納骨式の意味とは?納骨式とは何か、解説いたします

2018-02-01更新

納骨式とは

読み方 のうこつしき

別名 納骨法要

納骨式とは、ご遺骨を納骨するときに行う儀式のことです。

仏教の場合、納骨式は49日法要と一緒に行うことが多いですが、必ずしも一緒に行う必要はありません。
納骨するまでは、ご遺骨は自宅に安置しておくことが一般的です。

仏教だけでなく、キリスト教や神道でも納骨式は行います。
キリスト教では1ヶ月後の昇天記念日に行います。

納骨式の時期

お墓

納骨式は一般的に四十九日以降、忌明けの法要で親戚の方と挨拶を交わし、お坊さまの読経が終わった後、お坊さま付添いのもと納骨式を執り行います。

ただ、お墓の場所が決まらないなどの様々な理由で四十九日に間に合わないことがあります。
最初に記した通り期日はありませんが、最低でも一年以内には執り行いましょう。

納骨式の準備

日程の決定

まずは日程を決めます。
四十九日の法要以外にも、納骨式のみ別途行う場合があります。
例えば寒冷地で雪が多い地域だと、雪解けまで待つ習慣がある地域があります。
その地域や宗教に従って決めましょう。

場所の決定

次に場所です。
これも宗派によって異なりますので、故人の意向がある場合それを尊重し決めましょう。
ただ、どうしてもその通りにいかないこともありますので、その時は神社などと相談しましょう。

式の内容の決定

最後に、内容を決めます。
会食の有無や食事内容、納骨式の規模、用意するお菓子などを決めます。
会食の際はおめでたい献立にならないよう、レストラン側にその旨を伝える必要があります。
納骨式の時期や時間によって決めましょう。

納骨式当日の流れ

当日のおおまかな流れを説明します。
なお、忌明けの法要後、すぐに納骨式を行う場合の例とします。

施主の挨拶

施主が忌明けの法要へが無事終わったこと、参加してくれたことへの感謝を出席者へ述べます。
この時、納骨式までの簡単なスケジュールと、お墓もしくは納骨堂への移動を促します。

お供え物

墓前に移動後、故人が好きであったお花やお菓子・飲み物、お線香などを焼香台に供えましょう。

お墓到着後、お墓周辺の掃除をする

お墓周辺を掃除します。
本格的な掃除ではなく、周りにはえた雑草を抜いたり、墓石を拭くなど簡単な清掃をします。
その後、墓石の浄化(お水をかける)と、お花や食べ物をお供えします。

読経後、参列者のご焼香をあげる

墓前でお坊さまに読経していただきます。
この時も、参加者は全員参列します。
読経後、参列者によってご焼香をあげます。
施主が最初に行ったのち、故人と縁の深い参列者から順番にあげましょう。

納骨

挨拶後にお墓の「かろうと」をあけてもらい、施主が遺骨を納骨します。
ちなみに「かろうと」とは骨を収めるお墓の石室のことで、この中に骨壷を収めます。
なお、宗派によっては納骨袋に入れたまま収める場合もありますので、事前の確認が必要です。

再度読経、ご焼香をあげる

納骨後、再度お坊さまによる読経と、参列者によるご焼香をおこないます。
ご焼香は先と同じく施主があげた後、参列者が行います。

挨拶、会食

最後に施主が参列に対するお礼の挨拶をし、納骨式は終了となります。
この後に会食がある場合は、挨拶の最後にアナウンスし、会食会場への移動を促しましょう。

納骨式のマナー

納骨式の服装やお布施などのマナーについて、まとめておきましょう。

お布施はどうする?

奉書紙などに「お布施」と書いてお渡しするのが通例で、3万円程度が一般的な相場です。

服装はどうするの?

ご遺族は黒の正式な喪服を着用し、参列者も礼服がマナーです。
四十九日の忌明け後なら、ご遺族以外の一般の参列者は地味な平服でも構いません。

お供え物・お花は必要なの?

お供えについて決まりはなく任意ですが、故人の好物などをお供えするようにしましょう。
お供え物は腐敗するものもありますので、納骨式が済んだら持ち帰るようにしましょう。

案内状はどうする?

出席者は、遺族・親族のほかにご友人などを呼ぶこともありますが、範囲の決まりはありません。
親族などで行うときは、案内状でなく電話で、時間と場所をお伝えするだけでよいでしょう。

挨拶の仕方

施主の挨拶は、法要・納骨式への参列のお礼とともに、故人との生前のお付き合いへの感謝と今後のことなども含めて心を込めて、簡単かつ率直にご挨拶されるとよいでしょう。

いつどれくらいの時間やるのか

納骨式の時期・時間に決まりはありませんが、一般に四十九日法要や一周忌などに合わせて行われます。
会食の予定があるときは午前中の11時頃から30分から40分くらいを目安にするとよいでしょう。

雨の場合

よほど強い雨風でなければ延期せず行なうのが普通です。
石材店がパラソルを用意してくれることも多く、傘をさしても構いません。
風雨が強過ぎるときは、お寺などと相談して対応の仕方を決めるとよいでしょう。

納骨式にかかる費用・相場

納骨式の費用は、お坊さんへのお布施・お車代・お膳料、石材店に支払う埋葬料・彫刻費、塔婆代などがあります。
費用は宗教宗派によっても異なりますが、総額で10万円前後が目安です。

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

関連用語

よく読まれている用語

お墓・霊園を
お探しの方はこちら

全国から自分にあったお墓を探す
エリア・条件から絞り込み