中国産の墓石の評判は大丈夫?中国産の墓石の種類や価格もご紹介!

大切なお墓を建てる際に気になるのが価格ですよね。中国産の墓石は人気が高いと聞いたけど、その理由は何でしょうか?そこで、今回は中国産の墓石の種類や価格について詳しく説明します。墓石を購入するときの参考になりますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

  1. 中国産の墓石について
  2. 中国産の墓石の評判
  3. 中国産の墓石の種類と価格
  4. 国産の墓石と中国産の墓石どちらが良い?
  5. 中国産の墓石を選ぶ際のポイント
  6. 中国産の墓石まとめ

中国産の墓石について

お墓

「お墓を準備したいけど、ご先祖様や子孫のために納得のできる墓石を選びたい」
「中国産の墓石の人気が高いと聞いたけど、品質は大丈夫なの?」

そんな疑問を持ったことはありませんか?
終活としてお墓を建てる際に気になるのが価格ですよね。
またお墓を新しく購入するときに国産にすべきか中国産にすべきかでも悩むところですよね。

そこで、この記事では中国産の墓石について詳しく解説します。

  • 中国産の墓石の評判は?

  • 中国産の墓石には着色しているものがある?

  • 中国産の墓石は国産の墓石より品質が低い?

  • 実は日本の墓石の8割以上が中国産

  • 中国産の墓石の種類と価格

  • 国産の墓石と中国産の墓石どちらが良い?

  • 中国産の墓石を選ぶ際のポイント

以上のことなどを解説します。
詳しくご説明しますので、中国産の墓石を選ぶときの参考にしてくださいね。

墓石とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

中国産の墓石の評判

お墓

中国産の墓石については次のような評判を耳にします。

  • 「安いけど粗悪品が多い」

  • 「みんなが使っているから安心」

確かに、中国産の墓石は国産の墓石に比べて安く購入することができます。
その安さから、品質の悪さのイメージと結びついてしまうのでしょう。
また、これまでの中国産の食料品や電化製品などのイメージから「安いけど品質が劣る」というイメージになっているのかもしれません。

しかし、実際は値段に比べて高級感があって高い人気を得ているのも事実です。
中国産の墓石が安いのは日本に比べて国土がはるかに広く、産出量が多いからです。
また、人件費が低いのも大きな理由です。

一方で、実際に中国産の墓石を購入した人の中から次のような声も届いています。

  • 「1年も経っていないのに墓石の色が変わった」

  • 「お墓を建ててから数年しか経っていないのに、墓石にヒビが目立つようになった」

しかし、いろいろと確かめてみると、中国産の墓石そのものというより墓石を販売している業者の問題であることが多いようです。
それは、石を扱う専門業者でなくても墓石を販売する業者が増えてきたことにより、品質低下の墓石が流通していることが考えられます。

中国産の墓石には着色しているものがある?

中国産の墓石の中には、表面を着色しているものもあります。
また、ニトロベンゼンなどの薬剤を塗って墓石を輝かせる処理を施しているものもあります。
中国産の墓石に着色などの表面処理が施されるのは、質のよい御影石などが少なく、模様や傷を目立たなくさせるために着色剤を使う業者がいるからです。

中国産の墓石は国産の墓石より品質が低い?

中国産の墓石は国産の墓石より品質が劣るとは一概にはいえません。
ですから、墓石の品質の善し悪しは、産地で判断することはできません。
採掘技術や加工技術が大きく影響してきます。
また、同じ種類の墓石であっても、切り出した石の部分によっても品質の善し悪しは変わります。

  • 中国の加工技術の向上

    中国での墓石を作る技術は、大きく進歩しています。
    また、産地も福建省の他にも河北省、雲南省、湖北省、黒竜江省、広東省と増え、それに伴って墓石の種類も豊富になってきています。

    国産の墓石の値段が高いのは、中国よりも墓石に使える石の量が少なく、人件費が高いことも大きく影響をしているのです。

  • 中国産の墓石を購入するときは悪質な業者に注意!

    なお、中国産の墓石を選ぶポイントは、悪質な業者に注意することです。
    業者の中には質の劣る中国産の墓石を高額で販売しているケースもあります。
    中には、国産の墓石とよく似た中国産の墓石を国産として販売している業者もいます。
    国民生活センターにも、墓石に関する悪質業者とのトラブルの報告があります。

  • 中国産の墓石は、品質に差がある

    中国産の墓石は、年々品質が向上してきています。
    それでも、管理が行き届いた工場ばかりではありません。
    生産性を重視するあまり質の悪い石を使ったり、加工技術が低い工場などがあったりして、品質に大きな差があるので注意が必要です。

実は日本の墓石の8割以上が中国産

中国産の墓石が日本国内で販売されるようになったのは、西暦2000年頃のことです。
中国の福建省で日本の業者との合弁会社ができて墓石の加工が始まりました。
その後、価格の安さとともに品質も急速に向上し、今や日本の墓石の8割以上が中国産で占めるまでになってきています。

  • 中国で加工・生産されている墓石は世界一

    中国はもちろん、アメリカやインド、ヨーロッパ、アフリカなど世界中で取れた原石も、一度中国で加工し、日本で販売されているものも少なくはありません。
    また、国産の墓石であっても、国内で切り出され、国内で加工された墓石とは限りません。国内で切り出された墓石が中国で加工され、日本で販売されている国産の墓石もあります。
    中国で加工・生産されている墓石は、種類と量ともに世界一といえるでしょう。

    墓石店の中には、商社や問屋を通さずに中国に行って実際に原石や加工の様子を確かめて取引をしているところもあります。
    中国産の墓石でも、墓石選びや石材店選びをしっかりと行えば満足いくお墓を建てることができるのです。

中国産の墓石の種類と価格

お墓

中国産の墓石の産地は福建省が中心ですが、河北省、雲南省、湖北省、黒竜江省、広東省などがあります。
G623やG603のようにアルファベットと数字の組み合わせを使っての表示が一般的です。
アルファベットと数字は、生産された省と何番目に商品化された石であるのかを表しています。

G623白御影石

国内で最も多く使われている白御影石です。
安価でありながら品質がよいので高い人気を得ています。
白系の石材で石目が大きく、薄いピンク色の結晶があることから、「桜御影石」や「稲桜」とも呼ばれています。

産地は中国の福建省です。
採石場がとても大きく、大規模な採掘を行っています。
また、採石場が港から近く、輸送コストがあまりかからないのも安い理由の一つです。

G603白御影石

「G623 白御影石」とともに国内で多く使われている石材です。
中国での埋蔵量が多く、しかも安定した供給ができることから、最も安い御影石として知られています。
生産量が多く、安価で石質も安定している「G603 白御影石」は、墓石の他にも建築石材や造園などの分野でも使われてます。

河北山崎

中国の河北省で採掘される灰色系の花崗岩です。
落ち着きのある濃いグレーの墓石で、粒子がきめ細かいのが特徴です。
また、ツヤ持ちがよくて見た目がきれいです。
「河北山崎」は、比較的安い価格であることから、人気があります。
国産の「山崎石」と似ていることから、「河北山崎」と呼ばれています。

新八光(しんはっこう)

ピンク色をした結晶が所々にある中目石の墓石で、産地は中国の福建省です。
新八光は、硬度が高い上に安価な石です。
良質でありながら安価なのは、採石丁場が港に近くて輸送コストを抑えられるからです。
しかも、採掘場は非常に大きく、大量に採石しています。
「新八光」は国産の「稲田石」と似て薄茶色の色をしていることから、「新稲田」や「稲桜」とも呼ばれています。
錆などが出にくく、経年変化が少ない墓石として人気があります。

北大青(H3715)

中国の山西省で採掘される墓石で、ベースがダークグレーで白と青の模様のある中間色の御影石です。
「北大青」は、「ほくだいあお」や「ペーターチン」と読みます。
一番の特色は、安価でありながら良質であることです。
給水率が低く、硬い石として知られ、予算をかけずに良質の墓石を考えている人に人気があります。
中国産の墓石の中では歴史が新しく、和型と洋型のどちらの墓石にもよく使われています。
国産の「浮金」によく似ていて、墓石と外柵を「北大青」に揃える人も多くいます。

国産の墓石と中国産の墓石どちらが良い?

お墓

墓石は、産地や種類によって価格が10倍以上も違います。
墓石は、値段が高ければよいというわけではありません。
300種類以上ある墓石の中から、自分に合ったものを選ぶことが大切です。
それでは、国産と中国産のどちらの墓石がよいのでしょうか?

  • お墓にこだわりがある

    お墓にこだわりがある人には、国産の本小松がおすすめです。
    伊豆半島の入り口、神奈川県の真鶴や湯河原町で採掘される「東の横綱」として有名な最高級の墓石です。
    気品のある明るいグレーの色調で、きめが細かくて均質な石肌が特徴です。
    光沢には温かみが感じられ、年数が経つほどに深い味わいが増してきます。

  • 長持ちするお墓を作りたい

    長持ちするお墓を作りたいなら、風化や変質に強い国産の庵治石がおすすめです。
    香川県高松市の庵治で採掘される「西の横綱」として有名な最高級の墓石です。
    きめが細かく、青みがかった石肌に「斑紋」と呼ばれる白黒模様が大きな特徴です。
    特に耐久性や吸水性に優れ、200年以上前に彫られた文字が変色したり崩れたりすることがないといわれています。

  • なるべく費用を抑えたい

    なるべく費用を抑えたいなら、中国産のG670(福清青)がおすすめです。
    品質が高くてなるべく費用を抑えたいと考えている人におすすめの墓石が「G670」です。
    深い青緑色をしていて落ち着きのある色合いが特徴です。
    吸水率がとても低く、長持ちをするのに安い価格で購入できます。

中国産の墓石を選ぶ際のポイント

お墓

中国産の墓石を選ぶ際のポイントは、次の5点です。

  • 吸水率を確認する

    吸水率とは、水の吸い込み度のことをいいます
    墓石には目には見えない細かな穴があり、雨水などが表面から内部に染み込んでいきます。
    吸水率が高い墓石は水の浸入がしやすく、その結果ひび割れや変色が進んで劣化をしていきます。
    一方、吸水率が低い墓石はきめが細かく、雨水などの影響を受けにくいので長持ちします。
    中国産の墓石は吸水率が高い傾向があるので、墓石を選ぶ際の一つの判断材料になります。

  • 圧縮強度を確認する

    圧縮強度も、中国産の墓石を選ぶ際のポイントの一つです。
    圧縮強度とは石の硬さを数値化したもので、加える力の大きさにどれだけ割れずに耐えられるのかを表しています。
    数字が大きいほど頑丈で、風化や劣化に強くて長持ちします。

  • 見掛け比重を確認する

    見かけ比重とは、同じ体積の水の重さと石の重さを比較し、数値化したものです。
    数値が大きいものほど石の密度が高く、重くなっていきます。
    見かけ比重の大きい墓石ほどきめ細かく、高い強度があります。

  • 色落ちしやすいかどうか確認する

    墓石は屋外で風雨や激しい寒暖差の環境下に設置されるので、色落ちがしやすいかどうかも墓石を選ぶときの大切なポイントになります。
    墓石に文字を彫刻したときに、色落ちしやすい墓石では年数が経つにつれて大切な文字も薄れていってしまいます。

  • 複数の石材店から見積もりを取る

    中国産の墓石を選ぶときに最も大切なことは、石材店選びです。
    石材店の中には悪質な業者も混じっているので、単に安いという理由だけで購入すると失敗をしてしまいます。
    では、石材店をどのように選べばよいのでしょうか?
    その答えは、複数の石材店から見積もりを取って信頼できる石材店を選ぶことです。
    ポイントは、大雑把な見積もりではなく、墓石の種類や基礎工事、文字の彫刻費、付属品などが細かく記載されている見積書であるかどうかです。

中国産の墓石まとめ

お墓

今回は、中国産の墓石ついて説明しました。
その結果、次のことがわかりました。

  • 中国産の墓石は一般的には国内産より安く、値段に比べて高級感があって高い人気を得ていること

  • 中国産の墓石の中には着色剤などを用いて墓石を染色しているものもあり注意が必要であること

  • 墓石の品質の善し悪しは採掘技術や加工技術が影響するのであって、必ずしも中国産の墓石が国産の墓石より品質が低いわけではないこと

  • 中国産の墓石は日本の墓石の8割以上を締めており、国産墓石として販売されているものも、中国で加工されている場合が多いこと

  • 墓石は産地や種類によって価格が大きく違う一方、高価であれば品質がよいとは限らないこと

  • 中国産の墓石を選ぶ際のポイントは、吸水率・圧縮強度・見掛け比重・色落ちのしやすさ・複数の石材店から見積もりを取ることの5点であること

終活として中国産の墓石を選ぶときには、この記事を参考に限られた予算の中で納得のいく墓石を選んでみてください。
最後までお付き合いをいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

シェアする

「墓石・中国産」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「墓石・中国産」についてさらに知りたい方へ

墓石ってどう選べばいいの?墓石の選び方教えます!のサムネイル画像

墓石ってどう選べばいいの?墓石の選び方教えます!

長いお付き合いになる墓石の種類とその選び方のサムネイル画像

長いお付き合いになる墓石の種類とその選び方

お墓を買う前に見てください!墓石の種類理解していますか?のサムネイル画像

お墓を買う前に見てください!墓石の種類理解していますか?

墓石の選び方のポイントを解説!良いお墓を建てたい方へ!のサムネイル画像

墓石の選び方のポイントを解説!良いお墓を建てたい方へ!

買う前に知っておきたい墓石の種類と値段のことのサムネイル画像

買う前に知っておきたい墓石の種類と値段のこと

墓石の種類一覧まとめ!デザインや性質に合わせた選び方もご紹介のサムネイル画像

墓石の種類一覧まとめ!デザインや性質に合わせた選び方もご紹介

墓石の種類ごとの値段やオススメの墓石をランキング形式で紹介!のサムネイル画像

墓石の種類ごとの値段やオススメの墓石をランキング形式で紹介!

墓石の値段を比較する時に注目するポイントは?お墓を安く建てる方法のサムネイル画像

墓石の値段を比較する時に注目するポイントは?お墓を安く建てる方法

国産の墓石の値段ってどれくらい?値段の理由や外国産との違いを解説のサムネイル画像

国産の墓石の値段ってどれくらい?値段の理由や外国産との違いを解説

墓石の寿命ってどれくらい?寿命を伸ばす方法と影響する要因も紹介のサムネイル画像

墓石の寿命ってどれくらい?寿命を伸ばす方法と影響する要因も紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像

納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓石・中国産」についてさらに知りたい方へ

墓石ってどう選べばいいの?墓石の選び方教えます!のサムネイル画像

墓石ってどう選べばいいの?墓石の選び方教えます!

長いお付き合いになる墓石の種類とその選び方のサムネイル画像

長いお付き合いになる墓石の種類とその選び方

お墓を買う前に見てください!墓石の種類理解していますか?のサムネイル画像

お墓を買う前に見てください!墓石の種類理解していますか?

墓石の選び方のポイントを解説!良いお墓を建てたい方へ!のサムネイル画像

墓石の選び方のポイントを解説!良いお墓を建てたい方へ!

買う前に知っておきたい墓石の種類と値段のことのサムネイル画像

買う前に知っておきたい墓石の種類と値段のこと

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと