四十九日法要は前倒し可能?遅らせる場合や香典も解説します!

四十九日法要は前倒し可能?遅らせる場合や香典も解説します!

故人の命日から四十九日目に法要を行うことは、ご存知の方が多いでしょう。この四十九日法要の日程を決める際、四十九日よりも前倒しで法要を行うことは可能なのでしょうか?今回はこの四十九日法要の前倒しについて、また遅らせる場合に考慮すべき点などを紹介します。

2019-07-19

四十九日法要の前倒しについて

仏壇

故人が亡くなると、よく耳にするのが「法要」という言葉です。
法要とは、仏教において故人の冥福を祈り供養するための儀式です。

故人が亡くなった日(命日)から数えて四十九日目の法要を四十九日法要と言います。
本来であれば、命日からちょうど四十九日目にあたる日に法要を行うべきところですが、実際には日をずらして四十九日法要を行うケースも多いようです。

四十九日目に法要を行うことができない場合、四十九日法要を前倒しで行うことは可能なのでしょうか?
今回終活ねっとでは、四十九日法要の前倒しについて詳しく紹介します。

  • 四十九日法要とは?

  • 四十九日法要の前倒しは可能なの?

  • 四十九日法要はいつやるべき?

以上の項目に沿って話を進めていきます。

四十九日法要の前倒しは可能かどうかだけではなく、四十九日法要の意味やいつ行うべきなのかなどについても詳しく紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとではお坊さん手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

また四十九日法要について詳しく知りたいという方は、下記の記事を参照してください。

四十九日法要とは?

葬儀

故人が亡くなった日(命日)から数えて7日ごとを忌日と言い、忌日に執り行われる法要のことを忌日法要と言います。

四十九日法要はこの忌日法要の一つであり、ご遺族や親戚・友人・知人などが集まって盛大に執り行われます

四十九日法要の流れ

四十九日法要当日は、主に次のような流れとなります。

  • 僧侶による読経・焼香。

  • お墓に移動し、納骨式。

  • 会食会場へ移動し会食。施主から参列者への挨拶。

四十九日法要の流れや所要時間についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

四十九日法要の意味

そもそも四十九日法要にはどのような意味があるのでしょうか?

仏教において、四十九日は故人の魂の行き先が決定する時期と言われています。
仏教では、

  • 地獄(道)

  • 饑餓(道)

  • 畜生(道)

  • 修羅(道)

  • 人(道)

  • 天(道)

という六つの世界があり、これらは六道輪廻(ろくどうりんね)の世界と呼ばれています。
冥土の裁判官の一人とされる泰山王(たいせんおう)により、この六つの世界の中で故人の魂の行き先が決まる日と言われているのが四十九日とされています。

このように、四十九日は故人の魂の行き先が決まる重要な日とされ、法要を行い供養する日と言われています。

四十九日法要の前倒しは可能?

葬儀

四十九日法要は、本来命日から数えて四十九日目に行う法要です。
しかしながら、仕事や学校のある平日に皆が集まることは難しいため、日にちをずらして土日に行うケースが多いようです。

四十九日法要の日程を決める場合、前倒しで日程を組むことは可能なのでしょうか?

年末年始になる場合

四十九日が年末年始の時期にあたる場合、一般的には四十九日法要の日程をずらします
多いケースでは、三十五日に前倒しで法要を執り行う場合が多いようです。

「なぜ三十五日なのでしょう?」
三十五日目は五七日(いつなのか)と言われ、閻魔大王が故人の生前の罪状を調べる日と言われています。
そのためこの五七日は、故人の魂の行き先を決めるにあたって重要な日とされています。
そのため、四十九日が年末年始の時期にあたる場合には、前倒しで三十五日目の五七日に法要が執り行われるケースが多いようです。

前倒した際の香典返しは?

香典返しとは、四十九日の法要が無事に終了したことを報告するという意味があり、その報告を兼ねて贈るお礼のことを言います。
一般的には香典を頂戴した方に対して、無事に四十九日の法要が終了したお礼として贈ります。

香典返しを贈る時期としては、一般的には四十九日(忌明け)から一か月以内と言われていますが、四十九日法要を前倒しで執り行った場合には、香典返しはどのようにすれば良いのでしょうか?

最近では、葬儀当日に香典返しをお渡しするケースも増えており、前倒しで四十九日法要を執り行う場合にも法要当日に香典返しをお渡しすることが多いようです。

一般的に典返しを贈る場合、頂戴した香典の半額程度の予算で香典返しを準備します。
しかしながら葬儀や法事の当日に香典返しをお渡しする場合には、頂戴した香典の金額にかかわらず一律の香典返しをお渡しします。
高額の香典を頂戴した場合であれば、後日改めて頂戴した香典の金額に見合った香典返しを贈るようにします。

また香典返しについては地域やご家庭などにより慣習が異なるため、どのようにすれば良いのか近所の方や親戚などに相談すると安心です。

四十九日の香典返しについてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

四十九日法要はいつやるべきか

仏壇

前に述べたように、四十九日法要を前倒しで行うことは問題がありません。
それでは、実際に四十九日法要の日時を決定する際に、気をつけなければならないことはあるのでしょうか?

四十九日法要を行うにあたり考慮すべき点について紹介します。

後にずらすことは基本しない

基本的には、四十九日法要に限らずに、一周忌や三周忌といった法要を後にずらすことはしません。
当日に法要を執り行うことが理想ですが、参列者の都合を考慮すると法要の日程を土曜・日曜にずらすケースが多いです。
法要の日程を土曜・日曜にずらす場合であっても、基本的には直前の土曜・日曜にずらすケースがほとんどです。
日程を繰り上げることは問題ないが、後にずらすことは避けるべきと言われています。

どうしても過ぎてしまう場合

先程も述べたように、基本的には四十九日法要の日程を後にずらすことはしません。
しかしながら、不慮の事故や天候などによりやむを得ず法要を延期しなければならない状況になった場合には、読経を依頼しているお坊さんに相談することをおすすめします。
菩提寺がある場合には、まずそのお寺のご住職に相談しましょう。

三月またぎは避けるべき

三月またぎとは、故人の命日から四十九日法要までの期間が三か月にまたがることを言います。
地域やお寺によっては、この三月またぎは縁起の悪いものとして避けた方が良いという考え方もあります。

最近ではあまり気にされない方も多いようですが、中には気にされる方もいらっしゃるので、もし心配であれば僧侶に日程の相談をし確認するようにしましょう。

四十九日法要は午前?午後?

四十九日法要を執り行う際、午前か午後のどちらに行えばいのでしょうか?

結論から言えば、法要を行う時間帯に決まりはありません
そのため、午前・午後のどちらに法要を行っても特に問題はありません。

地域によっては午前の方が良いという考え方もあるようですが、実際にはお寺やお坊さんの都合によるところも多いようです。

法要後に会食を予定する場合であれば、会食の時間に合わせ午前中に法要を希望する方が多いでしょう。
また特に土日で法要を希望する場合には、日によって希望の時間帯が空いていないケースも多くあります。
希望の日時で法要を行いたい場合であれば、なるべく早めに日程を決定することをおすすめします。

四十九日法要の前倒しについてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、四十九日法要の前倒しについて紹介をしてきました。
いかがでしたでしょうか?
今回の記事をまとめると次のようになります。

  • 四十九日法要とは、故人が亡くなった日(命日)から数えて四十九日目に行う法要である。

  • 四十九日が年末年始にあたる場合には、命日から数えて三十五日目にあたる五七日(いつなのか)に前倒しして法要を行うケースが多い。

  • 最近では、四十九日法要を前倒しで行った場合、法要当日に香典返しをお渡しするケースが多い。

  • 四十九日法要に限らず、一般的に法要の日を後にずらすことはしない。

  • 故人の命日から四十九日法要までの期間が三ヶ月またぐことを三月またぎと言い、縁起が悪いとされることから避けるべきと言われている。

  • 四十九日法要は、午前・午後のどちらに行っても問題はない。

大切な家族が亡くなり悲しみの中、お通夜や葬儀、参列者への挨拶と、ご遺族の方の心労は察するに余りあります。
心身ともに落ち着かない状態が続く中、四十九日法要を日常生活に戻る一つの区切りとされる方は多いようです。

四十九日は、故人の魂の行き先が決まる大切な日です。
残されたご遺族の方がこれから前を向いて進んでいくためにも、四十九日法要はとても重要な役割を担っていると言えます。
そういったことも、大切な四十九日法要を後にずらすことは良しとしない理由の一つなのではないでしょうか?

終活ねっとでは四十九日に関する記事を他にもたくさん掲載していますので、ぜひご覧ください。
最後までお読み頂きありがとうございました。

「四十九日・前倒し」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事

お坊さんの手配に関する
ご相談はこちら

person

四十九日にお坊さんを手配

お坊さん
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料