改葬の時の墓石はどうすれば良いの?移動や処分の際の手順も解説!!

遠くの実家のお墓を墓じまいして近くに改葬する話しを最近よく聞かれます。お墓を移すことを「改葬」と言いますが、元あったお墓の墓石はどうなるのでしょうか。実家で拝んでいた墓石を移動したい人もいると思います。今回、改葬時の墓石の移動や処分について解説いたします。

目次

  1. 改葬する時の墓石について
  2. そもそも改葬って?
  3. 改葬の手順
  4. 改葬先に墓石ごと移動したい場合
  5. 墓石を処分したい場合
  6. 改葬する時の墓石についてまとめ

改葬する時の墓石について

お墓

実家にあるお墓の管理が大変だから、墓じまいして近くにお墓を移す話しを最近よく聞かれます。
お墓を移すことを「改葬」と言いますが、元あったお墓の墓石はどうなるのでしょうか。

一般にお墓を建てることや、お墓を改葬することは人生で一回あるかないかです。
多くの方はお墓にそれほど詳しくないと思います。

そもそも改葬のことを知っている方は少ないと思われますし、ましてや墓石の処理など、知っている人はもっと少ないと思われます。

そんな方のために今回ご紹介、ご説明する内容は以下の通りです。

  • そもそも改葬って何?

  • 改葬の手順はどうなっているの?

  • 改葬先に墓石ごと移動したい場合はどうするの?

  • 墓石を処分したい場合はどうするの?

  • 改葬する時の墓石についてまとめ

以上を軸にしてご説明、ご紹介をしてまいります。
今回ご紹介した内容が、お墓を改葬するときの墓石の処理のことでお悩みの皆さんへ少しでもお力になれれば幸いです。

そもそも改葬って?

お墓

改葬とは、簡単に言ってお墓のお引越しです。
たとえば実家から離れてしまいお墓参りなど、管理が大変になってきたときに、実家のお墓を近くの霊園などに移すことを改葬と言います。

また、最近ではお墓の継承者が期待できなくなった場合の対策として、実家の墓を永代供養墓に移すことがありますが、これも改葬の一つです。

改葬するためには、最初に実家のお墓を「閉じる」必要があります。
そこでまず実家のお墓を閉じる、いわゆる墓じまいと新しい改葬先についてご説明いたします。

改葬に必要な墓じまい

改葬するためには、まず今あるお墓を閉じる必要があります。
お墓を閉じることを「墓じまい」と呼ばれております。

墓じまいについては後でご説明いたします。
墓じまいで重要なことは遺骨を取り出すことです。

遺骨を取り出しましたら、お墓は整備され更地となってお墓の管理者へ戻されます。
墓地を戻したら墓じまいは終了です。

その後、遺骨を新しいお墓、または永代供養墓などに納骨します。
これら一連の作業が「改葬」と呼ばれております。

改葬先の種類

前章でご説明しました通り、元のお墓から取り出した遺骨は新しい場所に移動して納骨されます。
従来は新しくお墓を作って納骨することが一般的でした。

しかし最近は少子化、核家族化でお墓の継承者がいないために改葬する方も増えてます。
また、たとえ子供がいたとしても墓守の負担をさせたくない、との理由で改葬する方も少なくありません。

以下に改葬先についてご説明いたします。

  • 新しくお墓を建てる

    昔は新しくお墓を建てて改葬先とするのが一般的でした。
    しかし最近では墓地にできる土地も少なくなり、お墓建設費用は高騰気味です。

    費用は約200万円~300万円程度はかかります。
    新しいお墓を建てる場合には元あったお墓の墓石を移すことは可能です。

    ただし受け入れ先の霊園、寺院によっては拒否するところもありますし、墓所の区画の大きさによっては移動できなこともありますので、事前に改葬先の霊園、寺院の管理者に確認する必要があります。

  • 永代供養

    次のお墓の継承者が不在、もしくは墓守の負担をさせたくないときに永代供養をする方がが増えてきております。

    永代供養墓も色々あり、一定期間は個別の形で供養しその後合祀される個人墓や形式は個人墓と同じで夫婦で入る夫婦墓、複数人を合祀される集合墓があります。

    いずれは一定期間経過後に遺骨と一緒に合祀されて永代供養をされますので、元あったお墓の墓石を移すことはできません。

  • 納骨堂

    元々納骨堂は遺骨を一定期間預かって安置する屋内施設でしたが、最近は納骨堂も永代供養がついている納骨堂もあるため納骨堂へ改葬する方も増えています。

    納骨堂のメリットは、墓石がないため一般墓に比べ安価なことです。

    そのうえ交通の便がよいところにある場合が多いので気軽に参拝できます。
    また屋内施設のため墓石の手入れや草むしりの手間が省けます。

    デメリットとしては納骨堂の形態として、ロッカー式、棚式などお墓というよりは収納設備というイメージもあって、お墓参りの心情的な面は薄れることです。

  • 樹木葬

    最近は自然との共生を願う人たちに支持されて樹木葬を選ぶ方も増えてきております。

    樹木葬は墓石の代わりに樹木などをシンボルとする方式です。
    遺骨はカロートや骨壺に入れないので、最後は自然と土に戻ります。

    樹木葬のメリットは一般墓に比べ墓石も作らないので、お墓より費用も抑えることができます。

    デメリットとしては直接遺骨を土の上におきますので、最終的に遺骨は土に戻るため、遺骨は戻ってきません。

  • 散骨

    最近は社会の多様化が進み従来の一般的なお墓である家墓以外に、そもそもお墓を作らない選択肢として散骨を選ぶ方が増えてます。

    散骨とは、遺骨を細かく砕きパウダー状にし、他の方に迷惑にならないような場所で遺骨を巻くというものです。

    一般的には海か山で散骨します。
    専門業者に依頼すれば機械を使って砕いてパウダー状にしてくれます。

    散骨のメリットはお墓とお墓を引き継ぐことを全く考える必要がありません。
    デメリットとしては遺骨が戻ってことです。

  • 手元供養

    遺骨を納骨するという方法もあります。

    愛しさからいつまでも遺骨を手元に置く方もいらっしゃいますが、一部の遺骨を残して残りは永代供養にするか散骨にする方もいらっしゃいます。

    残した遺骨を手元供養用のミニ骨壺やペンダント用骨壺に入れて手元供養する方もいらっしゃいます。

    費用は、乾燥と大きさによっては真空パックする作業費用と骨壺費用ですので10万程度だと思われます。

改葬の手順

お墓

改葬の手順と費用についてご説明いたします。
改葬は大きく「墓じまい」と「改葬先への納骨」に分かれます。

また、改葬は法律で手順が決められておりますので、自分で勝手に墓を掘り起こして遺骨を取り出すわけにはいきません。

お墓についてはどうしても心情的なことがからみます。
自分がお墓の管理者ということで事務的に進めるとトラブルが起こることがありますので、慎重に進めてください。

以下に改葬の進め方の手順についてご説明いたします。

親族・墓地管理者に承諾を得る

最初に親族の承認を得ることが最初に行うことです。

墓じまいしてしまうと、先祖代々のお墓が実際消えてしまうことになります。
自分がお墓の後継者だったとしても、お墓は自分だけのものでなく親族みんなのものですので、必ず親族と話し合いましょう。

親族の承認が取れたら次はお墓の管理者から承認を得ることが次に行うことです。
お墓の管理者から承認してもらいと埋葬証明書の発行してもらいましょう。

また寺院墓地で墓じまいをする場合は、檀家を失うことになるので注意しましょう。

そしてお墓の管理者が改葬を承認していただいた場合は、「離檀料」を支払います。
目安として5万円~20万円です。

改葬先を決める

親族、お墓の管理者から改葬の承認を得られたら、次に行うことは改葬先を決めることです。
改葬先が新しい供養先になります。

終活ねっとでは、各地方の霊園を様々な観点から比較検討できます。
改葬の際の移転先探しにぜひご活用ください。
気になる方はこちらをご覧ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

書類を準備し、役所に提出する

冒頭で触れましたが、改葬は法律で手順が決められております。
地区市町村の役場に指定された書類を提出し、改葬許可が得られてから初めて改葬作業が開始されます。

以下に必要な書類の内容と提出タイミングについてご説明します。

  • 改葬許可申請書の作成を作成します

    改葬することを決定し新しい納骨先の目途がたったなら、現在の墓地のある市区町村の役所で改葬許可申請書を、遺骨一体につき1枚ずつもらい改葬許可申請書を作成いたします。

  • 埋葬証明書の発行

    現在の墓地管理者に改葬することをご理解し納得して頂いたら改葬許可申請書に埋葬証明をしてもらいます。

    墓地管理者が発行する埋葬証明書でも代用できますし、納骨堂のときは納骨証明書になります。

  • 受入証明書の発行

    移転先の墓地を決め確保できたら、その新しいお墓の管理者から受入証明書を発行してもらいます。

    役所によっては墓地の永代供養許可証で代用できる場合もあります。

  • 改葬許可証の受け取り

    現在の墓地のある市区町村の役所へ必要事項を記入した「改葬許可申請書」と一緒に「受入証明書」「埋蔵証明書」を提出し、改葬許可書を、遺骨一体につき1枚ずつ発行してもらいます。

改葬許可証が受領できましたら墓じまいを開始することができます。
最近では、改葬許可申請書を市町村のホームページからダウンロードすることも可能です。

各手続きにかかる事務手数料は、改葬で必要な書類はお墓に管理者が発行する「埋葬証明書」と役場が発行する「改葬許可書」になります。

それぞれ1000~1500円程度です。
但し遺骨一体にそれぞれ書類が必要なので、遺骨の数だけ事務手数料がかかってきます。

お墓の解体を依頼する石材店を決める

改葬許可証が受領できましたら墓じまいを開始するために石材所を決めます。
改葬を決めて墓じまいをするときには、石材店に依頼して今のお墓を撤去し、更地に戻してお墓の管理者に戻す必要があります。

閉眼供養

石材店による墓じまい作業の前に閉眼供養を行う必要があります。
閉眼供養費とはお墓に宿った仏様の魂を抜き取る供養のことです。

閉眼供養を行うことで、お墓は単なる「石」になります。
僧侶が供養されますので、供養後に僧侶へお布施を渡します。

閉眼供養後にお墓を動かしてカロートから遺骨を取り出す作業に移ります。
お布施の目安として3~5万円です。

お墓を解体し、遺骨を取り出す

石材店が墓石を動かし、カロートから遺骨を取り出します。
墓石を改葬先の新しいお墓で使う場合は移動しますが、使わない墓石は撤去し処理されます。

墓石だけではなく、外柵や花立、植木などの付属品一式、すべてのものを撤去します。
付属品は新しいお墓に移動できません。

撤去費用の目安として10~30万円ですが、お墓の立地場所によって撤去費用が大幅に変わることがあります。

改葬先に遺骨を移す

墓じまいが終わり、遺骨を取り出したら改葬先へ移動して納骨を行います。
骨壺の中の遺骨は湿っている場合がありますので遺骨のメンテナスが必要となります。
メンテナンス内容は改葬先により少し異なりますのでご説明いたします。

  • 改葬先が新しいお墓や永大供養墓や樹木葬の場合

    汚れが気になるなら遺骨を洗って自然乾燥すれば結構です。
    ご自身で行えば費用はかかりませんが、専門業者に依頼するならば1体で2万程度です。

  • 散骨される場合

    遺骨を洗って乾かしたあとにパウダー状に粉骨します。
    専門の機械が必要になるので専門業者に依頼したほうがよいと思います。
    1体で3万程度です。

  • 改葬先が納骨堂や手元供養の場合

    骨壺から取り出した遺骨は洗って乾かしたあとに殺菌して新しく購入した骨壺を殺菌して納骨してください。
    費用は一体で3万程度です。

改葬先に墓石ごと移動したい場合

お墓

新しいお墓を建てて昔から拝んでいる墓石を移動したい、とか少しでもお墓の建設費用を抑えたい、などの理由で墓石を移動したいと考えている方もいらっしゃると思います。

以下に墓石を移動するメリットや墓石を移動する手順についてご説明いたします。

移動する場合のメリット

墓石を移動する最大のメリットは、先祖代々から続く墓石を引き継ぐことができることです。
また墓石を移動することで墓石を作る費用を抑えることができることです。

但し当然ながら墓石を移動する運搬費用がかかります。
墓石の費用を抑えることが目的で墓石の移動を検討しているなら、移動費用の見積もりをとって判断するようにしてください。

墓石を移動する際の手順

墓石は勝手に移動して持ち込んではいけません。
墓石の受け入れを拒否する霊園、寺院もあります。

以下に墓石の移動の手順についてご説明いたします。

改葬先に墓石を持ち込んで良いか確認する

まず移転先の寺院、霊園に移転であることを伝えて条件があれば聞いておきます。
墓石の持ち込みは禁止で墓石の製作が義務付けられている場合があります。

また墓石の持ち込みを許可したとしても、墓石の高さや幅などの寸法制限がある場合があります。
その場合は持ち込む墓石を加工する必要があります。

石材店に依頼する

墓石の運搬は石材店へ依頼します。
墓石は種類や移動距離によって費用が異なってきます。

また墓石は重い石ですので、それなりに費用はかかります。
見積もりを出してもらい、墓石を移動するかどうか判断するのがよいと思います。

墓石を移動する際の費用

以下の条件で移動した場合は概算で35万円程度です。

条件 内容
移動場所 仙台から東京
墓石種類 和型
寸法 正面幅24cm

墓石を処分したい場合

お墓

墓じまいで墓石を移動ができない場合や改葬先で新しく墓石を作る場合は、今あるお墓の墓石を処分する必要があります。

墓石はどのように処分されるのか

墓石の処分の方法としては、全体を削りなおして再度墓石として使われる場合や、別の石の置物として加工される場合があります。

また産業廃棄物としてリサイクルされる場合と移動され供養される場合もあります。
以下では、産業廃棄物へリサイクルされる場合と粉砕処理される場合についてご説明いたします。

産業廃棄物としてリサイクルされる

産業廃棄物へリサイクルする専門業者が墓石を引き取ります。
墓石は粉砕され砕石として建設用の資材などにリサイクルされております。

お寺の空き地にまとめられて供養される

また墓じまいで使わなくなった墓石は撤去され、無縁墓の墓石などを集めた場所に移動され、供養される場合もあります。

墓石を処分する際の手順

墓石の処分は墓じまいのときに一緒に行います。
お寺の空き地に墓石を移動する場合は墓じまいの作業の中に入っており、石材店が墓石を移動します。

また、産業廃棄物へリサイクルする場合は一旦石材店が墓石を石材所に持ち帰り、専門業者が墓石を引き取り粉砕してリサイクルします。

墓石を処分する際の費用

基本的には墓じまいの費用に含まれますので、処分費用の目安として10~30万円となります。

改葬する時の墓石についてまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、改葬の時の墓石はどうすれば良いのか、墓石の移動ができるのか、墓石の処分の際の手順もなどを中心に詳しくご紹介してきました。

  • 改葬はお墓のお引越しです

    最初に墓じまいを行い、遺骨を新しい改葬先に移動し納骨します。
    最近では社会の多様性やお墓の後継者不足のため、多種多様の改葬先があります。

  • 改葬は親族、お墓の管理者への理解が必要です

    改葬先を決心したら、まず親族の了解を得る必要があります。
    その後、お墓の管理者の了解を得て、具体的に改葬作業が開始されます。

  • 改葬先に今のお墓の墓石を移動する場合は注意が必要です

    新しい改葬先が墓石の移動を許可しない場合があります。
    また寸法上、そのまま使えないこともあります。
    また、移動費用もかかります。

  • 使わなくなった墓石はリサイクルや移動して供養されます

    墓石は専門業者が引き取り、粉砕されて砕石としてリサイクルされます。
    また、リサイクルされない場合は、お寺の空き地へ移動して供養されます。

今回ご紹介した内容が、お墓の改葬の墓石の処理にお悩みをお持ちの皆さんへ少しでもお力になったなら非常にうれしく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓石・改葬」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「墓石・改葬」についてさらに知りたい方へ

改葬のお布施はどう用意したらいいの?手続きやマナーも紹介します!のサムネイル画像

改葬のお布施はどう用意したらいいの?手続きやマナーも紹介します!

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説しますのサムネイル画像

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説します

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説のサムネイル画像

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説のサムネイル画像

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説

墓じまい・改葬時の墓石について解説!撤去費用や撤去後の行き先などのサムネイル画像

墓じまい・改葬時の墓石について解説!撤去費用や撤去後の行き先など

お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!のサムネイル画像

お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介しますのサムネイル画像

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します

お墓の移動にかかる費用や手順などについて詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓の移動にかかる費用や手順などについて詳しく解説します!

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説のサムネイル画像

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説

墓地の改葬・墓じまいに必要な費用や手順は?改葬先の霊園もご紹介のサムネイル画像

墓地の改葬・墓じまいに必要な費用や手順は?改葬先の霊園もご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓石・改葬」についてさらに知りたい方へ

改葬のお布施はどう用意したらいいの?手続きやマナーも紹介します!のサムネイル画像

改葬のお布施はどう用意したらいいの?手続きやマナーも紹介します!

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説しますのサムネイル画像

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説します

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説のサムネイル画像

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説のサムネイル画像

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説

墓じまい・改葬時の墓石について解説!撤去費用や撤去後の行き先などのサムネイル画像

墓じまい・改葬時の墓石について解説!撤去費用や撤去後の行き先など

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと