戒名の付け方は?宗派ごとの戒名や自分でつける注意点について解説!

戒名の付け方は?宗派ごとの戒名や自分でつける注意点について解説!

人が亡くなると、戒名を付けなければいけません。しかし、戒名の付け方について、分からないことはたくさんありますよね。終活ねっとでは、戒名の定義だけでなく、宗派ごとの戒名の付け方のルール、戒名を付けてもらうにはどうしたら良いのかということについて解説します。

2019-12-30

戒名の付け方について

困った人々

誰かが亡くなった時、必ず付けなければならないのが戒名です。
しかし、戒名を付けるといっても、どのように付けたら良いのか分からないですよね。
自分で付けても良いものなのか、お世話になっているお寺のお坊さんに任せるのが良いのか、迷う方は多いのではないでしょうか。

今回終活ねっとでは戒名の付け方を中心に、戒名の定義から宗派ごとの戒名の違いまで解説します。
戒名の付け方について、多くの方が以下のような疑問を持っていると思います。

  • 戒名とはそもそも何?

  • 宗派ごとの戒名の付け方の法則が知りたい!

  • 戒名を付けてもらうにはどうすればいい?

  • 戒名って自分で決めても良いの?
    戒名の付け方に関する本はある?

  • 戒名にはランクがあるって本当?
    どのような位があるの?

この記事では、上記のような疑問について、1つ1つ丁寧に説明をするので、最後までお読みください。
戒名の付け方のルールを知ることで、自分で戒名を付けたい場合に役に立ちます。
また、自分たちの宗派の戒名の付け方についてさらに詳しく知るきっかけとなれば幸いです。

お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

戒名とは?

お墓

戒名とは、人が亡くなったときに、お坊さんから与えられる名前です。

仏教では出家をすると、元の名前を名乗りません
古代インドでは出家をした人は、「釈子沙門」と名乗っていました。
「釈子沙門」はお釈迦様の弟子という意味です。

中国仏教が確立された後、出家した人は本名の代わりに名前を与えられます。
これが、戒名の原形とされています。
現在のような死後に付けられる名前という意味になったのが、江戸時代に入ってからのことです。

江戸時代は檀家(だんか)制度により、全員がどこかのお寺に所属しなければいけませんでした。
また、僧侶は亡くなった信者に、戒名を与えなければならないという規則も存在しました。

宗派ごとの戒名について

仏壇

仏教にはたくさんの宗派があり、考え方や決まりが異なります。
戒名の付け方も宗派ごとに、それぞれ特徴があります。
ここでは、宗派ごとの戒名のルールについて説明します。

基本的に戒名は、先祖代々のお墓がある菩提寺に依頼をして、戒名をつけてもらいます。
お世話になっているお寺がない場合は、お寺を探して依頼をすることができるので、心配ありません。
現在では、インターネットでも戒名授与をお願いすることもできます。

浄土宗

浄土宗は、お経を唱えることを良いこととしている宗派です。
お経を唱えることで、極楽浄土へ行くことができるとされています。

浄土宗の戒名の構成は、「院号」「誉号」「戒名」「位号」の順です。

浄土宗には西山派などの分派があります。
西山派の場合は「空号」が付与され、さらに「道号」が与えられる場合もあります。

浄土真宗

浄土真宗は、人々が仏様にわざわざ助けを求めなくても、仏様は全ての人を救うという考え方の宗派です。
また、人は亡くなった後は仏になるので、あえて修行をする必要はないという考えを持っています。

浄土真宗の場合は戒名ではなく、「法名」です。

浄土真宗の法名の構成は、「院号」がつく場合は院号が最初に、次に「釋号」、「法名」と続きます。

真言宗

真言宗では、弘法大師空海によって開かれた大日如来をご本尊とする宗派です。

真言宗の戒名の構成は、最初に「院号」を置き、次に「道号」と「戒名」を付け、最後に「位号」です

また、院号の前に「ア」や「カ」の梵字を付けることも多くあります。
古代インドのサンスクリット語のことを梵字といいます。

曹洞宗

曹洞宗は、禅宗の一つとして知られています。
鎌倉時代に道元禅師が日本に伝えたと言われており、座禅を組むことそのものを重視しています。

曹洞宗の戒名は、「院号」「道号」「戒名」「位号」の順番となります。

天台宗

天台宗は最澄によって日本に伝えられた宗派で、比叡山延暦寺を総本山としています。

天台宗の戒名は、2文字や4文字、6文字から付けることができます。
しかし、通常は4文字で構成されることが多いです。

順番は、「院号」「道号」「戒名」「位号」になります。
「院号」の前に梵字が来ることがあるので、覚えておくと良いでしょう。

日蓮宗

日蓮宗は、法華経を最も大切にする宗派です。

日蓮宗では戒名ではなく、法号としています。
日蓮宗の法号は、「院号」「道号」「日号」「位号」で構成されています。

日号の中の1文字は、「日」や「妙」がつきます。
これは、日蓮宗の法名を持つという意味を持つからです。

臨済宗

臨済宗は、曹洞宗と同じく禅宗として知られる宗派です。
開祖は臨済で、「南無釈迦牟尼仏」を唱えます。

臨済宗の戒名は、「院号」「道号」「戒名」「位号」で構成されています。
また、尊称として院や院殿だけではなく、軒や庵、斎などが用いられることもあります。

戒名をつけてもらう

仏壇

戒名を付けてもらう時は、お寺に依頼をしましょう。
菩提寺がある場合は基本的に菩提寺に相談します。

お坊さんは仏教の専門家なので、依頼をすることで故人の方にふさわしい戒名をつけてもらえます。
戒名を依頼する場合は、以下のようなことを聞かれることがあるので、準備しておくのが良いでしょう。

  • 亡くなった方の今までの人生経験や性格

  • 亡くなった方の好きだった趣味

  • 亡くなった方の親兄弟との関係や友人関係

  • 亡くなった方の老後の生活

お坊さんに戒名を依頼する場合、戒名の位によって金額が異なります
戒名を付けてもらうためのお金のことを、戒名料といいます。

高い地位の戒名を付ける場合は、数十万から数百万円です。
しかし、地域やお寺によっては数万円で付けてくれることもあります。
また、戒名料が一律の場合もあるので、依頼するお寺に確認する必要があります

以下の記事では、戒名のランクについて詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひこちらもご覧ください。

自分で戒名を付ける場合の付け方

困った人々

ここまで、戒名を付けるのは、お坊さんの仕事であることをお伝えしてきました。
しかし、どうしても自分で戒名を付けたい場合はどうしたら良いのでしょうか?
ここでは、自分で戒名を付ける場合について説明します。

菩提寺に相談

自分で戒名を付けたい場合は、最初に菩薩寺に相談をしましょう
これは、基本的に戒名はお坊さんが付けるものだからです。

戒名とは、生きている時に一生懸命仏教を信仰し、そのお寺に尽くした故人が、仏様の説いた道に入った証として与えられるものです。
このことから、戒名は自分で勝手に付けてしまうのではなく、お世話になっているお寺に尋ねましょう。

本で調べる

自分で戒名を付ける場合は、本を使って調べてみましょう。
最近では、戒名の付け方に関する本がたくさん出版されています。

戒名を付ける際は、以下の点に注意をして戒名を考えると良いでしょう。

  • 四字熟語は使用できない。

  • 日常生活で使う単語は使用不可。

  • マイナスな印象を与える名前は戒名に適さない。

  • 歴史上の人物など世間一般に知られている名前や有名な僧侶の名前、神様の名前は戒名にふさわしくない。

  • 宗派名は使用できない。

戒名は、その名前にどのような意味が込められているのかということが大切です。
そのため、特に意味のない戒名を付けることは、避けましょう。

また、個性的過ぎる戒名も避けた方が良いです。
戒名が珍しいものだと、お寺に納骨を断られてしまう可能性もあります

戒名の位はどのように変わるの?

仏壇

戒名にはランクがあるのをご存知でしょうか?
ここでは、戒名の位についてお伝えします。

さらに、戒名の位について、気を付けたいことがあります。
先にお墓に入っている故人の戒名の位と、後からお墓に入る故人の戒名の位は揃えた方が良いです。
先にお墓に入っている故人の戒名の位よりも高いと、失礼にあたるからです。
故人の戒名の位を確認をしてみましょう。

貢献度合いや地位

仏教を深く信仰していて、お寺への貢献度が高い場合には「院号」を付けます
「院号」は気軽に付けられるわけではなく、特別な場合にのみ、「院号」を使います。

しかしながら、最近ではお寺への貢献度は、あまり関係ありません
遺族が故人に対して、尊敬の気持ちを表す際に「院号」を使います。

性別や年齢

性別によっても、戒名のランクは異なってきます。

男性 信士 居士 院信士 院居士
女性 信女 大姉 院信女 院大姉

右に行くほど、「位号」は高くなります。

さらに、年齢によっても戒名は異なります。

〜3歳 嬰子 嬰女
〜5歳 孩子
〜15歳 童子 童女

以上紹介したように、性別や年齢によっても戒名は異なります・

戒名の付け方についてまとめ

仏壇

終活ねっとでは、戒名の付け方について解説しました。
今回説明したことについて、以下にまとめたのでもう一度確認をしてみましょう。

  • 戒名とは、人が亡くなったときに、お坊さんから与えられる名前である。
    江戸時代に現在の戒名と同じ意味となった。

  • 宗派によって戒名の付け方のルールや戒名に使う文字数が異なる。
    また、宗派によってはサンスクリット語を付ける場合がある。

  • 戒名を付ける場合は、基本的にお坊さんに依頼するのが良い。

  • 自分で戒名を付けたいときは、まず菩薩寺に相談するのが良い。
    また、戒名にふさわしくない言葉があるため、注意をする必要がある。

  • 戒名を付けるには、戒名の付け方に関する本を読んでみると参考になる。

  • 戒名のランクはお寺への貢献度や地位、性別、年齢によって異なる。

戒名の付け方のルールは、宗派によってさまざまであることが分かりましたね。
最近では、生きている間に戒名を付けたいという方も増えています。
ここで説明したことを参考にして、戒名を依頼してみてはいかがでしょうか。

終活ねっとでは、終活に関する様々な情報を発信しています。

以下の記事では、お墓に戒名彫刻する際の流れと費用について、分かりやすく解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「戒名・付け方」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像 4
    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みを詳しく知っている方は多くはないのではないでしょうか。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事

お坊さんの手配に関する
ご相談はこちら

person

法事・法要にお坊さんを手配

お坊さん
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料