三回忌に用意するものって?喪主側・参列者側の両方を解説します!

三回忌に用意するものって?喪主側・参列者側の両方を解説します!

逝去の日から2年後に迎える三回忌法要。遺族の気持ちの立ち直りも見られる頃ですが、故人を弔うことの大切さは変わりません。心を込めて滞りなく執り行いたいものです。そのために用意するものとはどんなものでしょうか。三回忌で喪主側・参列者双方で用意するものを解説します。

最終更新日: 2020年09月09日

三回忌に用意するものについて

葬儀

お通夜や葬儀・告別式と違って、三回忌法要を迎える頃の遺族は、大きな悲しみから少しずつ立ち直り、平穏な日常を取り戻しつつあることでしょう。
しかし、故人を弔い冥福を祈ることの大切さは、時間が経過しても変わることはありません。
遺族も参列者も葬儀当日と同じような厳かな気持ちで三回忌法要に臨む必要があります。

故人に喜んでいただき、遺族・参列者も心の安らぎを感じられるような三回忌にしたいものです。
そのためにも、三回忌に向けてしっかりとした準備をすることが大切になります。

そこで、今回「終活ねっと」では三回忌で用意するものについて遺族・参列者それぞれに分けて解説していきたいと思います。

  • 三回忌とはどういうこと?

  • 三回忌に用意する物とは?

  • 三回忌の服装はどうしたらいいの?

  • 三回忌法要やその後の会食の場所はどうする?

  • 三回忌の案内状はどうしたらいい?

  • 三回忌の引き出物は?

  • 三回忌のお布施は?

  • 三回忌の香典は

  • 三回忌のお供え物は?

三回忌は、故人や故人に関わるすべての方にとって、とても大切な法要です。
ぜひこの記事を最後までお読みいただき、しっかりとした準備を心掛けるようにしてください。

「終活ねっと」では僧侶手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

三回忌の基礎知識を知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

三回忌(3回忌)とは?

仏壇

よく、三回忌を3年後の命日の法要と勘違いされることがありますが、正しくは故人の命日から2年後の法要を三回忌と言います。
故人の亡くなった日を一回目の忌日として数えるため、1年後の一周忌を挟んで、満2年後の法要が三回忌となるのです。

1年後の法要は二回忌とは言わず、一周忌と呼ばれるのが一般的です。
これは、偶数は「割り切れる」「分かれる」という性質から、「故人とこの世とのつながりが切れる」という連想につながるという意味で、弔事では避けられるためです。

三回忌以降の法要は七回忌、十三回忌というように、~周忌ではなく、~回忌と言う言い方で「三」と「七」の奇数が選ばれます。
「九」は「苦」とつながるという意味で避けられます。

三回忌は四十九日、一周忌と並ぶ重要な法要と位置付けられています。
三回忌より後の法要では、参列者を絞り家族・親族など内輪のみで執り行われることが多いようです。

3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?こちらの記事では3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介しています。
是非ご覧ください。

三回忌に用意するものは?

仏壇

事前に案内状が送付され、日程が告知されたうえで執り行われる法要ですから、用意するものをあらかじめ万全に用意して、不備・不足のないようにしたいものです。
ただ、遺族側・参列者側双方とも、用意するものは妥当で常識的な金額のものがよいでしょう。
場にそぐわない高額なものの場合は相手側に精神的な負担をかけてしまうことにもなりかねません。

ここでは、三回忌法要の際に遺族側・参列者側の用意するものについて解説していきたいと思います。

喪主側の用意する物

まずは喪主・施主側の用意するものを確認しておきます。

  • 法要・会食の場所

    遺族側としては、法事(法要と会食)の日時とともに、場所も決定して早めに参列者へ案内状を送付しなければなりません。
    返信用はがきを送り、参列者の出欠の確認をすることも必要です。

  • 仏壇の飾り

    自宅で法要を行う場合は、用意するものとして仏壇に飾る生花やお菓子・果物などが挙げられます。
    日常のお参りより、華やかな感じに飾ることになります。

  • お布施・お車代・御膳料

    お布施は読経や法話などへの謝礼として僧侶に渡すものです。
    自宅での法要の場合は僧侶にお車代も渡します。
    僧侶が法要の後の会食(お斎 おとき)を辞退されるときは御膳料も渡します。

  • 卒塔婆

    法要後お墓の後ろの立てかけるものですが、必ず必要というわけではありません。
    浄土真宗では不要です。

  • 引き出物・香典返し

    参列者からいただいたお金・品物に対するお返しや、法要への出席のお礼として参列者に渡すものです。

  • 数珠

    仏式の法要では、合掌礼拝の時に数珠は欠かせません。
    マナーとして数珠の貸し借りは避けるべきですので、自分専用のものを用意しておいたほうがよいでしょう。
    宗派ごとの本式数珠と、宗派を問わない略式数珠があり、基本的には略式で大丈夫です。

参列者側の用意する物

次に参列者が用意するものを確認しておきます。

  • 香典

    故人を弔い、冥福を祈るだけでなく、遺族の心に寄り添う気持ちを添えて渡すものです。
    あまり高額過ぎると遺族への精神的負担も大きくなりますので、常識的な相場を確認した方がよいでしょう。

  • お供え物

    故人に捧げるものでもありますが、後に遺族・親族が小分けしていただくものでもありますから、かさばらないもの、重すぎないもの、ある程度日持ちがよいものを選ぶのがよいでしょう。
    お菓子・果物の他、生花や線香・ろうそくなどもお供え物に選ばれることが多いです。

  • 数珠

    仏式の法要には欠かせません。
    貸し借りはマナー違反です。
    必ず一つ用意しておいた方がよいでしょう。
    本式数珠、略式数珠のどちらでも構いません。

三回忌の服装は?

仏壇

喪服は「正喪服」「準喪服」「略喪服」の3つのタイプ(ランク)に分けられます。

  • 正喪服

    男性の場合は、和服では紋付はかま、洋服ではモーニングコートです。
    女性は、和服では五つ紋の黒で無地の着物、洋服では黒のスーツ、アンサンブル、ワンピースで、襟の開きが大きくないオーソドックスなものです。

  • 準喪服

    準喪服は一般的に喪服と言われるものです。
    男性の場合は光沢のないブラックスーツです。
    女性の場合は黒のスーツ、アンサンブル、ワンピースで、襟には若干流行のファッションが取り入れられていても構いません。

  • 略喪服

    男性の場合は、派手でないダーク系のスーツです。
    女性の場合は、派手でないダーク系のスーツ、アンサンブル、ワンピースです。
    「平服でお越しください」と案内される場合の平服に当たります。

喪主の場合

喪主・施主側の喪服は参列者側の喪服より格下のものは避けるのが礼儀です。

男性

喪主・施主側の男性は、紋付きはかまやモーニングーコートなどの正喪服を着用するのが基本です。
しかし、近年では準喪服を着用することが増えてきています
どちらの場合でも問題はないとされていますが、失礼のない相応な恰好をすることが望ましいです。

女性

女性の場合も、喪主・施主側の場合は着物やオーソドックスなスーツ、アンサンブル、ワンピースなどの正喪服が正式な服装となります。
ただ、実際には準喪服でも良いとされており、現代では準喪服を着用される方は非常に多いです。

参列者の場合

参列者のマナーとしては、喪主・施主側の喪服より格式が高い喪服を着用するのは避けるべきです。

男性

参列者の男性は、正喪服は必要ないでしょう。
施主の喪服の格式を超えないためのも、準喪服が妥当と思われます。
もし「平服でお越しください」という案内があれば、略喪服でも構いません

女性

女性の場合も、喪主・施主側の喪服の格式を超えないために、準喪服が妥当でしょう。
「平服でお越し下さい」と案内されていれば、略喪服でよいでしょう。

子供の場合

学校の制服がある場合は、学校指定の制服を着用するのが一般的です。
制服がない場合や幼い子供の場合は、できれば濃紺や灰色などのものを中心に選ぶのがよいでしょう。

妊婦の場合

マタニティー喪服が最適でしょう。
レンタルを利用するという手もあります。
無理な場合は、地味なワンピースでも構わないでしょう。

靴や小物類の注意点

基本的には、黒を中心に派手でないものや光沢のないものを選びます。
靴や靴下、ネクタイ、女性のストッキングも黒で統一するのが礼儀です。
アクセアリーは結婚指輪や真珠の一連のネックレス以外は基本的に避けるべきです。

ハンカチも黒、白、灰色などを中心にして、派手なものは避けましょう。
バッグも金色の鎖などがついていない、光沢のない黒のものを選ぶべきです。

三回忌の会場・食事会場の決定

仏壇

選択肢としては、お寺・セレモニーホール・自宅の3つがあります。
お寺で法要をした場合はご本尊の前で行えるという利点があります。
法要後の会食も前もって相談しておけばお寺でできる場合が多いでしょう。

セレモニーホール・葬儀社にも法要室が設定されていて、会食もその場でできる場合があります。
お寺やセレモニーホールの場合は、費用については自宅での法要より費用が高くなりますので、確認しておいた方がよいでしょう

小人数であれば自宅での法要も可能です。
自宅の場合は、準備などで負担が大きくなりますが、費用は抑えることができます
法要後の会食は自宅で行う場合と、予約しておいたレストランなどに移動して行う場合があります。

三回忌の案内状の書き方は?

仏壇

三回忌の案内状は、たとえなじみ深い間柄の人であっても、礼儀を維持した文面に統一するのがマナーです。
言い回しに若干の違いはあっても、基本的に守るべきポイントや流れは定まっています。
ここでは、三回忌の案内状の書き方について確認しておきましょう。

  • 文頭に「拝啓」「謹啓」を置く。

  • 時候を表す「◯◯の候」で本文を始める。
    その後「皆様に於かれましては益々ご健勝(ご清祥、ご清栄)の事とお喜び申し上げます。」などが続く。

  • 「さて」などの言葉に続いて本題に入り、三回忌法要を営むことを知らせる。
    さらに「つきましては」などに続いて、ぜひ「ご臨席」をお願いしたい旨を書いて締めくくる。

  • 文尾に「敬具」を置く。

  • 三回忌法要の日程、時間、場所、会食の予定など詳細は返信用に明記することが多い。

時候の挨拶の「◯◯の候」の◯◯には、月ごとに次のような言葉が入ります。

1月 厳寒
2月 余寒
3月 早春
4月 陽春
5月 新緑
6月 梅雨
7月 盛夏
8月 残暑
9月 初秋
10月 秋冷
11月 晩秋
12月 初冬

基本的な分例を載せておきます。
なお、実際は縦書きとなるため、文中では「下記」ではなく「左記」となっています。
句読点は習慣として使用しません。

晩秋の候 皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じ上げます
さて、亡父 故◯◯の三回忌法要を左記の通り営みたくご案内申し上げます
つきましては、御多忙中誠に恐縮ではございますがご臨席を賜りますようお願い申し上げます

三回忌の引き出物は何がいい?

仏壇

引き出物は、法要にご足労頂いて、故人を弔い冥福を祈っていただいた参列者に対して、返礼として差し上げるものです。
「消えもの」と呼ばれる、食べたり使ったりしていずれ消費してしまって無くなるものが一般的に選ばれます。

例えば、飲食物としては、お茶、コーヒー、お菓子、そうめん、うどん、海苔、調味料などがよく選ばれるようです。
飲食物以外では、石鹸、洗剤、入浴剤、タオルなど、日常生活用品が選ばれることが多いようです。
一般的には3千円~5千円あたりが相場と考えてよいでしょう。

三回忌のお布施の金額は?

葬儀

お布施の金額相場

お布施は僧侶に謝礼として渡すものです。
基本的な相場としては3万円~5万円あたりと言われています。
もし、よくわからなかったり不安な時は、近所や檀家の中の経験者がいれば尋ねてみるのがよいでしょう。

そういう人がいない時は、直接お寺に尋ねてみましょう。
ただし、「三回忌のお布施はいくらですか」という直接的な質問では、お寺の方も答えにくいかもしれません。
「他の方は三回忌の法要ではお布施はどのくらい出されているのでしょうか」といった遠回しな表現で聞くようにしましょう。

また、自宅での法要の場合は御車代として千円~5千円あたり、会食を辞退される場合は「御膳料」として同じく千円~5千円あたりが相場となっています

以下のサイトでは、三回忌のお布施の袋の選び方や包み方などを詳細に解説しています。
ぜひこちらの記事もご覧ください。

僧侶手配サービスならお布施が明確!

僧侶や寺院関係への支払いは、お布施やお車代が不明瞭で高額になりがちです。
しかし僧侶手配サービスなら、お布施が定額でいくらお渡しすれば良いのかと悩む必要がありません。

おすすめは「終活ねっと」のお坊さん

「終活ねっと」ではお坊さん手配サービスを運営しています。
全国どこでも対応してもらえるうえ、いつでもネット経由で依頼することができます。
僧籍の確認を徹底しているところも安心できるところです。
法事・法要の読経で4万5千円からという金額相場の安さもおすすめできるポイントといえるでしょう。
「終活ねっと」のお坊さんを利用したいという方はこちらをご覧ください。

三回忌の香典って?

仏壇

香典の額はあまりにも低すぎるのは当然避けるべきですが、高すぎるのも遺族への負担が大きくなってしまってよくありません。
ある程度常識的な金額にすることが大事です。
三回忌の香典の金額について確認しておきます。

金額は?

香典は、夫婦二人で参列する場合については、一人分でよいという考え方と、若干増やすという考え方、2倍にするという考え方などがあります。
関係者に確認することをおすすめします。

会食に参加する場合は二人分追加するのが一般的です。
会食は一人5千円~1万円として、夫婦だと1万円~2万円を追加することになります。
ここでは一人での参列の場合の相場を確認していきます。

  • 故人が夫婦の両親の場合

    3万円~10万円が相場です。

  • 故人が夫婦の兄弟・姉妹の場合

    3万円~5万円が相場です。

  • 故人が夫婦の祖父母の場合

    1万円~5万円が相場です。

  • 故人が夫婦のおじ・おばの場合

    1万円~3万円が相場です。

  • 故人が夫婦の会社関係者の場合

    5千円~1万円が相場です。

  • 故人が夫婦の会社関係者の家族の場合

    3千円~1万円が相場です。

上記の金額の範囲で、20歳代など若年齢の人ほど下限に近い額で、40歳代以上など年齢が高い人ほど上限に近い金額が相場と考えてください。

渡すタイミングは?

持参した香典を渡すのはどのタイミングがよいのでしょうか。
確認しておきましょう。

参列する場合

三回忌法要に参列した場合、受付が用意されていれば、受付で香典を渡すのが基本です
香典は必ず袱紗に包んで持参し、受付の人の目の前で袱紗から取り出して渡します。
その際、ささやかな言い方で構いませんので、「些少ですが、御仏前にお供えください」などの一言があると、大変理想的な礼儀と言えるでしょう。

逆に法要の場での大きすぎる声とか明るすぎる声は失礼に当たります。
長話も避けるべきです。
もし参列者数が少なくて受付が用意されていない時は、法要開始前の祭壇に備えて合掌礼拝します

参列できない場合

三回忌に参列できない場合の香典の渡し方としては、まず、メールや電話で、参列できない旨と謝罪を伝えた後で、香典の送り方をしっかりと伝えておきます。

方法としては、信頼できる知人に依頼して参列時に渡してもらう方法と、郵送する方法があります。
郵送する場合は香典袋専用の現金書留を利用します。

いずれにしろ、後日時間が取れるなら、訪問して仏壇にお参りするのがよいでしょう
もし無理なら、改めて三回忌に参列できなかったことのお詫びと、故人の冥福とご家族の健勝を祈る旨を記入した手紙を送るのが正式な礼儀としておすすめです。

以下のサイトでは、三回忌の香典の水引の選び方や表書きの書き方などを、詳しく解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

三回忌のお供え物って?

仏壇

仏壇にお供えする仏具の代表的なものとして「三具足」が挙げられます。
三具足とは「花立」「ろうそく立」「香炉」のことをいいます。
つまり花とろうそくと線香がお供え物の代表ということになります。

その上でさらに、日常のお参りで欠かせないお供え物として「五供(ごくう)」という言葉があります。
五供とは、お香(線香)・お花・お灯明(ろうそく)・お仏飯・お水(浄水)の5つのことです。

法要の際には、五供を中心に、日常のお参りの時より豪華なお供え物が飾られるのが普通です。
色とりどりの和菓子・洋菓子や果物、生花などが普段より多く供えられます。
遺族が用意するものもありますが、参列者が持参するものもあります。
参列者が持参する場合は5千円~1万円のものが相場となっています。

参列者がお供え物として持参するものを選ぶ場合は、重すぎないもの、かさばらないもの、小分けにできるものそしてある程度日持ちがよいものを選ぶようにした方がよいでしょう。
お供えが済んだ後は、遺族・親族で分けて持ち帰ることになるわけですから、そこまで考慮して選ぶのも大切な礼儀と言えます。

三回忌に用意するものまとめ

仏壇

以上のように今回「終活ねっと」では、三回忌で用意するものということに関して以下の内容を中心に解説しました。

  • 三回忌は、命日から満2年後の法要で、四十九日や一周忌と同じくらい大切な法要である。

  • 三回忌に用意するものは、四十九日や一周忌に用意するものと同じ基準で考えてよい。

  • 三回忌の服装も基本的には四十九日などと同じ喪服と考えてよいが、参列者は平服が許されることも多い。

  • 三回忌法要の場所としては、お寺、セレモニーホール、自宅のいずれかとなる。

  • 三回忌の案内状は、格式のある文面が礼儀だが、基本的な言い回しがある。

  • 三回忌の引き出物で用意するものは「消えもの」と呼ばれるものがよい。
    相場としては3千円~5千円です。

  • 三回忌のお布施は、僧侶に渡す謝礼で、3万円~5万円が相場です。

  • 三回忌の香典は、故人との関係性によって相場が分かれます。

  • 参列者が持参する三回忌のお供え物は、遺族が後で小分けできるものが最適で、5千円~1万円が相場である。

悲しみの日からだいぶ時間が経過したとはいえ、遺族の心の痛みはまだまだ残る、そんな時期に行われるのが三回忌法要です。
しかし、遺族と参列者が一緒になって故人を弔い冥福を祈ることで、遺族は改めて立ち直りの道を歩み始めることができることでしょう。

そのためにも、この記事を参考にして三回忌に向けてしっかりとした準備を行いましょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

「終活ねっと」では、この記事の他にも法事に関する記事を数多く掲載しています。
ぜひ、今回紹介した他の記事もご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事