三回忌は家族のみで行える?家族のみの場合の香典や服装なども解説!

三回忌は家族のみで行える?家族のみの場合の香典や服装なども解説!

三回忌法要をこじんまりとした形でご供養する家族のみの三回忌に、今注目が集まっています。今回は家族のみで行う三回忌について詳しく解説いたします。少人数での三回忌でかかる費用や参列する際の服装など家族のみでの三回忌のマナーがひと通りわかる内容です。

最終更新日: 2020年09月09日

家族のみの三回忌について

葬儀

三回忌は故人を偲び、さらなるご供養を祈る法要です。

家族葬や直葬などシンプルな葬送の方法に注目が集まる現在、三回忌の法要もシンプルに行いたいと考える方が増えています。
かつては親族一同や友人知人といった方々を招いて行っていた三回忌を、家族のみで静かに行いたいという考えです。

そこで今回の「終活ねっと」では、三回忌法要を家族のみで行う場合について解説いたします。
今回の記事は次の項目に沿ってご説明いたします。

  • 三回忌とは

  • 家族のみで行う三回忌について

  • 家族のみの三回忌で香典は必要?

  • 香典袋の書き方

  • 家族のみの三回忌の費用

  • 三回忌のお布施のマナー

  • 家族のみの三回忌の服装

シンプル志向の時代に合わせて、家族だけで行う三回忌はひとつの選択肢になりつつあります。
今回の記事は三回忌法要を検討するにあたってお役に立てる内容です。
少し長い記事ですが、ぜひ最後までお読みいただければと思います。

「終活ねっと」では僧侶手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

三回忌の基礎知識を知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

三回忌(3回忌)とは

葬儀

三回忌は追善供養のひとつで、亡くなってから丸2年がたった命日に行います。
追善供養とは、故人の代わりに生きている者が善行を積むことで故人が極楽浄土に行けるようにするご供養です。
普段のお墓参りや毎日お仏壇にお線香を備えることも立派な追善供養です。
また初七日と四十九日の法要のほかに命日ごとに行う年忌法要も追善供養のひとつです。

年忌法要では亡くなった日を1回目の年忌法要と数えます。
三回忌は亡くなった日から丸2年後の命日ということになります。

ちなみに年忌法要は、一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌と続き、最後は五十回忌が区切りです。

3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?こちらの記事では3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介しています。
是非ご覧ください。

家族のみの三回忌について

葬儀

三回忌法要は宗派や地域によっても多少異なりますが、お坊さんの読経・参列者の焼香・法話・施主の挨拶が共通の流れです。
多くの場合は法要の後に参列者全員で会食を行います。

では、こうした三回忌の法要を家族のみで行うことはできるでしょうか。
ここでは家族のみのシンプルな三回忌についてご説明していきます。

家族のみで三回忌を行ってもいいの?

三回忌は一周忌の次に行う追善の法要です。
そのためかつての三回忌法要は、一周忌に参列した方全員を招いて行うのが一般的でした。

しかし少子化や高齢化などの影響もあって、参列する方の負担を減らしたいという考えや親族の人数が少ないというケースが出てきました。
そこで、家族だけでこじんまりとした法要を行いたいとする声があがるようになりました。

三回忌の法要は親族全員や一周忌に参列した方全員を呼ぶ決まりは特にありません。
法要を取りしきる施主の考えによって、家族のみでの三回忌も行うことができます

なお、忘れずにしておきたいのが法要に参列しない親族への丁寧な説明です。
年配の方を中心に三回忌までは親族を読んで行うとする考えがあります。
三回忌に呼ばれずに疑問に思う親族もいるかもしれません。
家族のみで三回忌の法要を行う場合は、参列しない親族の方にその旨を理解してもらうことが必要です。

家族のみの三回忌の準備

家族だけでの三回忌を行うかどうかは、施主の方を中心にした遺族の話し合いで決めることが大切です。
遺族の意見がそろって家族だけでの三回忌を行うことを決めた場合、次のような流れで準備を行います。

日程を決める

三回忌の法要は亡くなってから丸2年後の命日に行うのが基本です。
命日が平日にあたり土日の方が家族が参列しやすい場合は、命日に直前の土曜または日曜に三回忌を行います。
日程は施主に決定権がありますが、家族のみの三回忌の場合少人数なため参列者全員の都合を調整しやすいメリットがあります。

施主は日程を決めたら三回忌を行う場所も決定します。
三回忌はお寺や葬祭ホールなどで行うのが一般的ですが、家族のみで行う場合たとえば自宅でも法要が可能です。

料理の手配

日程と法要の場所を決めたら、次は会食の手配を進めます。
通常の三回忌では法要の後に葬祭ホールや料理店の広間を借りることが多いですが、家族のみの場合、会食の場所を自宅として料理だけを手配することも可能です。

三回忌法要の会食の料理は特にしきたりはありません。
一人分ずつの仕出し料理やお寿司、レストランのコース料理など家族の好みのものを選ぶとよいでしょう。

なお、地域によっては法要の後の会食をお斎(おとき)と呼びます。

菩提寺・寺院へ連絡

三回忌法要ではお坊さんに読経と説話をしてもらいます。
菩提寺がある場合は、法要の日にちを決めたらすぐにお寺に連絡してお坊さんの予定を押さえます。
その際、三回忌を行う場所と会食の案内も同時に行います。

年忌法要では、お坊さんも一緒に食事をするのがしきたりです。
家族のみの法要においても、食事の席ではお坊さんが最も上座に着席します。

案内状・挨拶状

三回忌法要の日時と場所が決まったら、施主から参列者全員に案内状・挨拶状を送るのがしきたりです。
案内状には返信用のはがきを同封して、参列者一人ずつから出欠の回答をもらいます。
家族のみで三回忌を行う場合は、案内状に家族のみで行うことを必ず書くようにしましょう。

案内状・挨拶状の具体的な例文は次のとおりです。

謹啓 〇〇の候 皆様にはご健勝のことと存じあげます
このたび亡父〇〇の三回忌にあたりますので 下記のとおり法要を相営みたく存じます
身内ばかりのつましい法事でまことに恐れいりますが ご参会賜りますようご案内申し上げます

なお、施主を入れて2人または3人というように家族の人数が少ない場合、書面での案内状を省いて口頭のみで伝えることができます。
その場合電話または対面で参列する本人に三回忌の日時と場所を話し、出欠の確認をその場でもらうようにしましょう。

お布施の用意

三回忌法要では来ていただいたお坊さんにお布施としてお礼を渡します。
施主の方は一連の手配を済ませたら、お布施の金額や渡し方を調べておきます。

家族のみの三回忌の流れ

家族のみの少人数で行う三回忌法要も、流れとしては通常の三回忌と同じです。
宗派や地域による多少の違いはありますが、全国で共通する三回忌当日の流れは次のとおりです。

  • 参列者全員が着席してお坊さんの入場を迎える

  • 施主が開式の挨拶をする
    「本日はご参列いただきありがとうございます。これより故〇〇〇〇の三回忌法要を執り行います。」身内だけの法要なので簡単な挨拶でよい

  • お坊さんが読経をする
    読経の間に参列者が焼香をする

  • お坊さんの法話を聞く

  • 法話を終えたお坊さんが退場する

  • 施主が閉式の挨拶をする
    「本日はありがとうございました。おかげさまで故〇〇〇〇も喜んでいると思います。心ばかりですが本日はお膳を用意しました。どうぞ用意した会場へお移りください。」

所要時間としては読経が約15分、説話が約5分が目安です。

法要を終えた後は手配しておいた食事の会場に移ります。
家族のみの三回忌では参列者の人数が少ないため、会場の移動が素早く済みます。
また食事の会場を変えずに、法要と食事の両方を自宅で行うことも珍しくありません。

家族のみの三回忌で香典は必要?

葬儀

通常の三回忌法要に参列する際はご香典を持参します。
では家族のみの三回忌の場合、香典の用意は必要でしょうか。

ご香典がいるかどうかは、参列する方の故人との関係によって決まります。
ここでは詳しい香典の事情を見ていきましょう。

施主が扶養している家族なら香典は不要

施主に扶養されている未成年、または成年でも学生といった扶養されている場合、ご香典を用意する必要はありません
その家の子供の立場として三回忌の法要に出席します。

また、ご自身が施主を務める場合も当然ながらご香典はいりません。

香典を用意する場合

一方でご香典を用意する必要があるのは、ご自身が成人であって次の場合です。
ご香典は故人に対するご供養の気持ちです。
身内だからといってなあなあにせず、マナーを守ってご香典を持参するようにします。

故人が親・兄弟

一般に、ご香典は故人との関係が近しい場合ほど高額のお金を包むのがしきたりです。

三回忌に参列する本人に対して親は1親等、兄弟は2親等となります。
いずれも最も近い関係として、故人が親の場合で1万円~5万円、故人が兄弟の場合で1万円~3万円が相場です。

相場の額に幅があるのは、ご香典の額は持参する方の年齢や社会的な立場によって決まるためです。
社会人になって年数が浅い20代の方と社会的な地位のある50代の方では、ご香典の額に違いが生じます。

またご自身が結婚している場合、家族で行う三回忌に夫婦そろって参列する形となります。
その場合のご香典は、自分一人で参列するときより多い金額を包むのがマナーです。
夫婦2人の参列で、たとえば故人が親の場合は3万円~8万円、故人が兄弟の場合で2万円~8万円が相場です。

故人が祖父・祖母

では故人が祖父母で、ご自身が孫の立場のときはどうでしょうか。

三回忌に参列する本人に対して祖父母は2親等になります。
ご香典の額は1万円~3万円が相場です。

また夫婦そろって参列する場合は、3万円~5万円が相場です。
夫婦2人の食事の費用を考慮して、一人で参列するときより多い金額を包みます。

三回忌の香典袋の書き方

葬儀

家族のみの身内で行う三回忌においても、ご香典は正しいマナーに沿って包む必要があります。
ここでは参列者が三回忌で用意する香典袋の書き方に注目してご説明していきます。

香典袋の選び方と水引

三回忌で使う香典袋は、包む金額に合わせてサイズとデザインを選びます。
1万円~5万円といった金額を包む場合は、実物の水引と中袋が付いた標準的な香典袋が最適です。

水引は白黒・白銀・双銀・黄白の組み合わせのいずれかで、結び切りのものを選びます。
関西地方では黄白の水引がよく使われています。

なお香典袋の売り場には、大判の豪華なデザインの袋もあります。
こうした厚みのある高級和紙と豪華な水引を使った香典袋は、5万円~10万円といった高額なご香典に適しています。

表書きの書き方

香典袋の表書きは宗教によって異なります。
三回忌に参列する方は、故人が亡くなった当時に必ず葬儀にも参列しています。
宗教宗派の間違いは許されないので気をつけましょう。

仏式の場合

仏教では忌明けとなる四十九日の法要の後は、故人が仏様になるとされています。
三回忌法要での表書きは「御仏前」と書くのがマナーです。
もし「御霊前」とした場合はマナー違反となります。

「御仏前」の下段には名前をフルネームで書き入れます。
家族のみの三回忌の場合、名字だけでは誰からのご香典かわからなくなります。
必ず下の名前も書くのがポイントです。

神式の場合

神式の葬儀においては、年忌法要のことを式年祭と呼びます。
一周忌は一年祭、三回忌は三年祭となります。

神式の場合香典袋の表書きは「御玉串料」と書きます。
下段にはフルネームで名前を書き入れます。

なお神式では、無地の香典袋を使うこと、水引は黒白または双銀を選ぶのが正しいマナーです。

キリスト教式の場合

キリスト教式の葬儀では三回忌のような年忌法要はありませんが、代わりに追悼ミサを開くケースがあります。
三回忌の代わりの追悼ミサには、プロテスタントでは「御花料」、カトリックでは「御ミサ料」と書いた香典袋を持って行きます。

なおキリスト教式での香典袋は、無地またはユリの花や十字架が書かれたものを使います。
水引は神式と同様に黒白または双銀を選ぶのが正しいマナーです。

中袋の書き方

香典袋には中包みとも呼ばれる中袋が入っています。
中袋には住所・氏名・金額を書いてから現金を入れます。

基本的に中袋の表面にご香典の金額、裏の左下に住所・氏名を書くのがマナーです。

中袋は外側の香典袋より一回り小さく、毛筆が使いにくいことがあります。
そのため必ずしも筆書きでなくても、たとえばサインペンやボールペンで中袋に記入してもマナー違反にはなりません。

書くときの墨の濃さは?

お通夜・葬儀での香典袋は薄い墨で書くのがしきたりでした。
しかし、三回忌の法要では薄い墨は使わずに濃い墨で書くようにします。

これは、突然のご不幸に見舞われたお通夜・葬儀と違って、三回忌は前もって日にちが決められた追善法要であるためです。
普通の濃さの墨で「御仏前」と書くようにしましょう。

なお、市販の香典袋であらかじめ薄い色で「御仏前」と印刷されている場合は、三回忌の場面でもそのまま薄い墨色の表書きで問題ありません。

家族のみの三回忌の費用

葬儀

家族のみで三回忌を行う場合も基本的には通常の三回忌と同じ費用がかかります。
参列者の人数で変わる金額は、法要後の会食の料理代です。

ここでは三回忌の費用として、主な内訳をご説明していきます。

お布施

三回忌法要のお布施は、1万円~5万円が相場です。
同じ宗派であっても、地域やお寺によってお布施の金額が変わってきます。

もしお布施の額がわからない場合は、菩提寺のお坊さんに直接尋ねても失礼にはあたりません。
お坊さんには聞きにくいという方は、同じお寺の檀家の方などに尋ねると良いでしょう。

お坊さん手配サービスならお布施が明確!

僧侶や寺院関係への支払いは、不明瞭で高額になりがちですが、僧侶手配サービスなら、お布施が定額でいくらお渡しすればよいのかと悩む必要がありません。
僧侶手配サービスでのお布施の金額は、4万5千円前後が目安となっています。

おすすめは[僧侶サービス名称]

「終活ねっと」では、お坊さん手配サービスを運営しています。
全国どこでも対応してもらえるうえ、いつでもネット経由で依頼することができます。
僧籍の確認を徹底しているところも安心できるところです。
法事・法要の読経で4万5千円からという金額相場の安さもおすすめできるポイントといえるでしょう。

終活ねっとのお坊さんを利用したいという方はこちらをご覧ください。

御車代・御膳代

御車代(おくるま代)はお寺ではない場所、たとえば自宅などで三回忌法要を行う場合にお坊さんに渡すもので、自宅まで来ていただいた交通費にあたります。
5千円~1万円が御車代の目安ですが、施主または遺族の方がお坊さんを送り迎えした場合は御車代を渡す必要はありません。

また、三回忌での御膳代とは、お坊さんが法要後の会食を辞退されたときに渡す食事代のことです。
御膳代の金額は、レストランでのコース料理・仕出し料理などメニューを問わず5千円~1万円が目安となっています。
御車代と同じように、お坊さんが会食に参加する場合には御膳代を渡す必要はありません。

食事の料理代

三回忌での食事は、和洋のメニューを問わず参列者に一人ずつ用意するのがしきたりです。
したがって参列者の人数が少ない場合は料理代が安く済むことになります。

一人分の料理代の目安は、お酒やジュースなどの飲み物も含めて5千円~1万円が目安です。
ホテルや料理店などを借りる場合、このほかに個室代として数千円~1万円がかかります
たとえば家族のみの7名で食事をした場合、5万円ほどがかかると見ておくとよいでしょう。

三回忌のお布施のマナー

葬儀

家族のみの三回忌であっても、お坊さんにお布施を渡すときはマナーを守る必要があります。
ここでは三回忌でのお布施の渡し方をご説明していきます。

お布施の表書き

お布施の表書きにはそのまま「御布施」と書きます。
もちろん市販されているお布施袋を使うこともできます。

お布施の金額によって、水引はあってもなくてもどちらでもOKです。
高額なお布施の場合は水引きがついた袋を使う方がよいでしょう。

家族のみの三回忌では、白い封筒に「御布施」と書いて使うと金額とのバランスが取れます。
「御布施」の下段には〇〇家または施主のフルネームを書き入れます。
袋の裏面には住所・施主の氏名・電話番号・金額を書いておくと丁寧です。

書くときの墨の濃さは?

三回忌で渡すお布施は、薄い墨を使う必要はありません。
普通の濃い墨を使って筆書きします。
濃い墨の筆ペンを使うこともできます。

また、三回忌は葬儀と異なり事前に予定されているためお布施に入れるお札は新札を使うのが正しいマナーです。

渡すタイミングについて

三回忌法要でのお布施は、法要を終えたときにお坊さんに渡します。
渡す際はお布施を袱紗に包んで、さらにお盆に乗せて運びます

お坊さんの前で袱紗から取り出し、表を上にして手渡します。
お布施と別に御車代や御料理代を渡す場合、お布施の袋と合わせて袱紗に包んで渡すのがマナーです。

家族のみの三回忌の服装

葬儀

通常の三回忌では、遺族側・参列者側ともに喪服を着用します。
では家族のみの三回忌ではどのような服装でしょうか。

基本は喪服を着用する

家族のみの三回忌においても喪服を着るのが原則です。
喪服は法要の場におけるフォーマルウェアです。
誰に対しても失礼のない服装という意味でも、男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルを着るのが最適と言えます。

家族のみの場合は平服でも問題ない

もし3名以下といったごく少人数の三回忌の場合、喪服ではなく平服を着て参列してもマナー違反にはなりません
ただし平服は落ち着いた地味な色であることが大原則です。
男性の場合黒やグレーなどのビジネススーツ、女性の場合黒・紺・グレーなどのワンピースなどが向いています。

手持ちの服が平服にふさわしいかどうか自信がない場合は、喪服で参列するのが無難です。

家族のみの三回忌についてまとめ

葬儀

三回忌の法要を家族のみで行うケースについてご説明してきました。
いかがでしたでしょうか。

今回、「終活ねっと」では家族のみの三回忌について、以下のことを解説しました。

  • 三回忌は命日から2年後に行う追善法要である。

  • 家族のみで三回忌法要を行ってもよい。その場合の準備は通常の三回忌と同じで次のとおり、日程と場所を決める・料理の手配・お寺への連絡・案内状の発送と連絡・お布施の準備。
    家族のみの三回忌は読経・焼香・説話の流れで行う。

  • 家族のみの三回忌ではご自身の立場によって香典の要不要が変わる。施主に扶養されている場合は香典は不要、自身が成人で故人が親・兄弟・祖父母の場合は香典は必要である。

  • 香典袋の表書きは普通の墨で御仏前と書く、水引は黒白・双銀などで結び切り。中袋には住所・氏名・金額を書く。

  • 三回忌法要の費用の相場は、お布施に1万円から5万円、御車代・御膳代に5千円から1万円、料理代は一人あたり5千円から1万円である。

  • 三回忌法要でのお布施の表書きは御布施、普通の墨で書くのがマナーである。法要を終わった後にお坊さんに袱紗で包んでお盆で渡す。

  • 家族のみの三回忌でも原則は喪服を着用する。

シンプル志向の流れを受けて、現在は一周忌や三回忌などの年忌法要もシンプルに行う方が増えています。
今回の記事が皆様の終活のお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「終活ねっと」では、法事に関する記事を他にも数多く掲載しています。
ぜひ他の記事もご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事