一周忌の段取りとは?引き出物/お布施/香典についても解説します!

一周忌の段取りとは?引き出物/お布施/香典についても解説します!

故人が亡くなってから1年の節目に行う法事が一周忌です。一周忌は葬儀ほどではないせよ、故人のご親族や知人・友人が集まって盛大に行われるため、綿密な段取りが必要となります。今回は一周忌を行ううえで必要となる段取りを、引き出物やお布施、香典とともに見ていきましょう。

最終更新日: 2020年09月09日

一周忌の段取りについて

葬儀

親しい方が亡くなってからは、仏教で決められた日や年に法事を行うのが一般的です。
そして故人が亡くなって1年経った命日に迎える一周忌では、故人にゆかりのあるご遺族やご親族、知人・友人が集まって盛大に法要を行います。

一周忌法要の盛大さは、葬儀や四十九日法要ほどではないにせよ、亡くなってちょうど1年であることと喪が明ける節目であるためにそれなりに盛大です。
このため前もって念入りに段取りを進めておくことが欠かせません。
具体的にどのような段取りが必要となってくるのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、故人没後1年で行う法事である一周忌に向けた段取りについて、お布施や香典、引き出物とともに詳しく見ていきます。

  • 法事の一周忌とはどのようなものなのか?

  • 一周忌法要に向けた段取りとは?

  • 一周忌法要に適した服装や小物とは?

  • 一周忌でお渡しする引き出物の段取りとは?

  • 一周忌で僧侶にお渡しするお布施の段取りとは?

  • 一周忌で持参する香典の段取りとは?

故人の一周忌が近づき準備が必要という方や、一周忌に参列する予定がある方にとって、大変役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

また「終活ねっと」ではお坊さん手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

一周忌の基礎知識について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

法事の一周忌とは?

葬儀

最初に一周忌法要がどのようなものであるのかについてを、簡単に解説しておきます。
一周忌法要とは、故人が亡くなってちょうど1年経つ節目で、故人を供養するために行う法要のことです。
同時に故人が亡くなった日から1年間続いた喪が明ける節目でもあります。

法要では故人と親しかったご遺族やご親族、知人・友人などが集まって盛大に法要を行うのが一般的です。
加えて一周忌法要後にお墓の開眼供養やご遺骨の納骨を行うこともあります。

一周忌法要の段取りって?

葬儀

一周忌法要の段取りをするのは、基本的に葬儀の際に喪主を務めた施主です。
もし一周忌法要で施主を務める場合、どのような準備が必要となってくるのでしょうか。
ここでは一周忌法要に向けて行うべき段取りを詳しくご紹介します。

当日までの準備

一周忌法要では多くの方が集うため、ある程度の規模で行われます。
多くの方が一堂に会して故人を供養するには、前々からきちんと段取りしておくことが欠かせません。
ここでは法要の当日までに行うべき段取りについてご紹介します。

日程・会場を決める

一周忌法要を催すうえで最初に手掛けるべき段取りが、法要の日程と会場を決めることです。
特に日程の方が非常に重要で、具体的には実際に故人が亡くなって1年経つ日に一番近い土日祝日に行います。

平日よりも土日祝日の方が、比較的多くの方が予定を調整して集いやすく、その分故人をきちんと供養することにつながるためです。
もし故人が亡くなってちょうど1年の日と土日祝日が重なる場合は、その日に行うと良いでしょう。

会場については、菩提寺がある場合は菩提寺の本堂で行うのが一般的です。
もし菩提寺がない場合は、葬儀でお世話になった葬儀社や僧侶に相談したり、近所の葬祭場などを使用したりすることになります。

寺院と連絡をとる

ある程度日時と会場が決まったら、次は寺院と連絡を取って、僧侶と予定を調整します。
特に菩提寺がある場合は早めに連絡することが大切です。
日時と会場が決まっていて、菩提寺側の都合が悪い場合は相談の末に別の寺院を紹介してもらうなど手間がかかります。

仮に菩提寺側の都合が悪いことを理由に、勝手に他のお寺や僧侶に読経などを依頼すると、後日トラブルのもとになりますので注意が必要です。

お坊さん手配サービスを利用する

最近ではさまざまな事情により菩提寺を持たない方も少なくありません。
菩提寺がない場合は、僧侶手配サービスを利用するのも一つの手です。

僧侶や寺院関係への支払いは、不明瞭で高額になりがちですが僧侶手配サービスなら、お布施が定額でいくらお渡しすればよいのかと悩む必要がありません。

おすすめは[僧侶サービス名称]

特におすすめなのが終活ねっとのお坊さんです。

全国どこでも対応してもらえるうえ、いつでもネット経由で依頼することができます。
僧籍の確認を徹底しているところも安心できるところです。
法事・法要の読経で4万5千円からという金額相場の安さもおすすめできるポイントといえるでしょう。

終活ねっとのお坊さんを利用したいという方はこちらをご覧ください。

案内状を送る

僧侶と相談して日時と会場が確定したら、法要に参列してほしい方たちに案内状を発送します。
案内状には一周忌法要の日時・会場、法要後の会食がある旨を記したうえで、別紙で参列の可否連絡できるように返信はがきも添えることがポイントです。
なお平服でも良い場合や香典が必要ない場合は、案内にその旨を一緒に記しておきます。

案内状を発送する時期もなるべく早い方が、受け手も日程調整しやすいです。
遅くとも法要当日の1ヶ月前には送ると良いでしょう。
発送する際は、白無地の封筒に包んだ状態で送るのが作法とされています。

お供えの準備

法要で故人にお供えするお供え物の段取りも欠かせません。
お供え物は具体的に、故人が好んだお花やお菓子、線香など使えば消えるものを選ぶのがポイントです。

なお、お花については、菊やユリなどの他に節を示すものがおすすめとされています。
一方で棘のあるものや毒を伴ったもの、香りの強いものは仏教ではタブーです。
お菓子についても小分けしやすく、長持ちするものを選ぶのが良いでしょう。

引き出物を用意

一周忌法要では多くの方が香典を持参するため、その謝礼としてお渡しする引き出物を準備します。
引き出物の段取りについて詳しいことは、後程見ていきましょう。

お布施の用意

当日読経していただく僧侶に謝礼としてお渡しするお布施の準備も必要です。
お布施の金額相場やマナーなども、後程見ていきます。

当日の流れ

一周忌法要の当日の流れを段取りする際に知っておくと、どのようなものが必要となってくるのかを把握する手掛かりになります。
一般的な一周忌法要の流れは、法要後のお墓参りや会食まで含めると以下の通りです。

  • 僧侶の入場・開式・施主の挨拶

  • 僧侶による読経

  • 参列した方全員の焼香

  • 僧侶の法話

  • 法要の閉式

  • お墓参り、あるいはお墓の開眼供養・納骨法要

  • 会食

なお上記のうち、法話は場合によって省略されることもあります。
加えてお墓の開眼供養や納骨法要を行う場合は、あわせて僧侶や石材店などに相談すると良いでしょう。

このほか会食についても、事前に料理店などに日時と人数を伝えます。
この際に一周忌法要で会食する旨を伝えることも、おめでたい意味の料理が出てこないようにするために必要です。

一周忌法要の服装や小物は?

葬儀

一周忌法要を主催・参列する際は、ご自身の立場に合わせた適切な服装を着用することが欠かせません。
ここでは一周忌法要の場にふさわしい服装を、施主・参列者・子どもの場合ごとに見ていくとともに靴や小物に関するマナーもご紹介します。

施主・親族

まず施主の場合は、葬儀と同じように正喪服を着用します。
男性の場合はモーニングと縞柄のズボン、女性の場合は黒系のスーツやワンピース、アンサンブルが基本です。
女性の場合は、スカートの丈をひざが隠れる程度の長さにします。

インナーについては男性であれば白無地のワイシャツに黒ネクタイを締めたもの、女性であれば黒のブラウスなどを着用します。

参列者

参列者の場合は、基本的に黒系のフォーマルな服装を着用します。
男性であれば黒系の上下スーツと黒ネクタイを締めた白ワイシャツを、女性であれば黒系のスーツやワンピースと黒いブラウスなどのインナーとの組み合わせです。
女性の場合は、スカートの丈をひざが露出しない程度にすることもマナーとされています。

子ども

子どもについては、まず学校に制服がある場合は制服を着て法要に参列します。
もし服装が自由という校則などで制服がない場合は、白ワイシャツと暗色系のズボン・スカートといった地味な格好をすると良いでしょう。

また小さな子どもについても、基本的には白ワイシャツと暗色系のズボンやスカートで問題ありません。
ただ派手なデザインのものは着用しないようにします。

靴や小物のマナー

靴や小物についても、一定のマナーがあります。
靴は基本的に光沢が目立たず、素材も動物から作ったと思われないような黒色の靴やパンプスを履くのがマナーです。
なおパンプスについては、お墓参りすることも考えてあまりヒールが高すぎないものを選びます。

女性の場合は肌の露出を避け、故人を供養する意味のある黒のストッキングを履くことも重要です。
またアクセサリーは結婚指輪や婚約指輪以外は身に着けないようにします。
ただし真珠製のネックレスやイヤリングは、1つだけであれば問題ありません。

一周忌の引き出物の準備

葬儀

一周忌法要では香典を持参した方にお渡しする引き出物も重要です。
ここでは引き出物の具体的な相場や品物の種類についてご紹介します。

金額の相場は?

一周忌法要を含め法事での引き出物は、地域にもよりますがいただいた香典の半額から3分の1程度とされています。
具体的には東日本では半額、西日本で3分の1が相場であると考えて良いでしょう。

例えば1万円の香典をいただいた場合は、3千~5千円程度の品物を用意するという計算です。
ただあまりにも高額な香典をいただいた場合は、引き出物を準備する際の負担が大きくなりがちなため、いただいた香典に対して4分の1かそれ以下の金額の品物を用意して良いとされています。

引き出物として適したものは?

引き出物を準備する際は、実際にお渡しする品物の選定も重要といえます。
引き出物として理想的なのは消えものと呼ばれる使えばなくなるものです。
「消えもの」が良いとされる理由は、「故人のご不幸がいつまでもなくならないように」と願う意味があるためです。

具体的にはコーヒーやお茶、海苔、お菓子といった飲食物と、洗剤やタオルなどの日用品が定番とされています。
近年ではカタログギフトや商品券をお渡しするケースも多いですが、年配の方などのように昔ながらの常識を重んじる方にはお渡ししない方が良いでしょう。

一周忌のお布施の準備

葬儀

一周忌法要でお経をあげていただく僧侶には、お布施をお渡しして感謝の気持ちを示すことも大切です。
ここでは一周忌法要で準備するお布施のマナーを見ていきましょう。

金額の相場は?

一周忌法要でお渡しするお布施の金額相場は、3~5万円程度とされています。
実際にいくら包むのかは、お寺との関係などによるでしょう。

なお僧侶にお寺から来ていただいた場合はお車代を、僧侶の都合が悪く会食に参加できない場合は御膳料も準備する必要があります。
お車代も御膳料も、5千~1万円ずつが相場です。

お布施の書き方

お布施を包む際は表書きなどをきちんと書くことが求められます。
表面の上段に記す表書きは「お布施」や「御布施」が基本ですが、お車代や御膳料も準備する場合は、「御車代」・「御膳料」と記すのが作法です。
表書きの下には施主のフルネームか法要を行った家の名前を記します。

お布施を包んだ封筒の裏面右側には金額を記しますが、金額については「金○○圓」と記し、数字は漢数字の旧字体で書くのがマナーです。
なお金額は中包みの表面に書いても良いとされています。
裏面左側には住所と氏名を書きますが、住所に使われる数字は普通の漢数字を書くのが一般的です。

薄墨で書くの?

お布施に表書きなどを書く場合は、薄墨ではなく普通の濃い墨を使います。
お寺側でご不幸があったわけではないことから、葬儀のようにご不幸に対して悲しみの気持ちを示す必要がないためです。

一周忌の香典の準備

葬儀

一周忌法要に参列する場合は、故人を供養したり施主が法要を主催する援助したりする意味から香典を持参します。
香典の金額相場やマナーなども見ておきましょう。

金額の相場は?

一周忌法要で持参する香典の金額相場は、故人との関係性に応じて目安が決まっています。
故人が親の場合は1~10万円程度、祖父母の場合は1~5万円程度、知人・友人の場合は3千~1万円程度という具合です。
ただ関係が親しい場合は上記より少し多めの金額を包んでも問題ありません。

なお香典では、4や9のつく数字の金額は包まないことになっています。
4は「死」を、9は「苦」を連想させる縁起の悪い数字であるためです。

香典の書き方

香典でも香典袋に表書きなどを書くことが欠かせません。
表書きは表面上段に書き、「御仏前」や「御香典」などと記します。
表書きの下には、持参した方のフルネームや団体・部署名などを書き、複数人連名の場合は人数に応じた書き方をするのがマナーです。

金額は香典袋の裏面右側か中袋の表面に書き、お布施の場合と同じように「金○○圓」という形で、数字は漢数字の旧字体で記します。
香典袋や中袋の裏面左側には、住所と氏名を書くのが一般的です。

なお一周忌法要で持参する香典では、すでに故人をしのぶ段階であることから普通の墨を使って表書きなどを書きます。

お金を入れる向きに注意

香典を準備する際は、お金の入れ方にも気を配る必要があります。
まずお札で福沢諭吉などが印字されていない裏面を上に向け、肖像が袋の底側に来るように入れるのが作法です。

またお札は新札ではなく古いお札を使います。
これは故人のご不幸を予想していたとご遺族に思われないようにするためです。

一周忌の段取りについてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、故人が亡くなって1年の節目で催す一周忌法要の段取りについて、お布施などとともに見てきました。
内容をまとめますと、以下に挙げられる各ポイントの通りです。

  • 一周忌は、故人が亡くなって丸1年の節目に、故人を供養するために行う法事のことで、同時に喪が明ける節目でもある。

  • 一周忌法要の段取りとして、日程・会場の決定や僧侶への連絡、案内状の送付、お供えや引き出物、お布施の準備などがあり、当日は読経と焼香が中心となる。

  • 一周忌法要の際、施主は正喪服を、参列者はブラックフォーマルを、子どもは制服や地味な服装を着用し、靴や小物も地味で光沢の目立たないものを身に着ける。

  • 一周忌の引き出物は、いただいた香典の半額から3分の1程度の品物を準備し、消えものと呼ばれる使えばなくなる飲食物や日用品が適している。

  • 一周忌法要のお布施は3~5万円が相場であるほか、「御布施」などの表書きや金額などを普通の濃い墨で書く。

  • 一周忌で持参する香典は、故人との関係性に応じた金額を包み、「御仏前」などの表書きや名前、金額などを普通の濃い墨を使って書き、お札の向きにも注意する。

一周忌法要では、故人が亡くなって1年の節目で故人を供養したり、場合によって納骨したりするため、念入りに段取りすることが大切です。
実際に一周忌法要の段取りをする際に、改めてこの記事を役立てていただけると良いでしょう。

「終活ねっと」では、他にも法事に関する記事を数多く掲載しているので、ぜひ参考にしてください。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事