改葬許可申請書の書き方って?申請のやり方や必要な書類全てを解説

何らかの事情で古いお墓を撤去して別のところに改葬する場合、法的な手続きが必要です。その際に提出する書類に改葬許可申請書があります。その存在を知っていても書き方や申請方法を知らない方は多くいます。今回はそんな改葬許可申請書の書き方や提出の仕方について紹介します。

目次

  1. 改葬許可申請書の書き方って?
  2. 改葬許可申請書って何?
  3. 改葬許可申請書の書き方
  4. 改葬許可申請書とともに提出するもの
  5. 改葬許可申請書の提出などの代行
  6. 改葬許可申請書の書き方まとめ

改葬許可申請書の書き方って?

困った人々

何らかの事情があって、それまでの先祖代々のお墓を墓じまいしたうえで、別の場所にご遺骨を改葬するという方が増えてきています。

よく見られるパターンとして挙げられるのが、お墓を将来的に守ってくれるという方がご家族の中にいないため、元気なうちに永代供養墓に会葬するという例です。
また、お墓が遠いところにあるにもかかわらず、ご自身が身体面で不安を感じているような場合に比較的近い場所に改葬するという例も多く見られます。

このようにご自身を取り巻く状況に応じて改葬する場合、お墓の閉眼法要を行ってご遺骨を取り出し、別の場所に納骨するという方法がとられますが、その際には法的な手続きが必要です。
手続きの際には書類を提出する必要がありますが、そのうちの1つに改葬許可申請書があります。
果たして、どのような書き方をして提出すれば良いのでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、改葬の手続きに不可欠な改葬許可申請書の書き方について詳しく紹介していきます。

今回ご紹介する内容は以下の通りです。

  • 改葬許可申請書とはどのような書類なのか?

    改葬手続きの際に不可欠な改葬許可申請書がどのような書類であるのかについて見ていきます。

  • 改葬許可申請書の書き方とは?

    具体的な改葬許可申請書の書き方を、重要な項目を中心に見ていきましょう。

  • 改葬許可申請書とともに提出するものとは?

    改葬許可を申請するうえで他にも提出すべき書類についてご紹介します。

  • 改葬許可申請書の提出などを代行するサービスとは?

    近年増えている改葬許可申請書などの提出を代行するサービスについて簡単に見ていきます。

改葬を検討するうえで不可欠な情報が多いですので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。
今回ご紹介する内容が少しでもお墓のことでお悩みの皆さんのお力になれれば幸いです。

実際に墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

また、終活ねっとではお墓探しのお手伝いもさせていただいております。
全国の墓地霊園を様々な条件から検索できるだけでなく、無料で資料請求・見学予約することも可能です。
ぜひこちらもあわせてご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

墓じまい・改葬について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

改葬許可申請書って何?

お墓

最初に、改葬許可申請書がどのような書類であるのかについて知るところから始めましょう。

改葬する際に提出が必要です

改葬を行う際には、ご自身の手で勝手に話を進めるということはできません
というのは、改葬を行う場合、お墓や埋葬に関わる法律である墓地埋葬法(墓埋法)の定められた法的な手続きをとる必要があるためです。

具体的には、改葬を行う際には改葬許可証と呼ばれる改葬を承認する旨の書類の提示が必要で、特に移転先のお墓(永代供養墓も含む)を管理している墓地・霊園の管理者に提出することになります。
そして、この改葬許可証の発行の際に必要となる書類の1つとして挙げられるのが改葬許可申請書です。

なお、改葬許可申請書は移転するご遺骨1人分につき1枚必要となりますので、この点についてもよく覚えておきましょう。

どこでもらえるの?

それでは改葬許可証を発行してもらううえで欠かせない改葬許可申請書は、いったいどこで入手することができるのでしょうか?

改葬許可申請書は、現在のお墓がある地域を管轄する市区町村役所や出張所の戸籍関係の部署(戸籍課など)の窓口に備え付けられています。
あくまでも、ご自身の最寄りの市区町村の役所ではないという点に注意しましょう。

また、直接窓口へ行く以外にも、市区町村役所のホームページからダウンロードすることもできます
特にホームページからダウンロードするというやり方は、事情があって役所にもらいに行くことができないような方にとっては、非常に楽に入手できるという意味でおすすめです。

ただ、もしパソコンの扱いが苦手で、さらに役所に直接入手しに行くことも難しい場合は、郵送してもらうこともできます。
郵送してもらう場合は切手代は自己負担です。

どこで提出するの?

手に入れた改葬許可申請書に必要事項を記入した後は、役所に出向いて提出することになります。
この際の提出先は、先ほども触れたように現在のお墓がある地域を管轄する市区町村役所の戸籍関係の部署(戸籍課など)の窓口です。

なお、この際には改葬許可申請書のほかにも、後ほど詳しく見ていく埋葬証明書と受入証明書なども添えて提出することになりますので、これらの書類も忘れずに持参しましょう。

改葬許可証を引っ越し先に提出

改葬許可申請書などを提出してから1時間~2時間ほどで改葬許可証が発行されます。
改葬許可証が発行されたら、まず期日を選んで現在のお墓がある墓地・霊園で墓じまいを行い、その後移転先(引っ越し先)の墓地・霊園の管理者に改葬許可証を提出する流れです。

もちろん、改葬許可証が手元になければ移転先での納骨などはできませんので、当日は改葬許可証を忘れずに持ってくるようにしましょう。

改葬許可申請書の書き方

人々

改葬許可申請書がどのような書類であるかについてご理解していただいたところで、ここからは具体的な改葬許可申請書の書き方についていろいろと見ていきます。

改葬許可申請書で書く事

改葬許可申請書の様式は各市区町村によってさまざまですが、書くべきことは基本的にどの地域の場合でも同じです。

以下の各項目が書くべきこととして挙げられます。

  • ご遺骨の故人の本籍地と住所、氏名、性別、死亡年月日、火葬や埋葬の年月日、および申請者との続柄
  • 申請者の現住所と氏名、および捺印
  • 墓地使用者(現在、ご遺族を代表してお墓を管理している方)の住所と氏名、および捺印
  • 現在故人を埋葬してある墓地・霊園名と管理者の氏名と住所、および捺印
  • 改葬先の墓地・霊園名と管理者の氏名と住所、及び腰捺印

申請者ご自身がそのまま申請できるわけではなく、特に現在のお墓がある墓地・霊園の管理者や改葬先の管理者の捺印まで必要という点が注意すべきと言えます。
このため、事前に改葬先を決めたり、現在の墓地・霊園の管理者の承諾を得ておいたりすることがポイントです。

また、申請者と墓地使用者が異なる場合は、墓地使用者の承認も取っておくようにしましょう。

改葬許可申請書で出てくる言葉

改葬許可申請書には専門の用語が使われており、場合によってはそれらを混同してしまうという方もいます。
そこで、以下の用語を取り上げて1つずつご説明しましょう。

申請者

申請者とは、実際に役所に出向いて改葬許可の申請を行う人物のことを指します。
基本的には、この後で触れる墓地使用者(実際にお墓を守っている方)と同じ場合が多いです。

ただし、事情があって墓地使用者の代理人として別の人物(主に墓地使用者のご家族やご親族の場合が多い)が申請を行う場合もあります。
この場合は墓地使用者との続柄欄の記入も必要です。

死亡者

死亡者とは、具体的には改葬許可を申請する対象となる故人のご遺骨のことです。
原則として、その死亡者に関する情報は可能な限り調べたうえで記入することが求められます。

そのため、よく調べればわかることでも記入ができていなければ、調べが足りなかったという理由で申請を受理してもらえない場合もあるため、注意が必要です。

ただし、死亡・納骨してから100年以上前といった極端に年月が経っている死亡者の場合、わからなくなってきていることも多いので、「不詳」と記入する書き方もあります。
なお、「不詳」の欄があまりにも目立つ場合でも受理されないという点は注意しましょう。

墓地管理者

改葬許可申請書では2種類の墓地管理者を記入することになります。
1つが現在のお墓がある墓地・霊園の管理者、もう1つが改葬先の墓地・霊園の管理者です。

どちらについても書き方として墓地・霊園の管理者のところに出向いて、実印(社判やゴム印など)を押してもらうことになります。
なお、住所や氏名などはこちらで記入する例が多いです。

もし、共同墓地などで管理者がよくわからないという場合は町内会や自治会の会長の氏名や住所を記入したうえで、捺印を彼らに依頼することになります。

改葬許可申請書とともに提出するもの

お墓

ここまで改葬許可申請書の書き方を具体的に見てきましたが、先ほども触れたように改葬許可を得るためには、他にも提出が求められる書類があります。

埋葬証明書

まず必要となるのが、現在のお墓がある墓地・霊園の管理者に発行してもらう埋葬証明書です。
文字通り、現在の墓地や霊園にお墓があり、そこに故人のご遺骨が埋葬されていることを証明する書類といって良いでしょう。

現在のお墓がある墓地・霊園の管理者に発行してもらうものであるため、事前に墓じまいのことを相談することが大切になってきます。
特に管理者が寺院の場合は檀家を抜けることも意味するため、綿密な話し合いが必要です。

受入証明書

受入証明書とは、改葬先の墓地・霊園の管理者に発行してもらう書類のことで、申請書は管理事務所に備え付けられています。
このため、改葬先が決まって契約まで済み次第、受入証明書も発行してもらうと良いでしょう。

死亡者の戸籍謄本

改葬許可申請を受理した窓口でご遺骨の故人の死亡を確認するために必要となる書類です。
戸籍謄本であることから、故人の本籍地にある市区町村役所で発行してもらう必要があります。

なお、改葬する故人1名につき1枚必要であるため、改葬する故人が複数になる場合は人数分の発行が必要です。

墓地使用者の承諾書

実際に役所に出向いて改葬許可を申請する方が墓地使用者本人ではない場合は、墓地使用者の承諾書も必要です。

いわば、委任状のようなものであるため、墓地使用者が別の人物が改葬許可を申請することを承諾する旨を記したうえで、墓地使用者の住所と氏名の記入と捺印をするという書き方になります。

印鑑

最後に、実際に役所で申請する方の印鑑も必要です。
役所での手続きに使えるような実印が原則ですので、いわゆるシャチハタなどは使えないため気を付けましょう。

墓じまいや改葬の方法については、以下の記事でも詳しく説明されていますので、あわせてご活用いただければ幸いです。

こちらも読まれています

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

終活を始める時、お墓の行く末も不安の種だと思います。最近では、お墓が遠いことや継承者がいないといった理由からお墓を墓じまい・改葬をする方も増えてきています。今回はそんな墓じまい・改葬をする際の方法や費用、墓じまい後の遺骨の供養方法について詳しく紹介します。

改葬許可申請書の提出などの代行

人々

改葬の準備は、場合によっては非常に大きな負担に感じる方も多いでしょう。
そのような方のニーズにこたえることのできる存在として、墓じまいの代行サービスが近年増えてきています。

具体的なサービス内容としては、墓じまいに必要な改葬許可申請のみを代行する場合もあれば、事務手続きに限らず改葬の際に行う法要に至るまですべてを代行してもらう場合などさまざまです。

費用の相場は、事務手続きのみを代行してもらう場合であれば7万円~15万円、事務手続きに限らず改葬に関することすべてを代行してもらう場合は30万円以上というのが一般的とされています。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

終活ねっとでは、墓じまいの相談を承っております。
墓じまいに必要な行政手続きから、改葬先の手配までしっかりとサポートいたします。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

改葬許可申請書の書き方まとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、改葬許可証を発行してもらう際に提出が不可欠な改葬許可申請書の書き方について詳しく紹介してきました。

今回ご紹介した内容は以下の通りです。

  • 改葬をする際には法的な手続きが必要であり、この際に提出する書類の1つが改葬許可申請書である。
    改葬許可申請書は現在お墓のある地域の市区町村役所とその出張所の戸籍担当部署などで入手・提出する。

    発行された改葬許可証は最終的には、改葬先(引っ越し先)の墓地・霊園に提出する。
  • 改葬許可申請書の書き方として、まず書くべき項目として死亡者や申請者、墓地使用者、現在の墓地・霊園の管理者、改葬先の墓地・霊園の管理者に関するものが挙げられる。
    申請者とは実際に役所で手続きを行う人物、死亡者とは改葬する予定の故人のご遺骨、墓地管理者とは現在のお墓と改葬先の墓地・霊園を管理する業者のことである。
  • 改葬許可申請書とともに提出するものとして、埋葬証明書と受入証明書、死亡者の戸籍謄本、申請者の印鑑が挙げられる。
    なお、申請者と墓地使用者とが同じではない場合は、他にも墓地使用者の承諾書が必要となる。
  • 近年では改葬の件数が増えてきていることを背景に、改葬代行のサービスも増えてきている。
    改葬許可申請など事務手続きだけを行う場合は7万円から15万円、事務手続きに限らず改葬すべてを代行してもらう場合は30万円以上が費用相場となる。

近年の社会の変化に伴って、改葬が行われる件数が年々増えてきている以上、改葬許可を得るうえで必要な改葬申請証明書の書き方は覚えておいた方が良いといえます。
なお、改葬許可申請書を提出する際には、ご自身だけではなく現在の先祖代々のお墓がある墓地・霊園や改葬先の管理者の協力が不可欠であるという点もポイントです。
今回ご紹介した内容が少しでもお墓のことでお悩みの皆さんのお力になれれば幸いです。

また、現時点で墓じまいを検討している方や本格的な準備を始めているという方も多いでしょう。
墓じまいを行うには多額の費用や入念な準備などが必要ですが、以下の記事では改葬の方法なども含めて詳しく説明していますので、ぜひともご活用いただければ幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

シェアする

「改葬許可申請書・書き方」に関連する記事

  • お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説しますのサムネイル画像

    お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説します

    お墓の改葬って聞いたことはありませんか?既にあるお墓から別のお墓に移ることを指しますが、お墓が関わることなので個人で勝手にできるものではありません。ここではお墓の改葬に必要な申請やかかる費用などについてまとめいきたいと思います。

  • 遠いお墓でもきちんと供養をしたい!お墓の引越し、改葬についてのサムネイル画像

    遠いお墓でもきちんと供養をしたい!お墓の引越し、改葬について

    家から遠い場所にあるお墓を家の近くに引越しすることは、最善の供養のひとつと言えます。今回は、改葬に伴う公的手続きや新しいお墓の建て方、散骨の手続きなどについて説明します。実家のお墓が遠い人は必ず役立つ、改葬についての情報です。

  • 納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!のサムネイル画像

    納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!

    納骨堂、またはそれ以外から別の場所へ改葬したい時、具体的にどのような手続きを踏めばよいかご存知ですか?初めてだと勝手が分からず、戸惑う方も多いかと思います。この記事では、納骨堂への改葬、納骨堂からの改葬について解説いたします。

  • 墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法のサムネイル画像

    墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法

    少子高齢化などの影響による後継者がいないなどの理由で、いっそのこと墓じまいをして、お墓や遺骨のことに整理をつけようと考える人が増えています。しかし、墓じまいには所定の手続きを踏むことが必要です。今回は墓じまいにまつわる必要な手続きについて見ていきます。

  • 墓地・霊園に改葬する時に必要な受入証明書ってどんなもの?のサムネイル画像

    墓地・霊園に改葬する時に必要な受入証明書ってどんなもの?

    最近、墓地・霊園を改葬する方が増えてきています。ただし、改葬の手続きには、埋葬証明書や受入証明書などの書類も提出しなければなりません。ここでは、墓地・霊園の改葬手続きの流れや、改葬時に必要な受入証明書について説明していきます。ぜひ、最後までお読みください。

  • お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説のサムネイル画像

    お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説

    お墓の改葬は、終活の中でも大変神経を使うお仕事の一つです。新たなお墓でご供養を行う改葬においては、多くの手続きや話し合いを行わなければなりません。この記事ではお墓の改葬に伴う手続きや費用について詳しく解説していきます。

  • 集落の共同墓地の現状と改葬・墓じまいの方法についてまとめましたのサムネイル画像

    集落の共同墓地の現状と改葬・墓じまいの方法についてまとめました

    お墓を持っていると改装や墓じまいをする機会も出てくるかと思います。しかし、それが集落の共同墓地だった場合、やり方はどう変わってくるのでしょうか。今回は集落の共同墓地について、詳しく解説していきます。是非、最後までご覧ください。

  • 墓地の受入証明書ってなに?入手方法や改葬の手続きについても解説!のサムネイル画像

    墓地の受入証明書ってなに?入手方法や改葬の手続きについても解説!

    先祖代々からのお墓を何らかの事情で墓じまいしたうえで移転するという方も少なくありません。そのような場合は改葬許可証が不可欠ですが、発行してもらうための書類の1つとして墓地の受入証明書が必要です。今回は墓地の受入証明書の入手方法について見ていきましょう。

  • 墓地の改葬・墓じまいに必要な費用や手順は?改葬先の霊園もご紹介のサムネイル画像

    墓地の改葬・墓じまいに必要な費用や手順は?改葬先の霊園もご紹介

    少子化や核家族化が進むなか、今までのお墓から新しいお墓にご遺骨を移す改葬に注目が集まっています。今回は、そんな墓地の改葬の手順や費用について詳しく紹介します。改葬の際の必要書類や改葬先としておすすめの墓地霊園についてもご紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。

  • 改葬・墓じまいの方法は?費用や注意点、閉眼供養の流れまで解説のサムネイル画像

    改葬・墓じまいの方法は?費用や注意点、閉眼供養の流れまで解説

    自分がお墓の後継者になっているが実家を離れてしまったので、近くにお墓を改葬したいと思っている方も多いと思います。しかし、改葬自体なじみのないことですし、詳しい手順を知っている方は少ないと思います。今回は改葬の方法や注意点、閉眼供養の方法についてもご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「改葬許可申請書・書き方」についてさらに知りたい方へ

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説しますのサムネイル画像

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説します

遠いお墓でもきちんと供養をしたい!お墓の引越し、改葬についてのサムネイル画像

遠いお墓でもきちんと供養をしたい!お墓の引越し、改葬について

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!のサムネイル画像

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!

墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法

墓地・霊園に改葬する時に必要な受入証明書ってどんなもの?のサムネイル画像

墓地・霊園に改葬する時に必要な受入証明書ってどんなもの?

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説のサムネイル画像

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説

集落の共同墓地の現状と改葬・墓じまいの方法についてまとめましたのサムネイル画像

集落の共同墓地の現状と改葬・墓じまいの方法についてまとめました

墓地の受入証明書ってなに?入手方法や改葬の手続きについても解説!のサムネイル画像

墓地の受入証明書ってなに?入手方法や改葬の手続きについても解説!

墓地の改葬・墓じまいに必要な費用や手順は?改葬先の霊園もご紹介のサムネイル画像

墓地の改葬・墓じまいに必要な費用や手順は?改葬先の霊園もご紹介

改葬・墓じまいの方法は?費用や注意点、閉眼供養の流れまで解説のサムネイル画像

改葬・墓じまいの方法は?費用や注意点、閉眼供養の流れまで解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「改葬許可申請書・書き方」についてさらに知りたい方へ

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説しますのサムネイル画像

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説します

遠いお墓でもきちんと供養をしたい!お墓の引越し、改葬についてのサムネイル画像

遠いお墓でもきちんと供養をしたい!お墓の引越し、改葬について

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!のサムネイル画像

納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!

墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法

墓地・霊園に改葬する時に必要な受入証明書ってどんなもの?のサムネイル画像

墓地・霊園に改葬する時に必要な受入証明書ってどんなもの?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと