お墓の撤去費用ってどのくらい?墓じまい・改葬の手順や注意点も解説

「お墓が遠い」「墓守がいない」などの理由で、墓じまいを決心される方が増えています。墓じまいはお墓を撤去し遺骨を取り出しますが、心配なのはその撤去費用だと思います。今回は墓石の撤去費用を中心に、墓じまい・改葬の手順や注意点も解説いたします。

目次

  1. お墓の撤去費用ってどのくらい?
  2. お墓の撤去にかかる費用
  3. お墓撤去の代行サービスの費用
  4. お墓を撤去するのに必要な手順
  5. お墓を撤去する際の注意点
  6. お墓の撤去費用まとめ

お墓の撤去費用ってどのくらい?

お金

「実家のお墓が遠くて、お墓参りに行けない」「今後、実家の墓守がいなくなる」と悩まれる方は増え続けています。

このような場合に実家のお墓を墓じまいすることを決心される方が多いようです。
墓じまいとはお墓を閉めることで、今のお墓を撤去して中の遺骨を取り出し、新しい場所に移すことです。

しかしお墓を閉めることは一生にあるかないかのこと。
あの巨大な墓石を撤去するのに一体どれだけの撤去費用がかかるか検討もつきませんよね。

また、どのような手順で墓じまいを進めてよいのか疑問に思う方も多いと思います。

そこで今回終活ねっとでは、お墓の撤去費用を中心に墓じまいにかかる費用や墓じまい・改葬の手順や注意点などを中心に詳しくご紹介、ご説明いたします。

今回、以下の順番で説明していきます。

  • お墓の撤去にかかる費用
  • お墓撤去の代行サービスの費用
  • お墓を撤去するのに必要な手順
  • お墓を撤去する際の注意点
  • お墓の撤去費用まとめ

もし自分や親族、友人などがお墓を移転を考えていて墓じまいで困っていたら、ぜひ参考にしてみてください。

今回ご紹介した内容が、お墓のことでお悩みの皆さんへ少しでもお力になれれば幸いです。

実際に墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お墓の撤去にかかる費用

お金

お墓の撤去は「墓じまい」の作業の中の一つです。
実際はお墓の撤去作業費用以外にも様々な費用が発生します。

以下ではお墓の撤去費用の他に、墓じまい全体の費用についてもご紹介いたします。

お墓の撤去にかかる費用

お墓の撤去作業は石材店に依頼する必要があります。
お墓の撤去作業は以下のようなことを行います。

  • 墓石を動かし、カロートから遺骨を取り出す。
  • 墓石を新しいお墓で使う場合は移動する。
    使わない墓石は解体され撤去した後、粉砕処理される。
  • 墓石だけではなく、外柵や花立、植木などの付属品一式、すべてのものを撤去する。
    付属品は基本的に新しいお墓に移動できない。
  • 更地に戻した後、お墓の管理者に墓地を戻す。

撤去費用の目安としては1平米あたり約10万円~30万円ですが、お墓の立地場所や広さによって撤去費用が大幅に変わることがあります。

お墓は一般的に重機を使って撤去しますが、お墓の場所によっては重機が入らず、手作業になってしまうこともあります。
そのような場合は撤去費用が高くなります。

トラブルを防ぐため、事前に複数の石材店から見積もりをもらいましょう。

お墓の撤去費用以外に墓じまいでかかる費用

お墓の撤去費用以外にかかる費用として、お墓の管理者に支払う「離檀料」と僧侶へお布施として支払う「閉眼供養費」があります。

それぞれ費用の内容と相場をご紹介いたします。
費用に定められた金額はありませんので、依頼した石材店から相場の情報を入手するのもよいと思います。

離檀料

寺院墓地の多くが、お墓を建てる時に檀家に入る必要があったと思います。
離檀料とは、檀家から抜ける際に今までのお礼を含めて支払うものです。

まず墓地の管理者を訪問し、墓じまいに至った経緯と事情を相談し理解をしていただきましょう。

理解がいただけたら、今まで自分の代わりに日々お墓を管理、維持していただいたお礼も含めて離檀料を支払います。

費用の目安としては、墓地との付き合いの長さや深さにもよりますが、5万円~20万円です。

閉眼供養費

お墓を動かす前に、閉眼供養と呼ばれるお墓に宿った仏様の魂を抜き取る供養を行います。
僧侶が供養されますので、供養後に僧侶へお布施を渡します。

ここでいう閉眼供養費とはこのお布施のことを指します。
目安として、3万円~5万円です。

改葬先でかかる供養形態ごとの費用

取り出された遺骨は新しい改葬先に移されます。
最近は少子化、核家族化や社会の多様性を反映して、お墓の後継者がいなくても供養をしてもらえる永代供養がついた改葬先も増えてきています。

以下に各改葬先の内容と費用の目安をご紹介いたします。

新しく墓地を建てる

まず最も一般的な改葬先は、新しいお墓を建てるというものです。
最近では一般的な家墓の形状以外にも、洋風な墓石にしたり、墓石の色も選べます。

また、将来誰でも一緒に入れるように、具体的に「〇〇家の墓」のようにせず「和」のような象徴とする文字を刻むなどの選択肢もあります。

区画の確保、墓石の購入、永代使用料、開眼供養や親族との会食を入れて200~300万円ぐらいが相場となります。

高額な買い物となりますので、ご家族、ご親戚の方々と話し合って決めるようにしましょう。

納骨堂

納骨堂は遺骨を預かって安置する屋内施設のことで、都心や市街地などにある省スペース型のお墓です。

墓石がないため安価で、交通の便がよい都心部に多くあります。
屋内施設のため墓石の手入れや草むしりの手間を省けます。

納骨堂は基本的には「遺骨を預かる」施設ですが、最近では永代供養墓と同じような永代供養がついた納骨堂も出てきました。

費用は永代供養がついて約50万円が相場です。

合祀墓

少子化、核家族化が急速に進み、お墓の後継者がいなくなることが一般的になってきました。
そのような社会情勢を踏まえ、家族や血縁者に引き継ぐ人がいなくても、寺院や墓地管理者が永代にわたって供養、管理するお墓が合祀墓です。

合祀墓もいろいろな形態がありますのでご紹介します。

  • 個人墓 約50万円

    一定期間は個別の形で供養し、その後合祀される。

  • 夫婦墓 約120万円

    形式は個人墓と同じで、夫婦で一定期間供養され、その後合祀される。

  • 集合墓 約20万円

    複数人がまとまって合祀される一般的な合祀墓。

合祀墓は遺骨を取り出すことができなかったり、複数人で合祀されるため、ご遺族の心情的に好まれないと行ったデメリットもあります。
トラブルを避けるため、親族としっかりと話し合うことが大切です。

樹木葬

最近の自然志向から墓石の代わりに樹木などをシンボルとする供養形態が樹木葬です。
遺骨はカロートや骨壺に入れないことがほとんどで、最後は自然へと帰ります。

墓石も作らないので、お墓より費用も抑えることができます。
永代供養がついた樹木葬で、費用は約50万円です。

樹木葬を扱っていない霊園も多くあるので、まず霊園に樹木葬に対応しているかどうか確認する必要があります。

散骨

最近は自然志向の高まりや、後継者に墓守をさせたくない理由から散骨を選択される方が増えてきました。
特に平成3年、法務省より「節度をもって行われる限り問題ない」との公式見解が出てから増加しています。

散骨するためには、遺骨を細かく砕く「粉骨」をする必要があります。
専門業者に依頼すれば、1万円〜3万円で機械を使って砕いてくれます。

また散骨場所は他人が困らない場所を選ぶ必要があるため、海か山で散骨します。
散骨の専門会社へ依頼して、約30万円〜50万円が目安となります。

手元供養

遺骨を納骨する時期には期限がありませんので手元に置くこともできます。

まず、お墓から取り出した遺骨は湿っているので、乾燥させる必要があります。

また乾燥後、真空パックにして劣化を防ぎます。
最近では手元供養のためのデザインにこだわった骨壺も販売されています。
また、ペンダント用の骨壺もあります。

費用は、遺骨の状態と大きさによりますが、真空パックする作業費用と骨壺費用で約10万円です。

永代供養の費用については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

お墓撤去の代行サービスの費用

困った人々

お墓の処理は法律で決まっているために勝手に開けたり、壊したり、移動させたりすることは法律違反です。

お墓を撤去するには、役場に必要な書類を作成し提出して許可を受ける必要があります。

また、普段お付き合いのない石材店から見積もりを取ったり、日程調整も必要です。
閉眼法要を行うためには、お墓の管理者や僧侶との日程調整も必要になります。

普段仕事をされていると、週末だけでこのような検討、調整、見積もり取得を行うには手間と時間が非常にかかります。
そこで墓じまいの代行サービスが存在します。

ただ、冒頭にも説明しましたが、お墓の扱いは法律で定められているため、手続きの代行は行政書士の資格を持った人しか行えません。

以下に墓じまいの代行サービスの内容と、代行サービス料金の相場についてご紹介いたします。

墓じまいの代行サービスの内容

まず基本的な代行サービスの内容は次の通りです。

  • 墓じまいの許可を得るまでに必要な書類の作成と提出の手続きの代行
  • お墓の撤去のために必要な寺院(霊園)・石材店への連絡と日程調整
    (必要に応じて僧侶との日程調整)
  • 石材店からの撤去費の見積もり取得(基本的に複数の石材店から)
  • 現地調査(お墓の立地場所によって費用が大幅に変わることがあるため)
  • 出骨・納骨・閉眼法要の立ち合いおよび代行

上記は基本的な代行サービスです。
改葬先などもわからなければ、霊園・寺院も紹介できると思いますので、代行サービスの方へご相談されるのもよいと思います。

代行サービスの料金の相場

前の章でご説明した代行サービスにかかる費用は約13万円~15万円程です。

代行サービスは何度も墓じまいの経験があるため、石材店や僧侶などの情報は持っています。

実際にはこの費用のほかに、交通費・書類取得費用・郵便費がかかります。
遠隔地の場合、宿泊費がかかることもあります。

複雑な案件の場合、別途費用が加算されることもあるので注意が必要です。

実際に代行サービスへ依頼するときは、どこまでが見積もりに入っていて、何が別途でかかる費用かを確認して契約してください。

墓じまいの代行については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!

墓じまいを考えた時、その内容や費用と同時に気にかかるのが手間の部分ですよね。自分でどこまで出来るか分からない。やりたいけれど時間がない。そんな心配や不安を取り除いてくれるのが墓じまいの代行です。今回は、墓じまいの代行の内容と費用について解説いたします。

お墓を撤去するのに必要な手順

困った人々

ここまで代行サービスについて紹介してきましたが、費用計画によっては自分で墓じまいを行う必要もあると思います。
ここでは自分で手続き等を行っていく方のために、お墓を撤去するのに必要な手順について説明していきます。

墓じまいに必要な書類

前の章でお墓を撤去するには、お墓がある市区町村の役場に必要な書類を作成し提出して許可を受ける必要がある、と説明しました。

それでは具体的に、どのようなタイミングでどのような書類が必要なのかを以下にご説明いたします。

  • 受入証明書

    散骨する場合を除き、移転先の墓地を決め、確保します。
    その後、新しい墓地の管理者から受入証明書を発行してもらいます。
    役所によっては墓地の永代供養許可証で代用できる場合もあります。

  • 改葬許可申請書

    現在のお墓の管理者に改葬を申し出て了解をもらいます。
    了解をもらったら、現在の墓地のある市区町村の役所で、改葬許可申請書を遺骨一体につき1枚ずつもらいます。
    墓じまいが終わったら、移転先のお墓の管理者に提出します。

  • 埋葬証明書

    現在のお墓の管理者に埋葬証明書をもらいます。
    このとき、改葬許可申請書に署名と押印をもらいましょう。
    納骨堂のときは納骨証明書になります。

  • 改葬許可証

    現在の墓地のある市区町村の役所へ、受入証明書と埋蔵証明書を提出し、改葬許可証を、遺骨一体につき1枚ずつ発行してもらいます。
    墓じまいの作業の際、現在のお墓の管理者へ改葬許可証の提出が必要となります。

上記が行政手続きの流れになります。
書類の手続きをしながら実際の墓じまいの作業にも入るといったイメージです。

市区町村によって異なりますが、書類の発行に手数料がかかる場合もあります。

墓じまいですべきこと

墓じまいに必要なのは、書類の提出だけではありません。
以下では、書類の提出以外に墓じまいですべきことについて解説しています。

  • 改葬先を決める

    まず次の改葬先を決めることが墓じまいのスタートです。
    改葬先を決めることで、スケジュールが定まってきて、手順や費用も決まってきます。

    たとえば新しいお墓を建てるならば、改葬も長期計画で考えて、費用も十分余裕を見る必要があります。

    改葬先とは家族、親族を含め長い付き合いになります。
    急いで契約せずに様々な資料を取り寄せ、周りの意見を尊重しながら納得する改葬先を選んでください。

  • 墓地管理者に伝える

    寺院墓地の場合、墓じまいをして改葬するならば、そのお墓の檀家をやめることになります。
    お墓の管理者にとっては嬉しくないことです。

    離檀するということはお寺の収入の減少に直接的につながります。
    お寺の管理者から引き止められる場合もあり、離檀に時間がかかることも考えられます。

    だからこそ、改葬先をある程度決めたら、お墓の管理者に墓じまいすることを相談してください。
    お土産を持って持参し、誠意を込めて墓じまいに至った経緯や事情を説明すればわかって頂けると思います。

  • 撤去してもらう業者を選ぶ

    改葬先が決まりお墓の管理者の了解をえたら、具体的に墓じまいが開始されます。

    お墓と提携している石材店などがない場合は、墓じまいの作業を行ってもらう石材店を決める必要があります。

    しかし普段石材店とは付き合いがありません。
    また、悪徳な石材店もあって高額な費用を請求されるようなトラブルも聞こえてきます。

    このようなトラブルに巻き込まれないよう国民消費者センターは、悪徳業者に騙されないために、優良な業者・代行を複数見つけその中から要望に最適なものを選ぶよう呼びかけています。

    代行サービスを利用しない場合、数店から見積もりを取って石材店を決めてください。

墓じまいの手続きについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きと費用について解説します

誰かが亡くなって様々な手続きを経て出来たお墓は、半永久的に皆さんの身近にあります。しかし、お墓が遠方にあり、なかなかお墓参りに行けないなどの理由から墓じまいをするという方も増えてきています。今回は、そんな墓じまいの流れや手続きについて詳しく紹介していきます。 

お墓を撤去する際の注意点

人々

お墓を撤去する墓じまい・改葬で発生する典型的なトラブルがありますので、それらのトラブルについてご紹介いたします。

高額な離檀料の請求に注意

お墓の管理者から高額な離檀料の請求をうけてしまった、というトラブルはよくあります。

この場合の多くは檀家側の対応が悪く、お寺の管理者を怒らしてしまったことが理由として考えられます。

改葬はお墓の管理者である菩提寺にとって喜ばしいことではありません。
これまでお墓の管理者とは、葬儀や法要だけでなく、お彼岸やお盆のお墓参りの時に挨拶を交わすなど、深いお付き合いもあったはずです。

そのようなお墓の管理者に対して、一方的に離檀の要求をして書類を送りつけ、事務的な態度で墓じまいを進めてしまえば反感を買ってもおかしくありません。
自分がお墓の後継者だからといって、自分の判断で進めてよいという訳ではないのです。

手土産などをもって訪問し、離檀せざる得ない経緯や事情を誠意を込めて説明すればきっと理解を示していただけます。
そして依頼側が気持ちよく支払える範囲の離檀料を支払えば、お互い納得して離檀できると思います。

しかし檀家側が誠意ある態度で墓じまいを依頼しているのにも関わらず、お墓の管理者が高額な離檀料の請求をしてきた場合は、行政書士など法律の専門家に相談されるほうがよいと思います。

石材店の撤去費用にも注意

先ほど、お墓の撤去費用は1平米あたり約10万円〜30万円と説明しました。

上記で説明した作業を見ればどの石材店に依頼しても問題なさそうですが、下見をせずに見積もりを出してくるような石材店も存在します。
そして作業後に見積もりを超えた高額な請求をされ、トラブルとなるというのが典型的なケースです。

しかし、全く情報がなければ「相場はこのくらいなのか」と信じてしまいます。
そのような石材店に依頼しないためにも、複数の石材店から見積もりをもらうようにしましょう。

それでも私たちは普段石材店との付き合いがないため、どこが優良な業者であるか見極められるか心配に思う方も多いと思います。

このようなトラブルを防ぐ一つの方法として、代行サービスを活用する方法があります。

書類作成の代行だけでなく墓じまい自体の代行もできます。
代行サービスの利用も選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

親族とトラブルにならないよう事前に相談

自分がお墓の後継者だったとしても、お墓は自分だけのものではありません。
多くの親族の心の拠り所になっていることがほとんどです。
そのため、墓じまいの際の親族とのトラブルは非常に多いです。

墓じまいをしてしまうと、先祖代々のお墓が実際に消えてしまうことになります。

お墓に関することには、どうしても心情的なことがからみます。
墓じまいについて反対を受けてしまうこともあるかもしれません。
自分がお墓の承継者であるからといって勝手に墓じまいを進めてしまうのはやめましょう。

墓じまいが勝手に行われていたことを知らずにお墓参りをしに行ってしまい、お墓がなくなっていたことに激怒しトラブルとなったケースもあります。

このようなトラブルをなくすためには、やはり墓じまいを行う前に十分親族と話しあう必要があります。

お墓の承継者としての負担は大きいものです。
墓主として墓じまいをせざる得ない事情を説明すれば、親族も理解を示してくれると思います。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

終活ねっとでは、墓じまいの相談を承っております。
墓じまいに必要な行政手続きから、改葬先の手配までしっかりとサポートいたします。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お墓の撤去費用まとめ

人々

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、お墓の撤去費用を中心に、墓じまい・改葬の手順や注意点について詳しくご紹介してきました。

  • お墓の撤去費用は、お墓の広さや立地によって異なるが、1平米あたり約10万円〜30万円。
    また、撤去費用の他にも、離檀料や閉眼供養費がかかり、改葬先の費用も供養形態によって幅がある。
  • 約13万円〜15万円で墓じまいの代行サービスが利用できる。
    見積もりに入っていない費用が別途かかる場合があるので、確認が必要。
  • 墓じまいには書類の手続きに加え、改葬先の決定や離檀の話し合い、石材店・僧侶の手配などの手順を踏む必要がある。
  • 墓じまいは様々な人に関わるため、トラブルが起きやすい。
    典型的なものに高額な離檀料の請求や、石材店からの法外な費用の請求、親族とのトラブルが挙げられる。

今回ご紹介した内容が、少しでも墓じまいについてお悩みをお持ちの皆さんへ少しでもお力になったなら非常にうれしく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました

今回はお墓の撤去についてついて詳しく紹介してきましたが、以下の記事では墓じまい・改葬の服装について詳しく紹介しておりますので、知りたい方はぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまい・改葬時の服装についての疑問点をすべて解決します

新しいお墓に改葬したり、また遺骨を永代供養墓に移したりする際にそれまでのお墓を閉じることを墓じまいといいます。この墓じまい自体が果たして慶事なのか弔辞なのかがわかりにくいために来ていく服装に疑問を持つ人もいます。今回は墓じまいの服装についての疑問に迫ります。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・撤去費用」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・撤去費用」についてさらに知りたい方へ

お墓が維持できなくなる前に、墓じまい・永代供養を知っておこうのサムネイル画像

お墓が維持できなくなる前に、墓じまい・永代供養を知っておこう

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きと費用について解説しますのサムネイル画像

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きと費用について解説します

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説しますのサムネイル画像

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説します

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説のサムネイル画像

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬は代行して貰えるの?代行業者の内容と費用を解説!

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまい・改葬に必要な料金はどのくらい?料金相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどのくらい?料金相場を詳しく紹介!

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・撤去費用」についてさらに知りたい方へ

お墓が維持できなくなる前に、墓じまい・永代供養を知っておこうのサムネイル画像

お墓が維持できなくなる前に、墓じまい・永代供養を知っておこう

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きと費用について解説しますのサムネイル画像

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きと費用について解説します

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説しますのサムネイル画像

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説します

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説のサムネイル画像

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと