法要のお布施の金額は?その他にかかる費用や表書きについても解説!

法要のお布施の金額は?その他にかかる費用や表書きについても解説!

日本で一般的な仏式葬儀では、葬儀後にさまざまな法要が行われます。法要ではお布施を渡す必要がありますが、一体いくらぐらい渡せばよいのか気になっている人が多いのではないでしょうか?今回は、法要のお布施の金額やマナーについて解説します。

最終更新日: 2020年09月10日

法要のお布施について

葬儀

日本で一般的な仏式葬儀では、葬儀後に四十九日法要や一回忌などの法要が行われます。
法要では葬儀と同じようにお布施を渡す必要がありますが、一体いくらぐらい渡せばよいのか気になっている人が多いのではないでしょうか?

今回「終活ねっと」では、法要のお布施の金額やマナーについて解説します。

  • そもそもお布施とは?

  • 葬儀・法要のお布施の金額相場はいくらぐらい?

  • お布施の袋の包み方のマナーは?

  • お布施の渡し方・タイミングは?

  • お布施以外にかかる費用は?

以上の項目について解説します。

法事法要は誰しもが一度は人生で経験することになる行事だと思います。
ぜひ最後までお読みください。

お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

お布施とは?

困った人々

お布施とは、葬儀や法要でお世話になった僧侶に謝礼として支払う金品のことです。
元々はサンスクリット語の「dāna」の漢訳で「施すこと」を意味します。
仏教で最も重要な修行の徳目とされる「六波羅蜜」の1つであり、在家信者が僧や貧窮者に施しを与えることを「布施」と呼んでいました。

現在では一般的に僧侶に対する謝礼(主に金品)として理解されていますが、広義では金品以外のさまざまな施し(福祉活動など)も含む言葉です。

法要のお布施の金額の相場は?

お金

お布施には定価がありません。
先に解説した通りそもそもお布施は謝礼ではないため、価格を定められるようなものではないのです。
しかし、実際には僧侶への謝礼として機能している面もあるため、暗黙の了解として大まかな金額相場があります。

葬儀・法要ごとのお布施の金額相場

以下で葬儀・法要ごとの金額相場について解説しますが、実際のお布施の金額には地域差があるので注意してください。

  • お通夜・告別式・火葬

    20万円~50万円。
    お通夜や告別式、火葬での読経や引導、法話に対するお布施。全ての儀式に対するお布施をまとめて支払うため、金額が高い。金額の地域差が大きく、大まかに言うと東日本は高めで西日本は安めである。

  • 四十九日

    3万円~5万円。
    故人が亡くなってから49日目(亡くなった日を1日目と数える)に行われる法要のこと。
    四十九日法要のお布施は、葬儀のお布施の10%程度という暗黙の決まりがある。

  • 一周忌

    3万円~5万円。
    故人が亡くなってから満1年目に行う法要。
    正式には故人が亡くなった月日である「祥月命日」に行うが、実際には祥月命日より少し前の休日などに日程を調整することが多い。
    一周忌のお布施は四十九日とほぼ同じである。

  • 三回忌

    1万円~5万円。
    故人が亡くなってから満2年目に行う法要で「三周忌」とも呼ぶ。
    葬儀や法要は数え年(故人が亡くなった年を1として数える)で数えるので、満2年後が「三回忌」となる。
    三回忌になると徐々に法要の規模が縮小してくるため、お布施の金額も安くなっていく。

  • 七回忌

    1万円~5万円。
    故人が亡くなってから満6年目に行う法要。
    法要は基本的に1の位が「三」と「七」の年に行われる。
    七回忌にもなると、法要の規模がかなり縮小しており、家族・親族のみで営むというところが多い。
    一般的に七回忌から服装は喪服でなくともよいとされるが、早いところでは三回忌から喪服を着用しない場合もある。

  • 十三回忌

    1万円~5万円。
    故人が亡くなってから満12年目に行う法要。
    十三回忌になると親族の参列も少なくなり、家族と近隣に住んでいる親族だけで営むことが多い。

  • 十七回忌

    1万円~5万円・
    故人が亡くなってから満16年目に行う法要。

十七回忌以降も「二十三回忌」「二十七回忌」と続いていきますが、二十三回忌以降は省略されることも珍しくありません。
法要を営む場合でも、家族とごく一部の親族のみの参列になる場合がほとんどです。
二十三回忌以降の法要を行う場合のお布施の金額相場は、1万円~5万円程度です。

僧侶手配サービスならお布施が明確!

僧侶や寺院関係への支払いは、お布施やお車代が不明瞭で高額になりがちです。
しかし僧侶手配サービスなら、お布施が定額でいくらお渡しすれば良いのかと悩む必要がありません。

おすすめは「終活ねっと」

「終活ねっと」では、お坊さん手配サービスを運営しています。
全国どこでも対応してもらえるうえ、いつでもネット経由で依頼することができます。
僧籍の確認を徹底しているところも安心できるところです。
法事・法要の読経で4万5千円からという金額相場の安さもおすすめできるポイントといえるでしょう。

終活ねっとのお坊さんを利用したいという方はこちらをご覧ください。

お布施の袋の包み方のマナー

葬儀

お布施は袋に包んで渡しますが、香典のような不祝儀とは意味合いが異なるので包み方に注意が必要です。
以下で詳しく解説します。

どんな封筒を使う?水引は?

お布施は無地の白封筒に包むのが一般的です。
柄はもちろん、郵便番号記入欄も印刷されていない封筒を用います。

お布施を香典と同じ不祝儀袋に包む人がいますが、お布施は不祝儀ではなく僧侶に対する施しであるため、不祝儀袋に包む必要はありません。
水引のような飾りは必要なく、単なる白い封筒で構いません。
ただし、地域によっては水引の付いた袋で包む場合もあるので注意しましょう。

表書きの書き方

お布施の表書きは「御礼」「御布施」と書きます。
袋の左右中央上側に表書きを書き、その下に喪主・施主の名前(氏名もしくは名字のみ)を書きます。

袋の裏には喪主・施主の住所・氏名とお布施の金額を書きます。
通常の郵便物で差出人の情報を書く位置(封筒裏の左下)に書きましょう。
金額の書き方については後ほど解説します。

香典は表書きを薄墨で書くのがマナーとされていますが、お布施は香典とは意味合いが異なるため、薄墨で書く必要はありません。
濃墨で書くのが正式な作法ですが、市販の筆ペンでも構いません。

金額の書き方

袋の裏に記載するお布施の金額は、大字と旧漢字で表記します。
大字とは、一般的な漢数字とは別の漢数字表記のことです。
一般的な漢数字と大字の対応は以下の通りです。

一般的な漢数字 大字
1
3
5
7 七(漆)
10 壱拾

例えば3万円のお布施を包む場合は、「金参萬圓也(新漢字では「金三万円也」)」と表記します。
ただし、最近は一般的な漢数字と新漢字で表記することも珍しくありません。

新札は使っていい?

香典には「新札を使ってはいけない」というしきたりがありますが、お布施には新札を使っても問題ありません。
香典に新札を使わない理由は、「新札を使うと故人の不幸を予期して準備していたように思われるから」というものです。

しかし、お布施は喪主・施主が僧侶に対する施し(謝礼)として渡すものであり、香典とは全く違うものです。
そのため、新札を渡しても全く問題ありません。

またお布施の包み方に関して、戒名を僧侶に行ってもらった場合、お布施と戒名料を分けてお渡しするべきか悩む方も少なくありません。

お布施を渡すタイミングと渡し方

葬儀

お布施の準備ができたら、後は法要の際に渡すだけですが、渡し方やタイミングにも気を付ける必要があります。
以下で詳しく見ていきましょう。

お盆にのせる

お布施は正式には「切手盆」と呼ばれるお盆にのせて渡します。
切手盆とは、お布施や不祝儀、祝儀などを渡す際に使われる黒塗りのお盆のことです。
お布施だけでなく、香典や結婚式のご祝儀なども切手盆にのせて渡すのが正式な作法とされています。

葬儀でお布施を渡す場合は、葬儀社が切手盆を準備してくれますが、法要は自宅で行うことが多いため、施主が切手盆を準備する必要があります。
どうしても準備できない場合は、後ほど解説する袱紗で代用することもできます。

袱紗(ふくさ)に包む

お布施は僧侶に渡す直前まで袱紗に包んでおき、渡す際に袱紗から取り出します。
袱紗とは、お布施や不祝儀、祝儀などを包むための布のことです。
葬儀や法要で参列者が持参する香典も袱紗に包むのがマナーです。

弔事で使われる袱紗の色は紺や深緑などの寒色が一般的であり、特に慶弔両方に使えるとされる紫色が最もよく用いられています。
また先に解説した切手盆がない場合は、お布施を袱紗にのせて渡せばよいとされています。

渡すタイミング

お布施を渡すタイミングは、葬儀・法要の前もしくは後が一般的です。
僧侶が葬儀・法要が行われる会場に到着した際の挨拶で渡す場合と、儀式が終わった後で渡す場合があります。

葬儀場で行われる場合は葬儀社が僧侶との面談の場を設けてくれるのでその際に渡し、自宅で行う場合は一連の儀式が終わった後に渡すことが多いですが、明確に決まっているわけではありません。
僧侶のお勤めの邪魔にならないタイミングで渡せばよいでしょう。

お布施以外にかかる費用

お金

葬儀・法要の際に僧侶に渡す金品は、お布施だけではありません。
以下でお布施以外にかかる費用について解説します。

お車代

お車代とは、お布施と一緒に僧侶に支払う交通費のことです。
お布施とは別の袋に「お車代」という表書きで包みます。
正式にはかかった交通費分を包むとされていますが、よく分からない場合は5000円~1万円程度で構いません。

お食事代(御膳料 )

お食事代とは、お布施と一緒に僧侶に支払う飲食費のことです。
葬儀・法要後には僧侶と参列者を招いて会食が行われますが、僧侶は会食を辞退することも珍しくありません。

僧侶が会食に参加しない場合は、お布施とは別の袋に「御膳料」という表書きで包みます。
金額は5000円~1万円程度です。

御膳料の相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

法要のお布施の金額について

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、法要のお布施の金額について解説しました。
最後に記事の要点をまとめておきます。

  • お布施とは、葬儀や法要でお世話になった僧侶に謝礼として支払う金品のことである。元々は仏教の修行で「施し」のことだが、現在では僧侶に対する謝礼として理解されている。

  • お布施の金額相場は、葬儀が20万円~50万円、四十九日法要と三回忌法要が3万円~5万円、七回忌法要以降は1万円~5万円である。いずれも地域差があるので注意する。

  • お布施は無地の白封筒に包み、「御布施」「御礼」などの表書きを用いる。金額は大字と旧漢字を用いて「金参萬圓也」などと表記する。新札を使っても問題ない。

  • お布施は袱紗に包んでおいて、渡す際に袱紗から取り出し、切手盆にのせて差し出す。渡すタイミングは葬儀・法要の前後が一般的である。

  • お布施の他に交通費として「お車代」、食事代として「御膳料」を渡す。いずれもお布施とは別の袋に包んで渡す。

お布施の金額相場やマナーは地域によって異なります。
自身の地域のマナーについて知りたい方は、葬儀社や親族・知人などに尋ねてみましょう。

「終活ねっと」では、他にも法事に関する記事を掲載しています。
以下の記事では、お布施を渡す際の挨拶についても解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事