真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?

真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?

真言宗・高野山といえば、弘法大師空海で有名なお山です。平安時代に、時を同じくして「比叡山の最澄」と当時の中国の唐の時代に海を渡り、僅かな年月で「真言密教」の全てのお経を持ち帰ったとされる天才僧の空海。その空海が持ち帰ったとされる真言宗のお経とは?

最終更新日: 2020年01月28日

真言宗を開いた空海は、幼名を真魚という

真言宗の開祖、弘法大師空海は讃岐、現在の香川県に生まれ、幼名を真魚と呼ばれていました。
後に高野山を開き真言宗を開いた空海は、幼き頃より天才だったようです。
空海は7歳に時に仏法を持って一切衆生を救うため、釈迦に対し大誓願を立て釈迦の力を試したのです。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

今回「終活ねっと」では、真言宗のお経について以下の点を中心にして解説します。

  • 真言宗を開いた空海とは?
  • 空海の生涯
  • 真言宗に用いるお経の数々

真言宗のお経について詳しく解説しています。
ぜひ最後までご覧ください。

七歳で捨身業を行った真言宗の空海は天才

「我が身を投げ捨てた空海の体をたちまち紫雲がわき白光と共に釈迦が現れ、そして羽衣をまとった天女が降りてきて幼き空海を抱きとめた」という伝承が残っています。
これなども空海の神秘体験の一つされています。

真言宗の空海は四国の讃岐の生まれです

現在でも不可能と思われる、偉大な知識と能力を生まれ持った天才の空海は、四国の讃岐に生まれました。
その空海が31歳で唐に渡り、わずか2年で金剛乗の最高位に登り、数々のお経本を持ち帰ることとなるのです。
唐に渡る前は単なる私度僧に過ぎませんでした。

真言宗のお経は空海が2年足らずで会得

平安時代に私度僧として唐に渡り、同時に渡った比叡山の最澄が国のお金を使って法華経を日本に持ち込んだのに対し、自分の能力のみで密教の大勢の弟子達を追い抜いて恵菓和尚から、金剛界と大蔵界の両部を授けられる。
密教の全てを根こそぎ日本に持ち帰りました。

空海の故郷は善通寺?多度津町?

真言宗の開祖、空海は讃岐で生まれました、生まれた場所について諸説あり、善通寺であるという説と、少し離れた場所にある多度津が空海の生まれた場所とする説もあります。

真言宗の空海は、室戸岬の窟で神秘体験!

真言密教の祖・空海は唐に渡る前に四国で「虚空蔵求聞持法」で神秘体験を経験します。
それは、早朝、東方に向かい「虚空蔵求聞持法」を修する空海のもとへ、彼方にきらめく開けの明星がみるみる近づき、空海の口に中に入っていったのです。
開けの明星こそ虚空蔵菩薩です。

空海は唐に渡る前に、大日経に出会った

真言宗に空海は唐に渡る1年ほど前に、奈良大和の久米寺の東塔のもとで、大日経というお経を感得しています。
この大日経は奈良時代の「遣唐使」あたりが持ち込んだものとされており、すでに日本にいる時に密教の教えに触れたものと思われます。
その後唐に渡ります。

空海には7年間の空白の期間が存在する

真言宗の空海は24歳で「山教指帰」を表した後、31歳で唐に渡り、数々のお経を日本に持ち帰りましたが、この空白の7年間の行動が不明です。
ただ唐から帰国して後に、京の神護寺や東寺そして高野山を何度も行き来したり、また故郷の讃岐の満濃池の修築に関わってます。

真言宗の空海、不空三蔵の弟子恵果と出会う

人々

唐に渡った空海は、ここで密教の奥義を恵果和尚より伝授されます。
その空海が日本へと持ち帰ったお経は、新訳のものが142部247巻、梵字真言讃が42部44巻、お経の色々な理論を書いた論書、注釈書など32部170巻。
曼荼羅が10鋪、密教の法具9種類等々沢山あります。

真言宗の用いるお経の数々

真言宗では沢山のお経がありますが、割とわかりやすく、とりかかり安いお経としては般若心経というお経と、延命十句観音経、舎利経、観音経、開経偈、懺悔文、三帰、三竟、十善戒などのお経があります。
中でも般若心経や観音経は親しみのあるお経です。
舎利経はリズミカルです。

代表的な「仏説摩訶般若波羅蜜多心経」

摩訶般若波羅蜜多心経というお経は、一般的にいう般若心経の事で、大乗仏教の空・般若思想を説いた経典で、大般若経の一部とされており、わずか300文字足らずの中に、大乗仏教に真髄が説かれているとされています。
真言宗のみならず複数の宗派において用いられています。

真言宗でも用いる観音経

妙法蓮華経観世音菩薩品第25、即ち観音経と言われているお経です。
この経では観音菩薩の功徳力についてお話をしています。
「衆生困厄を被って、無量の苦身を逼めんに、観音妙智の力、能く世間の苦を救う」と続くこのお経は不思議な力を与えてくれます。

開経偈・懺悔文・三帰・三竟・十善戒

開経偈・懺悔文・三帰・三竟・十善戒これらのお経も真言宗のみならず、多の宗派でも使われることが多いお経文で、それぞれ短いお経ですので、日常にお唱えするのも難しくは無いでしょう。

延命十句観音経・舎利経など

この舎利経というお経は、禅宗でも法事などの時によく用いられるお経で、一般にわかりやすいお経となってます。
禅宗などでは舎利礼文と言っているお経で「一身頂礼 万得円満」と続く、割とテンポの良いお経もんです。
リズミカルの唱えることが楽しくなるお経です。

真言宗のお経に関するまとめ

いかがでしたか?
真言宗についてというより、空海という大天才について色々調べて見ました。
とてもではありませんが、簡単に文章にすることが叶わぬ大人物です。
これだけの膨大な数の経典を、恵菓和尚に出会ってからの短い期間に準備出来たものばかりなのです。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。のサムネイル画像
    天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。

    皆さんは最澄と空海についてご存知ですか?学生時代に歴史の授業で学んだような...という方が多いのではないでしょうか?今回「終活ねっと」ではそんな方々のために最澄と空海、そして彼らが広めた真言宗・天台宗について徹底解説します!

  • 南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説のサムネイル画像
    南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説

    浄土宗系、浄土真宗系で、「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏……」と、僧侶のあげるお経に合わせ、仏壇の前で、お念仏を唱えている方も多いと思います。子供のころから聞き、親しんでいるだけで、その意味をご存知の方は少ないでしょう。浄土真宗とお経からその意味を解説します。

  • 法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。のサムネイル画像
    法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。

    法華経といえば「日蓮」と頭に浮かぶほど、法華経といえば「日蓮」を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、法華経すなわち「妙法蓮華経」はお釈迦様が説かれたお経です。南無妙法蓮華経のお題目は、日蓮宗の日蓮によって知られるようになり、日蓮宗で唱えられているお経です。

  • お経にはどんな種類がある?宗派によってお経が異なる?のサムネイル画像
    お経にはどんな種類がある?宗派によってお経が異なる?

    お葬式や結婚式、あるいは初詣や厄除け、法事など、私たちの生活の中で自然と溶け込んでいるお経。でも、正直何を言っているのかよく分かりませんよね。数え切れないほどあるお経の種類、ここではその主な種類とその教えについてご紹介いたします。

  • 真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?のサムネイル画像
    真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?

    ほとんどの宗派で【般若心経】が読まれていますが、真言宗もその一つです。このお経はとても有名で、短くてなじみのあるものですが、この数百数十文字のお経にはどのようなことが書かれ、どんな意味があるのでしょうか?真言宗のことと共に、お経の意味も見てみましょう

  • 栄西が開いた臨済宗とはどんな宗派?お経の内容は?のサムネイル画像
    栄西が開いた臨済宗とはどんな宗派?お経の内容は?

    臨済宗は曹洞宗と並ぶ禅宗です。また曹洞宗を開いた道元は臨済宗の開祖である栄西の弟子として建仁て寺で修行しました。その臨済宗ではどういったお経を読むのでしょう。臨済宗で読むお経について調べて見ました。

  • 最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとはのサムネイル画像
    最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとは

    遣唐使として同時期に海を渡った最澄と空海。最澄は法華経ほか密教の一部をわずか6ヶ月で日本に持ち帰り、天台宗の延暦寺を開き、空海は1年8ヶ月間唐に滞在し、密教の全てを恵果和尚より授かり帰国、高野山に真言宗の寺を開き、このように同時期に天台宗と真言宗が出来ました。

  • 天台宗で大切にされているお経について調べてみました。のサムネイル画像
    天台宗で大切にされているお経について調べてみました。

    平安時代、遣唐使船で海を渡り、当時の唐に新しいお経を求めて渡った最澄、その最澄が唐から持ち帰った天台宗のお経にはどのようなお経があるのでしょう。今回「終活ねっと」では天台宗で唱えられるお経について徹底解説していきます!

  • お盆に行う棚経ってなに?棚経の断り方やお布施の相場を解説します!のサムネイル画像
    お盆に行う棚経ってなに?棚経の断り方やお布施の相場を解説します!

    お盆に行う棚経についてご存知でしょうか。棚経を行う機会は多くないですから、その内容や断り方、御布施の相場について知らないとお困りの方は多いかもしれません。そこで今回はお盆に行う棚経について、棚経の断り方やお布施の相場も合わせて解説していきます。

  • 真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像
    真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

    真言宗では初盆はどのように行うのか、また他の宗派との違いはあるのでしょうか。このようなことを疑問に思っている方は多いかと思います。今回は真言宗における初盆の礼法をご紹介します。お布施やお供え物についても解説しますのでぜひご覧ください。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事