます。

基本的に一、二、三、五が、壱、弐、参、五となります。
四は縁起の悪い数字として避けます。
さらに十、千、万は、拾、仟(阡)、萬と書きます。
円も圓と書いたりします。

一、二、三の文字を使うと、線を書き加えて大きい数字に改ざんされる可能性があるので、壱、弐、参と書くのはそれを防ぐためだと言われています。
最近では横書きで、「金10,000円也」というようにアラビア数字を使うことも多いようです。
また、住所・氏名は裏面の左半分に縦書きで書きます

香典袋を書く際のポイント

仏教以外は墨の濃さについては気にする必要はありません。
仏教の場合は、基本的に薄墨と濃墨の使い分けが重要視される場合もありますので、以下で確認しておきましょう。

お通夜や告別式など、逝去からまだ時間がたっていない場合は、薄墨を使うのがマナーです。
悲しみの涙がこぼれて墨が薄まったという意味や、急な訃報に十分墨を擦る余裕がなかったという意味が込められるのです。

三回忌など四十九日法要以降では心を込めてしっかりと擦った濃墨を使うのがマナーです。
ただ、地方によっては例外もあり、薄墨を使うこともあります。

7回忌の香典となると表書きや名前の書き方、渡す際のマナーといったしきたりがあります。
こちらの記事では7回忌の香典の金額相場、表書きや包み方についても解説しています。
是非ご覧ください。

香典袋の正しい書き方をご存知ですか?様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。
こちらの記事では香典袋の書き方について詳しく解説しております。
是非ご覧ください。

香典の渡し方

香典を渡すときのマナーについて確認しておきましょう。

出席する場合

香典袋はそのままではなく、袱紗に入れて持参するのがマナーです。
そして、袱紗を開いて香典袋を取り出し、開いた袱紗に載せたまま香典袋を相手の方に向けて差し出します
袋型の袱紗の場合は、空の袱紗の上に香典袋を載せて同じようにします。

受付のない、少人数の法事では施主に直接渡します。
この時、一礼をして渡しますが、できれば一言「(心ばかりですが)ご仏前にお供えください」と声をかけると理想的なマナーと言えるでしょう。

欠席する場合

欠席する場合は、現金の入った香典袋を現金書留の袋に入れて郵送します。
現金書留の袋には現金のみを入れるものと香典袋が入る大きさのものがありますので、後者を指定してください。
不参加の旨は返信はがきですでに伝えていても、再度お詫びの手紙も郵送するのがマナーでしょう

三回忌のお布施のマナー

仏壇

御布施は、読経や法話をしていただく僧侶に対して謝礼として渡すものですが、その相場はどうなっているのでしょうか。
また、その袋にはどのように書いたらよいのかも解説していきます。

金額

三回忌法要のお布施の金額は、宗派、地域、お寺によってさまざまで、一概に言えるものではありませんが、基本的な相場を言えば、1万円~5万円あたりと言われています。

また、自宅での法要の場合は、僧侶に自宅まで来ていただいた際に渡す「お車代」として、5000円~1万円が相場とされています。
さらに、法要後の会食(お斎)を辞退される場合に渡す「御膳料」としては、やはり5000円~1万円あたりが相場となっています。

御布施の金額がわかりにくいときは、菩提寺の方に尋ねてみるのがよいでしょう。
ただ、「三回忌法要の御布施はいくらにしたらよいでしょうか」といったストレートな聞き方は戸惑われるかもしれません。

「三回忌法要では、他の方はどれくらい出されていますか」といった感じの婉曲的な聞き方の方がよいでしょう

なお、お布施については、近年お坊さん派遣サービスも充実してきました。
「終活ねっと」でも終活ねっとのお坊さんというサービスがあり、地域や法事に関係なく一律4万5千円で、お車代・御膳料は一切かかりません。
お坊さんの手配に困っている方は、ぜひとも検討してみてはどうでしょうか。

表書きの書き方

御布施は奉書紙で包んだ中袋か半紙に入れて渡すのが本来の正式なマナーです。
しかし最近では、郵便番号欄のない白い無地の封筒(お布施専用の封筒など)もよく用いられています。
水引は基本的には使いません。

仏教では、白い封筒の表側の上段中央に縦書きで「お布施」「御布施」と書きます。
神道の場合は、「御礼」か「御祭祀料」、キリスト教では「献金」か「御礼」ですが、カトリック派では、「ミサ御礼」と書くこともあります。

そして下段中央に施主の姓名を書きますが、◯◯家と書くこともあります。
封筒の裏側や中袋の表側に住所・姓名・金額を書きます。
金額の書き方は上記の旧字体を使います。
黒ペン、筆ペン、黒墨などを使います。

奉書紙の場合は、表書きの「お布施」「御布施」などは書かない場合が多く、中袋か半紙に住所・姓名・金額を書きます。

三回忌の服装とは?

仏壇

喪服の格式は、高い方から正喪服(正式喪服)、準喪服、略喪服(略式喪服)となります。
それぞれについて具体的に確認しておきます。

  • 正喪服

    男性の場合は、和装では紋付の羽織はかま、洋装であればモーニングコートが最も格式の高い正喪服に当たります。

    女性の場合は、和装の場合は紋付(染め抜き五つ紋)の黒無地の着物が、洋装では襟元が大きく開いていない長袖のブラックフォーマル(ワンピース、スーツ、アンサンブル)が最高格式の正喪服となります。
    スカート丈はひざ下からくるぶしあたりまでです。

  • 準喪服

    一般的に喪服・礼服と言われるものです。
    男性の場合は、光沢のないブラックスーツです。

    女性の場合は、正喪服と同じようなワンピース、スーツ、アンサンブルで、若干流行を取り入れたものでも大丈夫でしょう。
    スカート丈はひざ下からふくらはぎあたりまでです。

  • 略喪服

    法事の際「平服でお越しください」と案内される場合の平服に当たるものです。
    男性の場合は、地味なデザインのダークスーツです。

    女性の場合は、地味なダーク系のワンピース、スーツ、アンサンブルで、ノースリーブや襟元が大きく開いたものは避けるべきです。
    スカート丈はひざ下のものがよいでしょう。

施主の場合

三回忌においての施主の服装についてご説明いたします。

男性

法事の服装としては、施主側の服装が、参列者の服装より格下になることは、参列者に対して失礼に当たりますので避けるべきです
参列者は基本的には、準喪服で来るものと思われます。
そして「平服で」という案内を受けていれば、略喪服で来ることでしょう。

それに対して施主側としては、理想を言えば正喪服を着用ということになりますが、現実的には一般的に喪服と言われる準喪服で十分でしょう。

女性

女性の場合も施主側であれば、参列者側より格下になることは避けなければなりません。
やはり、正喪服が理想的ですが、現実的には準喪服で十分でしょう。

参列者の場合

参列者の場合、施主側より格上の服装は避けるべきですので、正喪服は必要ありません

男性

参列者の男性は基本的に準喪服を着用するものと考えてよいでしょう。
ただ、三回忌以降は案内状に「平服でお越しください」という旨が記入される場合が多いようです。
その場合は、略礼服で構いません。

女性

女性参列者の場合も施主側より格上の装いは避けるべきです。
基本的には準喪服を着用しますが、「平服」の案内があれば、略礼服で構いません

学生の場合

学生の場合は、制服がある学校であれば、制服が喪服の役割を果たすと考えてよいでしょう。
大学生の場合はリクルートスーツでも構わないでしょう。

制服がない場合は、白いシャツにダーク系のズボンや上着で地味なもの、喪服に近いイメージのものを選ぶべきでしょう。

身内だけで行う場合友人などは?

身内だけとか、気心が知れた同士のみでの法事であっても、僧侶を招いての宗教的行事であることに変わりはありません。
カジュアルな服装は失礼にあたります。
喪服を着る必要はありませんが、最低でも略喪服というラインは守るべきでしょう

法事の持ち物とマナー

仏壇

三回忌の法事に持参すべきものとは何でしょうか。
確認しておきましょう。

  • 香典

    故人を弔うとともに、遺族の心に寄り添い、遺族の負担を減らすお手伝いをするという意味で、法事には欠かせないものです。

  • 袱紗

    香典を包むもので、最近では便利な袋型のものも多く出回っているようです。
    色は、法事用としては黒、グレー、濃紺、濃緑などの寒色系がよいでしょう。
    また、紫は弔事・慶事両方に使えるので便利です。
    ピンク、赤、黄色、オレンジなどの暖色系は慶事用なので避けるべきです。

  • お供え

    お菓子や果物、あるいは線香やろうそくなどを選ぶのが一般的です。
    祭壇に供えますが、ほどなく遺族・親族で小分けすることになりますから、かさばらないもの、重すぎないもの、小分けできるものを選ぶことをおすすめします。

  • お花

    生花を持参するのがよいでしょう。
    白い胡蝶蘭やユリなどがよく選ばれているようです。

  • 数珠

    宗派ごとの本式数珠と、宗派に無関係の略式数珠があります。
    どちらでも構いませんが、数珠の貸し借りはタブーとされていますので、決して忘れないようにしましょう。

  • バッグ

    特に女性の場合は必需品と思われます。
    マナーとしては、黒の布製で、光沢がなく、金色の鎖など派手なアクセアリーが付いていないものが原則となります。

    財布など小さいものが入るフォーマルバッグの他に、大きめのものを入れるサブバッグも必要と思われます。
    サブバッグもやはり黒いシンプルなデザインのものを選ぶ方がよいでしょう。

三回忌の焼香

仏壇

法要の中で、僧侶の読経の途中に一人一人焼香をしていきます。
焼香についても確認しておきましょう。

焼香をする理由

焼香には次のような意味があります。

  • 香りによってお参りする自分の心と体を清める

  • 香りによって極楽浄土の世界を感じる

  • 香りは仏と故人にとって食べ物でもある。

  • やがて灰となることから、この世の諸行無常を感じる。

焼香の種類

焼香の仕方としては次の3通りの方法があります。

立礼焼香

参列者は椅子に着席しています。
自分の焼香の順番が来たら、椅子から立ち上がって、僧侶の後ろの焼香台の前まで進み出て立ったまま焼香するやり方です。

座礼焼香

参列者は畳の上に座っています。
焼香の順番が来たら、僧侶の後ろの焼香台の前まで進み出て、正座して焼香を行うやり方です。

回し焼香

参列者は畳の上に座っています。
香炉を載せた盆が自分の前に来たら、焼香をして隣の人にお盆を渡すというようにして、一人一人回していくやり方です。

焼香の手順

焼香は以下のような手順で行います。

  • 施主と僧侶(の背中に向かって)に一礼し、香炉の前で仏壇に向かって合掌礼拝します。

  • 数珠を左手に持ったまま、抹香を入れた器(香入)の中の抹香を、右手の親指、人差し指、中指でそっとつまみます。

  • 指でつまんだ香を額の前まで持ち上げる「押しいただく」という作法をします。
    この時、頭を少し下げます。

  • そのあと香炉の中につまんだ抹香をそっと落とします。
    この焼香の回数は1回であったり3回であったり、宗派によって違います。

  • 最後に仏壇に合掌礼拝して焼香は終わります。
    僧侶(の背中に向かって)と施主にも一礼します。

三回忌に適したお供えの品は?

仏壇

法要のお供え物は、仏さまや故人に捧げて喜んでいただくものであると同時に、仏さまからのおすそ分けとして遺族親族で分けて、感謝の気持ちと共に食べたり利用したりするものです。
持参する側としても心のこもったものを選びたいものです。

たとえば飲食物であれば、和菓子・洋菓子あるいはジュースなど様々ありますが、常温保存のままある程度日持するものがおすすめです。
飲食物以外では、線香、ろうそく、お花など、いずれ使い切ってなくなるものがよいとされています。

少し上述しましたが、注意点としては、重すぎないもの、かさばらないもの、小分けできるものを選ぶということが大事です。
また、肉や魚などは殺生を連想させるものとして避けるのがマナーです。
バラなど、とげがある花も避けた方がよいでしょう。

三回忌のマナーについてまとめ

仏壇

今回「終活ねっと」では以下のような内容で、三回忌のマナーを中心に解説をしてきました。

  • 三回忌法要とは、故人の亡くなった日を1回目の忌日として、3回目(2年後)の法要のことである。

  • 三回忌の香典に参列する際に確認しておいた方がよいマナーがある。

  • 三回忌のお布施に関して施主として確認しておくべきマナーがある。

  • 三回忌の服装は施主側と参列者側それぞれで留意しておくべきことがある。

  • 法事の持ち物にも確認すべきマナーがある。

  • 焼香には基本的な手順がある。

  • お供えにも適しているもの、避けるべきものがある。

法事というものは、故人を弔い、その冥福を祈るという大事な儀式行事です。
そしてそれを成し遂げるために、遺族は参列者の真心を力添えとして感謝しつつ供養に務め、参列者は遺族の心に寄り添い立ち直りを支えます。

三回忌法要を滞りなく営むために、数々の大事なマナーがあります。
誠意ある心のつながりと法要のマナーは表裏一体のものといってよいでしょう。

なお、「終活ねっと」では、以下のリンクの記事で三回忌の挨拶について解説しています。
ぜひご覧ください。

最後までお付き合いいただいてありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事