自宅での三回忌法要は何をしたら良い?必要な準備や持ち物を解説!

自宅での三回忌法要は何をしたら良い?必要な準備や持ち物を解説!

三回忌は、四十九日や一周忌に次いで重要な法要です。三回忌法要を自宅で執り行うことができれば故人もさぞかし喜ばれることでしょう。そのためにはできるだけ手抜かりなく万全の準備をして、心に残るひと時にしたいものです。今回は自宅での三回忌法要について考えてみましょう。

最終更新日: 2020年09月09日

自宅での三回忌法要について

仏壇

三回忌は、家族・親族だけではなく他に友人知人も参列して行う、重要な法要のひとつです。
三回忌法要を自宅で行うとなれば、準備などの面で負担が大きくなることがあり、近年では三回忌法要をお寺で行うご家庭も増えてきています。
しかし、三回忌法要を自宅で行うことにはメリットもたくさんあります。

そこで、今回「終活ねっと」では自宅での三回忌法要について、以下のことを中心に解説していきたいと思います。

  • 三回忌法要とはどういうこと?

  • 三回忌法要にはどんな準備が必要?

  • 三回忌法要はどんな流れで行われるの?

  • 三回忌法要の服装はどうしたらいいの?

  • 三回忌法要を自宅で執り行うメリットとは?

以上のような内容について見ていきたいと思います。
最後までお付き合いいただければありがたいです。

お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

三回忌の基礎知識について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

三回忌(3回忌)法要とは

仏壇

仏教の考え方では死後、魂が極楽浄土に行けるのかどうか、生前の行いによって決められます。
四十九日までの法要は、故人の魂が無事に極楽浄土に行けるようにお祈りするための儀式といってよいでしょう。

そして三回忌を含むその後の法要は、故人の魂が無事極楽浄土へ行くことができたことを仏様に感謝し、来世への導きをお祈りするための儀式です。

三回忌法要までは家族・親族の他に、故人の友人・知人なども招待して執り行われますが、次の七回忌法要からは、家族・親族に限定したりして規模を縮小する場合が多いようです。
その意味では四十九日から続く一連の法要の一区切りとなる、重要な節目の儀式行事ともいえるのではないでしょうか。

以下の記事では、三回忌の数え方や法要に向けた案内状の出し方などを解説しています。
興味のある方は、ぜひこちらもご覧ください。

自宅で行う三回忌法要の準備

仏壇

せっかく自宅で執り行う三回忌法要ですから、故人にも参列者にも満足していただけるように、できるだけ入念な準備をして当日を迎えたいものです。
なお、葬儀の場合は式典の責任者は「喪主」でしたが、喪が明けた後の法要では「施主」と言います。

基本的には喪主を務めた人がそのまま施主となる場合が多いようです。
施主を中心にして、故人に喜んでいただける法要を営むための準備に取り組むわけです。
そこで、ここでは三回忌の準備の内容をしっかりと確認しておきたいと思います。

日時の決定

命日当日に設定するのが基本ですが、その日が平日である場合は参列予定者のことも考慮して、命日の前の土日祝日に設定します。
諸事情などにより命日後の土日祝日に設定することもあります。
いずれにしろ命日からあまり離れない方がよいでしょう。

様々な事情を考慮すると、できれば命日の2ヶ月くらい前から、遅くとも1か月から1か月半くらい前には決めて準備に取り掛かるのが安心です。

菩提寺の方も土日祝日は法要の予約が入っている場合が多く、命日直前になると、都合よく日時が取れないこともあります。
菩提寺の僧侶に早めに連絡して、相談しておくことが大事です。

案内状を送る

法要の日時が決定したら、案内状を往復はがきか、返信用はがきを同封した封筒で発送します。
できれば出欠の返信が法要当日の2~3週間前に届くように、返信をお願いする旨を記入して発送します。

参列者は親族・友人知人など比較的近い関係の人ばかりですから、人数が少ない場合は電話でもよいでしょう。

会食の準備

参列者が確定したら当日の法要後の会食(お斎)の手配をします。
一昔前までは精進料理を自宅で調理して提供することが一般的でしたが、近年では、料理店やレストランなどに法事向きの仕出しを、法要が終わる頃に届けてもらうように依頼するやり方に代わってきているご家庭が増えてきています。
さらには料理店の方に前もって部屋や座席を予約しておいて、法要終了後お店の方へ移動して会食を行う場合も多いようです。

なお、法事と法要が混同されることもあるようですが、法要は僧侶が読経を行うなどの宗教的儀式のみを指しています。
法要後の会食(お斎)まで含めた行事全てをまとめて法事と言います。

祭壇の掃除、準備

仏壇をきれいにしておくことも、三回忌を迎えるうえで大切なことのひとつです。
ほこりや軽い汚れであれば、毛ばたきで軽くはたいたり柔らかい布でやさしく拭くだけでもよいでしょう。
ひどい汚れは要注意です。

唐木仏壇など、表面が木材の場合は、まず中性洗剤をつけた洗剤を含ませた柔らかい布をしっかりと絞って、汚れをゆっくり落とします。
その後、水で湿らせた柔らかい布をしっかりと絞って中性洗剤をふき取ります。
汚れを落とすことも大事ですが、洗剤成分や水気をしっかりと落とすことも大事です。

金仏壇の場合は漆や金箔を傷つけてしまったら大変です。
特に金箔は無理に指や布でこすると損傷してしまう可能性が高いです。
修理にかなりの費用と時間がかかることになります。
できれば、専門の業者に依頼するほうがよいでしょう。

さらに、仏壇へのお供えとして、ろうそくと線香とお花は絶対に欠かせませんので、前日までに手配や購入などを行います。

引き出物の準備

引き出物は、参列者に法要参列のお礼として渡すものです。
出席人数を確認した上で早めに手配して手配しておきます。
引き出物について確認してみましょう。

引き出物の金額相場は?

3千円~5千円が一般的と言われています。

引き出物に適した品物

一般的には、石鹸、洗剤、お茶、お菓子、海苔、コーヒーなど、使ったり食べたりしていずれなくなるもの(消えもの)が選ばれることが多いようです。

引き出物の熨斗(のし)と表書き

のしの水引きは黒白、双銀などの結び切り(丸い蝶結びではないもの)で、表書きは「粗供養」「志」などを薄墨ではなく黒墨で書きます。
その下に施主の姓のみを書きます。

引き出物にそえるお礼状(挨拶状)

基本的な内容としては、

  • 忙しい中お越しいただいたことへの感謝

  • 三回忌法要を滞りなく済ませることができたことへの感謝

  • ささやかではあるが引き出物を用意したので納めていただきたいということ

などを列記したあいさつを載せます。

引き出物をお渡しするタイミング

会食がない場合は、法要後の施主挨拶の中で、引き出物をお持ち帰りいただく旨を述べて、見送りの時に一人一人に渡します。
会食がある場合は、会食のお開きが近くなった頃に一人一人に配るのが一般的です。
場合によっては会食のテーブルの下などにすでに置いておくこともあります。

香典返しの準備

香典を頂いた場合は香典返しも必要です。

香典返しの金額相場は?

基本的には香典の金額の2分の1~3分の1程度が妥当と言われています。
3千円~1万円程度になることが多いようです。

法事には様々な種類があり、包むご香典の金額に毎回迷ってしまいますよね?こちらの記事では法事の香典の金額について、相場・書き方・マナーを理由も含めて細かく解説しています。
是非ご覧ください。

香典返しに適した品物

やはり消耗品・消えてなくなるものが基本となっています。

菓子やお茶、のりなどの食品や、石鹸、洗剤、タオル石けんなどが選ばれることが多いようです。
肉、魚、お酒、祝い事に使われるするめ・昆布などは避けた方はよいとされています。

香典返しのお礼状について

基本的事項として、

  • 法要が滞りなく営まれたこと

  • いただいた香典にささやかながらお返しをさせていただくこと

  • 本来なら直接伺うべきところを、書面を以て失礼させていただくこと

といった内容を記載します。

香典袋の書き方

香典袋の書き方も確認しておきましょう。

表書きの書き方

書く場所はのし袋の上段中央です。
「御仏前」、「御佛前」、「御供物料」と書く場合が多いですが、「御香料」「御香典」でもよいでしょう。

名前の書き方

のし袋の下段中央に姓名を書きます。
夫婦の場合は、代表として夫の名前だけでもよいですし、夫に名前の横に、妻の姓名の名だけ書くこともあります。

金額の書き方

中袋中央に縦書きします。
金額を書く際は、旧字体で「金○○円也」と書くのが正式な書き方となります。

例えば、香典として1万円を包む際は、「金壱萬円也」と書きます。

墨の種類

墨は薄墨ではなく、黒墨を使います。
例えばお通夜など故人の逝去から間もない時点での表書きなどは、墨をちゃんと擦る余裕がなかったとか、涙で墨が薄まったという意味で、薄墨を使うのが礼儀とされています。
しかし、三回忌ともなれば、普通に黒墨で書くのが礼儀となります。

7回忌の香典となると表書きや名前の書き方、渡す際のマナーといったしきたりがあります。
こちらの記事では7回忌の香典の金額相場、表書きや包み方についても解説しています。
是非ご覧ください。

香典袋の正しい書き方をご存知ですか?様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。
こちらの記事では香典袋の書き方について詳しく解説しております。
是非ご覧ください。

香典返しを渡すタイミング

法事・法要後に引き出物と共に渡す場合もあれば、後日郵送したり、直接伺って渡したりすることもあります。

お布施の準備

僧侶に読経や法話などの法施をしていただき、それに対するお礼と感謝として財施をお返しします。
それがお布施に当たります。
当日になって慌てないように、前日までに準備しておきます。

お布施の金額相場は?

お布施の金額相場は、データによって様々となっていますが、1万円~5万円が相場となります。

さらに、自宅での法要の場合は、お車代として5千円~1万円くらい上乗せします。
具体的な金額は、菩提寺に直接問い合わせたり、近所の経験者などに尋ねたりして確かめることをおすすめします

さらに法要後の会食(おとき)を断られた場合は御膳料を渡します。
相場としては、会食の場所や料理にもよりますが、5千円~1万円となっているようです。

お坊さん手配サービスならお布施が明確!

僧侶や寺院関係への支払いは、不明瞭で高額になりがちですが、僧侶手配サービスなら、お布施が定額でいくらお渡しすればよいのかと悩む必要がありません。
僧侶手配サービスでのお布施の金額は、4万5千円前後が目安となっています。

近年では、さまざまな理由で菩提寺を持たない方も少なくはありません。
お坊さん手配にお困りでしたら、一度検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめは[僧侶サービス名称]

「終活ねっと」では、お坊さん手配サービスを運営しています。
全国どこでも対応してもらえるうえ、いつでもネット経由で依頼することができます。
僧籍の確認を徹底しているところも安心できるところです。
法事・法要の読経で4万5千円からという金額相場の安さもおすすめできるポイントといえるでしょう。

終活ねっとのお坊さんを利用したいという方はこちらをご覧ください。

お布施の表書き・包み方

三回忌のお布施の表書きでは、白い封筒に、普通に黒墨を使い、上部中央に「お布施」「御布施」、下部に氏名を書きます

御布施の場合はのし袋は使わず、郵便番号欄のない無地の白封筒が基本です。
お布施を包むうえで注意したいのが、二重封筒を使用しないようにすることです。
葬儀や法要などでは二重封筒は不幸の重なりを意味する不吉なものと考えられる場合があります。

最も正式な形は、半紙で紙幣を中包みし奉書紙で包むものですが、白封筒でも十分と思われます。
お車代はやはり白封筒に「お車代」、御膳料も「御膳料」と表書きします。

お布施を渡すタイミング

法要や会食が終わって、僧侶が帰る時に渡します。
手にもって渡すのではなく、小さなお盆に僧侶の方を向けて封筒を載せて、差し出します
その際、無言で渡すのではなく

  • 心のこもった法要をしていただいてありがたいということ

  • ささやかなお礼ではあるが、納めてほしいといいうこと

  • 今後ともよろしく願いしたいということ

というような内容で常識的なあいさつの言葉を付け加えることも大事です。

お供え物の準備

次にお供え物について見てみましょう。

お供え物に適したもの

故人が好きだったもの、例えばお酒やお菓子などをお供えすることも多いです。
また、日持ちする飲食品、例えばお茶・ジュース・コーヒー・缶詰・のり・和菓子・洋菓子などもよく選ばれます。

お供え物の表書き

表書きは「御供」や「御供物」とします。
その下に差出人の姓名を書きます。

過去帳を用意

過去帳には、ご先祖の戒名や逝去年月日が記入されています。
普段は仏壇の引き出しに中に納めて置く場合が多いですが、法要の際には仏壇の最下段右側に置いておきます

僧侶の座るところの用意

三回忌を自宅で行う場合、僧侶が座る場所を用意する必要があります。
僧侶が最初に座る場所として、部屋の中の上座で、仏壇の左右いずれかに座布団を置いておきます。
その後、僧侶は仏壇の前に移動し読経が始まります。
その場所には、普通の座布団ではなく、導師用の席として金襴や緋・紫の座布団を置いておきます。

三回忌法要の当日の流れ

仏壇

三回忌法要当日の基本的な流れを紹介します。

  • 着席して僧侶の入室を静かに待つ

    仏壇前中央に僧侶が座って読経する席があります。その後ろの席に施主が座ります。
    故人との関係が近い家族・親族が前の方に座ります。
    一般参列者は後ろの方の列に座ります。

  • 僧侶が入室する

    寺院から到着した僧侶が仏壇横などで身支度を整えます。
    施主が簡単に三回忌法要の挨拶をします。

  • 僧侶の読経と参列者の焼香

    僧侶が仏壇に向かって座り、読経が始まります。
    読経の途中で僧侶から焼香を指示されるので、施主が最初に焼香し、続けて前の席の人から順に香炉を回して焼香していきます。

  • 読経・焼香が終わると僧侶の法話

    参列者全員の焼香が終わり、香炉が僧侶のそばに戻されます。
    しばらくして読経も終わります。
    一息ついて、僧侶の法話が始まります。

  • 僧侶が退室する

    法話が終わり僧侶は退室します。
    僧侶がこの後の会食に出ない時は御布施とお車料と御膳料を渡してお見送りします。

  • 施主あいさつ

    三回忌法要が無事営まれたことを感謝し、法要の終わりとなります。
    同時に会食への案内も告げます。

3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?こちらの記事では3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介しています。
是非ご覧ください。

三回忌法要の服装

仏壇

葬儀、初七日、四十九日、一周忌までは、遺族も一般参列者も基本的に喪服を着用します。
しかし、三回忌法要からは遺族と一般参列者の服装にも違いが出てくることもあります。
参列者をお迎えする遺族側は喪服で通すことが多いのですが、一般参列者には平服で構わない旨が書かれた案内状が送られることがあります。

それに合わせて、違和感のない程度のダーク系スーツの着用も見られるようになります。
三回忌の服装について、男性女性それぞれ遺族・施主側と参列者側に分けて具体的に見ていきましょう。

男性の場合

まず、男性の場合、施主と参列者の服装の違いはどんなものでしょうか。

施主の男性の服装

遺族側は三回忌法要までは喪服が望ましく、参列者が家族だけに絞られる場合が多い七回忌法要以降はダーク系スーツでも構わないと考えるのが一般的です。

なので葬儀から三回忌までは、施主は基本的に喪服を着用します。
ワイシャツは白、ネクタイ、ベルト、靴下、靴は黒で統一します。
金色のネックレスやブレスレットなどの光るものや、蛇側バックルなど派手なものは厳禁です。

参列者の服装

参列者側は、三回忌法要からは喪服ではなく、ダークスーツでも構わないとするのが一般的です。
法要の案内状で「平服でお越しください」という旨の言葉が見られるのも、三回忌法要以降と思われます。
ただし、カジュアル過ぎるのは厳禁です。

シャツは白、ネクタイ、ベルト、靴下、靴は黒という点は施主・遺族とと同じです。
アクセサリーなどの注意点も共通と考えてください。
冬の場合、革ジャンパーなどは避けた方がよいでしょう。
コートは会場に入る前に脱ぐのが礼儀とされています。

女性の場合

次に女性の場合の施主と参列者の服装の違いを見てみましょう。

施主の女性の服装

施主が女性の場合も三回忌までは喪服がふさわしいと考えられています。
黒の長袖のスーツやワンピースで、スカート丈はひざが隠れる長さが基本です。
靴(パンプス)、ストッキング、バッグも黒で統一します。

アクセサリー類も派手なものは厳禁です。
結婚指輪や、真珠のネックレスは法要の場でも大丈夫です。

夏であっても肌の露出の多いものは失礼に当たりますので、注意したほうがよいでしょう。

また、冬の場合、コートやジャンパーなどで、毛皮や皮革のものは避けるべきです。

参列者の服装

「平服でお越しください」との案内が届くと思われますので、喪服の必要はありませんが、黒や灰色、濃紺など喪服のイメージに近いワンピース、スーツ、アンサンブルを選ぶとよいでしょう。
靴(パンプス)、ストッキング、バッグは遺族側と同じく黒で統一します。
アクセサリーや夏の肌露出の件も冬のコートなども注意すべき点は遺族側と同じです。

ただ、雪の日など厳寒期にはブーツが欠かせない場合もあります。
そんな時は会場でパンプスに履き替えるようにしたらよいでしょう。

小物類のマナー

派手な色合いやデザイン・光沢のものは避けて控えめなものを基本とすべきでしょう。

  • バッグ類

    黒い無地のフォーマルバッグを基本と考えるべきです。
    冠婚葬祭で兼用できるバッグの場合、金色の鎖などがついているものは、取り外しておくなど注意が必要です。

    女性がサブバッグを利用する場合もやはり、黒で無地のもの、大きさはA4サイズで派手でない素材のものを選びましょう。

  • アクセサリー・手袋・ハンカチなど

    法事・法要の場合、アクセサリーは基本的にはしないほうがよいでしょう。
    着用する場合は、ネックレスの場合はパールやオニキスの一連タイプにするべきです。
    ロングタイプや2連タイプのものは法要の場には不適です。

    ピアス・イアリングは、耳たぶからぶら下がっているタイプのものは避けて、地味なものを選びましょう。
    ハンカチも派手な柄物は避けて、黒か白にしましょう。

    ネイルアートを急に落とせない場合は、礼装用黒手袋を着用すれば大丈夫です。
    白手袋は葬儀社スタッフと同じになりますので、避けた方がよいでしょう。

  • 袱紗・数珠

    香典袋を包む袱紗ですが、一枚布タイプのものと袋タイプのものがあります。
    いずれにしろ、灰色系か濃紺のもの、あるいは冠婚葬祭兼用で紫色のものを選ぶとよいでしょう。

    数珠はもともとお参りするためのものですから、法要に適さないものはありません。
    宗派が違う数珠であっても略式の数珠であっても、法要などの際には特に問題ありません。

  • 黒いエプロン

    場合によっては、会食の準備のお手伝いをすることになるかもしれません。
    黒いエプロンがあれば、持参することをおすすめします。
    もし黒いエプロンがない場合は、地味な色柄のものであれば大丈夫でしょう。

子どもの場合

親と共に参列する子供の服装についても見てみましょう。

  • 中学生・高校生

    遺族側も参列者側も基本的には学校の制服が正式な礼装と考えてよいでしょう。
    制服がない場合は、黒・グレー・濃紺系のズボンやスカートや上着に、白いシャツやブラウスで大丈夫です。
    靴や靴下も派手でないもので統一します。

  • 小学生・園児

    中高生と同じように考えてよいでしょう。
    制服があればそれを礼装として着用します。
    もしなければ、白いシャツ・黒・灰色・濃紺系の服を選べば大丈夫です。
    やはり、靴や靴下も派手でないもので統一します。

  • 乳幼児

    できれば、派手でない色柄のものを選んで着せてあげるのがよいでしょう。
    ただ、故人との関係がそれほど近くない参列者の場合は、赤ちゃん同伴は避けた方がよいかもしれません。
    あるいは、赤ちゃんがぐずり始めたら、すぐに退出する旨を遺族側に伝えておいた方がよいかもしれません。

法事を自宅で行うメリット

仏壇

法事・法要を自宅で執り行うメリットとはどのようなことなのでしょうか。

気軽に経済的に行える

寺院で法要を行ったり、レストラン・料理屋に移動して会食を行う代わりに、自宅で法事・法要を行うわけです。
気軽さ・手軽さや経済性といった面で、遺族にとってかなりの負担軽減となります。
そしてその負担軽減による満足感はそのままご先祖の冥福を祈る気持ちへとつながることでしょう。

掃除をするいい機会になる

僧侶をはじめとしてお客様を迎えて行う行事に備えて、いつもより念入りに仏壇や部屋の掃除をすることになります

普段、部屋の掃除をあまりしない方にとって掃除をするいい機会になりますし、仏壇をきれいにすることによって、ご先祖様に日頃の感謝を伝えることができます。

邪気払いができる

自宅で僧侶に読経をしていただくことで、家の中に神聖な空気を運んできてもらえて邪気払いをすることができます。

自宅での三回忌法要についてまとめ

仏壇

今回「終活ねっと」では、自宅での三回忌法要について以下のことを中心に解説しました。

  • 三回忌法要は故人の逝去後満2年で行うもので、故人が極楽浄土に行ったことを仏様に感謝するための儀式である。

  • 自宅での三回忌法要には、日時の決定に始まって、案内状、お布施、引き出物、香典返し、お供え物など様々な準備が必要である。

  • 自宅での三回忌法要の流れは、特に決まりがないが僧侶の読経と参列者の焼香が中心である。

  • 三回忌法要の服装は施主は喪服、参列者は喪服に近いスーツ系が基本である。

  • 法要を自宅で行うメリットとしては、費用が抑えられて、念入りな掃除ができ、邪気払いにもなるということがあげられる。

ご先祖や大切な人の法要を行う際の参考にしていただければなによりです。
最後までお付き合いいただいてありがとうございました。

「終活ねっと」では、他にも三回忌に関する記事を多数掲載しています。
ぜひそちらもご覧になり、今後の参考にしてみて下さい。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事